2020年11月15日

桃栗三年柿八年、達磨は九年で俺は一生!マノワは今日、9周年を迎えました。

桃栗三年柿八年


このことわざは、果樹を植えたら、食べられる実がなるまでに相応の歳月を待たねばならないことから、、、、

何事も成就するまでに、それ相応の年月がかかるということをあらわしています。

ほかにも努力することの大切さを表した、勤勉に働いた人は三年で一人前、少しだけ努力した人は八年で一人前、普通の人は九年で一人前、努力しない人は十八年かかっても一人前になれないという意味もあるそうです。

すぐに結果を求めたがる人に対して、まずは地道な努力が大切であると言い聞かせる場合などに使われます。

CE144E18-A5F2-4A57-AF05-2FFF819DD0A8.jpg.

ご報告が遅れてしまいましたが、、、、、

11月15日でレストランマノワは9周年を迎えました。

毎年恒例ですが、R子さんとN坂さんにお送り頂くマグナムのシャンパーニュで乾杯させて頂きました。

そーなんです!やっと柿が実る年月になりました。


9年の間に、リピートしてくださる素敵なお客様も増え、月日と共にお店の成長を感じる今日この頃です。

2020年コロナ禍の大変な時代に、あえて、2店舗目のマノワラボを東京世田谷区に作り、、、、

16席しか無い東京広尾のレストランマノワには、現在11人のスタッフが働いております。

世界中の3つ星レストランですら、お客様の数とスタッフの数の比率はこうはなれないと思います。

スタッフの成長は当たり前のことですが、、、、、

僕は、良いお店の雰囲気をつくる一番の要素は、主役であるお客様であると思っております。

素敵なお客様に囲まれて毎日充実した日々を送れていることに感謝しております。


9周年の当日は、特に告知していなかったのにもかかわらず、たくさんのお祝いのお品や、お言葉を、たくさんの方々から頂戴致しました。

このブログを読んで下さる、全ての方々、また、スマホや、このブログを見てない、ずーと昔から、僕を子供のように育てて下さった、僕にとっては、東京のお母さん達、お父さん達、、、、!

本当にありがとうございます!

そして、これからも末永くよろしくお願い申し上げます。


改めて、数え切れない数々の方々に支えられて、今日を生きていると本当に思います!

改めて感謝申し上げます!

最近では、自分より若い世代がほとんどで、面接をする時、、、、

【何故飲食業を目指したんですか?】

って言う質問を多々される事があるので、その辺も含めて、たまには真面目に、今日はブログを書きます!

山梨県にお住まいの方は、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、僕は男ばっかりの3兄弟の次男なのですが、幼少期山梨県の芦安村って言う、人口300人に満たない、過疎地で高校生まで育ちました!

登山をやられる方はご存知かもしれませんが、日本で富士山の次に標高の高い山北岳があるのが、僕の実家のある芦安村なんです。また、当時父親はその北岳の山小屋を経営しておりました。

今はいろいろな街が合併して、山梨県南アルプス市芦安っていう場所になっております。

中学校まではその、芦安村の中にあるのですが、1学年7人という環境で、中学校の全校生徒で、20人くらい、小学校の6学年でも30人くらいしかおらず、日本の中ではトップクラスの小さなコミュニティの中で生きておりました!

そんな、幼少期の頃から、僕の両親はもっと【大きな世界を見なさい】と常々僕ら3兄弟に言っておりました!

当時、そんな小さな世界で育った僕は、そんな両親の話には全く耳を傾けず、反抗期もあり、特に、父親とは、取っ組み合いの喧嘩って言うか、テレビを親父に投げて、次の日にはサハラ砂漠しか映らなくなったり、、、、

田舎では必需品の灯油ストーブを蹴ったり、400ccのバイクを改造しまくって、山々にこだまするくらい爆音で走り回ったりと、両親にとって決して良い息子では無かった様に思います。

僕は男ばっかの3兄弟の真ん中なのですが、兄貴はとっても優秀で、その次男の僕はとっても問題児だったと、今でこそ自覚しております(笑)

20歳の頃、僕はモナコに住んでいて、料理人をやっていたんですが、住ませていただモナコの家では、何故か?日本のNHKが映り、そのテレビで見た、【団子3兄弟】の歌の歌詞を使うと、、、、

【自分が一番次男】だったので、、、、、、

今もそのままなのですが(笑)とても胸を張って良い息子でした!って言える人生は歩んで無かった様に思います!

僕が高校を卒業して、東京に出て行ったら、田舎の方々から芦安村が静かになったって言われたもんです(笑)

そんな田舎時代、母親が専業主婦だった事もあり、夕食は毎日母親の手料理で育って来ました。ただ、家族5人だけで、夕食を食べた事はほとんどなく、近所のおじさんや、おばちゃん達が必ず、一緒に夕食を食べるという、大家族のような毎日を過ごしておりました。

なので、うちの母親は毎日10人前くらいの夕食を用意しておりました(笑)そんな、大人たちと一緒に食事をすると、子供ながらに、大人と一緒に会話をしたくなり、小さな頃からおしゃべりな、こんな僕の性格が出来上がった様に思います!

フランスに住んだり、アジアのいろいろな国行ったりと、今まで世界中いろいろな場所に行きましたが、例え言語が通じなくても何とか生きていける気がするのも、こーいった家庭環境があったからだと思います!

しかも、今まで、誰と喋っても緊張したことが無いのも、こーんな幼少期があったからだと思います!

飲食の世界に入った事も、自然の流れなのか?、、、、

父親が非常に食にはうるさく、田舎なので家の裏には大きな畑があり、自給自足とまでは行きませんが、家族で食べる野菜なんかは大抵育てていたように思います!

子供時代、ほぼ100%母親の手料理だったので、高校生になって、バイクの免許をとって、自分でバイトして、1番初めに食べたかったのは、毎日CMで流れている、当時390円だった、ガストの目玉焼きハンバーグでした(笑)

そのくらい、化学調味料とかには無縁な食生活を高校生まで過ごしておりました。これが、いかに贅沢な事だったか、今では本当に感謝しておりますが、当時は周りの友達達の家庭が、ファミレスにいくのを羨ましく思っておりました。

そーんな、山の中に住んでいたもので、幼い頃は父親と共に、春には山菜獲り、夏には毛針を作ってイワナ釣り、秋にはキノコ狩り、冬には鹿などの狩猟っていう感じで自然と共に生きておりました!

今はこーして、東京のど真ん中で過ごしておりますが、僕の中のルーツはそんな芦安村にあるんだと思っております!

小さな頃、ご飯粒1粒残しても父親に怒られるような食生活を送っていた僕も、この、東京っていう、形あるものと、形ないものに溢れ、時間の流れの速さや物の価値観が全く違う環境で毎日を送っていて、大切な何かを忘れそうになることもありますが、これからも、自分を見失わないよう、日々努力して行きたいと強く思います!

新しい事に常にチャレンジし、新しい人との出会いが何よりの、自分の成長に繋がる事だと、心より思います!これからも、小さな男にならないよう、いろいろな事にチャレンジして行きたいと思います!

数え切れない、大切な方々の助けがあって、レストラン マノワは9年を迎えることが出来ました。これからも、スタッフ一同、さらに良い空気感を求めて、良いレストランを作って行きたいと思います!

ちなみに、桃栗三年柿八年には、続きがあります!地域などによって、さまざまなパターンがありますが、、、、

その一例としては、「梨の馬鹿目が十八年」「柚子は大馬鹿十八年」「林檎にこにこ二十五年」 「梅は酸い酸い十三年」など。

さらに、果物ではない表現が続くパターンもあるそうで、、、、、

「女房の不作は六十年」「亭主の不作はこれまた一生 」というものもあります。

人間が一人前になるまでを表しているそうで、女房は60年でやっと一人前になり、亭主は一生成長途中だなんて、なんとも考えさせられます。


武者小路実篤は、著書『武者小路実篤詩集』の中にある詩のなかで、、、、

「桃栗三年柿八年、達磨は九年で俺は一生」と表現しました。

僕も、マノワも、自分自身が実るには一生かかり、生涯修行だと思います。

先はとても長い道のりになるかもしれませんが、まずは種を撒き続ける事が大切なんだと思います。

8年で柿が実る様に、マノワも昨年からふるさと納税事業をはじめ、少しでも、1次産業の方々や、地方自治体に還元出来る様に行動して参りました。

昨日は北海道の釧路新聞にも取り上げられて、、、、

BC889AF7-18D4-4FE9-88C2-CF1BEFC4B213.jpg

今マノワが出来る事を最大限に取り組んでおります。

僕は、マノワをオープンした時に、10年で必ず達成する目標を掲げておりました。それは、、、、

皆んなの幸せが持続化出来る環境をマノワから始める

という事。そう、捨てられているジビエを使って、、、、

@マノワがそのジビエを買い取る事によって、田舎のハンターの収益の向上

A@により、田舎の農作物被害の減少並びに、地元ハンターのやる気の向上

Bマノワのお客様には、ロース肉やフィレ肉等の部位を低価格で提供する事によって満足度の向上と、ジビエを食べるのであれば、マノワと思って頂く事のブランドイメージの向上

CB以外のジビエの部位を使い、テリーヌやソーセージ等の加工品を、マノワラボで制作し、レストランでの提供並びに、全国の自治体のふるさと納税の返礼品として、お客様にお届けする事で、地方自治体の年金や社会保障の一端を担い地方自治体の財源を支える

DCによって、地元ハンターの持続化的なやりがいを維持する


よくウィンウィンなんて言葉がありますが、マノワの取り組みは、余裕でウィンウィンの関係を超えていると僕は考えております。

口先だけのサスティナブルって言う言葉が、世の中では先行してますが、ジビエを使って、本当の意味でのサスティナブルの世界を作ろうと、口だけでは無く、僕は9年前から寝ないで取り組んで参りました。

2020年コロナの影響で、ずーっと寝ないで走り続けていた僕にも時間が出来、、、、

僕が僕であるために、何をすべきか?が真っ直ぐ見えた気がしております。

その答えを10年目に、全ての法律をクリアして、必ず、今と言う現実を超えて行きます。

何をするか?と言うと、、、、

今年のはじめに、常連様から、北海道の森町に約2400坪位の土地を譲り受けました。

この土地を使って、来年マノワでジビエの解体場を作り、10年前僕が描いていた、、、、

ジビエを使ったサスティナブルの世界を、北海道森町の皆様とマノワで作り上げます。

そんな事出来る、東京のフランス料理店は先にも後にもマノワしか無いと思います。

BA007B05-F544-48ED-8DD3-056710A210F6.jpg

https://manoir-restaurant.jp/gibire/

マノワのふるさと納税事業はこちらからお願い致します。


ちょっと話し変えますね?

つい先日、僕の両親に、iPhoneをプレゼントしたんです(笑)そーしたら、最近このブログだったり、僕のFacebookだったり、先日僕がふるさと納税の関係で出ていた、ニュースeveryだったり、ZIPだったり、スッキリの番組を良く見てるんです。

E13FC782-E604-4C90-A920-5A582126003B.jpg

そんな母親から、先日こんなLINEが届きました(笑)


見ました、豪志ならではの、生き方、あえて、出る釘になれ、と育てたものの嬉しさもあり、贅沢ですが、心配はいつも付きまといます。でも見守っています🌈

僕も人の親ですが、親っていつまでも親なんだと思い、また、そんな両親で良かったと改めて感じる今日この頃です!


東京広尾で、レストラン マノワと言うフランス料理店を続けている意味を考え、これからも、僕らしく生きて行きたいと思います。

マノワは、美味しく楽しいフランス料理店の先を見据えて、マノワに関わる全ての方々の人生に彩りを与えられる様、未来に向けてこれからも進んで生きたいと考えております。


今日からマノワは10年目に入ります。あの頃思い描いていた未来に立っているのか?と毎日、自問自答してますが、、、

来年には必ず結果を出し、僕は更に、その先の世界に入って行きたいと思います。

全ては、、、、

マノワにかかわる全ての方々が、持続化的に幸せが続く世界を作って生きたいと考えております。

まー大きな事言ってますが、本当は、僕は多くの常連様と一緒に歳を重ねて生きたいな?って単純に思っているだけなんです(笑)

10年目のマノワも、そしてこれからも末永くよろしくお願い申し上げます。

「桃栗三年柿八年、達磨は九年で俺は一生」

僕は一生、僕なんだと思います。

終わり!
posted by マノワ at 13:53| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

北海道、蝦夷鹿ハンティングの巻!

マノワのホームページ改ざん事件等、色々な方々のご意見があるのは重々分かってますが、、、、、、

僕は、人生が劇的に変わる出会いと瞬間ってあると思うんです。不思議と僕にはそれが良く起きるんです。

それがまた、今日だったかも?知れません。

今日はタイトル通り蝦夷鹿を仕留めた画像が出て来ますので、苦手な方は見ないでください。







北海道の大自然の中、みんなで早起きして、みんなで山の中走り回って、でっかい蝦夷鹿仕留めて、、、、

9B7171FF-F296-4505-AC8A-F8888CA88494.jpg

自分達で解体場で解体して、真空して、クロネコで10箱分、レストランマノワへ!

9BC1AB17-383E-4172-815F-C7873C18FD3F.png

A6E735F6-2BB1-4622-8111-549081B009A4.jpg

 先日も仕留めた鴨とM師匠の最高の蝦夷鹿肉を送っていたので、いつの間にか、森町のクロネコの店員さんと仲良しに(笑)


今や、ジビエの、鹿肉やいのしし肉、鴨肉まで、普通に業者様から仕入れる事が容易な時代になりましたが、あえて全ての工程を自分で行う!

自分で現地に行ってハンティングする事業者様から仕入れるジビエの違いってなんでしょう?

それは、ひとえに、僕らサービス人がお客様にお皿を運ぶ時の想いです(笑)

それは、お金では表せない無い付加価値なんです。それが、人間力であり、フランス料理の醍醐味なんです。

正直言って、ジビエもきのこも自分で仕留める事は、東京でロース肉、フィレ肉、天然きのこだけを注文しているレストランより、遥かに時間と経費がかかります。

先日、農水省に行ってお話しさせて頂きましたが、駆除目的で仕留められ、大半が捨てられて、行き場の無い、このジビエを使って、、、、

素捨てられている多くの命を世界に還元し、、、、

 多くの方々の幸せが、持続的に還元出来る世界を作って行きたいと僕は本気で考え、行動しております。

結果が全てだと言うのは、僕が1番分かっております。

 来年には、その1つの答えを、この駒ヶ岳を見る度に毎度思うのですが、、、、

 必ず出します。

760A80E4-15F0-4B84-9591-9F8E8203FFD9.jpg

今、社会のブームの様に、サスティナブルって言う言葉が巷には溢れてますが、本当の意味での、持続化可能で、みんなが幸せになれる世界を、先ずはジビエを使って、来年には結果を出します。

ちなみに、ジビエで1つの山を超えたら、次の世界、そして、その次の世界迄考えており、既に行動しております。その辺のお話しは、ジビエで結果出したらお話し致します。

もちろん、賛否両論ありますが、レストランマノワで多くのジビエ料理を皆様に提供する者として、とっても大切な事だと僕は考えております。

何故なら、、、、

僕1人では何も出来無い事を僕が1番知っているからです。

バーカ!って言われれば、そう、馬鹿なんだと思います(笑)

だって、ハンティングは下手ですし、運転しないで助手席に座ると、30秒で車酔いします(笑)

そんな僕をハンティングの仲間として受け入れて頂いている多くの先輩方に心より感謝致します。

今回のハンティングも、M師匠はじめ、U親分、O先生、Yシェフありがとうございました。

そして、森町の皆々様、いつか必ず森町に恩返し出来る様、努力してまいります。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
posted by マノワ at 15:11| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

10月1日、鹿児島県から北海道函館へ!問題勃発のお話し!

10月1日、本来なら北海道の狩猟解禁日で、ハンティングをする予定だったのですが、急遽大事な予定が入りました。

鹿児島県姶良市の市長様に、お会い出来る様になったんです。

237BD76D-5100-4FC4-AE31-56E7FF534A98.jpg

午前中に、姶良市の市長様にお会いさせて頂き、マノワの取り組みや、未来事業をお話しさせて頂き、その後、地元の猟友会の方々と一緒に、地元新聞社の取材を受けさせて頂きました。

E41AF7FD-3DD0-4D4D-9081-4DDDF8817355.jpg

74242AE4-9900-4E79-BE48-1E4AC2DB9FB2.jpg

843615E5-9AE7-4934-9646-12E1FCB950FB.jpg

AA8420EC-1585-4A9B-9F97-9A9CDE95DF21.jpg

0CB15C4B-E58F-4ACC-91FC-E55992F89968.jpg


そして、そのまま、鹿児島空港から、北海道函館空港に✈️飛びます。

コロナの影響で、飛行機が減便されており、鹿児島空港から、羽田空港、そして、函館空港に向かうのですが、この便が1日1本しか無いんです。

ちなみに、ハンティングをする為に、猟銃を持って行くのですが、どーやって飛行機乗るか?知ってますか?

空港の搭乗カウンターで、ペットなどを預けるのと同じ様に申請して、ジェラルミンケースの中に、銃と弾を別々にして、入れて預けて、現地に到着したら、現地の空港職員から手渡しで受け取る仕組みです。

8CC96233-FA75-4EF7-86BD-C10BB7163EF3.jpg

鹿児島空港から、羽田空港にたどり着き、その後飛行機を乗り換えて函館空港に行くのですが、、、、、

さー、飛行機に乗り込もうとした瞬間に、大問題勃発します!

空港内放送で、僕の名前が呼ばれます。

先の話し、猟銃と、銃弾って、別々のジェラルミンケースに入れるのですが、その銃弾の重さには制限があります。

 5キロ迄です。

前に、知人がその重量制限の問題で、飛行機に乗れなかった事件のお話しを聞いており、僕はいつも、4,5キロに調整して運んでおります。

周りの皆々様が飛行機に乗り込み、僕だけ取り残され、空港職員と警察官に囲まれて、飛行機から僕の荷物が降ろされるのを待ちます。その間にも空港職員と警察官とお話ししているのですが、何せ知識が無いんです。

そもそも、鹿児島空港から既に羽田空港迄飛んで来ているのに、、、、、

羽田空港の職員は、鹿児島空港では、3キロの銃弾とジェラルミンケースが3キロだったと、、、、

 ちなみに鹿児島空港で重量超過で、しっかりとお支払いもさせて頂いております。

あのですね?ジェラルミンケースは5キロの重量には含まれませんし、そもそも、銃弾は4,5キロです。

 って言うか?その後、僕の散弾銃を、空港職員がジェラルミンケースから勝手に取り出したりしてますが、そもそも銃刀法って知ってますか?

それから、警察官による数分の取り調べを受け、やっと手元に僕の荷物が運ばれて来ます。

しーーんとした、空港のど真ん中、みんなが凝視する中、僕が銃弾を手に取り秤の上に乗せます。

はい!4,5キロちょうどです。

先の話し、函館迄行く飛行機はこの1便しか無いんです。

空港職員にしっかりと、勉強しなさい!(もう1つの某有名航空会社では以前こう言う問題があり、それ以降徹底されており、この問題は起きません。)と言う旨をお伝えさせて頂き、多くの方々が待っている、飛行機に乗り込みます。

そりゃー散々待たされ、飛行機に乗って来た僕に対する、たくさんの方々の視線が怖かったのは言う迄もありません。

そんなこんなで、函館に着いた時にはもう真っ暗です!

明日の早朝から、みんなで鴨ハンティングをするので、いつもお世話になっております師匠のご自宅へ向かいます。

師匠の優しさか?お寿司のお土産がテーブルに置いてあり、お寿司を食べながら、明日の鴨ハンティングの準備をして、皆さんに迷惑の無い様に、直ぐ寝ます。

10月2日早朝!鴨ハンティング編に続く!
posted by マノワ at 18:46| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

9月30日、鹿児島県霧島市、鹿児島市へ!

前日に福岡県糸島市の皆様と、お寿司食べて、お酒も一緒に飲ませて頂きたくさんの未来のお話しをさせて頂いて、マノワのスタッフの青木の実家に泊まらせて頂き、、、、、、、

9月30日、朝4時、鹿児島市に向けてまだ暗い中出発します。正直言って、本当はもっと寝たいんです(笑)

マノワのスタッフの青木が福岡県糸島市の出身なので、福岡県糸島市の出張には青木を同行させており、そのおかげで、今回も青木の同級生や、お父様や兄弟の知り合いにお会いして、話が繋がり、また未来事業に繋がりました。

しかしながら、9月30日絶対に遅刻出来ない約束があったんです。

そうそれは、数日後に地元の新聞にも掲載され、Yahooニュースにもなるんですが、、、。

B04D4AC6-CC6F-490D-92D1-AEAE0DECCF84.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/82f9c159d94fd07b75a0fe161dbf77e9ffcad92d


鹿児島県、鹿児島市、霧島市の市長様とお会いして、マノワが取り組んでいる、、、、、

ジビエを使って、持続的にふるさとに還元出来る事業をプレゼンしに行って来ました。

小学生の頃、社会科見学位しか、市長様にお会いする機会無かったのですが、多くの方々のご協力の元、市長様にお会いし、お話しさせて頂く機会を頂戴させて頂いている現在を、過去の僕に自慢してやりたいです(笑)

福岡県糸島市から、順調に高速道路をひとりぼっちっで、Mrs.Green Appleの僕のことを、全開で歌いながら、鹿児島県に着いたのは、約束時間の2時間前!とりあえず、鹿児島県の地元の魚たちを見させて頂き、魚種の豊富さも去る事ながら、その値段に驚き、、、。


3DC81F2F-F235-4314-ADD4-383C9F3C8A1D.jpg

8909EA9D-C664-4314-9F7D-845E565D8257.jpg

1C032956-B592-4881-A50F-9AE6ABE9845A.jpg

BC740CA4-DFEE-4BDE-9BA7-EB86AF2645CA.jpg

C70C5CDB-77A2-466D-8D9B-F7E6C24A7ACD.jpg

74EEE471-679E-497E-BB2B-26CEE45E3739.jpg

79136AFA-737D-46E8-8B64-4C8C67A0D7EA.jpg

3BBD804B-8E5D-48BF-A8C2-24C2A404596D.jpg

C2B993B7-E689-49BD-A830-0464E46865CC.jpg

DADE38CA-8534-4C83-AB3E-B236AF8A486D.jpg

A3E60530-5B74-4ADF-8289-25007D2D0413.jpg

721C456C-B279-4A2B-AE65-288F25E8F476.jpg

8B62FEFD-434C-4CF3-BD7E-D8F4B81CB910.jpg

 そして、市長様にお会いさせて頂くので、当然ながらスーツに着替えるのですが、、、、、

スーツケースを開けて凄い事に気づきます、、、。

ネクタイと黒靴が無い!

急に大ピンチです(笑)とりあえずカーナビで、ファッションセンターしまむらとABCマートを探し出して、事なきを得ます。

そして、無事に市長様にお会いさせて頂き、マノワの取り組みと未来事業を提案させて頂き、、、、、


その後、明日は鹿児島県姶良市の市長様と、地元の新聞社の取材があり、、、、

鹿児島県の地元の猟友会の方々にお会いし、お話しし、一緒にお酒飲んで来ました。

11F0CF98-236F-4989-ADAA-F4132A6B729E.jpg

EA106BA2-B5D0-48AF-9F7F-8998B46CFBE1.jpg

C394A35E-F312-47CD-8C5A-14C998B3853F.jpg

3BB0B010-A290-4E8D-B04C-90BEEF12AE71.jpg

FE14DD9D-171E-4D39-8C82-7DB56D84D760.jpg

C683104B-99ED-4B12-9293-D76A090C76DB.jpg

鹿児島県の地元のお料理を食べさせて頂き、地元のお酒を一緒に果てし無く飲み、いろいろお話しさせて頂く、、、、。

せっかく東京から中村君が来てくれたんだから、地元の煮染めと、鶏刺しを食べて貰いたいんだよ!とKさん。

その昔は、全世界の日常に、こんな事が、当たり様に起こったんだと僕は思いますが、現代の東京人では難しいと思います。

しかしながら、それこそが、僕が両親から育んで貰った人間力であり、最も大切な事だと、僕は考えております。


そして、上記の新聞になり、Yahooニュースになり、地元の方々の未来の幸せに繋がります。

毎度言ってますが、お金が欲しいから、僕1人で、マノワのジビエのセットだけ持って、全国の市長さんにプレゼンして回ってるんじゃないんです。

僕は、人口300人位の山梨県芦安村で、高校時代迄育ち、田舎の魅力と問題を誰よりも知ってます。

2020年、コロナの時代に誰でも時間は分け隔て無くあったはずです。

僕は東京広尾で、小さなフランス料理店を経営している事の意味をたくさん考えました。

先日、農水省にお伺いし、しっかりとお話しさせて頂きましたが、お金では無く、捨てられているジビエ!捨てられている命を使って、その自治体に還元し、ハンターに還元し、、、、、

それが持続的に還元する社会を作る事が、山梨県の田舎に生まれ、両親の愛情の元育まれ、今、たくさんの方々の支えの元に、東京のど真ん中で、フランス料理店を経営している僕の宿命の様に、烏滸がましくも勝手に考えております。


鹿児島県の皆々も、本当に優しかった!そして、毎回思うのですが、九州の方々は本当にお酒が強い!

僕も、関東圏では、お酒は無類の強さを誇りますが、九州の方々と、焼酎が重なると、僕も勝てません!

鹿児島県の皆々様、そして、何より、鹿児島県姶良市の猟友会の皆々様これからも末永くよろしくお願い申し上げます。

次回、鹿児島県姶良市から、北海道函館へ!

7E5589BB-CFE8-48FE-A19A-644C343F2CAE.jpg

この距離はヤバイでしょう?
posted by マノワ at 00:25| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

9月29日、福岡県糸島市2日目!

9月29日、、朝から福岡県糸島市の漁港の方々にお会いさせて頂き、、、、、

C2BFDB8E-C21B-448E-91B7-78C632FC752D.jpg

EE947F90-FE01-4FAF-9462-433254F8BCAB.jpg

0FCA82B0-45C0-43DB-BE56-F5ECB20FDFA2.jpg

679AD0A4-77F1-43CB-9592-39DB82420459.jpg

DFAC55FB-F1EB-4C42-AC8C-0F5542FBFEDD.jpg

4DED69C1-FB4A-4567-B257-8FCC6A0BD410.jpg

今年はコロナの影響で、名物の牡蠣小屋にお客様が全く来れず、大量の牡蠣が倉庫に眠っている現状をお伺い致しました。この牡蠣や、天然真鯛や、ハマグリなど、様々な魚介類を使って、、、、、

 既にマノワでジビエを使ってはじめている、、、、

持続化的に、幸せが循環し、糸島市に還元される世界の為、僕に何か出来ないか?

 僕の考える魚介類の未来のお話しを、糸島漁港の方々に提案させて頂きました。

9AC8DF6F-DE26-4E47-9674-27B9AD8BFE61.jpg

ABDAE4A2-0C4C-40D1-AD26-201900621F52.jpg

72D58F28-72B5-43BE-89CF-F2C260CEF04C.jpg

4F412D34-E195-49C6-9F46-7FC215E3255E.jpg

その後、昨日とは違う場所の糸島市のジビエの解体処理施設へ、、、、


42438B2B-9F4C-403A-A71A-60DB60B9C097.jpg

3FA96A60-CE18-4519-9CDD-E46896DED585.jpg

2B3C4AA3-C59A-4F5E-9F20-191FD1C3B758.jpg

実は、昨日の夜一緒に食事した、武藤から、糸島市にすげーハンターがいると紹介頂き、急遽行って来ました。

ここのハンターのEさん。半端なかったです。Eさんのジビエを使わせて頂き、マノワで近い未来新しい事業も計画しております。

何事もそうですが、全ては出会いと行動力で未来は変わると、僕は信じております。

その後、若手の頃からいつも気にかけて頂いております、フランス料理界の巨匠、アラジンの川崎シェフが、糸島市にお店を出されたので、ご挨拶させて頂き、ランチを食べさせていただきました。

B1CC6781-1DC5-4B25-8A2B-BF12CE63014E.jpg

8E8E63D8-CE00-498F-B706-DD36D3CF18C3.jpg

1AC5B1B0-4AB5-487A-A946-F6A29239F0CF.jpg

006759EF-3F2D-41CB-97C3-A0E240DDA045.jpg

EBD623C6-A125-4462-AF37-03E0E7A05B4A.jpg

FEB8CFC1-4A4F-4FB5-B4CC-45BB9352BD1F.jpg

93391F21-AA71-4537-954A-D243F6ED2741.jpg

4FDF0C3D-EADA-454F-8930-5C8B9DAC2E3F.jpg

6589AF06-551D-4C57-BBA6-E31DEC00CF25.jpg

フランスの田舎にある、グランメゾンを感じる、素晴らしい空間でした。

川崎シェフありがとうございました。また、糸島市来ましたら、ご挨拶にお伺いさせて頂きます。

その後、今後糸島市でお世話になる方々や、生産者様にお会いし、ご挨拶させて頂き、夕食は、、、、、、


DA54B7E4-2B9C-474C-B7A6-4E4CB19767BD.jpg

CBA3F57F-ADD4-41E4-B4CB-E1D82F0EFF3F.jpg

E160BA0E-BC4B-4105-96F8-FDC461A7A53B.jpg

BFE80312-C718-4EC6-B7C9-F6ECD788D331.jpg

CD5199E0-4648-46FF-9490-9AC4BA421AC7.jpg

夕食は、糸島漁港の方や、お世話になっている方々に、地元の地魚をつかった、お寿司を食べさせて頂きました。


C8DD5F0A-B0C6-4057-9D7F-6F0DE982D860.jpg

4847F42B-B2E9-437D-82B4-19F6FCD6B0D3.jpg

E493D63F-98CD-45AC-AB4C-5B2DE2F05F27.jpg

6EC6F0B9-7814-465C-80EB-FA238C63C6B6.jpg

7073061D-27FA-4A2A-B7F1-74ADD4BAAF16.jpg


6A9B304D-8CDF-45B0-BF4B-D06A351C282C.jpg

CF2E330C-0FC6-4868-B216-E675E14C32CD.jpg

 ここのお店の店主もとても暑い方々で、たくさんのお話しをさせて頂きました。糸島市の方々って、非常に糸島愛が強い方々が多く、糸島市って非常に良い街だなあと、本気で思いました。

今回の2日間の糸島市の滞在でたくさんの方々にお会いさせて頂き、たくさん未来の話しをさせて頂き、今後未来に繋がると思います。

福岡県糸島市の皆々様ありがとうございました。また近いうちにお伺いさせて頂きます。

次回、鹿児島県編!


BA74CAE1-3939-4490-A877-6803330DEF92.jpg


明日の早朝この距離を車で移動します(笑)

鹿児島県は、姶良市、霧島市、鹿児島市の方々にお世話になりました!

続く!
posted by マノワ at 13:58| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする