2017年05月18日

北海道・美幌のヒグマ一頭買い!

中村です!麻衣が先走ってヒグマをあげたので補足説明致します!

IMG_5287.JPG

マノワでは、常にジビエは一頭買いしております。

いろいろな理由がありますが、1番の理由は、、、、、、

僕自身、田舎で育って、東京で生活しておりますが、お金の価値観を非常に考えさせられます。

東京の1万円と、田舎の1万円!

田舎にお住まいの方は、お分りになられると思いますが、1万円あったら、うちの田舎だったら1ヶ月暮らせます(笑)

ジビエと呼ばれる、野生獣は、田舎に存在していて、、、、

東京の方々は、季節になると、何処のフレンチレストランでもジビエ料理をお出ししていて、お召し上がり頂く事が出来る!

そんな昨今の現状に、全国何処でも食べられていると勘違いされている方も多いと思いますが、田舎で獲られているジビエの90%は廃棄されていると言われております。

ちなみに、北海道は全国からハンターが集まり、主に蝦夷鹿をハンティングしているのですが、蝦夷鹿をハンティングしたものの、回収が大変な為、そのまま放置され、雪が溶けた頃、雪の下から、蝦夷鹿の惨死が出て来たり、その残死骸をヒグマが食べたり、、、、

僕らの仲間はそんな事はありませんが、そんなモラルの無いハンターもいるせいで、僕は北海道に毎年、蝦夷鹿の惨死骸を回収する費用をお支払いしております。

そんな、田舎の貴重なジビエ達を、無駄にせず、また、田舎の方々に直接お金が周り、また、田舎の野生獣被害が少しでも少なくなり、また、東京のお客様は、より良い状態のジビエが安価で美味しくお召し上がり頂ける。

これこそが、ウィンウィンを超えた、、、

誰もが幸せになれる道だと確信しております。

ですから、北は北海道へ蝦夷鹿ハンティング、南は長崎県五島列島にいのししハンティングに行って、地元の方々の方法で、一緒にハンティングして、マノワで使える様に、解体場をお借りして、一緒に解体し、、、、、

その捌きがしっかり出来れば、、、、

マノワで全て買わせて頂いております。

IMG_0158.JPG

IMG_0160.JPG

ちなみに、先日の反響が多かった、ハクビシンもそうですが、地元ではほとんど、廃棄されています。

その資源がお金なり、田舎のじーちゃん達が、孫に小遣い渡せるなら、、、、

喜んで使わせて頂きます。

ちなみに、一瞬でハクビシンは終わりました。今回のこのヒグマも一瞬で終わると思います。

今回のヒグマも、先日の休みの日に、、、

【200キロオーバーのヒグマが獲れたけど、使う?】

って言う連絡が入り、その場で、一頭買いさせて頂くお話しをさせて頂き、昨日マノワに素晴らしい状態で解体された、ヒグマが9箱届き、試食して、今日、お代を銀行にお振込する。

そーんな感じで、今マノワには、ヒグマが1頭います!

今回のヒグマは美幌のハンターさん(農家の方です)がライフルで獲ったものです。
もう70過ぎのおじいちゃんなんですが、肉質にはとてもこだわりがある方で、鹿や熊をそのまま入れて冷やすことのできる浴槽と大きな解体場、そして解体場のとなりが巨大冷凍庫という、これ以上ないくらいの環境をお持ちの方です。
いつか、僕も北海道に、そんな素晴らしい、解体場を作りたいと思っております。
場所は美幌町の古梅という場所で、僕の父親の実家のある、北見周辺では一番ヒグマの多いところです。
ヤマメや山菜、キノコなども採れる場所なのですが、鬱蒼としていてちょっと怖い場所でもあります。
ちなみに美幌では春にウサギの駆除もしているそうです。

そんな、ヒグマの補足説明でした。
posted by マノワ at 23:04| 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

ヒグマきました。


本日、北海道より、、

​ヒグマ​が届きましたー!


EB876C97-B736-4292-B22E-C60947DD0DD1.jpg

ダンボール📦
9箱分、、(笑)


46F2B1DC-94B3-4171-AF5A-3CAB0B706F79.jpg


E68898E2-E479-478A-88A7-2F2E8DB25D1B.jpg


アバラがでかい。。。



ちなみに1頭です。


200キロのヒグマ、
可食部は70キロほど。

可食部だけでも私の3倍。。

あれれ?

あ、早坂です( ˆoˆ )?



マノワに届く熊はいつも、

新鮮で、
臭みはなく、


ローストしても
柔らかくて

噛むたびに旨味が強いお肉です。




私が20歳の頃、、
マノワで初めてヒグマを食べた時、

肉史上1番うまいっ!😂❤️
と思いました。笑



しかし、そんなに美味しく食べられるのは、
全て、ハンターさんの迅速な下処理のおかげです!!


この処理によって、
肉が臭みや、鮮度、全く変わってくるそうです!


これほどの熊を
撃ってから、
皮を剥いだり、
血が回る前に、 
いろんな部位に分けて、


超超大変だと思います!!( ; ロ)゚ ゚



お店には部位ごとに塊で
届きますが、
その部位ごとを捌くのですら、
大仕事です。

いつか、
熊が獲れてから、どんな風に処理しているのか、
見てみたいですね!😳😳



中村さんはそのあたり、実際にやっていると思うので、気になる方は聞いてみてください(๑˙ω˙๑)





そんなわけで、
今、熊が食べられます🐻笑



熊に合わせて美味しいワインも用意しときます🍷
ぜひ\( ˆoˆ )/⭐︎








posted by マノワ at 18:10| Comment(0) | 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

山菜狩り

こんにちは!!浅見です💁

長野県小谷村で山菜狩りをオーナー、シェフ、いっこうさん、まいさん、さやかさんが行ってくださいまして沢山の山菜を食べる事が出来ました!!
その山菜を使いシェフ特製賄いを作っていただきました🙈🙈
とても美味しかったです!!

カツオと山椒のご飯🍚🍚

冷ややっこには、カツオの刺身と、刻んだ山菜がのっていました🐟


天ぷらには、もみじがさ、たらの芽、行者ニンニク、こごみ、コシアブラ、ヤブかんぞうが入っていました😊😊

知らないものもあり!今までこんなに山菜を食べる機会がなかったのですが今回の賄いで山菜大好きになりました😍

前菜の、こごみのブランマンジェ!!!
こちら山菜狩りでのこごみをつかっています😎✌️
マノワに来られた際はぜひ召し上がってみてください!!

ではでは!!ディナー営業いってまいります😎

E2183EB4-9D48-4563-8FD4-65CE04E7666B.jpg


posted by マノワ at 18:08| Comment(1) | はるかのブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

長野県のハクビシンと北海道・北見のフレッシュモリーユ茸!

麻衣がちょいちょい書いてましたが、、、、 タイトルが強烈なのですが、、、、、そーなんです。長野県からハクビシンが4頭届いております。中村です。

IMG_6123.JPG


ハクビシンは、中国語で「果子狸」と表記するそうです。

タヌキに似ており、文字どおり果実(フルーツ)を好んで食べます。野生動物のくせに手先が器用で、ご丁寧にもミカンの皮をむいて盗み食いをします。

日本語では「白鼻芯」という漢字が当てられており、ハクビシンは鼻筋が白いタヌキっぽい奴です。

ハクビシンは、中国や東南アジアでは「おいしい肉」として認知されており、たまに中華料理店で食べる機会があるものの、普通の方は、生涯食べる事は無いと思います。

『日本人も食べて来たのか?』

高知県のミカン果樹園を荒らすハクビシンについて食べられていたと言う、昔の記述が残っているそうです。

それによると、古来より、ミカンの敵は、シカとハクビシンだったそうで、1個のミカンが実るためには25枚の葉っぱが必要なのですが、それを野生のシカが食べてしまう。

葉っぱを守ることができても、実ったミカンをハクビシンがつまみ食いする。高知県の果樹園の方々は非常に大きな問題になっております。

しかし、たとえ害をなす獣(けもの)であっても、日本国内では許可なく駆除することを許されておらず、ネコやイヌを虐待から守るための「動物愛護法」があるように、害獣といえども「鳥獣保護管理法」によって取り扱いが厳密に定められております。

ハクビシンは「鳥獣保護管理法」によって「狩猟鳥獣」に指定されており、免許を持っていれば狩猟期間中は捕獲が許可されており、僕でも狩猟期間中で猟区であれば、箱罠によって駆除する事が出来ます。

ちなみに箱罠は、Amazonで1個1万円くらいで売ってます。

最近では、東京で認知度が上がったのか?

「ミカンの被害は肉で弁償してもらう」

その言葉通りに、田舎の農家さんやハンターは、鹿や猪の肉を経済に変えております。食肉処理や販売の免許を取得して地元の産直市場で売っていたり、うちの様なレストランに、食肉業者さんを通して、流通させたり、しております。

今現在、有害駆除で仕留められた獣の有効活用が全国で叫ばれておりますが、実際にはそのほとんどが未処理で廃棄されております。

と前置きを書いた所で、、、、

D02944E3-B012-4426-AD6D-AD93920B4F5B.jpg

長野県の果樹園で捕られた、ハクビシンが届きました。尻尾がリアルです(笑)

料理は、今回は内緒にしておきます。

そして、北海道のSハンターから、巨大なモリーユ茸が山程届いております。

4AC341E7-12CC-436E-AB63-C856F895271C.jpg

36C8DE11-4108-44DD-98BA-A790DD03C1CD.jpg

この量ハンパ無く無いですか?Sハンター流石です。

先日の山菜採りで山に入って感じましたが、、、、、

もう直ぐ春が終わり、夏を感じる季節になって来ましたね!
posted by マノワ at 14:14| 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

こごみ狩り!

おはようございます!
麻衣です!(^○^)!


昨日は、、、


0EAEDB64-DB8D-444E-8951-1E7DD1EADA05.jpg


C6D7E966-B9DF-457E-AAE2-3F3B0C6069F9.jpg


旬のこごみを求めて
長野へ行って参りました!!


夜な夜な広尾を出発し、

長野に着いたのはAM4:30!


みんな目をむくませながら
山へ入り、


辺りは伸び切ったこごみばかり!!




08590C80-28BF-4FA6-BEA6-3A33824D5CFE.jpg





2179693E-6E33-4877-B636-56565210FF16.jpg

がーん😨😨

もしかして、
一歩遅かったか。。


DF921F87-EC01-4950-9F7C-C3BDD0A2B5A3.jpg

と思いつつ、
黙々と足を進め、
山奥の沢の近くをせめると、、



A27B0061-408D-4D72-BC72-76B56DC3E9DD.jpg


F2CFADC4-F079-4862-B2F9-610BD057B5E3.jpg

あったー!!
発見!✨✨

いくつかのちょうどいいサイズこごみスポットを見つけ、

なんとか収穫できそう!!


つい夢中で採っていると、


1616FA9E-F2B3-46BD-924F-C87643C68F86.jpg









A7DC9FD2-E68B-409C-9D39-52BC03C0E6DA.jpg



13DED8B3-1206-4E8E-89E5-660E2BEB175A.jpg




EAA62933-7EE0-476B-BBA4-B7C903C5A232.jpg





いつの間にか、、



2D2808CC-D02C-40C1-B856-048275F309AC.jpg


9EB3E51B-4A99-4888-90A0-FD708764C954.jpg


4847EAB3-D414-4A8C-B715-78D5F0405C67.jpg


28F0A403-613E-41A3-A370-79B73FD2D2BF.jpg


どっさり。💦💦



すっかり日も登り

E0776E88-5C56-4E66-A79D-E3A4ABDA1CCB.jpg




360D7441-07F8-4FE2-BB96-95F7D842F431.jpg



綺麗な景色を眺めて

収穫を終えたのはAM7:30。



はやっ!!笑


そのまま、温泉に行き、

むしろそば屋さんの開店を待って、

蕎麦を食べて帰ってきました(笑)

E8CF8828-4C43-4B5C-A403-1F71542752C1.jpg



FF1A813B-6EC3-43AA-86C5-9ACC124479CA.jpg





10BBF8DD-B14E-46F0-952A-522D5664CF2E.jpg




B03556D0-763D-452E-9470-830E1CFF8B76.jpg


朝飯前の仕事をした後の

蕎麦は。

最高でした。😂✨✨



私は帰ってから
こごみをがっつりいただきました🍴

0A3081B4-41F4-41E8-B6FC-FE3533CF63C6.jpg


28F47089-BC82-48AA-A618-103326372002.jpg


今日からとれたてのこごみは
フリットやムースやサラダなど、
たくさんお料理に使われております♪






posted by マノワ at 12:33| Comment(0) | 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする