2020年01月24日

先日の茨城県のハンティングを通して感じた事を僕なりに!そして、1月27日、28日、29日北海道・函館へ蝦夷鹿ハンティング、並びにマノワの未来の為にお休み頂戴します。

にぃちゃん下手だなぁー!

ずっとフランス料理店で働いていて41歳になって、最近ではにいちゃんなんて呼ばれる事はほぼ無いですし(笑)まして怒ってくれる方も少なくなっている今日この頃、ハンティングをしていると常に最年少の僕は良く怒られます(笑)

先日仲間と茨城県で鴨撃ちハンティングをしていた所、たまたま猟場で6頭のハンター犬を連れている地元のハンターお二人に出会い、おっしゃって頂いた言葉が、、、、

にぃちゃん下手だねー!来週、日本キジのハンティング教えてあげるよ!

僕の人生では良く起こるのですが、、、、、、

27265E96-24CC-4D16-874B-5D4D657F1D70.jpg

人と人の出会いほど大切な事は無いと考えております

07890D1E-A591-4F39-87C5-5C86DE2CBF41.jpg

まして、80歳を超える大先輩から、日本キジの住んでいる猟場や、ハンティングの仕方迄、全て教えてくれる事って本当に凄い事で、有り難い事なんです。

それこそが長い年月をかけて体験された最高の財産ですから!

なんでもそうだと思うのですが、大きく分けて2タイプの人間がいると思います。

自分自分の人間か?皆んなで共有する人間か?

きのこ採りもそうですが、確かに松茸が生えている場所を知ってるとか?でしたら、自分自分になる考えも分かりますが、僕はきのこ採りも、ハンティングも、釣りも、皆んなで楽しい事は共有し、次世代に繋げて行く事が大切だと考えております。

有り難い事に、その様な考え方をお持ちの諸先輩方が僕の周りには多く、僕もその方々を裏切らない様に生きていきたいと考えております。

自ら体験し、その感動や楽しさを次世代に繋げて行く事!

E3F568EE-659B-46DC-9AAC-E2063181AF1F.jpg

C58AC39E-73BE-4FBC-A9AD-46F4E15378FB.jpg

0F8FBC3D-F79E-4771-86BE-7700E0583F73.jpg

簡単に書いてますが、中々難しい事だと思います。

僕は今年41歳で、生まれた時から生きる上で何不自由は無く、快適な生活を与えられて育った世代ですが、東京で20年間フランス料理界で働いて来て、幼少期山梨県の田舎で、両親の愛情の中育った僕は、、、、、

 現代の若者達と、フランス料理界を通して、毎日一緒に過ごして、この若者達と僕の育った環境を比べた時に、フランス料理界でこれから先も働いて行く覚悟があるのなら(ここが重要)今の若者達に圧倒的に足りないものがある気がしていました。

E62F1406-D682-4C56-9375-04F2F6AE474C.jpg

それは、現場での体験です。畑で野菜を作ったこともなければ、ジビエをハンティングして食べたこともない。

 レストランで働くと電話一本で翌日に魚や肉が届き、まして大手では、冷凍で料理が届き、料理人が包丁を使う機会より、ハサミを使う機会が多く、冷凍食品の袋を開けて、冷凍で出来上がったソースを温めてかけるだけ!そしてインカムしたサービス人が運んで来て、感情の無い料理説明して提供する高級フレンチが巷に溢れる現代の東京で、僕にとっての本当の幸せって何?って最近良く考えるんです。

 働き方改革と言う大義名分の元、間も無くマノワの様な街場の小さなレストランが経営を続けて行く事は本当に困難で、インカムしているレストランか?そーじゃ無いレストランか?になると、口は悪いですが僕は考えております。

最近、料理ばかりがクローズアップされ、本当に大切な、食事する楽しみや、レストランにおける時間の流れを楽しむ事が、蔑ろにされている気がしています。

 そして、近い未来、食事をするのも面倒くさくなり、カプセルに入ったビタミン剤を飲んだ方が健康で、120歳まで生きられる時代が直ぐそこ迄来ているとさえ僕は感じております。

食べ物がモノになってしまった今、両親や僕の周りにいた大人たちが幼少期に僕に教えてくれた、食べる事での幸福感や、人と人との繋がりの大切さ、そして、、、

地球上では、人間もたくさんの生き物と同じ1つの生き物であることを、改めて意識しながら、マノワで一緒に働くスタッフや、少なくとも僕の息子にはたくさんの体験を通して、感受性を豊かに育って貰いたいと思うようになりました。

C2AFDB00-5EBC-450F-8472-94F5E94ED165.jpg

それが自己陶酔であれ、なんであれ、僕自身が行動で示す事で、誰かのためになる気がしているだけなんですが、毎日最高の食材と向き合い、沢山の料理をたくさんの常連様にお召し上がり頂き、食事をする事を通して得る幸せさをより多くの方々と共有し、そして共に生きて行きたいと願っております。

その上で、僕ら業界にも、働き方改革が絶対不可欠だと僕は考えております。その辺のお話しは4月からの完全週休2日の事とともに今度しっかりとお話し致します。

先日Facebookで、レストランが言う常連様とは、どのくらいの頻度で利用するお客さんをいうのでしょう?と言うご質問を頂きましたが、、、

僕は、確かにご来店の回数が多い方が常連と言うお店も多いと思いますが、マノワではそう考えておりません。ご存知の通り、20年東京でフランス料理店のサービスをやっていると、その頃からご来店頂いている常連様が多く、マノワではたいてい、お店にご来店頂く半分は常連様です(笑)

常連様と言っても1年に一度だけ、日本に帰国された際に、必ずご来店頂く方なんかも多くいらっしゃったり、毎月必ずご来店され、お帰りの際に来月のご予約を入れてお帰りになられる、80歳を超えた老夫婦の常連様も多くいらっしゃいます。

ようは、人と人の関係であり、僕はそー言った常連様と生きて行くレストランを作って生きたいと考えております。

誰かも言ってましたが、人間社会における幸福とは、感謝の量に比例するという事が真理なのかもしれません。

常連様から頂いた感謝の気持ちが1つ結果になり、僕にとっては、未来が変わるであろう契約を先日させて頂きました。その件も含めまたお話ししますが、、、

1月27日、28日、29日のランチ迄北海道函館へ、蝦夷鹿ハンティング並びにマノワの未来の為お休み頂戴致します。

808807BD-A899-4299-9048-7C3FDDF64817.jpg


 ひょんなことから出会った、ベテランハンターとの、先日の茨城県でのハンティングで、いろいろ考えてしまいました。

 しかし、僕の人生たくさんの方々に良く怒られるなぁと(笑)

終わり!
posted by マノワ at 15:45| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

2020年今年も宜しくお願い申し上げます。そして、1月27日、28日、29日のランチ迄北海道にてハンティングの為お休み頂きます。

2020年のマノワの営業も始まりました!

皆様、本年も、宜しくお願い致します。

お正月休みは、実家の山梨県に帰り、久々の、母親の手料理を食べながら、皆様から頂いた、たくさんの年賀状見ながら、箱根駅伝を見ながら、たらふくお酒を飲んで、何故か?1月2日の僕の誕生日は僕が自ら、実家で12人前の料理を作る事になっており苦戦しながら料理人の気持ちを正月から味わいました。

11BEFA38-A053-471A-8747-0E3A9031A4B9.jpg

そして、全国のお土産で、同じ様な物があり、もっともパクられていると言っても過言で無い、本家本元の桔梗屋の信玄餅を食べ、最終的には毎年恒例、兄弟喧嘩をして、果てし無く寝ました(笑)

そんなこんなで、お正月は、家族と共に、ゆっくり、のんびり過ごしました。

マノワのスタッフも皆リフレッシュし、2020年、新たな気持ちで迎えております。

F7031477-4CB9-413C-890A-853138600599.jpg

2BA6F492-B0EA-4ECD-84D4-C7D295577E9C.jpg

2A87BCBD-EBEB-4576-8250-50EFE1141B73.jpg

95FD91BB-1CC5-45B9-8E76-BDAF56A4FAAA.jpg


2A8A43C4-923B-4E71-BF6B-C2C43647D799.jpg

29117B18-342B-4AB0-90E4-00CBFF6EDD42.jpg

D7F7BBEB-5D74-4F4C-9340-4BAEF29E7FEA.jpg

645C4A88-9B1D-4D95-808F-4E410070D475.jpg

9A95202A-1E17-457B-8FAB-0E25DB587B0E.jpg

久しぶりに、山梨県の田舎に帰って、メオの散歩をしたのですが、、、、、

DEC32F81-81C1-4083-8B9F-7E733F4E3158.jpg

1079981D-BAE3-4C12-AC0F-F0D34F1015BA.jpg

68826939-0007-4238-89A0-485AD87D0FB6.jpg

FBFA7930-BA87-4498-A23F-82434783E068.jpg

DA6015D1-195F-43F4-9A94-33851C0D0AC6.jpg

8DA98B4C-FAC5-4DB4-A933-FF725883318D.jpg

田舎の畑は高齢化が進み、荒れ果て、また、野生獣の被害(うちの田舎の場合は、鹿と猿の被害)が多く、畑は、至る所に、こんな柵が張られ、改めて、被害の甚大さを痛感して来ました。

そんな中、新年早々、田舎の猟友会の方々が仕掛けていた、檻には、、、、、

FC23FC3D-B7DF-418A-A5DD-9CD879563DF7.jpg

日本鹿と野猿が、かかかっておりました。

そーいえば、1月2日は僕の誕生日で、毎年、多くの方々に、FBでお祝いのお言葉を頂戴し、心温まる思いでございます。

改めまして、御礼申し上げます。

そして、、、、

お店の営業がスタートして、全国のハンターさんからたくさんのジビエが集まっております。

 先ずは、ドラマのグランメゾン東京で話題になった、、、

キジバト

9D5C79E9-4856-4805-A0E5-4A78BB0EE8F7.jpg

FA5D918C-1E32-4E5A-9635-85B6E085C537.jpg

グランメゾン東京と言うドラマで、キジハトが紹介され、急に問い合わせが多いです(笑) 急遽、超高級食材になりました。 正直、1羽1万円で売れるなら、マノワは冬休み2ヶ月取れます。

っで、今の季節の幻のジビエと言えば、、、、

国産のべキャス小綬鶏

64E8FAF4-0894-4360-9D89-30EC899E5BF5.jpg

DB69E65C-C81B-4E45-8948-BEA45F94C779.jpg

国産べキャスは当然幻の為、3年待ちのお客様にお出しさせて頂きます。

 ただ、年末からべキャスの問い合わせがたくさんありましたが、基本的に今年は入荷があまりに少なく、今期分の入荷はほぼ終わりなのですが、最後に20羽のみ入荷がありました。

 基本的に希望者が多く、メニューに載せる事は致しませんが、ご予約頂いた方、先着順でご用意させて頂きます。おそらく一瞬で終わってしまうと思いますが、ご興味ある方はご予約お願い致します。

 そして、強烈な写真を(ジビエお苦手な方はご覧にならない様お願い致します。)、、、、、、

 正月の営業が始まり、ランチの終了の頃、お友達のハンターから電話があり、、、、

『今、山梨県なんだけど、罠に鹿が入ったんだけど、持っていって良い?』

 もちろん、解体場で裁く訳では無いので、お客様にはお出しする事は出来ません。しかし、その方にたくさんのご恩があるのと、その鹿を処分するのは可愛そうと言う思いで、、、、

 『では、マノワに持って来てください!』

 とは言ったものの、スタッフはマジですか?って言う顔するじゃあないですか?

 と言う事で、僕自ら、東京広尾で捌きました。

3EE6800F-5ABA-4631-89F9-486BE79CA875.jpg

B83B0B33-E968-41FD-9758-7AB6C526157E.jpg

 田舎の、山の中で鹿を見ても特に何も思いませんが、東京のど真ん中で鹿を見ると中々びびります。この鹿は、そのハンターの私用のパーティで使わせて頂きます。

 また、鹿児島県のハンターからは、今日5頭のいのししが獲れたとの連絡があったり、、、、

 そんなこんなで早速全国からジビエが集まっております。

 そして、タイトルにも書きましたが、、、

 1月27日、28日、29日のランチタイム迄、北海道函館にて、蝦夷鹿ハンティングの為、お休みさせて頂きます。

 そして、昨日は朝から、人間ドックで胃カメラ飲んで来ました(笑)

 そんな中、カルロスゴーンさんがレバノンでお食事しているニュースが世界を駆け巡ってますが、この飲んでいるワインって、、、、!

 ラルロのニュイサンジョルジュですよね?逃亡して1番飲みたかったワインは、ブルゴーニュのニュイサンジョルジュなんだ?ってちょっと親近感を勝手ながら感じました!

 しかも、ヴォーヌロマネでもジュブレィシャンベルタンでもなく、おそらく、ニュイサンジョルジュだろうと!(まさか?ヴォーヌロマネか?)


2EC02B24-D3E8-406D-B28A-BF00C6F66D96.jpg


 クリスマスから、年末にかけてたくさんの問題があり、顧問弁護士さんが登場して頂く事件等もありましたが、お正月のテレビ番組で、ガクトさんが言っていたのを見て、なんだか救われた様に思いました。

 僕も最近良く思うんです。ワインも人生も良く似ていると!

 もちろん、何のワインが1番飲みたい?って聞かれれば、ロマネコンティって答えますが(笑)

 ガクトさんも言ってましたが、高級なワインが美味しいワインって言う訳でも、安いワインが美味しく無い訳では無く、全ては好みであり、嗜好であると思います。

 最近では、ワインに真摯に向き合っていれば、例えどんなワインであれ、自ずと悪い部分を見るのでは無く、良い部分を見ようと思う様になりました。

 その個性を尊重しようと思う様になりました。

 もちろん、ワインにはブッショネが存在し、その個性が分からない事もありますが、、、、、

 そもそも、ブッショネ自体を知らないと、その奥の本当の個性は分かるはずも無く、ブッショネって言う事で全てが終わってしまう。

 そもそも、自分が思っているブッショネって何なんだろう?と!

 どれだけお金を持っていても、逃走後に奥様と久しぶりに会って、飲んだワインが、ロマネコンティで無く、ラルロのワインを飲んだカルロスゴーンさんの様に、誰とどんなシチュエーションでワインを飲むのか?そして、その空間を楽しめるワインとは?そして何より、一緒に分かり合えるのか?

 価値観の違いと言えばそれだけですが、僕はその多くの、形無い幸せな出会いを楽しめる様な人生を歩みたいと思います。

 今年も宜しくお願い申し上げます。

0F6CE153-84E4-45E8-9854-0BB0F79973C9.jpg

最近何故か?息子にカメラ向けると変顔しかしないんです!

そして、、、

1月27日、28日、29日のランチ迄北海道にてハンティングの為お休み頂きます。

 
終わり!
posted by マノワ at 14:38| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

マノワの向かいの臨川幼稚園が50周年でした!そして、最近僕が思った事!

マノワの向かい側に、ご近所ではとって有名な、臨川小学校、臨川幼稚園があります。

その敷地内に生えている、、ドラクエの世界樹の葉を生やす世界樹の様に、、、

それは大きな、広尾の街を代表する、樹齢何十年にもなる、びわの木があります!

その木の上の方にたわわに実ったびわは、、、、

収穫されることなく、熟して、道路に落ちゆくか、ヒヨドリに食べられる運命でした。
毎年それを横目に見て、僕は思うのでした。

忍び込んでとったら、新聞載っちゃうよね?

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/467327155.html?1576318312
その辺のブログはこちらからどーぞ!

そんなご縁から始まった、臨川幼稚園が今年50周年!そこで、臨川幼稚園の庭になっている、琵琶、あんずを使って、コンポートやコンフィチュールを作り、自家製ブリオッシュに詰めて、臨川幼稚園の紋章の焼き印を押して、、、、

その数約230個

DD4C8F45-F22D-4B49-AC51-43C542F6FD66.jpg

1C271546-3EC4-4032-8903-913ACFFD0E07.jpg

C68490DE-D1F8-463B-B291-CF1C1808054A.jpg

C579DA11-AC5B-467C-8FF8-5B7205141B50.jpg

F523C8F6-3A9A-4440-9BE5-263B0563DCAB.jpg

51F5DB3E-D0B2-4FF7-91E4-C3EA1BD0C792.jpg

今日のランチの営業前に作って、無償で今日の50周年記念行事にプレゼントしました!

ご縁って不思議だと最近良く思うんです!

それこそが形の無い最高に大切で、かけがえの無い物なんだと感じております。

1つづつですが、今の僕に出来る事をやって生きたいと考えております。

今回、園児、親御様、先生で200人超えでしたが、16席のマノワでご用意するのは、中々でした(笑)

広尾って街の小さなフランス料理店の存在意義を感じちゃいました!

経済協力開発機構(OECD)が2019年12月3日に発表した国際的な学習到達度調査「PISA2018」の結果。参加国の中で日本は、、、、

「読解力」15位、「数学的リテラシー」6位、「科学的リテラシー」5位といずれも前回調査時より低下。

「読解力」は、調査開始以来過去最低となった。

ずーーっと、僕思っていたんですよね?僕ら世代と今の世代に、決定的に違うのは何か?って!

最近、人生にも、送信受信のボタンがあったとして、、、、

僕ら世代は、携帯電話も、iPadもない時代に育ち、多くを紙に書いて、恋愛も交換日記して、遠距離恋愛も国境またいで、手紙書いて、、、、

また、幼少期には、人口300人弱で育った僕でも、6年間、書道習って、花道を学び、多くの書類を僕の汚い字で、提出して来ました。そう、たくさんのアナログボタンを使って送信を、今でもしております。

その中で、もっと大切なのは、受信する側の読解力なんでしょうね?

それは、簡単に言うと感じる事だと僕は思っております。前にキムタクも歌ってましたが、心のずっと奥の方の、柔らかい場所にあると僕も思っております。

そこを締め付ける感情が大切なんだと、僕は両親から学んだ様に今でこそ思います。

僕は、あの頃の未来に決して立ってはおりませんが、、、、

その場所は、何度もブログで書いてますが、親の愛情そのものだと僕は考えております。

これこそが、今の若者達と全く違うんだと、やっと僕は、今年気づきました!

9863FFF3-D802-4522-81DA-014809FAFBCE.jpg

580E504E-A100-4A09-AFA0-24C1349A79F2.jpg

そーそれは、僕の3歳の息子が毎日、僕が起きる前に、僕のiPadを奪って、毎日、自分の好きなチャンネルのYouTubeを見てるんですが、この違和感の答えを、最近感じております。

その僕なりの答えは、時間があれば、また今度しっかりと、逃げずに、ブログで書きます。

今日も、満席の営業が終わり、毎日、自宅で、僕のクソ汚い字で、年賀状を、数1000枚、一言だけ書いてますが、このひとことがどれだけ、僕の中で大切か?

そして、それを感じられる方々と、これからも生きて行きたいと願っております。しかしながら、それが全てでは無く、もっと短時間で、より多くの方々と繋がる、効率の良い方法を僕も皆様も知っております。

しかしながら、僕のプライドもあってか?(笑)僕はそれを選ばず、、、、、

人を信じております。

未来は、僕が考えつかない事を、今の30代、そして、もっとも、僕では予想もつかない、大切な20代が、僕らフランス料理業界?って言うか?既にフランス料理って言う枠では無い今があるので、その全てを超えて、、、、

今のフランス料理業界で働いている、全ての従業員が、せめて、一般の方々と同じ土俵にたち、そして、好きな仕事を胸張って毎日働いている方々が、経済力の面を含めて(特に女の子達)

このフランス料理業界で、生きて良かったって思える、世界を作って行く事が僕ら世代(40歳代)の宿務だと僕は遥か昔から思っております。

まー、そんなこんなで、書きたい事は、富士山以上にあるんですが、こー見えて、僕、クリスマスもあり、すげー忙しいので、今日はこのへんで、、、、

時間があったらまた、しっかりと書きます。僕らフランス料理店の未来の事を、、、、!

終わり!
posted by マノワ at 14:30| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

富士山と山梨県富士河口湖町と、、、!

もう12月になっちゃいましたね?相変わらず、毎日寝る間も惜しんでいろいろやってます(笑)今年も師走の忙しさを感じております。

先月、11月15日に8周年を迎え、たくさんの方々から、お祝いのお言葉や、頂き物をし、たいしたお礼も出来ず申し訳ございません。改めて、たくさんの方々に愛されているレストランに成長したんだと感じております。改めて、たくさんの方々に、、、、、

ありがとうございます。そして、これからも、末永く宜しくお願い申し上げます!

最近の月曜日の定休日に何をしているか?と言うと、、、、

大抵、地方にいます

先日千葉県の事も書きましたが、今日は僕の出身県でもあります山梨県のお話しを、、、

僕は山梨県・南アルプス市芦安って言う過疎地に高校生まで住んでおりました。

40歳になった、今年の目標の1つに山梨県に恩返しする事ってのが僕の中にはあり、様々な事をして来ましたが、その1つで、、、、、、

そう、ふるさと納税を山梨県とはじめ、少しでもフードロスのその先の問題に貢献する事!

C4B6A42D-73CC-4D84-9B31-8ADD7DE2A7BC.jpg


っで、ここ最近何度も、山梨県・富士河口湖町に行ってました。

30E054C3-A5A7-4348-8FF9-564ED54A9C06.jpg

181E42B8-BF78-475B-A001-8726B89F00F8.jpg

EA62B347-817A-4FB6-982C-FDA080FC9661.jpg

7909536F-775E-4E5F-BB7A-888B1F35819C.jpg


山梨県も日本鹿の被害に苦しんでる事はここで書くまでも無いと思いますが、その捨てられている日本鹿を使って、全ての方々が幸せになる道は無いのか?そして、僕が出来る事は?

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/469699970.html?1575184611

先ず、ふるさと納税をはじめるとしても、行政が管理している、ジビエの解体処理施設で捌く事が、絶対必要条件にほぼなります。

山梨県富士河口湖町も富士五湖のほとりに、素晴らしい解体場があります

簡単な話し、ハンターである僕が、富士河口湖町で日本鹿をハンティングし、富士河口湖町の解体処理施設で捌けば、良いのですが、そうは問屋がおろさ無いんです。

大抵の自治体は全ての収益がその自治体内で回る様になっており、簡単では無い問題がここにあります。

っで、また、点と点が線になったお話し、、、、、

遠い昔の中村少年の記憶ですが、、、、

僕は幼少期の頃から、父親にきのこの季節には、山に連れて行かれ、きのこを採っておりました。

東京でレストランを開業してもなお、毎年富士山にきのこを採りに行っております。

そんな中、マノワがオープンした頃から、何故か?毎回、富士山の山の中で、きのこ穫りで出会うおっさんがいました。

10EB2503-F2C1-426B-A46F-D8BD69C7F153.jpg

そう、この、富士河口湖町の解体処理施設の責任者のTさんです。

もうお分かりですよね?人生ってそんなもんなんだと良く思います。

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/448634127.html?1575184485

東京にはその多くの点が田舎で生きているよりも圧倒的に多いと思いますが、もっと大切なのは、その大切な事を感じられる、感受性だと僕は思います。

そう、このブログを読んでくださる、僕より若い同業者の方々や、うちのスタッフにもいつも言ってますが、今は理不尽な事が多く日々明日の光が見えないかも?知れませんが、寝て過ごす1日では無く、休みの日も多くの経験をしている人間は必ず未来に繋がる点がそこにはあり、それを感じる事が出来る、感受性を養う事が、今何気に生きている未来の証明になると思います。

必ず、今生きている事が無駄じゃないんだと、今を精一杯生きていれば繋がる未来があるんだと、40歳になったおっさんはここ最近良く思うんです(笑)

っと言う事で、間も無く、山梨県富士河口湖町とふるさと納税はじめます!

富士山見ながら、山梨県の蕎麦を食べる事も楽しみの一つですが、、、

1D4084A6-F514-4CC3-A7DF-4997EE9F8991.jpg

55216796-A7B5-425E-B0F6-475C48B34FD9.jpg

249DBC00-E608-44F2-B0C2-7D4759B92D8E.jpg

044197B2-D4BE-4171-AFF3-D729C748733C.jpg


D7E05291-0950-4ED0-BDC8-C610B91CDA0B.jpg

765BB825-90B7-4A1E-A8FD-B0C7771360F6.jpg

A8F88877-54F9-43AA-896B-16DFD1951A0F.jpg

5166CDF2-2E4D-409C-B6A3-EFA3C1E481E8.jpg

B554B7DA-E7C2-4CDC-B51D-53145E7E97F7.jpg


全ては、人だと思い、その全ては、親だと最近良く思うんです。


AD90BDA6-BE3B-4E2E-86B3-004EC7FF21E0.jpg

57867006-74D9-485C-8A4A-D8A74FF70316.jpg

A4B2E1C2-6655-47AF-AE9E-6929E8234840.jpg

98EC34CB-BCB1-4887-A4E6-40D91578D07D.jpg

そう、3年前に産まれた、僕の息子も昨日3歳になりました!

子供の3年間の成長と、親の3年間の成長速度の違いをまざまざと毎日見せつけられてます。

とは言え、僕は休みの日ですら、家にほぼいないので、息子は寝顔しか見ずに3年間が過ぎましたが、僕が何もせずとも、誰に似たんだか?人見知りする事も無く、毎日賑やかにずっと喋ってます。

っね?いつかその点が線になる事を感じております。
posted by マノワ at 15:28| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

引き継ぐ物と引き継がれる者!そして伝説になる!

【中村に使って貰いたいんだ!これ!】

と、ある日のお話し、紙袋からおもむろに、街場の小さなフランス料理店の大先輩が僕に持って来ました。(分かる方には誰か?分かるはずです!)

EC7ED48E-457B-47BD-B91A-C424A01F2184.jpg

ヨーロッパの立派なアンティークの銀食器!

その大先輩のお父様はとっても有名な美食家の方で、世界中で学会がある度に世界中のレストランを周り、お仕事も世界中で活躍されており、様々な調度品を多くお持ちの方でした。そんなお父様から多くの食器を引き継がれていた事を、僕も知っておりましたが、その銀食器がある日突然、マノワに来ました!

昨日のディナーにマノワの常連様に、しれーーと、ジビエのコンソメ入れてお出しさせて頂いたのですが、、、、

お皿にお注ぎする前に、、、、、

【中村さんそれって! 】、、、、、

引き継ぐ物と引き継がれる者!そして伝説になる!

僕の両親は決して裕福な家庭ではありませんでしたが、僕にとって大切な、たくさんの感情を与えて貰ったと最近良く思います。

僕の両親は、200人も居ない、山梨県芦安村で、、、、

もっと大きな先を目指して、世界に羽ばたきなさい!

他人に後ろ指指されない様、陰、日向の無い人生を歩みなさいと、、、

でも、躓いた時はいつでもこの田舎に戻って来なさい!いつでも両親は止まり木の様にここにいると、、、、

お金は無かったけど、心の豊かさは誰よりも与えて貰ったと最近良く思います!

まー、思春期の普通の方々からの感覚からは、余裕ではみ出していた僕には、そんな両親の気持ちなんて、当時は1ミリも理解出来てませんでした!



ドラクエの様なタイトルを付けてみましたが、最近この様な事が僕の周りでは多く起きております。先日もブログで書きましたが、ここ数年で街場の小さなフランス料理店は多くの岐路に立つ事になると僕は思います。

人生ってドラクエだな?って、佐藤健さんよりも、DAIGOさんよりも、イケメンじゃないかも?知れませんが間違いなく負けない位のドラクエファンの僕は最近良く思うんです(笑)

ちなみに、良くお客様に、僕って、巨人の阿部慎之助選手に似てるって言われて来たんですが(笑)、、、、、

今年引退なんですよね?昨日のドラフト会議見ながら、1つの時代の終焉を感じております。時代は巡り巡るもので、いろいろ想いを馳せながら、ろくに眠れず、ワイン飲みながらこのブログ書いてます!

去年僕が書いたブログをせっかくなので貼り付けておきます。


クロッシュ(cloche・仏)ってご存知ですか?

1.フランス語で「鐘」という意味。
2.釣り鐘形で縁は下に向き、山にリボンを巻いた婦人帽子。
3.料理にかぶせる金属製の覆い。


5EE3C047-B432-4A89-8AAF-7DC14FCF4D50.jpg


現在のフランス料理店では、あまり見かける事は少なくなりましたが、僕が20歳の頃働いていた、代官山ラブレーでは、銀で出来たクロッシュがあって、あの銀クロッシュを磨かないと先輩たちに良く怒られたもんです。最近ではカレーを目に塗られて大問題になってますが、その当時は鼻の中にエポワス詰められても、アリサ詰められても何も言えなかったもんです(笑)

お客様の立場だと、あの磨かれた銀のクロッシュを被った、お皿が自分のテーブルに運ばれて来る、、、、、

それをサービスマンがタイミングを合わせて、一気に開ける。

そこに広がる、フランス料理の香り、盛り付け、味、そして、フランス料理店でしか味わえない、あのドキドキさせられる空気感!

フランスにいた時代は、ろくにお金がないにもかかわらず、無理して、星付きレストランに行って、その空気感を味わい、、、、

僕は、僕の人生かけてこの世界を進んで行こうと思ったもんです。

日本に戻った、20歳から、ラブレーで3年働き、クロッシュ始め、ナイフ、フォーク、スプーンの銀食器をたくさん磨いたもんです。

最近では、クロッシュはもちろん、銀食器でフランス料理を提供する、フランス料理店も少なくなったと思います。


六本木・オーシザーブル

この伝説のフランス料理店を、フランス料理好きのお客様、また、僕らフランス料理業界で働いているスタッフ達で知らない人は少ないんじゃ無いでしょうか?

2018年AUX SIX ARBRESは40周年を迎え、6月30日を持って多くのファンに惜しまれながらも、閉店されました。

いつでも、あると思っていらっしゃる方が多くいらっしゃったそうで、閉めるの!?!?と、ショックを受けるお客様がとても多かったそうです。

僕もその1人でした。

僕とオーシザーブルの思い出で、先ず浮かぶのは、、、、、

ラブレーで3年間働き、次の職場になる、西麻布のルブルギニオンをラブレーのオーナーの山田さんにご紹介して頂いたのですが、その時、ブルギニオンのオーナーの菊地シェフと面接を兼ねて、お食事させて頂いた場所が、この、オーシザーブルでした。

あれは、17年前のお話です。

山田さんと菊地シェフは、このオーシザーブルで一緒に働かれていた、先輩、後輩で、このオーシザーブルから旅立っていった、先輩たちは、数え切れない程で、、、、、、

間違い無く、日本のフランス料理業界の礎になったレストランと言って過言では無いと思います。

そんな、オーシザーブルに、山田さんと共に、Sオーナーにご挨拶にお伺いさせて頂いた所、これから先の、東京のフランス料理店を代表するサービスマンにならなきゃならない、、、、、

【中村君、あなたがお使いになられて!】

そーなんです。もうお話しは分かりますよね?

烏滸がましながら、さっきのオーシザーブルって彫ってある、唯一無二のクロッシュを頂きました。

1978年AUX SIX ARBRES
と銀製品に彫られております。


マノワで大切に使わせて頂き、僕もいつか、次の世代に引き継ごうと思います。そんな時代は近々来るんでしょうが?それを分かってくれるお客様っているんだろうか?って思います!

人生って不思議なもので、、、、、

オーシザーブルは、東京で40年営業致しました。

たまたまなのか?僕は今40歳です。


オーシザーブルの開店の年に僕は産まれた事になります。

そのオーシザーブルで使っていた、銀食器を僕が受け継ぐ!

これってとっても凄い事で、いろいろ考えさせられます!

マノワは、今おかげさまで、8年目の営業をしておりますが、いつまで続くか?は、正直分かりません。

まして、40年フランス料理店を続けるって、日本では、並大抵の事では無いと思います。

日本ではあまりその習慣はありませんが、フランスでは、銀食器を先祖代々、引き継いで使っていきます。

その昔、フランスで働いていた時代に、フランス人に、、、

【レストランの寿命と、人間の寿命ってどっちが長いと思う?】


って、聞かれた事があります。

多くの方々は、そりゃー人間の寿命の方が、長いに決まってるって、お思いの方々が多いと思いますが、フランスでは、100年以上続いているレストランも少なく無く、、、、、

お客様に愛され、その国の宝になっているレストランがたくさんあります。

だからこそ、僕は、食は文化だと考えております。

C35C4758-058E-4389-AA21-37FDC7E651F4.jpg

そーんな事を考えながら、深夜にマノワの未来も重ね合わせ、1人で、マノワしか輸入していない、僕より若い、ブルゴーニュの次世代の、若手生産者のワインを飲みながら、先日のラグビーの試合見ながら、いろいろ考えてしまいました(笑)

引き継ぐ物と引き継がれる者!そして伝説になる!

パルプンテばっかりの毎日ですが、っね?ドラクエでしょ?僕の人生って!

僕は勇者にはなれませんでしたが、息子が勇者になるかも?知れません(笑)

やっぱり、ドラクエ5 天空の花嫁は名作だと思います。

https://www.azuyahi.xyz/entry/2017/08/22/155102

ここにドラクエ5のあらすじ貼っておきますが、DAIGOさんも言ってましたが、皆んなにドラクエはやって貰いたい!

そして先ずはドラクエ5をやって貰いたい(笑)

マノワでは、ベホマを唱えれるスタッフをいつでも募集しております!

終わり!
posted by マノワ at 12:32| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする