2023年02月01日

春を感じる食材達が届き始めました!そして現在のべキャスをはじめとするジビエ(鳥類)の入荷状況について!

1月もあっという間に終わり、もう2月ですね?

2023年はコロナの終息も見え、この3年間に何をして来たか?が飲食業界には問われる年になると思います。

マノワでは今年も新しい事に挑戦してまいります。そして、春には新しく3人の新卒を迎える予定です。


そんな今日、今シーズン初のホワイトアスパラガスフランスロワールから届き、、、

CDC5D92D-4A29-4616-AC5F-1463D21BDBC2.jpg

9DAAA979-1378-4675-B0CE-E2F73BA170F4.jpg

山梨県芦安の実家からは今シーズン初のふきのとうが届きました。

41F6CBDE-20A3-4CE0-8F27-929FEEF6A261.jpg

春を感じる食材が届き始めました。今毎日春メニューを試作しており、もう直ぐ皆々様にお披露目出来ると思います。


そして、常連様から毎日の様に多くのお土産を頂戴し、心温まる想いです。

いつも有り難うございます。

Oさん毎年最高のいちごありがとうございます🍓

0D0DA9EE-68C3-4F98-9C29-4B98C904DEE8.jpg

CC332A67-2036-4CB2-AECF-22F7B118DD84.jpg

2C93EE13-053D-4D9B-96ED-C1AA3BDEC04E.jpg

 早速まかないでみんなで頂きました。

しかしながらでっかい、いちご🍓でした。


そして、1月が誕生日の僕にいつもバースデーケーキを届けてくれるHさん。

僕の印象にピッタリなメルヘンなバースデーケーキ毎年ありがとうございます♪

F8136340-B790-46E1-9853-5CF3CDAAAF7B.jpg

E5C73A6D-9265-4FE2-B472-41204054F5B7.jpg

ごうちゃんバースデーケーキが毎年恒例になりました(笑)

皆々様本年もよろしくお願い申し上げます。

 そうそう、たくさんお問い合わせ頂いております、ジビエの在庫ですが、べキャスは今月40羽また届く予定なので、今シーズンは160羽使った事になります。

 また、2月15日迄が多くの場所でジビエを取って良い猟期なのですが、今年は温暖化の影響もあってか?始めは鴨たちはあまり取れてませんでしたが、年明けてから絶好調でして、毎日全国からとんでもない数の鴨達が届いております。

 そして、輸入物のジビエのペルドローや、山鳩等も無くなる事なく入荷しております。

 コロナもあって、今シーズンのジビエをまだお召し上がり頂いて無い方々、是非ご来店お待ちしております。


A4C7219B-78D1-480D-8DC4-B0E780AD2600.jpg

4F3113B6-5954-4BE8-8A42-859E89184742.jpg


 今年の桜の開花が待ち遠しいもんです。
#マノワ #マノワラボ #ホワイトアスパラガス #ふきのとう #もう春ですね🌸
posted by マノワ at 19:41| こだわり食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月22日

とある日の常連様の還暦祝いの巻!

この業界で永い事生きているのですが、僕が20歳の頃からずっとご来店頂いている常連様も多く、そんな大切なお客様が還暦と言う事で、、、、

20B409D0-2266-4917-B7DE-098D5B71EA58.jpg

赤いチャンチャンコって言うわけには行かないので(笑)サプライズで伊豆の最高の金目鯛をとり、パイ包み焼きにして、ソースショロンで!

0EA2124B-C6EC-4D60-A4F7-02942B3E8F8D.jpg

Fさん御還暦おめでとうございます

ここ最近常連様が還暦を迎える事が多く、僕も15年後位には還暦を迎えるって今じゃ想像も出来ませんが、だからこそ、10年後のヴィジョンをしっかりと見て今行動する事が非常に大切だと思う今日この頃です。
#マノワ #マノワラボ #金目鯛 #金目鯛のパイ包み #還暦祝い
posted by マノワ at 14:39| こだわり食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

北海道森町の最高の食材達!

たまふくらって言う枝豆はご存じでしょうか?

9B2A2396-0E6B-43D7-8EC3-65E1A94C586F.jpg

C4D6E6C0-1EE1-4B5B-9AF5-018167086521.jpg

「たまふくら」は、超高級黒豆として知られる新丹波黒と、もっちりとした食感が特徴の北海道産ツルムスメという大豆の交配から生まれた比較的新しい大豆です。
 新丹波黒の超大粒と甘さ、ツルムスメのもっちりとした食感を受け継いだいいとこ取りの大豆で、枝豆としても最高の注目株です。

 っで、そんなたまふくらを北海道森町のマノワラボのスタッフのご実家で作っており、大量に頂戴しました。
 先日北海道森町の町長にご挨拶させていただいた時にも、このたまふくらのお話しが上がりました。

 枝豆って、1つの房に2粒以上入っていると思うんですが、1粒しか入っていない枝豆って実はたくさん存在するんです。
 その枝豆は規格外商品となり廃棄されてしまう事が多いのが現在の日本です。

 野菜に限った事では無いのですが、その廃棄されている多くの食材を使って、もっと多くの方々が幸せになれる世界を作って行く事が大切だとマノワは考えております。

 先日のとうもろこしも🌽そうですが、、、

B8F66B88-B534-44D7-8583-B78A6CDB15AE.jpg

E749DCA5-477A-4443-B0FC-D4DC54476011.jpg

08EB1A62-648F-4A0A-9FA5-4B2BFDB891D7.jpg

0CF76869-9006-4746-AFC3-5F51D144CCA9.jpg

 って言う事で、今日のまかないはたまふくらと、仔羊のクスクスでした。

4EC56A66-52EA-45CA-A9EB-72A5F9008B68.jpg

5BA9DDE5-802B-4D99-802B-260DD7B2D4F4.jpg

 しかしながら、若者が多いマノワのまかないは毎日とんでも無い量なんです。
 これでは中々痩せられないもんです(笑)

そして、先日の最高のヒグマは、、、、

025BCEBC-EF71-4D73-81BD-3AFD4BBB1362.jpg

北海道の師匠のご自宅で、地元のハンター達に熊鍋として師匠が振る舞いました。

 僕も食べたいもんです(笑)
#マノワ #マノワラボ #たまふくら #枝豆 #北海道森町 #規格外野菜 #もったいない
posted by マノワ at 21:31| こだわり食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月01日

北海道森町から軽トラックいっぱいのとうもろこしが届くの巻!

マノワの夏休みも終わり、通常営業がはじまりました。マノワも12年目に入るのですが、お店も長い事続けていると、メンテナンスが必要になります。

今回の夏休みを利用して、様々な箇所を改装致しました。

D9B2BD58-293E-4877-85B2-623083054867.jpg

03F6509A-BC0A-48B0-8E0F-E1B24B6FA8FF.jpg

73DCEE1B-D694-4A3B-A327-E7EE140F00BE.jpg

4D6243C0-800F-4AC7-A0D5-C4A90590668F.jpg

内部の機械の交換だったり、機械類の入れ替えだったり、床の張り替えの為、多くのお客様はお気づきになられないかも?知れませんが、前より確実に過ごし易い空間になっております。

また、今月から待望の女の子のスタッフが入社致します。その辺はまた後日ご紹介致します。


っで、今日は、、、

北海道森町から軽トラックいっぱいのとうもろこしが届くの巻!

北海道森町の農家さんから、、

『とうもろこし🌽がたくさん採れたから使う?』

とのお話しを頂き、、、

『全部買わせてください!』

とお願いして、その数分後に届いたとうもろこし🌽

田舎あるあるですが、北海道の量は桁違いすぎる(笑)

BC7CDAB8-2A91-4BAD-8CA0-666AEA16C985.jpg

06AA2921-855B-43BA-A03D-F0DD63047E53.jpg

ちなみに、このとうもろこしの対価はジュース4ケースになりました。

その後、ご近所の方々にお手伝いして頂き、東京では見る事が出来ない圧巻な光景に!

その後茹でて芯を外して身の部分だけで、なんと、、、

C23C59D3-B6D0-4516-9A32-DD9DA7E52AE4.jpg

1C39DF57-6248-4E3D-A757-DE7E3037F377.jpg

2384F394-BF05-4418-BF96-6378762BF62D.jpg

135kg

皆さんお疲れ様でした。

マノワで全て大切に使わせて頂きます。

Sさんいつもありがとうございます。

#マノワ #マノワラボ #とうもろこし #北海道あるある
posted by マノワ at 20:43| こだわり食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月29日

今年の鮎と蝦夷雪うさぎと芦安村!

夏を代表する食材の代表格はだと思います。

もちろん、和食屋さんで炭火で焼いて貰うのは最高なのですが、マノワはフランス料理店なので、その一線を超えない様に、また、創作料理にならない様に、常に料理を考えております。

今年の鮎のお料理は、よりフランス料理を感じて頂く様に、鮎でブーダンを作り、鮎の中に閉じ込め実家の山梨県芦安から届く、山の山椒と合わせたソースで!

06C56C43-D21A-46A6-B22F-F3B537B84BFE.jpg

 あと、両親が作っている塩わらびと北海道上川町の蝦夷雪うさぎのリエーブルアラロワイヤル。

519E50D0-0E4E-4B2B-BF69-71B2822F2140.jpg

 この季節にこのこの料理が食べられるのはマノワだけかと思う!

 両親に毎週山に入って貰い、芦安の山の季節感とわらびの塩付けなどの日本の保存食の技術など、しかもわらびの塩抜きって何時間も流水にさらすのですが、その水の良し悪しで全く味わいが変わりますが、山梨県芦安の湧き水で両親が塩抜きしてます。

 たまには、そんなマノワらしいフランス料理の投稿でした。
#マノワ #マノワラボ #山梨県芦安 #あゆ #蝦夷雪うさぎ #ジビエ #塩わらび
posted by マノワ at 20:43| こだわり食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする