2019年09月12日

北岳登って来ました(後編)

そーなんです。北岳(3193M)に登って来ました(後編)

FE97EE35-08B3-4A26-A45A-18A60D956B27.jpg

登り始めの、広河原から、肩の小屋まで、通常5時間から、5時間30分位が通常ペースとされてますが、、、、、

僕は4時間30分かかり、北岳肩の小屋(3000M)に辿り着きました。ちなみに、高校生時代は、3時間で登り、山頂から、広河原までの下りは1時間30分で下山してました。そんな若かりし頃が懐かしいです(笑)

そして、同級生のご家族と挨拶をして、直ぐに、、、、、

山頂を目指します!

と言うのも、台風が直ぐそこまで近づいており、天候がどうなるか?分からなかった為です。

標高3000Mに位置する、肩の小屋から、標高3193Mの山頂までは、直線距離では193M!時間は片道30分かかります。ただ、すこぶる急斜面なんです!

っで、、、、


793FA4C6-82CC-4348-A120-631D5AD33CD7.jpg

北岳3193Mに登頂しました!


0D50658F-8EA9-48BE-B7C2-EACA3DAC2E41.jpg

3EEBAF73-BCEF-4193-A4CC-6ADB921FF3F0.jpg

4CF6D9DC-98D8-4C57-8245-D1F159AB0DD7.jpg

当然ながら、富士山を見える、日本で1番高い展望台でもあるのですが、、、、、

2EBA3308-AA43-4535-8273-5D6712076B26.jpg

C1766312-7832-4DC0-A956-0D92D6BB0672.jpg


富士山にかかる雲が、帽子の様に見える、綺麗な状態でした。そこで、母親が朝方作ってくれた、おにぎりときゅうりの浅漬け食べて、ビール飲んだら、、、、、

060300EE-3B42-4109-B798-BF6813B80303.jpg


891689E5-43C3-42E3-88E6-45A281B71A3C.jpg

032424FE-35BC-4961-85A5-FFAC942DB427.jpg

BA7D99D9-BC3A-43A6-8822-36397BD2F3C1.jpg

A1AA5CEC-8E1E-4DFF-AD83-6DFE001083C0.jpg

誰も山頂にいなかったので、気がついたら寝てしまっていたのですが、目が覚めたら、天候が急変してました。

小学生の頃雲が出来て、雨が降る行程を勉強しましたよね?

先程の写真は、標高3193メートルの北岳山頂から撮った写真です。

雲が出来て、雨が降るまでの上昇気流の状況が分かると思います。

1 上昇気流のあるところで空気が上に持ち上げられる。
2 上空に持ち上げられた空気は冷やされる。 100メートルで約1°Cほど冷える。
3 水蒸気が冷やされると、空気の中の水蒸気が、水や氷の つぶになって雲ができる。
4 雲の中の水や氷のつぶがくっついて、大きく重く なって落ちてくる。これが雨や雪です。

この数分後土砂降りになりました!

登って来た道をダッシュで走って山小屋目指すのですが、途中でおもいっきりコケて、右手が血まみれになりました。そんなことより、とにかく山の天気は非常に危ないので、山小屋に駆け込みました!

ちなみにこの北岳の尾根で、今年登山者に雷が落ちました!尾根の上だと雷は、尾根を走ります!

とにかく山の天気は変わりやすく危険なんです。

ちなみに、この距離を肩の小屋の従業員の女の子は、肩の小屋から往復で14分しかかからないそうです。いつの時代にも、すげー奴はいるんだなぁ?って思いました。

その後、肩の小屋で、夕食までずっと寝続け、、、、、


1DF8DDE3-09FF-4773-919A-6900E4A4E3B8.jpg


夕食!

3000Mで温かい食事が出て来る事が、非常に有り難い気持ちになります。

食事を終え、この日、たまたま一緒に登っていた後輩と共に、担いで来た、、、、

DD36A2FE-CCC2-496C-ACD7-F0B36C770D2F.jpg

99B78FE8-99CF-4B65-AF81-DB9823F1BA55.jpg

ワインを飲みました。

せっかく重いワインとワイングラスを運んで行くので、最高のワインを持って行きました。何度かワインを担いで山は登って来ましたが、ここまで最高のワインを飲んだのは、始めてでした。

シャンパーニュはクリュッグの2004年ヴィンテージを持って行ったのですが、驚く事に、抜栓して、グラスに注ぐとあっという間に、泡が消えていきました。

良く良く考えるとそーですよね?


大気は約10kmあるみたいなので、北岳が標高3193mだと、大気圧は約30%減です。大気圧が2/3って言うと少し言い過ぎだと思いますが、地上よりは、気圧がシャンパーニュの泡にもかからない為、直ぐに抜けたんだと思います。

その後、大人しく朝までぐっすり寝て、気がついたら、、、、、

083B5289-4BA1-47F9-916E-59AC827DBDAF.jpg

朝ごはん

お腹いっぱい食べて、天候が悪いので、一気に下山しました。肩の小屋から、2時間30分位かかりました。

広河原から、実家の芦安村に戻り、母親の何気ない昼ごはんを食べて、、、、

BAC34530-E0A0-4C7B-B6B8-5EF11C66A426.jpg

46157E65-11CE-47D6-A79F-E53E9E5875DF.jpg

37AC47F1-088B-4238-B932-D6372B48FA99.jpg

0D9CB6E0-70B9-4B30-BB93-FB71FB701D18.jpg

直前で食べる分だけ裏の畑から摘んで来た、野菜の美味さに改めて感動し、もう1歩も筋肉痛で動け無いので、とにかく寝ました(笑)



僕の人生、すべては北岳からはじまり、いつも北岳が教えてくれたんだと思います。

幼少期、父親が北岳(3193m)の山小屋を経営しており、北岳の麓の村、山梨県南アルプス市芦安で育ちました。

身体いっぱいに大自然を感じ、父親と共に、春には山菜、夏には岩魚釣り、秋にはきのこ穫り、そして、鹿やいのしし等のジビエを父親と共にハンティングし、命の大切さ、そして、人間も大自然の一部だと感じ、僕の生き方に、真っ直ぐな線を引いてくれました。

改めて、これから僕が何を目指し、何をして行くのか?

結局は、僕は僕であり、人間も大自然の1部であり、たまたま、東京でフランス料理店を経営している僕が、何が出来て、これから何をするべきなのか?

明確に見えた気がしました。

それは、これから先も僕自身が行動して未来に示して生きたいと思います。

40歳になって、北岳登り改めて自分らしく生きるって事の大切さを思い出した気がしております。


3000メートル超える、北岳にも現代化の波は当然来ており、普通に携帯電話が使える事にびっくりしました。ソフトバンクは微妙でしたが、ドコモは普通に使えました。

来年、5Gが日本でも本格的に始まったら、今では考えられない事が多く起きると思いました。携帯電話で話しながら、登山して、山頂でバーチャルでゲームやって、ドローンでラーメン運んでくれる時代も近いんじゃないか?とも思いました。

でも大切なのは、やっぱり、自分だなぁ?って感じ、両親に育んで貰った、大切な感受性は、何歳になっても変わらないんだと感じた、今日この頃です。

F45E4684-C277-439B-9562-9117B4FE94B2.jpg

終わり!
posted by マノワ at 19:31| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

北岳登って来ました(前編)

夏休み明けました。マノワは通常営業しております!たくさんの皆様のアクセスをしっかりと分かっているんですが、夏休み明けは、とっても忙しいんでブログ書けなかったのですが、とりあえず、今日は少しだけ、、、、

夏休み前にご来店頂いた、リアルお天気お姉さんに、台風が直ぐそこまで近づいていたので、、、、、

「雨が降ったら笑って下さい!」

って、言いましたが、やっぱり僕って、晴れ男なんだと思ったそんな夏休みでした。中村です。

夏休み前のブログにも書きましたが、夏休み前半は先ず、、、、、、、

北岳(3193M)に登って来ました。

75E657FB-5B6D-4AAB-A75C-5C8E21CE7E19.jpg

その昔、僕の父親がこの北岳の山小屋をやっていた事もあり、幼少期、何度登ったか分からない位、北岳に登りました。また、高校時代は、その山小屋でアルバイトしてました。

ちなみに僕の弟は、4歳で自分の足で、北岳に登頂しました。おそらく、最年少記録なんじゃ無いでしょうか?その後弟は、某有名な、高校、大学で箱根駅伝を目指して、走って ました。

そんな、弟と今回この北岳に登って来ました!

僕もそーでしたが、そんな家庭環境だった為、常に、中村家はアスリート気質だったのですが、、、、

当時は特に、何も考えてなかったですが、今考えると凄い事ですよね?ちなみに地元の芦安中学校では、全校生徒で、北岳に登ります(笑)甲斐駒ケ岳にも、仙丈岳にも、間ノ岳にも登りました!父親とは、もっとたくさんの山々を登って来ました。

今でこそ、高校生迄、あの環境で育った事を贅沢に感じておりますが、当時は早く田舎暮らしから、脱出して、夢にも見た、華やかな東京での暮らしに憧れていました。

今、僕が、このフランス料理業界の中で出会う、有名シェフの中には、東京出身の方々も多くいらっしゃり、たくさんのお話しをしますが、、、、、

山梨県の芦安村って言う、僕の出身が、田舎って言う事で、東京出身の方々より、今でこそ、たくさんの恩恵を受けていると、最近は良く思います!

若い頃は東京で暮らす家賃だけの為に働いていたと思ってましたが、、、、

僕は今40歳なので、高校迄の18年間はそんな山梨県芦安村で生活してましたが、1年間フランスにおりましたが、いつの間にか、山梨県で過ごした時間より、東京で過ごしている時間の方が長くなってしまいました。

東京には、多くの出会いやチャンスがたくさんありますが、いつも心の何処かに、何か大切な物を犠牲にして、大切な何かを、忘れてしまった様な気がしながら生きています。

っで、もし、80歳迄生きれるとしたら、節目の40歳!

今の僕がその、北岳に登ったら何を感じるのか?それを知りたくて、北岳に登って来ました!

EB9DD4C7-43CA-4E2E-8B54-53C2A05EDD20.jpg


陸上で走っているのと違い、登り始めの場所、広河原は既に標高1500Mを超えている為、北岳山頂迄は直線距離にすると、たかが、1500Mです。されど、1500Mなんです。

この写真の遥か先に見えているのが、北岳です。

正直書きますが、登り始めて、30分で限界が来ました(笑)

428878B0-9A36-4D7A-B599-9B4B63704E99.jpg

ブログをお読み頂いている方々はご存知と思いますが、この北岳に登る為に、数カ月前から、コナミスポーツジムのプールで、出勤前に1時間泳ぎ、金の力を使って、シックスパッドを購入し、毎日仕事終わりに鍛えて来て、5キロ位痩せましたが、大自然の元では、、、、、

所詮、僕の限界は30分でした(笑)

広河原から30分登った所には、、、、、、、

有名な、でっかいがあるんです。

1FE6E2DB-9FB0-465E-82EF-4230A79ECDCD.jpg

8221524B-2AE4-4A03-868B-FC5686D186E7.jpg

とりあえず、高校生時代も何回も暇つぶしに登っていたので、とりあえず登って来ました!


っでまた、山頂目指すのですが、、、、、。


84F450C8-1BB7-4CAB-8D39-BD15E983C5BB.jpg

あそこに見える所が山頂です。

無理じゃねー!

二俣の、お花畑って呼ばれる、様々な高山植物が咲き誇る、この場所からいくつかの山頂を目指すアプローチがあるのですが、この写真にもある山頂まで伸びるこの岩山が、、、、

バットレスと呼ばれます。

F8E4B434-A0D9-4CEC-A7E2-DC413037DA6C.jpg

6ABF2064-DB90-4FDF-A231-6FE0E82435BD.jpg

F15F57B9-46C4-48E0-B42F-EC3FA5363EF3.jpg

B73EE634-E315-42FA-B289-1D308DEF8E69.jpg

ここに、あの伝説の食材、岩茸が生えているのですが、僕には、チャレンジする資格すら今回はありませんでした。その位人間の肉体って退化するんだするんだとと思い知らされました。

っで、ここからひらすら山頂を目指すのですが、、、、、

シックスパッドを太ももの裏と、腹筋を鍛えて来たのですが、それが全く意味が無かったんじゃないか?って感じました!

太ももの前の筋肉と、ふくらはぎの筋肉が、全く使え無くなります。

そう、足が山登っているのに、マジで、足が上に上がら無くなります。

今回一緒に登っている僕の弟の言葉ですが、、、、、

「登りはケツの筋肉使って登るんだよ!」

って、言われても、、、、

「は?どーやって、そのケツ筋使うんだよ!」

って思いません?

って、ガキンチョの時は何も思っていなかったのですが、40歳のおっさんは、思うのです(笑)

山登っている人、あるあるなのですが、、、、、

上から人が降りて来ると、落石等の為もあり、、、、

「お先にどうぞ!」

って感じで登って来る方々を待つのですが、その待って頂いている、その数メートルを登るのが本当に辛いんです。

僕はいつも通りのポーカーフェイスでいつも登っているつもりなのですが、3000Mを超え、森林限界を超えた頃出会った、どう見ても、僕よりも、ずーーっと歳上のおばあちゃんに、、、、

「私も昨日ここ登っている時は泣いていたので、お兄さんの気持ちは良く分かるよ!」

って、言われたのが今も心に突き刺さっております。

そんな辛そうな顔してた?って思うのですが、、、、、

所詮、俺って、そんなもんなんだと思います(笑)

何が言いたいか?は、北岳後半の最後に書きます。

その後、3000Mに位置する、僕の同級生が経営している、、、、、

7B7EDACD-5D0E-4EFA-A13B-1176D3D7514A.jpg


北岳の肩の小屋に無事辿り着くのです!

北岳後半に続く!
posted by マノワ at 18:32| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

8月26日から9月6日ディナー迄、夏休みを頂戴します。そして、サスティナブルシーフードの事と、マノワの先の事!

タイトルの通りなのですが、、、、、、

8月26日から9月6日ディナー迄、夏休みを頂戴します。

ご予約は下記の食べログの予約サイトからお願い致します。

https://tabelog.com/tokyo-/A1303/A130302/13133477/


散々、この僕らフランス料理業界は、休みが少なく大変だと言って来ましたが、先日、僕の兄弟と話しをしてたら、、、、

「一般のサラリーマンでも中々今の時代こんなにまとまった連休は取れない」って、言ってましたが、、、、、

僕は、街場の小さなフランス料理店で働く人間も、このブログをお読みくださっている多くの皆様と同じ人間ですし、少なくともマノワで働いているスタッフには、最低限でも、普通な生活水準にはしたいし、頑張れば、それ以上の生活が出来る環境を与えられる環境を、オーナーとしては考えなきゃならないし、口で言うのは簡単ですが、それを実行しなきゃ行けないと考えております。

間違い探しの間違いの方に生まれたなんて、若い子達が思わない様な現実を作らなきゃ行けないって思いませんか?

来年4月から、マノワは完全週休二日にする事を数ヶ月前に宣言し、たくさんの反響がありました。

マノワは、夏休み、冬休みの長期休暇はもちろん、ボーナスや社会保険はもちろん、若者たちが、夢を持って、目を輝かせて働ける様な、フランス料理業界を作って行きたいと思いますし、そーしないと僕らフランス料理店は絶滅すると言う危機感を僕はもう何年も前から持っています。

決して預言者ではありませんが、政府の言う、働き方改革が僕らフレンチ業界に入ってくるのであれば、今の状況だと、東京オリンピック以降には、大半のフランス料理店は潰れる未来が待っていると、僕は強い危機感を感じております。

毎度言う様に、僕は、、、、

「食べる事は、文化であり、続かなければ何も成し得ない!」
と思っております。

83CE0B15-A185-494D-9E99-AD3DE5BE4B8A.jpg

その辺の話しや、サスティナブルシーフードって言う、トレンドのブログは、ここからどーぞ!

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/464563180.html?1566625792


あえて、もう一回書きますが、、、、、、

間違い探しの間違いの方に生まれたなんて、若い子達が思わない様な現実を作らなきゃ行けないって思いませんか?

あのイケメンがこの歌歌った時、僕らの業界の事歌ってるんじゃ無いか?って涙したのは、僕だけでは無いはずです!

また、毎回、口が悪いとたくさんの方々に毎度言われますが(笑)とは言え、真面目に書くと気取ってるじゃねーよ!って思われているらしいので(笑)僕らしく、皆さんが期待していると思うので、今回は得意の口悪く書きますね?


1つだけ言いますが、FBをご覧になられている方はご存知と思いますが、数日前の月曜日に、和歌山県に朝6時に東京出て、夜中の23時過ぎに品川駅に戻って来て、次の日の10時30分には、恵比寿のかじた いずみさんのチーズ教室で授業受けているのも、全て、その未来に繋がっていると思います。目指すべき未来があるので、休みの日は寝ている時間が無いんです!

パナ◯ニックがどこでもドアを開発してくれないかなぁ?っていつも切に望んでおります(笑)

やっと最近、様々な場所でフードロスって言う言葉を目にする様になりましたが、、、、、

僕達未来を考える仲間達は、その先を目指し、行動しております。


22C4F4E8-587C-4448-A7AA-4C75DC8AFCF8.jpg

サスティナブルシーフードの問題は、簡単では無いです!

ただ、簡単に言うと、、、、、、、

あくまでも、僕の1つの意見だと思って聞いて頂ければ良いのですが、あえて誰でも分かる様に、言葉悪く書きます、、、、、

日本は1次産業の方々、よーするに、漁師さん農家さんの生活が全く儲かってません。夢がありません。

農業や和牛を育てている方々は、その生産をコントロールし、ブランドを作り、日本だけではなくて、海外と商売し、また、WYUUはオーストリアでたくさん育てられ、成功している方々を多く見ていますし、僕はもっともっと、日本のブランドを世界に発信していただき、日本人の1次産業の多くの方々に儲かって貰いたいと素直に思います。

先日クレイジージャーニーで、僕らの世界では有名な農園の方が言ってましたが、、、、

「雑草は貧乏人か金持ちしか食べていない!俺はそれで金持ちになった!」

って、鼻高々に言い放ち、日本の有名シェフが後押しして、世界最高のレストランのレストランに食事に行ってましたが、、、、

人口200人もいない田舎に育った僕は、いろいろ考えさせられました!

マノワは、同じハーブをたくさん使っておりますが、それで、お客様からうん万円も取ってはおりませんし、取ろうとも思いませんし、普通にマノワのお皿に乗ってます(笑)

ただ、それは、僕の両親が山梨県の田舎で、マノワの為に作っているからです。

ハーブや、山菜、きのこ、もっと大きく言うと、牛肉を始めとする食材は、ある程度、フレンチレストランで使う食材は、今現在、人間の手によってコントロール出来ていると思います。

しかしながら、シーフードの問題はそーはいきません。

でも、僕のお付き合いさせて頂いている、漁師の方々の方々のお話しをまとめてると、、、。、

そうは出来ない現状が今の日本にはあります!

昨今たくさんの問題があるのは、誰でも存知かと思いますが、僕はあえて、頭の良い人達が難しく問題にする事無く、はじまりは、シンプルな問題だと考えております。

それは、、、、、

海産物の資源は今の時代は、需要と供給のバランスが完全に間違っております!

SNSを見ると、声高にサスティナブルシーフードの事を語っている方々が多いですが、、、、、

日本における、この問題は、ちょっとした事で、少しは、解決すると思います。

僕らレストランや、料理人の意見は多く聞きますが、漁師さんを始めとする、1次産業の方々の話には、誰も耳を傾けていない様に思います。

要するに、漁師さんが獲った魚介類の値段が安すぎるんだと僕は思います!

大袈裟な話し、僕らレストラン業界や、イ◯ン等の大手スーパーが倍の金額で買えば、魚の資源量も回復すると思います。

漁師さんは、1ミリも、根こそぎ魚介資源を獲りたくてとっているのでなく、買い取り金額が安すぎるから、量をとるしか生活出来ない現状がありますし、それでも、多くの漁師さんが廃業している事が現状だと、僕は思います!

だからこそ、先ずは僕らレストラン業界が本当の意味でも、提供価格や働き方を考えなくてはならないと思います。

諸外国の問題で、今年、秋刀魚が秋だけでなく、もう何ヶ月も前から日本でも獲れる様になりましたよね?

そんな時、僕ら業界はなんて言ってました?

そんな秋刀魚、食べない様にしましょう?とか、美味しく無い?とか言ってませんでした?

僕は、獲れた魚介は無駄なく使う事が大切だと思います。

マグロでも、あわびでも、海老でもクジラでも。。。。


陸に上がる以上、それは食材であって、捨てる事や、文句を言う事は簡単に出来るけど、、、、、

その食材を多くの方々に納得して、より高く買い取り、より美味しく多くのお客様に食べて頂くのが、僕らレストラン業界の仕事だと思います。

それこそが僕らフランス料理店で出来る最低限のサスティナブルシーフードだと僕は考えております!

例えば、海老であったり、あわびであったり、様々な魚種であったり、、、、、

もちろん、料理人が作りたい料理のサイズや魚種は当然あると思います。ただ、毎回その大きさやその魚種が毎回獲れる訳も無く、料理人のエゴで、大枚払わないのであれば、1次産業の漁獲に合わせて、僕らレストラン業界が努力する事は当たり前だと思いますし、それが、料理人の仕事だと思います。

ただ、単にメニュー印刷しちゃったからとか?思ったよりサイズが小さいから、返品しますとか?言ってませんか?

メニューに載せちゃっているんで、今回は安くして貰えませんか?とか言ってないですか?

そのシワ寄せは全て、1次産業の方々が負担している現状を僕は良く知ってます!

1次産業の方々と直接お話しをお伺いすると、知り合いのレストランへのクレーム話が良く出てきます。

1次産業の方々からは、スターシェフ達には、中々言葉では言えない、今日も起こっているクレームです!

サスティナブルシーフードの事を語るなら、先ずそこから見直すべきでは無いか?と胸に手を当てれば感じれるでしょう?

正直言って、文句言うなら、魚介の仕入れ金額を2倍払えば、サスティナブルシーフードの問題は簡単に解決すると僕は思います。

漁業は今はまだ、僕らではコントロール出来ない時代だと思いますし、これからまだ先もずっと続くと思います。

ただ、前にも書きましたが、漁業権の問題は実は去年からやっと日本も変わり始めました!だから僕は既に、1級船舶免許を取得してるんです!


僕は、休みの月曜日に多くの生産者の元を訪れていますが、漁師さんが海の食材を枯渇する程獲りたいとは考えていないと良く思います。ただ単に、買い取る始めの金額が安すぎる為に、大量に獲る事でしか生きていく事ができず、現代の日本の問題になっている様に考えております。

EB198BC5-79E7-4D83-BEBB-640D0005C219.jpg

だからこそ、僕らレストラン業界が大きな声で、改革しなきゃ行けない状況が、まさに今だと思いますし、それが出来る状況にあるマノワは変わっていかなくてはいけないと思いますし、マノワは今まで以上に変わります。

その変革は、夏休み明けにまた宣言します!

そこから先の法律の問題は、僕らレストラン業界だけで無く、たくさんの意見や気持ちを集めて、変えて行く為に、より大きな力を作って行かなくてはならないと思います。

フードロスって言う言葉を最近TVで目にする様にやっとなりましたが、僕は何年も前から、フードロスのその先を考え、やっと1つの答えが出ました!

あとは、結果を出すだけです!

誰かにパクられる前に、僕が、1番ではじめ、その成功例を作りたいと思います(笑)

夏休み明けには発表出来ると思います。

っで、夏休みがあるので、僕は何をするのか?って言うと、、。、、


そこに山があるので、山に登ります!


■「そこに、山があるからだ」 イギリスの登山家 ジョージ・マロリー

「なぜ、山にのぼるのか。そこに、山があるからだ」イギリスの伝説的登山家、ジョージ・マロリーが口にしたという、余りにも有名な言葉です。この言葉、いまでは、非常に哲学的な意味で捉えられています。たとえば、こんな具合です。

「山は、人生に似ている。目先の小さな目的に捉われず、その山の頂上を目指し、ただ一生懸命のぼればいい。それが、充実した人生を過ごす秘訣なのだ」

でも、こうした見方は、間違っています。マロリーが言う「山」とは、観念的な意味ではなく、具体的な「実在する山」だからです。そして…その山とは、ズバリ、「エベレスト」のことなんです。

この言葉が現れるのは、1923年3月18日付のニューヨーク・タイムズの記事です。記事の中で「なぜあなたはエベレストに登りたいのですか?」との質問に、マロリーは、「そこに(エベレストが)あるからさ ”Because it’s there.”」と答えているんです。

つまり… 当時、まだ誰も登ったことがない「第3の極地」エベレストに登りたくなるのは、登山家として当然のことだ… と言っているに過ぎないんです。ましてや、山を人生に例えたりはしていません。哲学的な意味は、まるでないんです。


何も持たずに 生まれ堕ちた僕
永遠の隙間で のたうち回ってる

諦めた者と 賢い者だけが
勝者の時代に どこで息を吸う

支配者も神も どこか他人顔
だけど本当は 分かっているはず

勇気や希望や 絆とかの魔法
使い道もなく オトナは眼を背ける

それでもあの日の 君が今もまだ
僕の全正義の ど真ん中にいる

世界が背中を 向けてもまだなお
立ち向かう君が 今もここにいる

愛にできることはまだあるかい
僕にできることはまだあるかい

君がくれた勇気だから 君のために使いたいんだ
君と分け合った愛だから 君とじゃなきゃ意味がないんだ

愛にできることはまだあるかい
僕にできることは まだあるかい

運命(サダメ)とはつまり サイコロの出た目?
はたまた神の いつもの気まぐれ

選び選ばれた 脱げられぬ鎧
もしくは遥かな 揺らぐことない意志

果たさぬ願いと 叶わぬ再会と
ほどけぬ誤解と 降り積もる憎悪と

許し合う声と 握りしめ合う手を
この星は今日も 抱えて生きてる

愛にできることはまだあるかい?
僕にできることはまだあるかい

君がくれた勇気だから 君のために使いたいんだ
君と育てた愛だから 君とじゃなきゃ意味がないんだ

愛にできることはまだあるかい
僕にできることは まだあるかい

何もない僕たちに なぜ夢を見させたか
終わりある人生に なぜ希望を持たせたか

なぜこの手をすり抜ける ものばかり与えたか
それでもなおしがみつく 僕らは醜いかい
それとも、きれいかい

答えてよ

愛の歌も 歌われ尽くした 数多の映画で 語られ尽くした
そんな荒野に 生まれ落ちた僕、君 それでも

愛にできることはまだあるよ
僕にできることはまだあるよ



僕は、高校迄、人口200人もいない、山梨県芦安村で育ちました!

日本で1番高い山は?

って聞かれれば、誰もが富士山と答えれると思います。

しかしながら、2番目に高い山は?

と問われると中々答えが出ないのでは無いでしょうか?

北岳です!3193M

その北岳は、僕の父親がその昔、山小屋をやっており、僕も高校時代には山小屋でバイトし、歩荷し、何100回も登ってきました。また、肩の小屋は、今も僕の地元の同級生のご家族が経営しております!

今回も、肩の小屋に泊まらせて頂く予定ですが、自分で担いで、3000メートルを超えてる山小屋で、KRUGとメオカミュゼを飲んできます(笑)

そんな日本第2の山を、40歳の今、僕が登ったら何を感じ、この後、僕はどこに向かうのか?何を想うのか?何が見えるのか?

そんな問い合わせを自分自信にしたいと思います!

僕は天気の子みたいなもんなので、100%雨は降りませんが、雲の上から帰って来れなくてならない様に気をつけます(笑)

愛にできることはまだあるよ!

僕にできることはまだあるよ!

107BA780-2A51-4BDB-966E-458925C7A5F9.jpg

少なくともうちのガキンチョの未来の為にも今出来る事を全力でこれから先も取り組んで行きたいと思います!

夏休み明けもレストランマノワをよろしくお願い申し上げます。
posted by マノワ at 14:49| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

研修生現るの巻!

今日研修生が来ております。ただでさえ、小さなお店のマノワには、常に3人のサービス専門のスタッフがいますが、さらに1人の研修生が来て、4人でサービスやってます。

飯村 健太26歳

E5E6E818-404F-4BE0-A052-A286B0CA6406.jpg

マノワの空間に4人のサービスは中々の空間ですよ?フランスの3つ星超えてます(笑)

最近、若者から、マノワでサービスとして働きたい!って言う問い合わせを多く頂きとてもありがたいです。

どこでも人材不足が叫ばれている昨今、僕らフランス料理業界は、人手不足の問題は、まさに死活問題となっております。

ほとんどのレストランが悩んでると思いますが、マノワは、16席しか無い小さなフランス料理店ですが、今現在8人スタッフがおります。そんな、マノワは恵まれた環境にあると思っております。ただ、マノワで働いているスタッフにも常に言ってますが、マノワの様な恵まれた環境にあるレストランは非常に少ないと思います。

だからこそ、マノワで働きたい!って言う若者達がいる限り、今いるスタッフは、働きたくても現状働けない若者の分も背負って働いて欲しいと思うし、そう言う気持ちを持って働くべきだと思います。

また、マノワもそー言った若者が働きたいと言う、魅力あるフランス料理レストランを作り続ける事が必須だと考えております。

そう遠くない未来に、働き方改革始め、多くの事が変わって来ますが、僕らフランス料理業界は、真剣にその事を考えないと、オリンピック以降には大半のフランス料理店は無くなると言う危機感を僕は持っています。

人気店しか人が集まらない現状は、人気店がより多くの努力をしているからに他無いと思います。マノワももっと多くの方々から愛されるレストランを続けて行くべく、努力していかなきゃいけないと最近良く思います。

だからダイエットしているのに、持◯さんが、嫌がらせの様に、ポテトチップスを大量に持って来たので、、、、、


AD431999-517B-4F88-9D3B-9B1ED2C1A221.jpg

FDE2B292-590A-42EA-A42D-E6143D05294F.jpg

8CE62361-F319-431D-8B8B-23199FC423B0.jpg

若者達が笑顔で持って帰りました。

M田さんいつもありがとうございます。

スイカは、、、、、

EDE39074-BA9F-4F15-91AD-97F37BE2AFC5.jpg

マノワの2代目鬼軍曹に取られました。

最近の女の子の写真は、99%加工してるから、騙されるな!って、マツコが言ってましたが、始めの写真中々ですよね?これ以上書くと怒られるので、、、

おわり!
posted by マノワ at 14:13| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

■「時の記念日」とは?マノワでチーズワゴン始めました!

フランス料理店で働いていると、たくさんの記念日に出会うのですが、全ては1秒で完結すると最近良く思います!

実はこの間、愛車のジープを事故り、台車に乗ってるんですが、その車がテレビが付いて無く、毎日通勤時間に久しぶりにラジオを聴いてます。東京FMのセイコウのCMから聴こえて来た言葉に感銘を受け、1人で泣いてしまったヤバい奴が僕なんですが、、、、、、、、


『一秒の言葉』 詩:小泉𠮷宏

「はじめまして」 この1秒ほどの短い言葉に、一生のときめきを感じることがある。

「ありがとう」 この1秒ほどの短い言葉に、人のやさしさを知ることがある。

「がんばって」 この1秒ほどの短い言葉に、勇気がよみがえってくることがある。

「おめでとう」 この1秒ほどの短い言葉に、幸せにあふれることがある。

「ごめんなさい」 この1秒ほどの短い言葉に、人の弱さを見ることがある。

「さようなら」 この1秒ほどの短い言葉が、一生の別れになるときがある。

1秒に喜び、1秒に泣く。

一所懸命、1秒。


この感動的なコピーは、「ブッタとシッタカブッタ」などでお馴染みの漫画家・絵本作家の小泉𠮷宏氏が、広告代理店のコピーライター時代に書いた作品なのですが、僕らフランス料理業界にも良く当てはまるな?って思います(笑)

「時の記念日」とは?


「ありがとう」 この1秒ほどの短い言葉に、人のやさしさを知ることがある。

「おめでとう」 この1秒ほどの短い言葉に、幸せにあふれることがある。


フランス料理店で働いていると、たくさんのお客様の時の記念日をサポートさせて頂いてきました。


フランス料理業界で永い事生きていると、普通で生きたのではまず、お会いする事が無い方々と、毎日お会いし、僕の性格上、沢山方々と仲良くして貰い、一緒にお食事させて頂いたり、沢山のお酒を飲ませて頂いたり、、、、、

一緒にハンティングさせて頂いたり、、、

その中で、沢山の教養や、僕では想像もつかない考え方を勉強させて頂いたり、、、、、、


それも全てが、若い頃から、僕がフランス料理を志したが為、貧乏人の僕に、多くに方々が僕の未来を期待し、楽しみにして下さった事に他無いと、最近よく思います。

っで、、、、、

多くを書くと面倒くさい連中がいるので、ここではあえて書きませんが、僕の40年の人生の多くの時間を共有して、今尚、尊敬している、アニュの下野マダムから、、、、、

53824EFB-6DF3-4476-90CC-3FCC099ED5AB.jpg

とっても素晴らしいワゴンを貰いました(笑)ちなみに、過去には、日産のウイングロードも貰いましたし、貰った物を上げたら数を数え切れないほど、僕のフランス料理業界人生では、下野夫妻には今尚、とってもお世話になっております。

っで、アニュの改装と共に、頂戴したこの立派なワゴンは、、、、

チーズのワゴンになりました。

3A04A1E0-9965-4FF8-B941-CB3DF330C2F3.jpg

デザートのワゴンを見る事は、フレンチ好きならあるかも?知れませんが、チーズのワゴンは、現代の日本では、グランメゾンでしかお目にかかる事は無いんじゃないでしょうか?

たまたま、色々なタイミングが重なり、早くなりましたが、今日からチーズのワゴンを16席しか無いマノワで始めました。

馬鹿なの?って思う多くの同業者がいる事は良くわかってます。

簡単に言うと、今のフレンチ業界では、チーズを食後に食べる方はいないし、そこに別料金を払う事に抵抗がある方がほとんどだからです。まして、お酒を飲まない若者に限って言ったら、意味分かんないと思います(笑)

だから、僕がやるしか無いんです。だから、今年、チーズプロフェッショナルの試験受けてるんです!

かと言って、マノワに来たらチーズ食べろ!って言ってる訳じゃ無いんですよ!

東京のど真ん中で、フランス料理店やってるのに、フランス料理業界のサービスが全く育ってない今日、誰がフランス料理って言う文化を伝えられるのか?を大袈裟にも、40歳の僕は思うわけです。

約20種類弱のチーズをワゴンに載せてご用意したいと思い、今日のディナーから始めました。

最近、フランス料理店で、チーズのワゴン見て無いな?って思うのは僕だけじゃ無いはずです。

マノワでは、敢えて時代と逆行し、フランス料理店の魅力をたくさんの方々に伝えて行こうと思います。

フランスの星付きレストランで、、、、

「フロマージュフレ?アフィネ?」

って聞かれたのが、当時の僕には、衝撃的だったので、フロマージュブラン始め、フロマージュフレも置く事にしました!

下野さん、ありがとうございました。

大切に使います。

書きたい事はたくさんありますが、今日はこの辺で、、、

これからも、多くのお客様の最高の時の記念日を、、、

最高の料理と最高のサービスで!と言う究極の目標に邁進して行きたいと思う今日この頃です!

終わり!
posted by マノワ at 15:40| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする