2020年07月15日

全国から夏の食材が届いており、間も無く真夏メニューに変わります。

いつの間にやら、7月も中旬を終わり、毎日世界中から様々な夏の食材が届いております。

 今日朝、北海道のハンターから連絡があり、、、、、

 【2歳くらいの最高の夏のヒグマが捕れたけど使う?】

 もちろん、1頭全て頂きました。

FD3FE07B-979F-4103-8408-B6F0C8F77A25.jpg

毎年恒例の、岐阜県からは、天然のすっぽんが大量に届き、、、、、

7BF23354-4C17-4A3F-B3D6-0E3CE9BB878A.jpg

和歌山県からは、今迄見た事が無い位立派な天然あわびや、、、、

EFC074E1-4DBE-4411-9E54-9E1C6E430BDC.jpg


DF416512-1FCF-450D-966E-CA42BA4D35C4.jpg

夏の山からは、夏のきのこや、、、、、

852559F6-C961-4C04-A07A-8585AFA189F8.jpg

夏を代表する、うなぎやだったり、、、、

そして、来週梅雨明け宣言が出たら、皆様にお送りする暑中見舞いです。

 この時代に、数千枚の暑中見舞いを出しているのは、フランス料理業界でも、個人店では、僕ぐらいなのかも?知れませんが、、、

 たった1行のメッセージかも?知れませんが、これこそが20年以上東京で僕がフランス料理業界のみでサービス?ギャルソンって言う仕事をやって来た事の価値の様に思っております。

 今現在と違い個人情報がそんな問題にならない時代からこの業界で働いているので、御自宅の住所を知る事もそんなに難しく無かったんです。

 現代人には分からないかも?知れませんが、暑中見舞い、年賀状、お中元、お歳暮、だいぶ忘れられて来ましたが、これこそが日本人だなぁって毎回思っておりますし、誰に批判されても構いませんが、僕ら業界は、忘れては行けない、季節の習慣の様に思います。

386E0E52-1C6E-4F6F-8A14-CBB417E40012.jpg


実は今たくさんの新しい事業にチャレンジすべく、忙しい毎日を過ごしており、こんな状態ですが、、、、

845617E7-AFC8-4D9D-8E31-039F476AF1EE.jpg


 あの頃の天才の様になりたいです。

と言う訳で、まもなく真夏のメニューに変わります!
 
乞うご期待!
posted by マノワ at 19:47| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

マッチョなブルゴーニュ赤ワインセット!



おはようございますー‼️
早坂です!


いつも、マノワオンラインショップより、

ワインをご購入いただきまして、ありがとうございます!


中でも人気なワイン3本セットですが、

数量限定で、、


今飲んでもよし、
熟成させてもよし、

長熟のポテンシャルも持ち合わせた
ブルゴーニュの中でもわりとタンニックでボリューム感のある3本をセットにしてみました!

「マッチョ(でイケメン)なブルゴーニュ赤ワインセット」

を販売しております


FD2214EC-8E71-48D5-BF9D-9586A1FCA277.jpg



内容ですが、、、


まずは、ジャンフルニエの

2016年
Gevrey chambertin
ジュブレイシャンベルタン!

25EAE43E-240A-46C3-8A41-B66A2871381C.jpg


2016年は春の霜の被害で、ブルゴーニュ全体の収量が非常に少なかった年です。
ただ、その分ひとつひとつのぶどうに果実味がしっかり凝縮されており、ボリューム感のある豊かな果実味のワインに仕上がっております。

特に、こちらのジャンフルニエ、ぶどうの味わいがしっかりとしたワインを造っている生産者です。

私も2年前にお世話になりました。

E135FDDA-0289-4A00-B27A-0E75EE911793.jpg

愛情たっぷりに育てたぶどう。
お忙しい中、たくさん時間を割いて丁寧に説明してくださいました。


凝縮した果実味と、強い肉付きと体格の良さ

非常にポテンシャルの高いジュブレイシャンベルタンです。




そして、日本でまだマノワでしか輸入していない
生産者ピエールアンリルジェ

2017年
Pommard rue au port
ポマール リュ オー ポー

FC3A3D85-B3EC-44B5-B63E-C2BA4678A623.jpg

ポマールというとこちらも、長熟向きのタンニックで豊満な果実味と華やかな香りに、濃厚な色調が印象的です。

その歴史は古く、「ポマール」と名乗ると売れることからたくさんの偽ポマールが出回っていた時代もあります。

こちらのピエールアンリルジェは、特にテロワールを大切にする生産者で、

ぶどうが潰れないようカゴを使って手摘みで収穫し選果。
除梗は行わず、全房のままで発酵。
発酵は、ぶどう果皮に付着している天然自然酵母のみを使用し、またSO 2無添加で慎重に行っています。
 これは、畑が本来持つテロワールを尊重し、その姿を余す所なく発揮出来る様にする為です。

ぜひこのワインから、テロワールとその歴史を感じながら、グラスを傾けてみてください。


最後に、セレクションマノワ


2012年
Nuit Saint George 
ニュイサンジョルジュ

78D85F75-2CA3-48EF-A5AB-C6972B8F88D2.jpg

ニュイサンジョルジュというと、

グランクリュがないので、
派手さはないかもしれませんが、
プルミエクリュがたくさんあります。

若いうちはタンニンが強くていかついイメージが多いのですが、

熟成するとそれぞれ個性が現れてくる面白さもあります。

今回の2012年のニュイサンジョルジュは、
既に7年の熟成を経ており、ひとつの飲み頃を迎えております♪





個人的にこのヴィンテージのニュイサンジョルジュにはちょっと思い入れがありまして、、


2012年、マノワに入社する前

ブルゴーニュを訪れました。

リヨンからストラスブールへ行く途中にちょこっと寄る予定でした。

日本人マダムとイギリス人ムッシュが営む
小さなシャトーを改装した民宿に宿泊しました。

当初ブルゴーニュの滞在は1泊の予定で、

特にコネクションもなく、

ワインの知識も全くなく、

そして未成年だったので、飲めず(笑)

その空気だけでも肌で感じようと訪れました。

ブルゴーニュを発つ朝、

大きなスーツケースを持った姉が

階段をよいしょと降りていると、

重すぎたせいか、、転げ落ちてしまいました!

姉の足はスーツケースの下敷きになってしまい、ひどい捻挫。

この日ストラスブールへ移動する予定でしたが、

それどころじゃない事態に💦

マダムの車で病院へ!

実は姉の方が先に伝説を作っておりました(笑)

ストラスブールのホテルには、

マダムが、
「ソーリー!アクシデントやねん!デイキャントゴーイングトゥナイト!ノーノー!キャンセルチャージ?ノー!アクシデントやから!」

と、わりと適当な英語と関西弁で、キャンセル料を凌いでくれました(笑)

マダムは元CAらしいのですが、

本当なのか、未だに謎です(笑)


その後、歩けるようになるまで、

ニュイサンジョルジュに2泊ほど延長で宿泊することになりました!

マダムとムッシュに
車椅子を押してもらい、

一緒に近所のスーパーに行ったり、

ボーヌの街を案内してもらったり、

オススメのレストランに連れて行ってもらったり。

近所の子供たちと庭でサッカーしたり、

ブルゴーニュの家庭料理をいただいたり。

マダムの車でコートドニュイの畑をドライブして、畑のことも詳しく説明していただきました。

その時流れていた曲は、
渡辺美里の「マイレボリューション」だったような(笑)



結果的に、このニュイサンジョルジュで過ごした田舎暮らしのような日が、
ブルゴーニュワインに興味を持ったキッカケになったかもしれません。

そして仲良しで素敵なご夫婦と過ごせたことが、とても楽しい思い出になりました。

ちなみに、この民宿の名前

「Manoir」マノワール

です(笑)

なぜかManoirという名前に縁がありますね(笑)


と、勝手に思い出のワインにしてしまいましたが。。

本当に素敵な場所なんです。。

ニュイサンジョルジュを飲むとその香りと思い出が蘇ってくるようです✨



本題に戻りますが、



こちらのワインセットは数量限定になります。
お値段は3本で

税込\18700です!☆

マノワオンラインショップより発売中です‼️
https://www.manoir-wine.com/items/31453698

ぜひこの機会にお試しくださいませ♪*


posted by マノワ at 15:38| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

元マノワのシェフ、武藤聖郷が福岡県で独立致します。

7月7日は七夕でしたね?大人になると短冊に願い事書くのなんて忘れてましたが、仕事が終わり自宅に戻ると、、、、


AF19F2A6-F8F5-457E-ABBC-D9DDEAB126A4.jpg

我が息子ながら流石だと思いました(笑)次回のマノワのスタッフ募集時には、ジャムおじさんを雇います。


っで、今日は告知をします。


8E815984-A68F-457E-8CD6-396E659561E6.jpg

タイトル通りですが、マノワにてシェフを務めていた武藤聖郷が、念願叶い、明日、7月10日に福岡県にてフランス料理店を独立開店します。

ご実家が福岡県の朝倉でして、朝倉の季節の食材を活かしたフランス料理店です。

ご存知の通り、福岡県の朝倉始め、全国各地での豪雨のニュースやコロナのニュースが毎日TVで流れ、とんでも無い時代に生きているなぁと実感しております。

 線状降水帯?50年に1度?100年に1度?そんな言葉にも慣れてきましたよね?日本もどうなって行くんだろう?って不安ばかり考えてしまいますが、その中でもこうして、自分の店を持って未来生きて行くと言う決断をした、武藤をこれからも応援して行きたいと思っております。

是非福岡県にお住まいの方々、また、福岡県に行かれるご予定がある方々、よろしくお願い申し上げます。

42D5B4D6-4162-4FE2-BCAF-0F8981E36785.jpg

マノワにポストカードございますのでご入り用の方はお申し付けください。お送り致します。

 七夕で願いが叶うとして、今、皆さんは何願いますか?

 僕は悪人がどんなに努力しても、1発のアンパンチで解決出来るアンパンマンになりたいです(笑)

終わり!
posted by マノワ at 20:01| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

夏のフレッシュチーズ

1101E9DB-170F-4230-BE1D-1D7A8F5E96C5.jpg


おはようございます〜!

最近見つけたこの本。

小学生の時に、ことわざ好きの先生がおりまして、、
毎日、1日ひとつずつ教えてくれていたのを覚えています。

世界にも、いろんなことわざがあるようで

これは、英語バージョンなんですが、

1C31B6A0-4DE8-4CA8-B5EF-82A80F0725C3.jpg

「蝦で鯛を釣る」

は、この本によると、

「To give a pea for a bean
いんげん豆を貰おうとして、えんどう豆を贈る」

だそうで。
外国では、えんどう豆より、いんげん豆のほうが高価なんですか?笑

豆と豆の交換(笑)


蝦で鯛を釣るもなかなか盛った話だと思いますが(笑)

それぞれの国ののセンスということで。

興味深い本です。

今日は、
早坂です\( ˆoˆ )/


話は変わりますが、

みなさん、、、この

シェーブルチーズ、覚えていますでしょうか??
77189F27-12DD-4FB7-8FAF-0F27E022E661.jpg


D19BB0FE-247E-4986-9CC2-53E37967FF1D.jpg


B2D50F17-00AE-4CD7-9BA8-B5C5AE0BC1E0.jpg



桐の箱にて

熟成をさせてきました、、、

ブリケットドノールドミノ!!

今、5ヶ月の熟成を経て、、

こんな感じです✨

3C5E8D92-42EF-466D-9D31-CB1DAEAFC361.jpg


あと1ヶ月寝かせる予定です。

ついに、1ヶ月後、、半年熟成にてリリースさせていただきたいと思います、、!!


桐の箱の中では、余計なカビや雑菌が湧かないはず。。と踏んでいるのですが。。

さて、どんなお味になったのでしょうか?

楽しみにしていて下さいね


そして、新作チーズのご紹介です☆


まずは、夏なのでフレッシュチーズです♪

みんな大好き!フロマージュブラン!

(勝手に大好きだと思っています)

CC952873-E454-4703-8CFD-AEBEF8A95E1B.jpg


フランスでは離乳食にも使われるフロマージュブラン。

酸味の少ないヨーグルトのような感じで、

とても食べやすいフレッシュチーズです。

脂肪分が少ないのが特徴で、

本当のフロマージュブランは無脂肪ですが、

食べやすくするためにクリームを若干添加しているものもあります。

フランスでは、砂糖をガッツリかけて食べるらしいですが、

女子には抵抗があるかと思いますので、

自家製ブラックチェリーのコンフィチュールと共にお出しさせていただきます☺️

6DBC93E9-FDBB-4A53-94D4-85E1A0B0D157.jpg

もし、砂糖ガッツリご希望でしたら、それもご用意ありますので、ぜひご用命くださいませ😆✨




そして、ギリシャのフェタチーズ

こちらもフレッシュチーズです。

羊と山羊のミルクから出来る、世界最古とも言われるチーズ。

塩水に漬けてあるので、とても塩気が強いのが特徴です。
お料理に使いやすいチーズですが、
オリーブオイルやハーブと一緒に漬けるだけでも、しっかりワインのお共になってくれます☺️

マノワでは、
「山梨県芦安から届く山椒」
「ニンニクとハーブと香辛料」

4FDD1BE0-0565-4F53-AD8E-4DD151343424.jpg




A9C9525D-5326-42C7-8789-9A61B2FFE625.jpg6C5CC72F-0E85-4162-BDED-FE69FB8E18DE.jpg

の2種類のオリーブオイル漬けでお出致します♪

夏のフレッシュチーズ

食後にちょこっとつまんでみてくださいね〜😆💕



posted by マノワ at 16:26| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝山シークヮーサー! 幼少期を思い出したお話

皆様こんにちは!
アサヒナです。

今年は早くも7月に入りましたね。
自粛期間があったことによって月日がながれるのが早く感じるかたも少なくないと思います。
僕ももちろんその一人です(笑)

そんな中、沿道はるばる沖縄からいつもお世話になっております方がわざわざマノワに足を運んで頂き、その際に頂いた物をご紹介致します!
20200701215316094.jpg
勝山シークワーサー
沖縄勝山で採れたシークワーサーの青切りと完熟した果実を搾ったストレートのシークワーサージュースです。
いつもお世話になっている常連のお客様にこちらのシークワーサージュースを使ったノンアルコールドリンクのご提供させて頂きましたが、非常に好評でした!
作る際に僕も味をみたのですが、びっくりしました。
青切りは皆様が思い浮かぶような酸味がしっかりとある、ライムやすだちのような味がしましたが、驚いたのは、完熟したシークワーサーです。
もちろんシークワーサー独特の酸味もありつつ青切りにはないミカンやオレンジのような甘味があり驚きました。

K様いつもありがとうございます!

で、僕は人生で3度沖縄へ行ったことがありますが、その3回全てが幼少期に行ったためほとんど記憶がありません(笑)
しかし、初めて沖縄の海に行って溺れかけたことは覚えています(笑)
20200707101231081.jpg
20200707101236817.jpg
20200707101251856.jpg
20200707101301409.jpg
20200707101306755.jpg

めちゃくちゃ懐かしい15年以上前の写真を実家から送って頂いたので載せてみます。

沖縄ではじめて紅芋を使ったタルトやアイスクリームを食べた時は感動したのを今でも覚えています(笑)
そんな思い出話を母親と最近話して少し盛り上がってました!

そんな懐かしいお話をシークヮーサーのストレートジュースを飲んで思い出した話でした(笑)

お話は少し変わりますが、週一で必ずジムに通っておりますが、その帰り道でお花屋さんに行ってお花を買って帰ることをやっております。
20200707105220323.jpg
20200707105226371.jpg

東京で一人暮らしを始めてからずっと思っていたのですが、中目黒、恵比寿、広尾って「ものすごくお花屋さん多くない?」って思っておりました(笑)
なので毎週違うお花屋さんに行ってオススメのお花を買って家に飾っております。
広尾付近のオススメのお花屋さんが御座いましたら是非教えてください!

これからくる暑い夏に向けて熱中症にならないようにお気をつけていきましょー!




〈終わり〉
posted by マノワ at 11:00| 朝日向真樹のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする