2017年10月14日

蝦夷雷鳥ハンティング!2日目!プロポーズ大作戦!

何故?数羽しかとれない、蝦夷雷鳥を北海道にとりに行くのか?

本音を話すと、実は、、、、

いつもお世話になっている、知り合いのKハンターが、去年、蝦夷雷鳥を取り逃がし、、、、、、

そのKハンターが、今日マノワでプロポーズする!

それも運命!
セラヴィ

じゃあ、あの時のあの蝦夷雷鳥は、この日の為に、あの時とれなかったのか?と!

じゃー、俺とってきます!

それが、全てです!

3E9210F0-0239-4B83-8B50-6D76D68686D8.jpg

2日目!

風呂も入らず、ハンティングした格好のまま、朝5時に目が覚めた僕は、、、、


まず、訳も分からず、とりあえず、シャワーを浴びながら、、、、

【俺、昨日焼き肉食ってその後、どーした?】

僕、ワインだったら、2本飲んでも、3本飲んでも大丈夫なんですが、最近、日本酒をチャンポンして飲むと、次の日記憶があやふやになるんですよね?【笑】

っで、シャワー浴びながら、、、、、

もう2日目の待ち合わせ時間じゃん!

はい!

遅刻はしてませんが、パンツは履き替えて、煽られて、2日目のハンティングが始まります。

2日目は、昨日のIハンターと一緒に、地元のSハンターに案内して頂き、Sハンターの猟場に案内して頂きました。

北海道は、自然のパワーが凄く、、、、

そー言うと、なんだか、スピリチュアルみたいで、中村もそっちに行ったか?って思われそーですが、、、

散々、幼少期から、山梨県の山の中で育って来ましたが、、、、

山に入ると、その、パワーの違いを全身に誰もが感じると思います。

山梨県の山の中に比べて、そこにいる、圧倒的な生物の数、、、、、

鳥の数、キツネの数、モグラの数、へびの数、虫の数、、、、、、、、、

ぜってー、ここに今まで、クマいたろ?鹿いたろ?って言う、匂い、感覚を感じずにいれません。

ちなみに、、、、、

つい先日、北海道の白糠で、鹿ハンティングしているハンターが、ヒグマに襲われ、大怪我した、ニュースが、東京でも、流れたと思います。

あのハンターは、直接存じておりませんが、知り合いのハンターの知り合いだそうです。

銃持ってるなら、クマが出て来ても、全然楽勝でしょう?って思っている方も、少なく無いと思いますが、、、

正直、僕は山の中でクマだけには出会いたく無いと常に願ってます。

お守り代わりに、スラッグ弾と言って、1発の銅で出来た弾を常に持ってますが、、、、

そもそも、鳥を撃つ、散弾銃と、クマや鹿を撃つ、ライフルは全く違います。

鳥を撃つ散弾銃は、せいぜい、射程距離が20メートル位で、フレンチでジビエ食べた時に、たまに、ガリッとする、あの、パチンコ玉よりも遥かに小さい弾を数百発、飛ばし、鳥を打ち落とします。

なので、もし、山の中で、ヒグマに出会い、そんな散弾銃で撃ってもヒグマは、痛くも痒くありません。なので、そんな時の為に、お守り代わりに、散弾銃でも使える、1発弾のお守りを持っています。

先日の、白糠のハンターは、たまたま、ヒグマに出会ってしまい、その、1発弾を13発ヒグマに撃ったそうです。一度、死んだふりをした、ヒグマに近づいた所、実は死んでなく、ヒグマに引きづれ回され、事件になったそうです。

その位、ヒグマは生命力が強く、仕留めるのも大変なんです。

相変わらず、話がづれましたが、、、

先日、富士山で、今年は、きのこ全然無いじゃんって思っていたのに、、、、、

北海道には、至る所にきのこだらけ、、、、、、

8A7511AF-F006-40DE-A037-C89043F3D231.jpg

696E4E73-02D6-4D73-8A63-EE72D21E3804.jpg

6BDB0E01-DE2F-4BE1-B59B-D72AA914CD13.jpg

35C6FCC3-0A1B-4628-8D4F-DBA217CE9B49.jpg

3A560A6F-547F-40A6-BFEA-3B856C56A29A.jpg


29563270-33F2-4501-B849-3821EF56EC10.jpg


006B6365-3762-49AC-901E-3355FE782C98.jpg

524FDD08-6FAF-4606-8921-6C27886670B5.jpg

8F763CC3-2450-4DBE-BCAE-17D7165D378F.jpg

4354CD8B-94FE-4B6A-96EE-049558BCBCE1.jpg

オショロコマって知ってますか?

DD8CD8BC-6711-4F53-A6DC-E83F9C3A7D59.jpg

5A947C65-EA76-4768-BAF2-2292D676B3F5.jpg

B39F21AB-E9EE-4BAC-91A0-D6092C9A651C.jpg

オショロコマ始め、ヒメマスや、ヤマメが、数え切れないほど、この、ただの、小川にあふれて、、、、

ちょっとした川には、イワナが見れ、、、、、

シャケは溯上して、クマに食われている、、、、

その全てが、圧倒的な自然の力を感じずには、いれない、そんな環境が、北海道にはあると、毎回、ハンティングに行って、山に入って感じております。

っで、肝心の蝦夷雷鳥!

見ました!鳴き声はたくさん聞きました!

ただ、全然、僕の前に現れてくれないんです!

1日目の、2時間で2羽とれた、奇跡と違い、とれる機会に恵まれません。

ハンティングは、日の出から、日の入りまでしか出来ません。

誰も、蝦夷雷鳥は、とれず、お昼ご飯もやめて、山の中を歩き周り、、、、、、、

Sハンターから、、、、

【じゃー、残り時間も少ないし、去年逃した、Kさんの林道に行こうか?】

K林道と名前を付け、ここの蝦夷雷鳥は、僕が取らないと話にならず、皆んなが協力してくれている中、Sハンターが、、、、、

【そこの右カーブの所で、Kハンターが去年逃したんだよね?】

って、言っている最中、僕が1番始めにそのコーナーに入ります。

【蝦夷雷鳥、そこにいるし!】

でも、その距離約30メートル!

さっきも言いましたが、僕の散弾銃は、20メートルに射程距離合わせているので、、、、、

【これ俺、当たんの?】

日の入りまで、あと10分!

これで外したら、今日は1羽も、とれず、、、、、!

【パン!】

4AE990E2-BA01-4393-82AA-98656F8596F0.jpg

4221AF7C-E566-4D01-9B40-7439A4B96CD6.jpg

C4E754E2-CF32-4050-876A-ABE9AD9932C0.jpg

山の中に、僕の銃声だけが響きます!

その後、2人のベテランハンターから、、、、、

【この蝦夷雷鳥の後ろ姿は、去年Kハンターが逃した蝦夷雷鳥に間違い無いと、、!(笑)】

お墨付きを頂き、、、、、

そして、数時間前の、今日、Kハンターのプロポーズにお出ししましたとさ!

【人生は、マジカルアドベンチャー】

って、いつかミッキーマウスが言ってた気がします。

マジカルの意味は、今も理解出来ませんが、、、、、、

人生って面白いな?って最近思います。

お金で解決出来る事ほど、簡単な事はなく、お金で解決出来る、幸せほど簡単な物は無いって、幼少期に親から学んだんだと、最近よく思います。

なんだか、昨日、有名人の3男が、覚せい剤で逮捕されてましたが、、、、、、、

そんな、お客様の、人生の大切な瞬間に立ち会える、そんな、仕事に、お金でかえない、やりがいを感じますし、その瞬間にいれた僕の人生に感謝しますし、何より、、、、、、

それを感じられる、感受性を、育ててくれた両親に感謝しております。

書きたい事はたくさんありますが、明日も満席なんで(笑)、家に帰って寝ないで、明日、遅刻すると、麻衣に怒られますので(笑)このへんで、やめときます、、、、、、

Kハンターおめでとうございました。

今度、函館でハンティングしましょう!

これこそが、僕が常に思っている、お金で買えない、、、、

人生のストーリーだと思います。

あたり前ですが、人、それぞれでしょう人生なんて!

そのうち、書きますが、別に、有名になりたい訳でも無く、ダンチュウに出たい訳でもありません、、、、
(訳あって、来月のダンチュウに出ると思います。)

いつか、情熱大陸と、プロフェッショナルには、ソムリエじゃなくて、ハンターとして、いつか出たいです(笑)

でも、僕はそんな感受性を、一緒に感じられる、そんな多くの、常連様と、一緒に歳をとっていきたいと感じる今日この頃です!

だから、自分でお店をやってるんだと思います!

では、、、、

北海道ブログは、もう少し続きます!
posted by マノワ at 00:23| Comment(0) | 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

蝦夷雷鳥ハンティングのお話し!1日目!

今マクドナルドのCMでやってる、あれ、、、、

ヘーホンホヘホハイ

本当に通じるのか?先日の休みに、 自宅近くのマックに行って来ました。中村です。

恥ずかしいので、レジの方が、年配の所に並んだんだのですが、まさかの僕の直前で、すげー可愛いい女の子にチェンジ!

はい!

【Sサイズの、チェルシーのマックシェイクと、、、、アップルパイありましたよね?あと、、、、】

小さな声で、 【ベーコンポテトパイ下さい!】

はい!

女の子が可愛い過ぎて、びびって言えなかった中村です。

そんな話しはどーでも良いのですが、、、、

はい!僕は知っております。

凄まじい数のアクセス数があるのは、気づいております。その昔から、本当は、本番にめっぽー強く、晴れ男の中村です(笑)

今回のブログは、大変お世話になった、Iハンター、Sハンターに敬意と数え切れない、、、、

【ありがとう!】

の感謝の気持ちを込めて、書きます。

仕留めた獲物の写真がリアルに出て来ますので、苦手な方は、見ないで下さい!そして、変な電話して来ないで下さい。

10月2日・3日・4日に連休を頂き、北海道、道東に蝦夷雷鳥ハンティングに行って来ました。


E1274454-930E-4727-A981-8F4CB25C6AD8.jpg

425F6B0C-BC8F-4702-9A66-2F60F0FC2B3A.jpg

1EC1788C-2D3F-4210-90C0-72185B63BA0F.jpg

0C8960C5-5904-45EF-BEE1-95FAC688418C.jpg

B7CD2AEA-3571-4FB7-B11C-6FFEC6DE3997.jpg

10月2日、、、、、、、

前日、仕事が終わり、そのまま、釧路空港に朝一のANAで入り、Iハンターにガイドして頂き、蝦夷雷鳥の猟場に向かいます。

Iハンターは数日前から、北海道入りしており、僕の為に、蝦夷雷鳥がいそうな場所を視察してくれてました。

そのおかげで、山に入って、2時間で、蝦夷雷鳥をゲットしました。

びっくりするくらい、蝦夷雷鳥に奇跡的に遭遇し、、、、、、

今期初めての僕は、近くに蝦夷雷鳥が飛んで来たものの、自分の銃の射程距離にいるのか?感覚が分からずあたふたしているうちに、飛んで行ってしまい、、、、、

ただ、運が良い事に、その場をうろついていたら、違う蝦夷雷鳥が目の前に飛んで来て、、、、

1羽目ゲット!



しかも、これ、貴重なメスの蝦夷雷鳥です。

76DA3707-BB7F-473E-A0B5-DC93CBE14747.jpeg

そこで、Iハンターとお話ししていると、また、1羽が飛んで来て、、、、、

2羽目ゲット!

今度は、オスの蝦夷雷鳥です。

A8147404-90E1-4902-A409-434D28DE16D0.jpeg

写真ご覧頂くと分かると思いますが、右手がメス、左手がオスです。

通常、オス、メスが両方取れるなんて奇跡はほぼありません。

こんな運が良い話しは、そー滅多に起きません!流石、俺持ってるな?っと!

蝦夷雷鳥は、1人のハンターが1日2羽までしかとってはダメなので、初日のハンティングはここで終わります。

また、僕らは一つの林道から、どんなにたくさんの蝦夷雷鳥がいたとしても、そのシーズンに2羽しかとらない事にしております。
また、この林道に入る為に、Iハンターは、林道許可証も取得しております。

っで、仕留めた蝦夷雷鳥はどーするか?と言いますと、、、、、

その場で、直ぐに、だけを取り出します。どんな動物もそうですが、この腸が、やっぱり、臭いです。

D3CAC002-0F93-4D41-8472-2B8760ED7505.jpg

散弾銃で撃ってますので、腸が破れたりしていると、当然、腸の香りが肉に移ってしまい、肉質が当然悪くなります。

E5C4A3B4-2F2D-405A-928B-EF2EE8F8FB3C.jpeg

9B3D78B1-22FC-448F-9315-F95BEF950F40.jpeg

また、この時、この蝦夷雷鳥が何を食べているのか?だいたい分かります。
(その後この腸は持って帰ります。)

今の季節、蝦夷雷鳥は、山葡萄だったり、こー言った、、、

FC7327D8-AFB4-4F69-AA8A-E2869F7414DE.jpg

67BCF058-18FB-44FE-9D48-C7A7F95BF2DB.jpg

A77C27A7-FB80-4BDD-85FD-493F31BEB3BC.jpg

赤い実などを好んで食べます。

これは、その後お店に帰って来て、捌いた蝦夷雷鳥ですが、、、、

8372BBB8-FD4F-418E-80E6-6C053E0FFE89.jpg

大量の山葡萄が首吊るから出てきました。

今の季節は、山の中に食べ物が豊富にあり、山葡萄を食べている、蝦夷雷鳥は、臭みも無く、美味しいってのは誰でも、容易に想像出来ると思います。

これから先、山に雪が降るって、辺りが一面の銀世界になると、蝦夷雷鳥も食べる物が少なくなり、スコットランドの雷鳥の様に、針葉樹を食べる様になります。

すると、当然、松ヤニの様な独特の香りが肉質に移ります。

なので、今が1番美味しいんです。

だから、お店休みにして、わざわざ、数羽の為に、蝦夷雷鳥ハンティングに行くのです。

4AD11974-08C9-466A-A81F-9CCBE0BFBA4B.jpeg

っで、思った以上に、1日目のハンティングが早く終わってしまったので、、、、

僕の親戚が北見におり、マノワの玉ねぎやジャガイモ、野菜を作って頂いているので、ご挨拶の為、北見に向かいます。

数年ぶりの再開を果たし、、、、、、

その後、 北見で、Iハンターと夕食のお時間です。

ホテルのレセプショニストに、、、

【北見で食べた方が良いのは、何ですか?】

って聞いたところ、間髪入れずに、、、

【焼き肉か?寿司?】

と言う事だったので、百万力って言う、オシャレな焼き肉屋さんに行き、今日のハンティングの話しや、人生の話しをしながら、日本酒をたらふく飲んだら、、、、

30B8DEDC-76BD-4C04-9074-35BE529BAB62.jpeg

AD59655A-CC98-471F-85F1-28AED51F9D7E.jpeg

56186E08-7308-4DDF-95D8-1713C10AA322.jpeg

1D8A6D4D-CDD4-47A3-B222-F00A49FAF55E.jpeg

はい!

着替えもせず、ホテルのベッドで寝てて、気がついたら、朝の5時でした(笑)

2日目に続く!
posted by マノワ at 15:18| 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

秋の味覚!ありがとうございます!


こんばんは!
あっという間に10月ですね〜!


果たして、中村さんは、幻の蝦夷雷鳥ゲットなったのでしょうか、、?!

54C5A0A2-6613-4528-9FC3-B4071938F7FD.jpg


(↑イッコウさん作)

そのブログは後ほど、、!!

今、中村さんが必死で書いてます、、!!笑


今日は麻衣です✋


すっかり秋模様ということで、、
たくさんの秋の味覚が届いておりますっ!

いつも皆様、ありがとうございます!m(__)m

気仙沼のK様からは、旬の秋刀魚を!!

A0B9584D-C0A4-4837-A384-48D176843DDC.jpg

8F771828-2AEB-4136-BAF6-48653BC09CE0.jpg

賄いで堪能いたしました。。

ありがとうございます😂💕


Lさん&Hさんご夫婦からは、、


シャインマスカット!

05893B63-7362-4FEE-AAD3-A8E71F0564B9.jpg

いつも、たくさんありがとうございます😭✨✨


実は、M様からもシャインマスカットを頂いております!

E3C65E26-1683-4FBE-9FD6-ACFC7BF3FF00.jpg

大粒でとても甘くて美味しかったです😆❤️

そして、S様からはシャインマスカットと、
マニキュアフィンガーという地元でしか食べられないぶどうも頂きました!

1D159B7D-F459-44A8-AF75-CF5C492AA5E9.jpg

実は、勝沼でぶどう狩りの帰りに寄ってくださいました!
採れたて!✨
わざわざありがとうございます😊💕


私が(勝手に)尊敬してやまない、K先生からも、
採れたてのイチヂクをいただきました!

6BB0E368-D630-4973-BA59-CBEC247B73DE.jpg

イチヂクにもいろーんな品種があるあって、
味も香りも食感も、全然違くて驚きました、、!!

貴重なイチヂクありがとうございます!😆💕


また、M様には、シャインマスカット以外にも


栗羊羮!


6B08E553-F5EC-4749-A472-D20190119B7F.jpg

そして、新米!!

(山梨県・芦安から届いた、天然舞茸ご飯になりました🍚)

C7F36C12-8F00-4495-B841-B46EFDBEA518.jpg

頂いております。

いつも、ありがとうございます!
美味しくいただきました!!😍💕


こう寒くなってくると、
仕事帰りはラーメンに🍜みんなで行く機会も増えてきました。。

先日は、イッコウさんオススメの

エスニックラーメン!


0897180F-0A0F-423D-AEA4-14F4ECF9E832.jpg

相当おいしかったです😱💕

季節限定らしいですので、なくなる前にぜひ👍

温かいものをたべて、風邪を引かぬよう、お過ごしください!😉❤️



posted by マノワ at 18:54| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

北海道、狩猟解禁につき、10月2日・3日・4日(ランチまで)連休頂きます。

10月1日は、全国に先駆けて、北海道のみ、狩猟が解禁になります。中村です。

先日、いつもお世話になっている、渋谷銃砲店に、18000円もする、高級バッジを貰いに行った所、、、、、、、

(ハンティングする為には、このバッジ付けて無いと、そもそも、北海道でハンティングが出来ません)

8BCB6059-752C-44EA-BB5A-4D82EA039B4C.jpg

おっさん達で、ごった返してました。しかも、皆んな目が輝いて、北海道のハンティングの話ししてるんです。毎度、思うのですが、趣味持って、人生を楽しんでいる方々って、若いですよね?

あんな、カッコイイおっさんになりたいもんです(笑)

10月1日は、ハンターにとっては、お正月の元旦みたいなもんなんです!

多くの方にお問い合わせ頂いておりますが、日本のハンティングは、、、、

10月1日に、北海道のみが解禁になります!

07FBC60A-51BB-426E-A351-F3F9DB60C5E0.jpg


他の場所は、東北などの1部の地域を除いて、ほとんどの地域が、、、、

11月15日が解禁日になります。

そー言えば、今年から、静岡県が解禁日が早くなるって言う噂話しがあったよーな?


なので、10月1日から、約1ヶ月半の間は、国産の鳥系のフレッシュジビエは、、、、、、

北海道のジビエしかありません。

しかも、この時期は、先日も書きましたが、今が旬の天然きのことシーズンが重なる、貴重な時期なんです!

何故、多くのハンターがこぞって、北海道に集まるか(羽田空港は、ハンターで溢れ、狩猟犬を連れているハンターや、迷彩服着ているハンターなどで溢れ、異様な光景になります、僕もその1人なんですが)、、、?

今の季節、シベリアから北海道に飛んで来た鴨達は、池の中で、のほほんと暮らしております!

まだ、全国的に、稲刈りをいてない場所が多くあります!

鴨達は、そんな、米をたらふく食べて、池で寝る!

そんな、3食昼寝付きの、羨ましい環境なんです!

そーなると、当然リラックスした状況で、ぷくぷく太りますよね?

そーんなんです!養殖の鴨では無いのに、ストレスフリーの中で、食べる物がいくらでもある、、、、!

天然のジビエで有りながら、美味い鴨なのは簡単に想像出来ますよね?

北海道以外の地域の11月15日の解禁日では、当然ながら、稲刈りは終わり、様々なハンターに追われ、まして、北海道では、寒過ぎて、池が氷り、鴨達は暖かい地域へと飛んで行きます!

だから、10月1日の解禁日の鴨撃ちには、毎年、お店を休みにして、函館から近くの今金って場所に、鴨撃ちに毎年行っております!

しかーし、今年の10月1日は日曜日

すげー前からご予約を頂いていた方がいらっしゃった事もあり、流石にお店を閉める事も出来ず、、、、

10月1日が日曜日という事は、平日以上に全国から、ハンターが北海道に集まり、鴨撃ちする事が予想されます。僕は、2日・月曜日に北海道入りするので、前日に様々な池の鴨を皆んなが撃った後であり、おそらく、そんなに鴨が取れないだろうって事もあり、、、、

今年は、日本に存在する、レストランで出して良い、ジビエの中で、間違い無く1番貴重だろうと思われる。

蝦夷雷鳥

ハンティングに行って来ます。

image-20131205142354.png


IMG_1641.JPG

IMG_1486.JPG

エゾライチョウは、キジ目ライチョウ科に属する鳥類の一種で、本州の高山帯に生息するライチョウとは属が異なり、羽の色は変化しません。

身質は白身で最高に美味しい白身のジビエと言っても過言では無いと思います。

北海道では主に標高200〜800mの亜高山帯以下の針葉樹人工林に広葉樹を交えた針広混交林、落葉広葉樹林に生息してるはずなんですが、北海道での狩猟では全く見る事が出来ず、本当にいるのかよ?って疑いたくなるほどでした。

北海道にお住まいの方でも、蝦夷雷鳥は知らない方の方が多いくらいです。

エゾライチョウは、かつては一般的な野鳥であったそうなのですが、近年は自然環境の変化などにより、生息数が激減しています。

しかし、美味いという観点から、狩猟鳥指定から外すことに抵抗があるため、現在でも狩猟鳥なんです。

シチメンチョウが一般に浸透するまでは、欧米ではクリスマスの最高のご馳走と言えば、この鳥のローストであったと言われております。

その為、1920年代から1950年代には、北海道のエゾライチョウは年間5〜6万羽が捕獲され、輸出されていたそうです。また近年の減少は、キタキツネ、エゾタヌキによる捕食が大きな原因と言われてます。

面白い話しがあるんですが、、、、、

以前、根室市にお住まいのOさんという有名なハンターに、ガイドをお願いして、車の助手席に乗せていただいて、狩猟をしました。

東京のレストランで、蝦夷雷鳥がどれだけ貴重なのかをお話ししていたら、根室市の方々はその昔から、年越しそばは、この蝦夷雷鳥から出汁を取り、蝦夷雷鳥のお肉を入れて、年越しそばにするそうです!

そんな贅沢な年越しそばを食べたいもんです。

これは噂でしかないのですが、蝦夷雷鳥はその数の激減により、近々、獲ってはいけない禁鳥に指定されるかもしれません。なので、もし何処かのレストランで見かけたら、それなりのお値段はすると思いますが、食べて見る事をお勧めします。

何故、蝦夷雷鳥をわざわざ、店休みにして取りに行くのか?

しかも、蝦夷雷鳥は、1人のハンターが1日、2羽しか取ってはいけません。もし、仮に2日間ハンティングして、蝦夷雷鳥の大群に、出会ったとしても、1日2羽づつ、僕は4羽しか取れません。

また、今度ゆっくり書きますが、北海道の旅費、弾代、ガイド料金、宴会代、林道入る為の許可申請等、、、、

毎度、言いますが、お金が欲しいからやっている訳でも無く、有名になりたいからやっている訳でもありません。

ただ、何年も常連様が、僕が撃った蝦夷雷鳥をお待ちになっていると言う事実があるだけです。

あとは、数年前に生き別れになった、蝦夷雷鳥に会いたいって事ですかね?(笑)

蝦夷雷鳥だけで無く、マノワでお出しさせて頂いている、ジビエには、業者から買って調理して、お客様にお出ししていると言う、単純な商売話しでは無く、、、、、

正直、業者さんから買った方が、はるかに安いです。ただ、そのジビエがどう言う状況でとられ、どーやって、捌かれ、メスか?オスか?さえも分からない事が良くあります。

マノワの為に、とってくださる、ハンターの思いに、ちょっとだけの僕のトークと思いを加えて、本当の意味での、採算度外視で、お出ししております。

そこの、ストーリーこそが、最も大切だと、僕は考えております。

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/445638917.html

数年前に蝦夷雷鳥をハンティングに行ったブログです。ご興味ある方はどーぞ!

僕は、本番にはめっぽう強いんで、天気は晴れ男なので、蝦夷雷鳥さえいれば、大丈夫だと思います(笑)

IMG_1637.JPG

っで、そんなブログを書いている中、お世話になっているハンターさんから今連絡があり、、、

ヒグマが1頭捕れたそうです。

また、駆除期間に捕れた、、、

野うさぎ

81080B04-4D38-433F-B0F3-5256A8E05134.jpg

が先程、北海道から届き、、、、

6AF36FAF-D4F4-41A6-B15D-BFFADE23B5A7.jpg

毛皮は、毎回恒例、麻衣のマフラーになります。

あと、蝦夷雷鳥がとれなかった時の為に、、、、、

スコットランドの雷鳥も今日から、マノワに届く予定です。

おそらく、来週からお出し出来ると思います。

終わり!
posted by マノワ at 13:52| Comment(0) | 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

きのこ穫り行って来ました。

っね!言ったでしょ?月曜日は晴天でした。いつも晴れ男の中村です。

5D766999-F023-42C5-B1FD-152F30FBEFDF.jpg

うちのシェフが夏休みに、イタリア行って、ゴージャスに地中海をクルージングしている写真です!

そんな、毎年ヨーロッパ行って、クルージングしている、しんぺーに、自然の厳しさを味わってもらうべく、山へ、、、、!

先日のブログの宣言通り、山梨県にきのこ穫り行って来ました。

今回は、スタッフの女の子にフラれたので、おっさんばっかりで、行って来ました(笑)

日曜日の営業終って、深夜に東京出て、、、、

山梨県某所のいつもの山のいつもの場所へ、、、、!

今年は夏が涼しく、長雨の影響なのか?僕のきのこの師匠も皆んな口々言うのは、、、、

今年はきのこがおかしい!

きのこは、毎年、だいたい同じ時期に同じ場所に生えるのですが、今年は、そのルーティーンが全国どこでも変わっているとの事、、、

百聞は一見に如かず

って事で、山に入る時間は、、、、、、

朝5時、気温12度

7C5D8792-15AE-4296-828B-677BEE1D2D13.jpg

最高の天気と気温の元、山に入るも、、、、

IMG_6729.JPG

IMG_6728.JPG

ここまでは、全てが僕の計算通りだったのですが、山に入ってその違和感に気付きます。

きのこがねーーー!

C4A95DBE-D9A6-4477-B844-6FC920ACEB70.jpg

44465A47-553D-48E8-AA9C-AC472B34441C.jpg

E9190D04-6DF5-48B7-A62A-C21B7A431D74.jpg

途中山の中で、川崎から来た、おっさん達とも話したのですが、今年は、やっぱりおかしいって言ってました。

通常、この、、、、、

ハナイグチ(北海道では落葉と呼ばれています)

CC5462A0-6193-48DE-B175-65F9A93323F1.jpg

イグチ系のきのこは、田舎では、大根おろしと共に、味噌汁に入れたり、きのこ鍋にしたりするのですが、、、、

IMG_6732.JPG

IMG_6722.JPG

IMG_6723.JPG

IMG_6725.JPG

IMG_6727.JPG

IMG_6726.JPG

とにかく、美味い出汁が出る、日本を代表するきのこです。

46B3853A-8FE9-4A59-9B93-57DC30DD2E02.jpg

30F8EEF7-FC7D-48CC-B80B-5ABD00993F2A.jpg

8A57703E-E0FE-4F88-94DC-B8CD2B97F1EE.jpg

A1AACF4F-4FF6-4A0B-AADF-D4645DB5DAFF.jpg

ハナイグチの生息ポイントに行っても、通常の4分の1位しか生えていない印象でした。

5A508B81-02A6-48D6-99E0-C73BDF0CF922.jpg

F1A74E9E-329E-47F8-AF68-9EC7F5FA2C08.jpg


ポイントを変えて、この、アカモミタケもほとんど、生えていない状況!

もしかして、前日の日曜日に誰かに獲られた?って言うのも考えたのですが、人の入った気配は無く、あるのは、、、

IMG_6733.JPG

16EE1DB0-C474-4038-B287-3BB19841460A.jpg

鹿の糞や、白骨!

食べれない、毒きのこですら少なく、諦めきれず、山をそーとー登りましたが、食べられるきのこの姿が、あまり、見当たらないので、、、、、

F5E0C66E-577E-4420-B6E5-179EB7DE4139.jpg

C55FF181-AFD4-43D9-AFD0-47B3A9DAFA37.jpg

0EB62CCA-30B9-474A-8C45-3975807BE040.jpg

337D7186-E0A6-476F-B6BA-09FE7937BAA7.jpg

C5957CB5-8CFD-4049-B675-C6D1DC3FEF58.jpg


D075ACB7-F27F-4964-8D26-C9C21E9EADAB.jpg

5831A252-A96E-4591-9E0D-80F4D4824C55.jpg

46A1542B-286A-4A93-AE95-AAE34BE9CDAF.jpg

B12EC865-C42E-4129-8427-A7B9B343B749.jpg


IMG_6734.JPG

IMG_6735.JPG

4286434A-BB3C-4046-92B5-5B0BE7A49252.jpg


IMG_6730.JPG

木の根元に巣を作る、蜂の子でも取ってやろうか?とも思いましたが、、、、

F48513EC-D057-4B36-953D-F10CC7DD6836.jpg

10時30頃、これ以上の、きのこ獲りを諦めました。

きのこ穫りって、山入って、たくさんきのこが生えていると、テンション上がって、時間忘れるんですが、きのこ生えてないと、だんだん、身体がダルくなってくるんですよね?釣りもそーですが、、、、

10時30分に辞めたのには、訳があります。

79C75FE2-3DB8-4886-9B2A-0120BCB80AD2.jpg

吉田うどん

食べる為です(笑)このお店は、いつも行くのですが、11時開店にもかかわらず、11時に行くと大行列で入れないんです。

っで、今回もそーですが、せっかくだからと、貧乏根性で、、、

うどん大盛り、全部のせ、かき揚げトッピング、炊き込みご飯セットを注文したら、、、、、

9956E737-5312-4C8D-AC11-702CE272D700.jpg

D3F56861-E1BB-47EC-8845-87803DF7F3AA.jpg

F6A3BAEE-D79D-438E-A8C0-6B5BBA97820B.jpg

このボリューム感はやばかったです。

けどやっぱり美味い、吉田うどんの免許皆伝、オススメです!


っで、コーヒー飲みながら、ミスチル全開で歌って、車運転して、東京着いたのが、、、

13時30分

昔は、うどん食わず、そのままランチ営業したり、、、、、

数年前は、城ケ崎海岸いって、スキューバ、1本潜って帰ったりしてましたが、、、、

もうそんな体力ねーな?って感じました。

実は、今年の夏、初心にかえって、日本で2番目に高い、地元の北岳に登ろうと思っていたのですが、骨折した事もあり、断念したのですが、来年はしっかり身体鍛えてから登らないとヤバイ感じる今日この頃です!

P.S 富士山の次に日本で高い、北岳(3193m)は、僕の田舎の山梨県・芦安にあり、うちの父親は、一時期、その山小屋をやってました。その影響もあり、僕は幼少期から、数え切れないほど、北岳にのぼり、高校時代には、その山小屋でバイトしたり、歩荷したりしてました(笑)


そんな、貴重な山梨県の天然きのこは、麻衣ちゃんの

【きのこが食べたい!】
と言う、鶴の一声で、、、、

9725D0FC-FBE5-4256-B184-FCFC415BE544.jpg


昨日、まかないで、、

きのこほうとう

になったとさ!

終わり!
posted by マノワ at 14:45| Comment(0) | きのこ、山菜、釣りのお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする