2018年10月10日

10月1日北海道狩猟解禁、鴨ハンティングの巻!

今日は、先日の10月1日、2日の北海道鴨ハンティングの長編ブログです!

仕留めた、獲物が出て参りますので、お苦手な方は、ご覧にならない様お願い致します。

この間の最強クラスの、台風24号、25号覚えてますよね?

毎回晴れ男を宣言している僕にとって、どーせ、台風は逸れるだろ?って思ってましたが、やっぱりでした(笑)9月30日にゆっくり台風は北上して来たものの、函館に近づくと、右側に迂回しました。


10月1日朝3時に起きてまず感じたのは、、、、、

雨が降っていたものの、もうすぐ雨雲が無くなり、暑くなるだろう!って事!


流石に北海道は涼しいと思って、長袖、フリースを用意していたのですが、途中から暑過ぎて脱ぎ捨てました(笑)

今年はとにかく、暑過ぎる、、、、

10月1日、今年もハンティングの季節が始まりました

そして、その時間は訪れます!

5時33分過ぎ、、、、

予想通り、台風は迂回して、雨は上がり、虹が出てました!

38FBBC83-054F-4BC5-A663-F91DC9966684.jpg

U親分の1発で、鴨撃ちスタートです!

っあ!当然、銃を構えているので、写真を撮っている暇はありませんので、撃った後の風景画が多いですが、北海道の10月1日、、

その景色は、まるで、、、、

絵葉書の様な、素晴らしい世界が迎えてくれました。


FA6559B9-15FB-487A-9E6B-1677309BEF62.jpg

22CD0236-AD6B-4070-9C2C-2E7400D1CE2C.jpg

AD2F0826-F9DB-4004-AB9F-00714BEAB9B5.jpg

7FAB3B53-E2FD-41F6-BCDA-335A5D77ECA8.jpg

C46086D5-175E-41E7-8002-3AD10EF482D1.jpg


鴨撃ちについて、ざっくり説明します!

は、シベリアから、飛んで来て、池の中で休憩します!

お食事は、たいてい、、、、

稲穂の田んぼ

ADC29580-9852-4335-B653-82C67D864C30.jpg

A18C6C17-6425-4E48-B80D-5A3CAB3E0B6F.jpg

D40E7795-C1C5-4FEA-932B-A02F75D325F7.jpg

8D2C2B0B-A5E3-445A-939F-BDCE7AFD9336.jpg

D4449DCB-761A-4967-81E0-DDB95A4B3F1D.jpg


広大な敷地の大豆畑

3A302FE0-2EC1-437D-A2A1-75476606CE18.jpg

DCA94461-0024-4073-8038-9A5A4DD33B9A.jpg

DF49A44F-9EBA-43E4-9C54-E7B455C1AA48.jpg


驚くほど広い、蕎麦畑

E2626BF4-D756-49A6-BC05-4627E4E89DED.jpg

8A186619-ACD3-409B-AB35-81664128A55C.jpg

があり、穀物を主食に食べております!

今の季節、北海道は、稲刈りが終わっている、田んぼと、まだ、稲穂にがたっぷり着いている畑とがあります!

鴨達は、この米や、大豆や、蕎麦をたらふく食べ、また、池に戻るという、羨ましい生活をしております!

0A7E8BB3-9AE1-47F1-B98F-5D8D517AC44E.jpg

DD9E1E7C-C9BA-4016-9EB0-3372536972C7.jpg

3FA63578-0D06-4F2C-926E-BB259B21745A.jpg

90E6CC78-3006-47A4-AD13-E00E31EF1093.jpg

E3BCEFA3-A55B-4161-B7CB-1AD67BE0663B.jpg

4269E802-1722-435D-93B6-50AF49AEFF27.jpg

7010548C-A478-4DCA-8A4D-8DAC16561404.jpg

この季節北海道で取れる鴨は、大きく分けて、3種類です!

マガモ(青首鴨)

仔鴨

カルガモ

マガモと仔鴨は、世界中を旅して周りますが、カルガモは、一生を同じ場所で過ごします!

良く、【どの鴨が1番美味しいですか?】という質問を頂きますが、、、

個人的な意見ですが、マガモは、世界中旅している、ツーリストなので、けっこう個体差が多い様に思います。

これに、比べカルガモは地元住民なので、何処に行けば、美味い米が有るのか、知っているのか、個体差が少なく、脂の乗っている鴨が多い様に思います!

そして、仔鴨は、マガモの小さい奴って思っている方も、少なくないと思いますが、実は、全く別品種で、、、、

仔鴨は仔鴨って言う、鴨なんです!味は、僕個人の意見では、すげー美味い印象です!

また、このコガモが、渡り鳥達の、一つのパラメーターになります。シベリアからまず、コガモが飛んで来て、その後に真鴨をはじめとする、大きな鴨達が飛んで来ます。

今年は暑く、今回は全く鴨達が飛んで来ておらず、どの池に行ってもほとんど鴨がおらず、非常に苦戦しました。

 また、これ以外にも、絶滅危惧種に登録されているオシドリなど、とってはいけない鴨などが、同じ池の中で、共同生活を送っております!

北海道には、無数の田畑が存在し、その田畑に水を引く為、ため池が、無数に存在致します!

この、ため池に鴨達は入っております!

ハンティングは、この鴨達に気づかれ無い様、、、、、、

@ そろーりと1人が近づいて、脅かします。

Aその池から、飛び出した鴨を仲間達が撃ち落とす!

B撃ち落とした鴨を回収する!

C回収した鴨を冷却する!

D冷却された鴨の腸だけを抜き、新聞紙に包んで、クロネコヤマトのクール宅急便でお店に送る!

という手順になります!

ここで、最も大変なのは、何番だと思いますか?

CD3E1D07-8EC8-4B10-A9A1-B6C7B077ABF2.jpg

答えは、B番です!


こーいった、ため池に撃ち落とした鴨を、、、

B3AF2836-3441-4668-AFA8-6BCA32383CB8.jpg


網を使って、拾ったり、、、、

3F73D7FE-BFB5-4560-A7B1-8C83F9CE285C.jpg


99BE09B7-77FD-4457-8674-8350695C2842.jpg

BB88ABA4-F58D-4578-8D3F-5267B5EF207C.jpg

19AD8C13-E8D0-4ADD-9E81-D590555A3CD7.jpg

87E2F90A-1380-4D54-B07B-0F1ED5E17E5E.jpg

でも、、、、撃ち落とした鴨は、たいてい、、、、まだ、生きてます!


59B85236-3DC7-4D89-84A4-E8F96A9A5837.jpg

425FC715-022A-4B83-9603-91CF994DA5BF.jpg

FFD8D542-54A8-4F6F-8F5F-10666B5FF37C.jpg

広大な田畑の中に落ちた鴨達は、飛んだら撃たれる事を理解しているので、僕らに見つからない様、走ります!そして、茂みに隠れて、僕らがいなくなる迄、ジッとしてます!

本当です!

さらに凄い鴨は、池に撃ち落とされても、潜ります!そして、僕らに気づかれ無い様に、そろーり泳いで、僕等から見えないボサの中に潜水していて、決して出て来ません!

マジです!

153B1757-D8D5-4B79-AC08-E0CD1C163995.jpg

B919EC2E-8645-4BCD-AC29-4466310FA7A6.jpg

7734B6C0-C6A9-437E-B34C-D657F545D98F.jpg

38995649-812D-4735-9BB3-CB098B78055B.jpg

そんな、鴨達は本来ならば、狩猟犬がいれば、泳いで、見つけて、拾って来てくれるのですが、、、、、今回は狩猟犬がいなかったので、回収するのが、本当に大変でした。

ちなみに、1番すげー鴨になると、池の中に撃たれても、そもそも、飛び出しもしません!僕らがいなくなる迄、ずっと隠れています!

本当です!

鴨を回収しようと池に入って行くと、茂みに隠れていた、鴨を発見し、、、、、

僕と目があった瞬間!

慌てて、飛び出して逃げて行く鴨も少なくありません。

そんな時は、当然撃つ準備はしておりませんので、見事に逃げられます!

そんな、頭の良い鴨は、解禁日には少ないですが、ここから、全国いろいろな所で、撃たれて、ひねてくると、様々な事を学習し、多くなってきます。

当然ながら、ハンター歴8年目のペーペーの僕は、狩猟犬になった気持ちで探しまくります。

今回も、北海道の標茶にある、ヘーゼルグラウスマナーのアウトフィッターの石川さんや皆様に様々な事を教えて頂きました。

2C3EF149-016F-436C-BCB1-9A7292B3A411.jpg

4CF3F471-27EF-4B9F-A016-FFAEE0DE0361.jpg

19B1B4BD-CF54-42B6-95C5-E82BBAEF2020.jpg

695AA542-5C52-440F-BFAA-4BB9A31D330C.jpg

鴨って本当に頭が良くて、身体がデカイので、飛び出しはスピードに乗れず遅いので、ハンターに撃たれてしまうので、藪の中ではじっとしていて、僕らが諦めるのを待っているんです。

また、2日目ぐらいになると、いろいろな所で撃たれて、学習しているので、はじめに池に撃ち込んでも飛び出さず、、、、

銃から弾を抜く【カチッと】いう音がしてから、一斉に飛び出したりと、、、

人間との知恵比べです。

撃って回収した鴨たちは直ぐに、昨日購入した、ドライアイスと共に冷やします!

獲って直ぐに冷やすっていういう事が、ジビエにとって後々に味わいが全く変わってきます。

0D640038-68AA-4C18-8622-EDDA2152DDEB.jpg

48FF9D18-1852-4F25-885B-B0AB1A82D793.jpg

A50F3902-3721-4BB2-BAB3-DE02BFEF6750.jpg

鴨もそうなのですが、もっと大きい鹿やイノシシではもっと大切です!

撃ってそのままにしておくと、お肉その物が体温を持っておりますので、生ハムの様にお肉が焼けてきてしまうんです!

それと一緒にジビエの独特の香りが、お肉に回ってしまうんです!

後ほど、腸を抜くのも、変な香りをお肉に付けない為に行います!

これが本当に大切で、以前熟成の事も書きましたが、熟成以上に、この下処理の段階が、1番大切だと言っても過言ではないと、自分で狩猟してみて強く思います!

自分でハンティングするまでは、レストランに様々なジビエのお肉が届きますが、その肉がどんな所で獲られて、しかも、メスかオスか?

また、誰に捌かれたなんて、全く分かっていませんでした。

今でも、そんなフランス料理店は少なくないと思います!

しかし、ここが1番大切なんです!

今回の北海道の鴨撃ちの狩猟では、トラックの荷台のクーラーボックスにドライアイスを入れておいて、、、、

獲った鴨は直ぐにドライアイスにつけるか、荷台に並べて、風を当てて冷まします!

06BB3192-60B7-4DF2-955E-CF23BBBE0E6C.jpg

そんなに熱いの?ってお思いの方も多いと思いますが、撃ったばかりの鴨は暑いんです!

自分で狩猟をするようになり、普通にレストランにジビエが納品されて、普通にお客様にお出ししていた時代より、命に対する重さって言うものを深く、重く感じる様になったと思います!

レストラン関係者の方々には、是非、狩猟をやってもらいたいなって最近つくづく思います!

すべての食材に対する考え方が変わる気がします!

 そして、クーラーボックスの中では、鴨と鴨、ドライアイスが直接当たらない様に、松の枝で重ねていきます。

BDD55AAE-3C55-4703-86C8-463C2F2DF93A.jpg

ちなみに、今回の狩猟で仕留めた鴨達なのですが、クチバシを見るだけで、何鴨?かが分かります!

まず、代表的な青首鴨

image-20131008134859.png

今の季節は筆毛と言って、夏毛の状態なので、頭の毛が中途半端なのですが、もう少しすると綺麗に生え変わって、オスは見事な青首になります。そして、肝心なくちばしは、こんな感じで黄色です!

そして、カルガモ

image-20131008134936.png

カルガモは、先程も書きましたが、旅をしない留鳥と言って、簡単にいうと、地元の住人です。

なので、どこに行けば米があるのか?などを知っていて、丸々太っているのが多いです!

地元の方が、どこのラーメン屋が1番美味いかを知っているように、、、、

1番当たりハズレが無く、いつも安定して美味しいのはこのカルガモだと思います。肝心のくちばしは先っちょの方だけが黄色になっているのが分かると思います。そして、目の上あたりにラインが入っているのも特徴です。

そして、仔鴨

image-20131008135005.png

よく勘違いされている方が多いと思いますが、、、、、

この仔鴨は青首鴨の子供ではありません。

仔鴨はそういう品種で、これ以上大きくなる事はありません。そして、この仔鴨はほぼ100%渡り鳥と言って過言ではないそうです。

よって、、、、、

仔鴨が池にどれくらい入っているかで、渡り鳥がどれくらい、渡ってきているかの、パラメータになります。

地元のハンターの方々もおっしゃっておりましたが、ハンターは高齢化が進んでいるにもかかわらず、鴨達は年々渡ってくる数が少なくなっているそうです。

この原因は分かりませんが、確かに、年々、鴨が獲れなくなっている事は事実です。

そして、クロネコヤマトのクール便にて、レストランに送られてきた鴨は、撃たれている場所を確認して、、、、

熟成の出来る状態の鴨だけ羽をつけたまま熟成させ、、、、

胸など撃たれているのは、腐敗していくので、直ぐに使って行きます!

5C3DC0DC-03C9-4858-B0B0-F87D76B23175.jpg

AD59D000-2C2F-435E-AAE2-B76AC367F711.jpg


67A03EA6-B32B-4ABB-B082-60CFBA33855D.jpg

この状態を毎日確かめながら、羽をむしります!

image-20121114154729.png

今回の北海道の鴨は、たくさん米を食べていて、丸々太っていて、脂がのってました!首つるを持つと分るのですが、これでもかってくらい、米をたらふく食べていました。

7E1EC199-482A-4C3B-BFE0-5DB2DBBF2287.jpg

焼いている時の香りも、またソースはレバーから作るので、この米からくる、脂の、のりをよく感じました!

色々な事を乗り越えて、こんな感じでお客様にお出ししております!

本当にいろいろな事を考えさせられるのがジビエの季節です!

 また、北海道の大自然の中、こーんな、山葡萄が生えていたりして、つまみ喰いしながら、鴨が飛んでくるのを待つのも、楽しみのひとつです!



0242A892-5B12-4900-A3C4-89DE8AA56B14.jpg
75CDBBCA-ACA4-46DA-8C4B-ACEC96DD19D7.jpg


92CBA347-ACCF-47C2-86F7-C4D99C6BDEFD.jpg

38780075-D2A3-43E2-BB36-800138FDD979.jpg

49ADE885-0A06-4E8B-BF91-F737C0674C89.jpg

579FE836-0E9E-49F1-931F-E3A3EB703C32.jpg

2C184A63-D27F-4967-8542-30EB34614426.jpg

4BB309BF-3276-47E7-8E3A-4B1F2DD278EE.jpg

お昼の12時ごろを過ぎると、鴨の習性なのか、急に鴨に出会わなくなります。地元のハンターがおっしゃるには、至る所でハンターが鴨を追い回して、海に逃げて行ってしまっているらしいです。

そーしたら、本日撃って来た鴨達のを抜きます。

image.jpeg

image.jpeg

 そして、アルコールで殺菌して、クロネコヤマトに段ボールに詰めて持っていき、冷蔵便でマノワに送ります。

 これで、1日のハンティングが終わります。

今回は、お客様とたまたま予定が重なり、函館で最も予約が取れないという、天ぷら屋さんの、たざわさんで天ぷらを食べ、ご主人とお話しさせて頂き、考え方や生き方を勉強させて頂きました。

その後、函館のバーを巡り、そのままホテルで1時間だけ寝て、また朝の3時には起床して、2日目の鴨ハンティングをしました!

今年もUさん、Oさん、Tさん、Iさんとてもお世話になりました。これからも末永くよろしくお願い致します。

次回は、函館から、遥か遠く離れた道東まで、8時間30分かけてハンティングして来た、幻のジビエ、蝦夷雷鳥ハンティングについてです!

乞うご期待!

posted by マノワ at 13:03| 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

ロダンとフロマジュリー💓

こんにちは!早坂です!

今週は友佳さんと一緒にサービスしております♪
友佳さんがマノワにいらした頃は、
私はキッチンにいたので、

実は、サービスを一緒にするのは、初めて!😆✨


本当に毎日いろんなことを教えていただいております🙇‍♀️🙇‍♀️



ブログは、、

パリ編の続きです〜〜

KEIを出た後、

少し時間があったので

ロダン美術館に行ってきました♪


B9A3EF3C-1828-4793-892F-F79142A5A6BB.jpg


個人的に、、

彫刻が大好きなんです😁

特にローマ、ギリシャ彫刻がもう、大好きです。

ヨーロッパに来たら、楽しみのひとつです!


ただ、、、

ロダンの作品は初めて実物で見ました!

669A29E4-64EB-4565-9B7F-350F4844E99E.jpg


逆光のせいで、ちょっとひらめいた感が出てますが、、考え中だそうです!笑



349E7F95-7F9C-449E-A372-21E4251D98CA.jpg

庭園がとっても綺麗✨


6D0B49F2-9F9E-4B83-9F48-DAD3B9E301A6.jpg



2D5936CA-8DA5-48B1-91A1-EF72308D63FD.jpg


ロダンの作品のポーズって、

本当に唯一無二で、面白い。。

想像力が働きます。。




C1B41C94-8918-4E37-9840-6F912512E5F8.jpg


ぐる〜〜と庭園を一周しているうちに、

また、時間がっ💦💦

5732089B-7AC7-4935-87B9-E66057348546.jpg


これは、地獄の門ですね!

館内は急ぎ足で見て来たので、

次回はもっとゆっくり時間をかけて来たいです!!😂😂


そして、、


関西チームと合流し、


超楽しみにしていたフロマジュリーへ行ってきました😂💓

4DBCF2EF-6E85-463D-BA5C-6ADEB7885CC1.jpg


お店に入った瞬間、

テンション上がりすぎて、絶句!!!😱😱😱😱


3C472A81-4F11-410E-89FD-CD90AA81E051.jpg

5E47F94C-69AF-435E-8CA9-30C0512049D7.jpg


9362ECD2-9A89-469F-A61F-988E6C3FF5B3.jpg

01B321E3-13C9-492D-86B9-27998B284024.jpg

涙が出そうなくらい、幸せな空間でした。。

隅から隅まで食べたい。。笑


ブルゴーニュのスーパーでも

たくさん種類がありましたが、

山のチーズや修道院系、ウォッシュ系が多かったように思います!

フロマジュリーだと、
やっぱりシェーブルの種類がすごいですね!!

18025F05-A2CD-48A4-A4C8-C2D8EFCFF65C.jpg


55DE4FAF-F24A-4D59-B5AB-8526F7DF5AA1.jpg

D2430E91-B745-4CDE-BEA0-E7AB7CC4614F.jpg



形が可愛いものがたくさん💓

シェーブル好きにはたまりませんね😆💓
フレッシュタイプも大好きですが、
シェーブルの熟成した、セックタイプもたくさんありました!

8BF9E7B1-CBE9-4EAA-B12F-A5F270FB4C32.jpg

普通、ソフトタイプのチーズだと、
熟成するにつれて、柔らかくなっていくものですが、

シェーブルチーズは逆で、
熟成すると固くなっていきます。。

熟成しまくって、カチカチになると、

栗のようなホクホク系の食感に、
旨味がぎゅっと詰まった状態になるのですが、

湿気の多い日本ではなかなかそこまで熟成させる環境を作るのが難しいので、
あまり手に入りません💦
しかも高いです💦


シェーブルの熟成用タッパーのようなものも、フランスにはあるらしいのですが、、

どうにかゲットして、

今度、マノワでチャレンジしてみますね✊✊



実は、この日のディナーは、

パリの3つ星
Le Pre catelanに行ってきました!!


今度こそは、、!!笑



次回、乞うご期待!m(._.)m

posted by マノワ at 18:59| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

10月1日、10月2日連休頂きます。そして、今年も麻衣の舞茸届いてます!

今年も北海道のハンティングの解禁に伴い、、、、

10月1日、10月2日連休頂きます。

台風が中々の感じですが(笑)既に北海道の鴨のご予約頂いている分くらいはハンティングしたいと思います。

そして、、、、

7ADA630D-9903-481F-B491-A480929AF75B.jpg

今年も山梨県の実家の裏山から、本物の天然舞茸が先程届きました。このデカさヤバく無いですか?

舞茸は、山の中でこのデカさで、生えます。山の中でも、舞茸の香りを感じる程、かぐわしい香りに包まれます。

この大きさと、この香りは、どんな天然きのこにも負けません!

今日から、一気にお客様にお召し上がり頂こうと思います。

でも、その前に僕がまかないで食べます(笑)

天然きのことジビエが重なるのはこの一瞬しかありません。

メニューも毎年恒例の、球体モンブラン始め、秋のメニューに一新しております。

暑い季節が終わって、最高の季節になりましたね?

P、S 決して天然麻衣が小顔なのでは無く、天然舞茸がデカイだけです!遠近法ではございません!
posted by マノワ at 11:50| きのこ、山菜、釣りのお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

パリで大疾走!


あっという間に寒い日々がやってきそうですね!

早坂です!!

フランスブログも、佳境を迎えて、、


最後は、、​パリ編!​です。


シャンパーニュからパリへ戻ってきて、、

シャンパーニュ飲みながら、

夜な夜などんちゃん騒ぎした、、のが前回のブログでした!

楽しかった!!😆✨



朝になり、、


ゆっくり寝て、、いる暇はありません!!


​朝活!​です!笑



9時にモンマルトル集合〜!

最初に、ジルマルシャルのパティスリーへ💓

8E6C70DA-0161-4533-8917-9763722B1D18.jpg


焼きたてのマドレーヌが、、たまりませんっ💓💓💓

F3D1FC68-1675-4A56-908E-1C25D5F48F29.jpg


99997D72-9996-493B-A5B7-CB39D67E77B6.jpg


8FC530A2-CCBE-4284-891C-B67DC422E2D9.jpg

9D2BF4B0-96CC-4B94-A903-E19D6CDCCFA0.jpg

食べたいものが山ほどありすぎて、

気持ちを抑えるのが、しんどかったです😭😭

にしても、この時間からこんなにガッツリ揃っているなんて、、パティシエさんたちは、何時から作っているのでしょうか?😱😱



Yさんが食べていた、
イチヂクのタルトを少しいただいたのですが、、

これもまた、美味でした。。✨✨✨

49A712F3-F070-45DB-B1F2-AA6576766700.jpg


その後は、モンマルトルをゆっくり散歩し、、


アーティストたちの絵や写真を見ながら、、、



F10452DB-BEC3-422D-AF7F-9F6FD26CA2C2.jpg


自分たちも絵になりながら(笑)





​サクレクール寺院​へ!


CC06BCF8-5C49-4063-98F2-77F901F78771.jpg

2D87D368-6E8F-4BB6-8C70-27C35F727D53.jpg


F8931577-0AB3-46FE-ACAF-697DEB54DD6A.jpg


寺院内は撮影禁止なので、

写真はないですが、、

本当に素晴らしく、また歴史を感じる場所でした。。



A59F01FD-98B1-4737-BE50-C25142BFD608.jpg

そして、

ここから見る、パリの街が

最高に綺麗でした!

3CDEB796-A908-4AD7-80A8-94AE3FF5FE69.jpg


また来たい!!

と思う場所でした。

案内して下さった、パリマスターのイグレックさん、ありがとうございます!😂✨




その後、

私と中村さんは、ちょうどパリに滞在中のお客様とランチの約束をしていたため、ここで一旦別行動へ、、

まだランチまで時間があったので、

ショコラティエを少し回りました😆✨

パトリックロジェ

1D2D6A27-9955-4749-8578-8BF67F7A0DB8.jpg


と、

ジャックジュナン

DF9CA903-6252-4098-94CF-AF40EE098C8E.jpg

A729C81D-214D-4DF9-9381-1BF4BB8E9624.jpg



ここで、衝撃の光景を目にしました、、!


となりにいたイタリア人が
味見させて?

と言うと、
はいどうぞ!

と一粒。

これも、食べたい!

というと、
はいどうぞ!

と一粒。


え?!
テイスティングできんの?!

サーティワンばりにそのイタリア人は味見しまくってました(笑)



日本でショコラティエに行けば、
一粒300〜500円するので、、

かなりの衝撃でした(笑)


EF32290F-A26E-4F08-8128-0D5918809FCD.jpg

私も真似して、

これ味見させてください😆

と、一粒ゲット😁💓

日本人で東北人の小心者の私は、

さすがに一粒しか言えませんでした。。笑


美味しかったです、、😂✨

この空間に戻りたい、、😂✨


と、そんなチョコレートに夢中になっているうちに、

待ち合わせの時間が近づいてきました‼️


歩いて向かいながら、タクシーを拾うつもりでしたが、意外とタクシーが捕まらず、、!!

そろそろ遅刻しそうな予感。。

グーグルマップを片手に、変な汗が。。


中村さん、ちょっと、走っていいですか、、?


軽く早歩きくらいのペースで

走り出しましたが、

地図を見ている限り、遅刻は免れなさそう。。


そう思ううちに、ペースも上がっていきました(笑)


中村さん「あとどれくらい?!」

私「次の角を曲がったら、すぐです!!」



​を、何度か繰り返し(笑)




パリの街を​大疾走!!



中村さんは両手に荷物を持っていて、

私はタイトスカートにヒールという姿で走っていたので、

なかなか目立ったと思います!笑



滑り込み、アウト!でなんとかレストランに着きました。


レストランに着くと、中村さんからダクダクの汗が、、!!😱😱

中村さん、こんなに走らせてしまい、すみません😱💦

でも、今、思い出すと、これも楽しかったですね笑



しかし、、結局、遅れてしまい、申し訳ございませんでした🙇‍♀️🙇‍♀️



そして、

ランチをした場所というのが、、、


​Restaurant KEI


9F9A9EDE-8A29-4F68-9578-E11C53864F46.jpg


ちょーーーどよく、

お腹もぺこぺこで(笑)


パリでお客様に会えるのも、

なんだか、

ほっとして、嬉しくて、とても楽しいランチでした。。😂✨


7FA090CC-608E-4607-817A-74270277DCD6.jpg


料理がまた、噂通り、美味しかったです😍💓



D272155F-A72C-4E5C-A011-ECD7FF47D7CA.jpg


センスもよく、

火入れも素晴らしく、


特に、このPigeon!!




AFE0DE0B-EA48-42A3-9841-2981745CAC2F.jpg

こんなに肉厚なPigeonは

日本ではなかなか食べられないと思います。

独特のちょっと血っぽい風味は全くせず、

味噌が塗ってあり、その焦げ目が食欲をそそります。。

ガルニのイチヂクも、激ウマでした。。


パリでまさか一緒にお食事が出来るなんて、

なかなかないご縁です。

お誘いいただき、ありがとうございました。

一緒に写真を撮り忘れてしまい、

それだけが心残りですが、、

本当に楽しい時間でした(*ノ∀`*)!


ありがとうございました。


この後は、
関西チームと合流します!

続きはまた次回、、!!







posted by マノワ at 15:26| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

Another Sky! もう一つのフランス旅行!

僕は知ってます。皆さまがマノワのブログを楽しみにしている事を、、、、、!

ジビエじゃ無い、この時期に1日1000人を超える方々が、毎日、ご覧になっている事を僕は知ってます(笑)中村です。

C5DCCFFD-8FDB-4404-AB70-66C9228003A6.jpg

5A606277-32FD-4968-8C83-DB6EE18E06A6.jpg

うちの優等生ぶってる、麻衣がブログ書いてますが、今回のフランス旅行は、中々の問題だらけだったので、麻衣ブログのアナザーストーリーを書きます。

【人の不幸は蜜の味!】

古人は素晴らしい言葉を残してますね?

話しは大分遡って、2018年春頃、、、、、、

僕、もちろんクレジットカードは使うものの、マイレージってあんまり気にして無かったんです。そんな話しをお客様ととあるバーで飲んでた所、、、、

【絶対マイレージ貯まってるから見てみな?】


はい!世界一周出来る位、貯まってました(笑)

じゃー、今年のフランス旅行はマイレージ使おう!って事で今回の旅行は始まりました。

っで、ハンティング行ったりする時、飛行機乗るので、ほとんど全ての支払いANAカードにしてるので、今回、先ず、行きの便は、スターアライアンスの関係上、、、、、、、

羽田空港→北京 ANA

トランジットの時間は約1時間30分位

北京→パリ エアチャイナ


当日、、、、

羽田空港で飛行機に搭乗して、映画の検索し、見始め、、、、、、何故か中々飛ばず、、、、、、

その時間1時間30分位、、、、

もう、トランジット無理かな?って思いながら、北京空港に着いたら、優しい中国人に、絶対通ってはダメなんじゃないか?って位の裏口を駆け足で、通して頂き、そのまま飛行機に乗り込むのですが、別便で北京で北京ダックチャーハン食ってた、麻衣と、ここで待ち合わせしてるたんですが、、、

あまりの直前乗り込みに麻衣から出た言葉は、、、、、

【何やってたんですか? 】

6778C16F-EA69-42EA-849A-F40FF6EE0D62.jpg

まー、僕は大人なのでしれーっと、話しを流して、飛行機に乗ります。


そして、飛行機では、麻衣様が当然窓際に座り、僕がその横で、その隣は、かっぷくの良い中国人!

意外かも?知れませんが、僕この環境では全く寝れ無いんです。

麻衣は寝てるか?本を読んでるか?でしたが、僕はひたすら、映画見てました。ただ、日本語訳の映画が、少なく途中から、インディペンデンスデイやスターウォーズなどの昔見た映画を、たいして分かりもしない英語で見てました(笑)

ちなみに、機内食!

マノワのお客様の中に航空関係の方々がたくさんいらっしゃるので書きづらいんですが、先ずANA!


39440D45-7F48-42AC-AC11-412CE4A62ACF.jpg

ANAオリジナルとんカツ丼

お世辞抜きに美味かった!正直びっくりしました。

飛行機乗ってる時間も数時間なので、食べ無くても良かったのですが、、、

その後長時間乗った、エアチャイナ!


F0820353-C49D-43CF-868C-6A61AC6F52D6.jpg


あえて書きませんがこんな感じです!僕の知ってる、機内食でした。


そして、パリ、シャルルドゴール空港に着いて、、、、、

64578215-74B6-4221-A43A-1792626CBBAF.jpg



麻衣もブログで書いてましたが、、、、、

毎回ロストバゲージしてますが、今回初めて、行きでのロストバゲージ!

中国人とフランス人のコラボレーション!


はい!

僕だけ、ロストバゲッジです!


海外に行くと日本人はしっかり言わないとダメだと思い、このエアチャイナの空港の場所に行って、意気揚々、担当職員に言われたのが、先ず、、、、、


【ここにいる全ての方がロストバゲッジなので、俺は知っている。お前が何言いたいか?俺のせいじゃなくて、俺にどーする事出来ないけど何?】

、、、、、!

【流石です!】

もちろん、僕がフランス語喋ると思ってなかったのかも?知れませんが、、、、

大人の僕はしっかりとフランス語でお話しし、、、、

【明日からブルゴーニュに行くので、ブルゴーニュのホテルにカバン送って下さい!もし、出て来なかったら、次はシャンパーニュに行くからシャンパーニュのホテルに送って下さい!】

って言って、最後に握手迄して、約束して、今回一緒に旅する、常連様の大阪人の姫

8C1CCCA8-9333-4C2D-BF39-EE2BB46B8E99.jpg

を迎えに行き、、、、、

翌日は、もう1人の大阪人、イグレックを迎えに行きました!

はい!大阪人の女子に囲まれる僕、想像できます?

でんがな、まんがな!です!

よー言わんわ?って感じです(笑)

42037E1F-4E90-4399-8DF2-30621187B684.jpg

今回の旅、僕以外全員女性なので、荷物が多いかな?って思っていたのと、1人でずーっと運転しなきゃならないので、ルノーの、でっかい車借りたんですが、これが大誤算!ブルゴーニュの街って、非常に狭くて、すれ違ったり、駐車したり、、、結構大変でした!


っで、何とか深夜にパリの市内にたどり着いて、FBでロストバゲッジを乗せたら、、、、、

いいね👍

が、一瞬で、200を超える!

みんな人の不幸が好きだなぁ?って(笑)

決して、ブログネタが欲しかった訳じゃー無いですよ(笑)

ちなみに、僕が安いホテル泊まってるって事もありますが、フランスのアメニティって、シャンプーと石鹸くらいしか無く、ロストバゲージしてた僕にとって、非常に厳しい現実がそこにありました。

日本と違って、ユニクロがブルゴーニュにある訳も無く、コンビニも無く、、、、、!

Tシャツとジーンズ、スニーカーで行った僕にとって、毎日、ホテル着いたら、パンツ、Tシャツ、の手洗いは良いとしても、今回1番困ったのは、、、、

歯ブラシです!

E49A59A2-8344-4DF3-9EE4-708114483F74.jpg

車運転して、高速道路のインターで数日後に買うまでは、非常に厳しかったです。しかも、歯磨き粉が、子供用の苺味しか売ってなく、今回の旅は常に苺の風味が僕は感じてました!


っで、、、、

生産者訪問は、麻衣が書いているので、、、、

毎回、ブルゴーニュでは、ドメーヌ訪問の間に、街のビストロに行くのも楽しいです!その中で、、、、、

B25C4A1C-950A-4642-BF75-4AE95733F874.jpg

A974E9B4-F71A-4E73-ADDB-DF46DF767619.jpg

47094848-2286-413D-995B-D4FFC6BFC43B.jpg

0A54B666-1028-4659-84DD-CD0FDE6C30CB.jpg

89D458CD-69A2-4D6D-A80A-ADC8E6F8538C.jpg

女子達がイケメンだと騒いでいた、ブルゴーニュ、シャサーニュ モンラッシェ村のビストロでは、


33E90E98-166D-4C19-B359-06D57906D5A0.jpg

D7AFF764-6EFB-4CC1-BFE1-156A8397A246.jpg

58BB9A42-A774-495A-ABF3-4AA7285E488B.jpg

73C45BE8-993D-4A35-AA0B-0B0E58EE97F2.jpg

シャリキュテリの盛り合わせと、フィリップ コランのシャサーニュ モンラッシェ飲んで、、、、、



その夜は、ブルゴーニュのワインの生産者がこぞって集まる、ビストロ!

7800CF28-5D23-4784-A2C9-8EDE7C91195E.jpg

C2F6E29D-5F5A-42B5-A97F-AA59834DA87A.jpg

BC02E262-CE7C-4503-AB35-0EE124B199F1.jpg

0A19CFC9-E0A1-4243-841A-544905AB0640.jpg

F6925A41-0488-41DD-B649-DFFB2E74AED6.jpg

で食べたんですが、ワインを飲み過ぎた為、たいしたワイン飲まなかったら、あからさまの不機嫌な対応され、、、、

次の日、、、

ブルゴーニュに来たから、ブルゴーニュの地方料理を食べようと、ビストロ入って、一緒にアリゴテ飲んで、、、、、


F284946A-1B3D-42DE-944B-F39AA2AFB0B4.jpg

2EEF3ABE-5CE4-4CA4-86BC-227D9FF695B1.jpg

EEA02AFC-A854-4AC7-B313-FB207115DA02.jpg

7BAD17F4-DFA8-4E73-B726-BC5E302E4897.jpg

3AA2F478-E3DE-4CDC-B772-10FFEEB5820C.jpg

3D56E10F-55BB-4D26-8EDA-1345ED409E28.jpg

D4C5F4FE-1676-4486-BFC5-34940AD67FFA.jpg

このドヤ顔の麻衣がこのシャロレ牛のブルーを、、、

109B787A-B2BD-49E5-8C9B-5528BE799078.jpg

DEF7A54B-FE26-4EFA-9E94-57DEC0A95C86.jpg


みんなの忠告聞かず、シャロレ牛をブルーで麻衣が食って、見事にあたったり、、、、、


よく、僕の周りのワイン好きの方が言う、、、、、

【葡萄の摘み取りして、摘み取り人と一緒のまかないを食べたい! 】

78F64BAC-F3CD-4C8D-8D64-29ACEA0A538C.jpg

A169E5F2-A32F-4F27-9C83-868B7C539588.jpg

AD23AAE6-34FE-4D55-A7F0-B8EC291D3339.jpg


C6D59FF9-BC92-4815-A8E2-2DFC0EB8AF67.jpg


3B3EB0AD-D3B6-485F-951C-94EE68589173.jpg

その後、摘み取った、ピノノワールを発酵している所を見せて頂き、それを飲ませて頂き、、、、

DF35F628-104F-409E-86E9-3A4DA9DBEBCF.jpg

AF14026D-ACA7-45B0-9631-56F15DD8CF38.jpg

084B0062-9423-43BE-8D6E-F6EE56A27AA6.jpg

さっき摘み取った、シャルドネを絞ったジュースを、、、

5621BB7E-8913-45FC-BD42-ADE0F8A7DE69.jpg

48DCDF62-3507-47ED-97A9-EE8B5BBA9DE8.jpg

9DCA9970-FA41-4344-95F9-20E25C566D47.jpg

飲ませて頂き、その後、収穫人とまかないへ、、、

4EC8A64C-78BB-48C2-BF1E-57733C042058.jpg

8F9D88E6-6FCB-4874-BE42-C758DDEAB647.jpg

AAA06A91-D7F5-4AA1-8CA0-CFAFD4DAEFDE.jpg

DFCB2F55-87F1-43A5-83B7-8A2C33A3D68A.jpg

36C8A340-33F0-490F-A2E4-1BCE024893EA.jpg

5DC8033C-FA6D-4B97-AA55-B779D0D85DA9.jpg

66EB6323-5C1F-4236-9551-0BF159740776.jpg

何故か?姫に、いつもフランス人は、優しいんですよね?

9697030C-218D-41D2-A862-712D0C5703C9.jpg

E4A9377F-28AD-4965-950B-0DBD49BF42A5.jpg

D405C7DA-BC4F-430E-BB60-5229F17A28C9.jpg

27E129E6-3D44-4431-9976-6E782FB40055.jpg

D632BA18-9D7D-421F-8C00-2A267E1C674D.jpg


収穫人と一緒に、一緒の賄いと、シャンパーニュ飲んで、チーズも食べて、、、、

なーんて言う、まず、普通の方には絶対に体験出来ない夢も叶い、、、、、

ちなみに、話しはそれますが、この張り紙分かりますか?

86E7025F-8814-46D1-9675-5C3F23CD4374.jpg


今回とある、有名生産者のドメーヌに貼ってありましたが、この張り紙が今のヨーロッパを全て現していると僕は思います。



政治や宗教は僕は、絶対に口にしませんが、これが今のヨーロッパの全てかな?って、勝手に思いました。

僕らがいたフランス時代では、まず考えられないと、少なくとも僕は勝手に思います。


っで、シャンパーニュのメゾン訪問の間には、シャンパーニュの地元のビストロ行って、手長エビと、ステックタルタルと、もう一度シャロレ牛頼んだら、、、、

DD7D0D33-BC99-4C0D-8EB4-C33C4C1EC645.jpg


6D6B5803-0184-48E2-A537-E3C03E8F06A3.jpg

E68418C0-8AD3-4400-B828-3EDDF0D4D8E0.jpg

5451510B-21B6-40D5-AE0B-E25141A6E14B.jpg

954F7DC8-813E-41F3-89BF-5C524BFC1AE5.jpgC259B0CA-1059-4B81-9249-5C648BBD2AC5.jpg


5C060607-B00F-4DDD-B272-0A3B275D73FC.jpg

6661E1A0-5994-43AE-A61B-341199076419.jpg

この、モリーユ茸の量凄すぎじゃ無いですか?一生分モリーユ茸食べました。せっかくなので、僕も見た事無いシャンパーニュ飲んで、、、、、、

ドンペリさんにご挨拶したら、、、、、

186EF7FA-83D6-4F11-B975-5879D2633246.jpg

95C87452-30AF-4B43-AC30-F3C2965E01DF.jpg

CBB8A1B8-B87D-4751-83FC-C7A7F4D29ED1.jpg

2606738A-5034-4175-BFAC-6F06E1A0BA6C.jpg

この景色がある!

F5F62E0F-A248-4D31-8E58-14772BDCB301.jpg

8DD7CBD0-2999-450D-AC06-0CB046951D46.jpg

694F437E-3847-44F3-AF19-F3A2F133D43C.jpg

6B604EB9-C590-4F0D-89D0-3822B7DB8BD0.jpg

96E26878-6683-43AC-AD73-E4F5B05BAFDB.jpg


日本帰って、まず飲んだシャンパーニュは、マムでした。


ちなみに、ドンペリは、もう直ぐ2008年ヴィンテージが、醸造長が変わる事で、いつも通り、違うエチケットで発売されるのですが、マノワのお客様の様に、大人買いしました(笑)

71138A83-B026-4725-A892-843AA14EEC93.jpg

1F2EA761-EC2B-41BB-A1C9-A769CF15A8ED.jpg

パリで本物のロダンの考える人を、見て来ましたが、、、、

生きていて、考えるって事、より、もっと以前に感じる事が、僕は、人それぞれあると思います。

毎回フランス行って、ワイン、シャンパーニュの生産者とお会いし、話し、飲んで、バカ言い合う!

そして、僕が良いと思うワインを輸入し、マノワのお客様に提供する。

それこそが、僕のこの業界で20年生きて来た、財産なのかな?


誰にも、今のフランス料理業界では、絶対真似出来ないと思います。

決っしてお金では解決出来ない、そこには、沢山の多くのストーリーが存在します。

先日、ブログにも書きましたが、日本だけじゃ無く、フランスのワイン関係の方とも一生、一緒に歳を重ねて生きたいって思う今日この頃です。




その昔2003年、フロリレ◯ジュの川手と、西荻窪スプーンの和田を、一緒にフランス行かしてくれた、西麻布のブル◯ニオンの菊地シェフはどー思っていたんだろう?って最近、良く考えます。

Kシェフが僕らにやってくれた事で、僕らは、この混沌とした、東京のフランス料理業界を背負って行く覚悟が産まれたし、もっと成長していつか、業界に恩返ししたいと思い、毎日、今も走り、ストレス溜まったら、夜な夜な、川◯の号令の元、朝迄、釣れも食べる事も出来ない、スズキを求め、若い頃、とってもお世話になった、上州屋で最高級の釣り具セット買って、東京タワー見ながら釣りしてます(笑)マジです!

あの頃、フランス料理業界でも、全てが楽しかった、僕の、2003年には全く追いつけませんが、少なくとも、マノワで5年働いてくれた、麻衣をブルゴーニュ、シャンパーニュに連れて行けた事は、未来の僕に、いつか自慢してやりたいです。

形にならない事を常に大切にして、お追い求めている僕の人生ですが

僕っぽいかな?って最近毎日思います(笑)

ミスチルの桜井さんも言ってたよーな?(笑)

だって、サービス人だもの!

みつを!

なーんて!

B533BDC4-E47E-48D2-B1E0-AF85A8FECFD2.jpg

EC3706D8-89DF-43F0-A1B9-B54E449BE954.jpg

62E8771D-75D1-4664-9DE2-10EBA63CEB55.jpg



P、S、 麻衣がフランスでタクシー変わりに使った、フランスの救急車の話しと、シャンパーニュのクレイエールの話しは、麻衣のブログの更新見ながら、また今度ブログに書きます。

ちなみに、僕の周りの常連さんから、一緒にフランス行きたいと言う話しが、最近多いですが、しっかり書きますが、もう行きません。だって、ロストバゲージするから(笑)

もし、あるとしたら、JC◯に頼んで、ツアー組みます!

では!

posted by マノワ at 20:14| フランスのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする