2020年05月30日

7日間ワインチャレンジ!2日目ドンペリ!

「7日間ワインチャレンジ」

これはワイン文化の普及に貢献するためのチャレンジで、好きなワインを1日1本、7日間投稿。

ワインについての説明は必要なく、ボトル画像だけをアップ。更にその都度1人の友達を招待し、このチャレンジへの参加をお願いするというルールです。

今回ずっと昔からお世話になっております、Shinji Nakajima先生からバトンを頂きましたので、チャレンジさせて頂きます。

2日目は、定番だけどやっぱり美味いドンペリ!

2008年Dom Perignon

1E277985-DA38-4ADB-A29C-18FE0BC0ADF9.jpg

正月に実家に帰る時に様々なワインも一緒に持って帰って、みんなで飲むんですが、1番喜ばれるのは、知名度が抜群のドンペリなんです(笑)多くの方々が知っている、ドンペリにはこだわりがあって、僕が働いて来たフランス料理店では、ワインリストのドンペリの価格は原価にしております。

僕はディズニーランドが好きですが、ミッキーマウスは何処にいてもミッキーマウスなんです。ドンキホーテで売っている、ドンペリがフランス料理店に行ったら、3倍の値段がついている。

まして、最近では、iPhoneのアプリが進化しており、エチケットの写真撮ると、そのワインの値段が、即時に出てきてしまうこのご時世!そんなんじゃ、お客様がフランスワインを飲みたい!って思う事も非常に少なくなると思います。

だからこそ、お店のソムリエが、何故?このワインをお客様に提供しているのか?何故?このワインリストの品揃えなのか?を胸を張って言えるレストランこそが、永くお客様に愛されるレストランになると信じております。

フランス料理店の魅力は、料理を選び、その料理に合わせて、ソムリエと話しをして、最高のひとときを過ごすって言うのが、僕が学んできたフランス料理店の魅力でした。

それこそが、フランスの文化だと、若き頃の、中村少年は感じておりました。

10代にフランスに行って、フランス人と共に過ごし、フランスの文化を知って、その文化にあこがれ、日本に帰って来て、フランス料理の業界に入り、今日まで走って来ました。

その辺のお話しは、2年前に僕が酔っ払って書いたこちらのブログをどーぞ!2年前の僕は尖っていたなあって思います(笑)

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/460868376.html?1590829321

っで、2008年のドンペリは右手の通常ボトル以外に、現在この3つのエチケットがあります。

先ず左手の「レガシーの継承」

ドン ペリニヨン醸造最高責任者のリシャール・ジェフロワからヴァンサン・シャプロンへ変わる事になり、その記念として発表された

『レガシー エディション』

リシャール・ジェフロワは1990年から28年間にわたりドン ペリニヨンの醸造最高責任者をつとめ、2009年までに15ものヴィンテージを発表しました。一応この3つのボトルの中身は全て一緒と言う事ですが、僕の周りの方々の中には、このレガシーエディションが1番美味いと言う方もいらっしゃいますが、真意は解りかねます。

そして真ん中のド派手な、、、

『レニークラヴィッツ』モデル

金属の板を打ち付けた様なゴージャスなエチケットになっており、いかにもドンペリらしいボトルになってます。

43BDAB5C-A2C4-4590-AD65-85713DEBBC7F.jpg


2347D114-E13F-4454-9E9D-23267955B169.jpg

27F60AEB-6945-4243-8426-036E212403D4.jpg

6DEFAF80-1426-4C7B-B276-2026CB23D33E.jpg

90DD870A-EFAC-469A-A2B4-8D8F3D72F96E.jpg

っあ!数年前にシャンパーニュのドンペリさんに会って来たブログはこちらからどーぞ!

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/461726245.html?1590820954


ちなみ20年位熟成したドンペリはこの上無く、最高の味わいだと僕は思いますが、フランス料理店で、ワインリスト見て、、、、、

【ドンペリ!】って頼むのは、今現在の僕でも恥ずかしい思いがあります。
ホストクラブや銀座の高級バーの定番は、やっぱりドンペリじゃあないでしょうか?僕自身もそんなに行った事がある訳ではありませんが、ナイト・マーケットで超人気になったことが、一般の人気につながっていると思います。

一般の人々は、「高級品=少量生産」と考えますが、ドンペリの場合は違います。ドンペリの生産本数は社外秘ですが、40万ケース前後(1ケースは12本)と噂されています。ロマネ・コンティが500ケース、シャトー・マルゴーが3万ケースであることを考えると、桁が違いますね?

ワイン界の帝王、ロバート・パーカーが常に90点以上をつける超高級高品質シャンパーニュを40万ケースも作れるには、非常に高度な醸造技術、生産管理、品質管理が必要です。

もちろんドンペリは、高級シャンパーニュで、中々飲む機会が少ないのですが、昨今のワインの高騰を考えると、同じクラスのプレミアムシャンパーニュの価格と比べると、とってもお値打ちなシャンパーニュなんじゃないかな?って思い2本目の紹介はドンペリにさせて頂きました。

終わり!
posted by マノワ at 15:44| ワインのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7日間ワインチャレンジ!1日目、メオカミュゼ パストゥーグラン!

「7日間ワインチャレンジ」


これはワイン文化の普及に貢献するためのチャレンジで、好きなワインを1日1本、7日間投稿。

ワインについての説明は必要なく、ボトル画像だけをアップ。更にその都度1人の友達を招待し、このチャレンジへの参加をお願いするというルールです。

今回ずっと昔からお世話になっております、Shinji Nakajima先生からバトンを頂きましたので、チャレンジさせて頂きます。

しかしながら、僕の職業柄お客様をご紹介して、ご迷惑になる事もあるとの僕の思いから、中島先生ともお話し、僕からはバトンは渡さず、7日間ワインをアップさせて頂きます。

中島先生には、西麻布時代から、近くにあった、ふくろうの絵がかかっていた、とんでも無いワインバー始め、たくさんのワインを飲ませて頂きました。

あの頃惜し気もなく、とんでも無いワインを飲ませて頂いた経験は、ソムリエとして、その後の経験の中でも、何物にも変え難く、僕がこの業界で、生きて行く事になった、1つの大きな岐路だった様に思います。

そして、今現在もたくさんワインをご馳走になっております(笑)

1本目は、僕がブルゴーニュワインにハマる事になったきっかけのワイン

1998年 Bourgogne Passetoutgrain Meo Camuzet

54B8A535-B15D-4AF0-BECB-31BD69A2C8B4.jpg

もう作っていない、メオカミュゼのパストゥーグラン

当時ワイナートのヴォーヌロマネ特集で出ていたメオカミュゼに憧れ、当日僕が買えた、メオカミュゼのワインは、このパストゥーグランだけでした(笑)
当時6本買って、最後の1本が今も自宅セラーに残っており、中々思い出深く、空けられず、パストゥーグランなのに22年経っちゃいました(笑)

そんなメオカミュゼと僕のお話しは、過去のブログからどーぞ!

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/445638902.html?1590773248

そして、メオカミュゼのドメーヌに行った話しはこちらからどーぞ!

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/445638928.html

今迄ワインをどれだけの本数飲んできたか?見当もつきませんが、ワインてとても不思議な飲み物だと思っております。

世界中に果てしない数のアルコールは存在しますが、僕の人生の中でワインを通して出会った大切な方々が果てしなくいらっしゃいます。

ワインて本当に素晴らしいな!って思う今日この頃です!

また、ワイン好きの方々には、自分にとっての出会いの1本があるように思います!

僕もメオカミュゼに出会って、だいぶ人生感が変わったように、、、、

この投稿をご覧いただいている方々にも、ワインを通してそんな出会いがあればいいなって思います!

終わり!
posted by マノワ at 12:10| ワインのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

最高のワイン、2015ChambolleMusigny1ercruLesSentiers(Robert Groffier)のワインで、大切な事をいろいろ思い出したの巻!

妻が誕生日だったのですが、今年はこんな時代なので、外食する事も出来ず、、、、、

いつもお世話になっております、友人の恵比寿くろいわさんにお願いしてお食事をテイクアウトし、、、、、、

好きなお花、ひまわりを買って、マノワのシャンパーニュと一緒に頂戴しました。

1AB1785F-5802-4DA4-9E0E-E6612C4EC668.jpg

CBD2032B-D7E5-47DC-BF7F-494C8EC7DB57.jpg

先ずお出汁を頂き、プロのレベルの高さを改めて感じさせて頂きました。

712F18C2-863C-4B30-B716-EEEC07B227C8.jpg

D9EB63C3-6923-42FF-85B0-A9EF445DA224.jpg

EC48847E-FBA9-4C2A-ACAC-711BD63A48EC.jpg

B1CE3685-97D0-45A9-81DF-5B118F4E3A59.jpg

1B3D546E-6C6B-4997-83AA-155604FDFAB0.jpg

流石のクオリティの高さと、ボリューム感で大満足でした。

くろいわさん自粛明けましたら、ゆっくりお伺いさせて頂きます。

8F3BE614-2099-4D02-A8A2-F2FA9D753D4E.jpg

ありがとうございました。

8521B11E-772B-4545-9B6E-E63B77E456D9.jpg

B7F6DC9C-0177-4F1F-9A72-37969BB16E93.jpg

EF043ACF-0F18-4DC0-BD01-1B985604CBDA.jpg

D11CE15F-9FEE-4437-B506-86CE38244765.jpg

C269158A-F16A-4B37-BCCB-68EF8DCA6B69.jpg

117CBE2C-A821-4220-8DF7-C8E75D2588A1.jpg

5E55E908-1516-43ED-B9C6-81BB0AA757A5.jpg

ちなみに、こんな感じで、恵比寿くろいわさんは、ご自身のお好みに合わせて、オーダーでテイクアウトを作って頂けます。ご興味ある方はこちらからどーぞ!

https://www.kuroiwa.org/

恵比寿くろいわのホームページ


そうそう、そー言えば、この時に開けた、シャンパーニュが実は、ブッショネだったんです(笑)

っで、このシャンパーニュ どうしよう?って思っていたんですが、次の日の僕の夕食当番で、カレーを作ったんですが、、、、、

86E9B2AE-1519-4708-A49B-00CCFAB4AADF.jpg

たまたま、スルメイカが非常に安かったので、そのイカ墨使って、スルメイカカレー作ったのですが、あの生臭さを抑える為に、水の代わりにこのシャンパーニュで贅沢に作ってみました。

酸味がシャンパーニュ らしさを感じ、なんだか贅沢な感じに仕上がりました。ブッショネワインて、火を入れてもあの香りが消えないので、いつも何に使うか?悩むんですが、このカレーはシャンパーニュ らしさもしっかりと残って、しかもカレールー使うと一瞬で出来るじゃないですか?日本のカレールーは凄いなあ?って改めて思いました。ちなみに、僕は最後に、たっぷりとクミンを入れるのが定番です(笑)

っで、たまにはワインの事を書きます。

先日、ディナーにご来店頂いた、素敵なお客様が、マノワのワインリストの中から、その日のお食事に合わせてご注文されたワイン!

2015ChambolleMusigny1ercruLesSentiers(Robert Groffier)

00035C97-78A6-4490-8BDF-F5B15E1B7004.jpg

この生産者のロベール グロフィエさんとは友達なんだよ!っと。

その瞬間にフランスにメールされ、日本から遠く離れた、フランス・ブルゴーニュにいるグロフィエさんから直ぐメールが届く!

【俺、ちょーど今Sentietrsの畑を耕してるんだよ!】

って写真入りのメールが返って来る!

東京のレストランでそのワインを飲んでいる友人と、同じ時間にその畑のワインを作っている友人!そして、それをサーヴする僕!

お互いが幸せな時間に包まれ、僕もその幸せを、たっぷりお裾分けして頂きました。

感受性が大切だと思うんですが、これこそが僕がフランス料理店にこだわり、フランスワインにこだわる理由なんだと改めて思いました。

そう、、グロフィエさんと友人なのはもちろん、そのグロフィエさんのワインを飲むお客様がレストランに来ている事、そして、当たり前ながらそのグロフィエさんのワインがレストランのワインリストにある事。

そして、何より、その最高のグロフィエさんのワインをマノワで飲みたいと思う環境がマノワにある事!


簡単な事の様で、実はとっても難しく、でも、それこそが、僕がフランス料理店でサービス?ギャルソン?をやっている事の誇りなのかも?知れません(笑)

最高のワイン、2015ChambolleMusigny1ercruLesSentiers(Robert Groffier)のワインで、大切な事をいろいろ思い出したの巻!

終わり!
posted by マノワ at 12:56| ワインのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

【数量限定】2012年 ボランジェ ラ グランダネと2015年マルサネ白ワインと2015年メルキュレィ赤ワイン スペシャルセット(計3本)のご案内!

去年の5月1日ってどんな感じだったか?覚えてますか?

そう、令和元年の初まりの日でした!誰もが新しい時代に期待を持って、5月1日を迎えましたよね?少なくとも僕はたくさんの期待を持って、令和元年5月1日を迎えました。中村です。

そして、令和2年、誰もが初めて経験する、4月の1ヶ月間が終わり、5月に入りましたが、新型コロナウイルスの影響で、多くの方々が自宅待機の状態を余儀無くされ、ご自宅でお食事する機会が多くなっていると思います。

そこで、マノワで出来る事をいろいろ考え、業者様にもご協力頂き、少しでもご家庭で大切な時間をお過ごし頂きたいと願い、今日は、【期間数量限定!】で、最高のシャンパーニュと白ワイン、赤ワインを(計3本)特別価格でご案内させて頂きます。

https://www.manoir-wine.com/

 ご注文はこちらからお願い申し上げます!

【数量限定】2012年 ボランジェ ラ グランダネと2015年マルサネ白ワインと2015年メルキュレィ赤ワイン スペシャルセット(計3本)

A802AA5D-64BE-4FBC-A923-7DF2F0AA71B9.jpg

また平穏な日常が戻る事を切に望んでおります。

以下シャンパーニュとワインの説明です。

2012年 ボランジェ グランダネ
◆Champagne Bollinger Grande Anne Millesime 2012
◆白ワイン/スパークリングワイン/辛口
◆フランス/AOCシャンパーニュ
◆ヴィンテージ:[2012]年
◆内容量:750ml

C61F7917-65E6-42BC-B8FF-6931935BA2B7.jpg

最高のヴィンテージのみに造られるグラン・ダネ!
ワインアドヴォケイトのヴィンテージチャートで96点のグレートヴィンテージ2012年が遂に入荷致しました!
ル・クラスマン誌三ツ星!R.パーカー満点五ツ星生産者で大注目となり、特級と1級のキュヴェのみ使用。

厳選したピノ・ノワール71%とシャルドネ29%。豊かさを強める樽発酵とMLFと長期熟成でシャンパン通を唸らせる味わい!

繊細な金色の麦わら色。生のアーモンド、その後にピーチやマンゴーを思わせる黄色い果肉の果実の香り。トースト香、ロースト香と共にドライフルーツにした、レモンやピンクグレープのノートが感じられる。心地よく、香り豊な味わいで、ハチミツの風味と、なめらかでミネラル感のあるテクスチャー。キャンディフルーツにしたレモンの香りと心地よい苦み、驚異的にフレッシュな後口が楽しめる傑作!

映画「007」にジェームス・ボンドが愛するシャンパーニュ!過去でも指折りの2012年!こんな時代に、贅沢な気分を味わいたい!そんな時に是非お飲み頂きたい最高のシャンパーニュ だと思います。


2015年 マルサネ キュベ サン チュルバン (ジャン フルニエ)白ワイン
2015 Marsannay Cuvée Saint Urbain
【品種】シャルドネ100%
【産地】ブルゴーニュ
【生産者】Jean Fournier

B0824025-6777-49FD-BE8B-947DC6F2974A.jpg

2015年のブルゴーニュワインはグレートヴィンテージと呼ばれる要素でもある、凝縮感と並外れた長い余韻が感じられます。
ほとんどが赤ワインになるマルサネで、ごく少量シャルドネから作られる、貴重な白ワインです。
レモンや柑橘の香りや、フェンネルのニュアンス、洋梨の蜜っぽさ、綺麗に残る酸、、、、、、
どなたがお飲み頂いても、美味いと思える、ブルゴーニュを代表する、貴重な素晴らしい白ワインだと思います。

~Domaine Jean Fournier~
マルサネの中でも、 最も古いドメーヌの一つであり、その歴史はルイ13世時代の17世紀まで遡る事が出来ます。父の代からのビオロジック栽培を進化させ、ビオディナミによるワイン造りに移行し、自然への尊敬の念と共存している、素晴らしい次世代を担う若きヴィニュロンです。


2015年メルキュレィ (ドメーヌ シャルトン) 赤ワイン
2015Mercurey rouge Vieilles Vignes
【品種】ピノ・ノワール 100%
【醸造】手摘みで収穫後、入念に選果。100%除梗し破砕。ルモンタージュとピジェアージュを行いながら、計19日間のキュヴェゾン。
【熟成】木樽で10ヶ月間熟成。
【生産者】Domaine Charton

7F89EF72-4FF2-4814-A49B-3F29D755AD2B.jpg

ぶどう栽培地としてのメルキュレは、古代ローマ軍が彼らの商売の神であるマーキュリーの神殿をこの地に建立したことから始まります。

コート・ド・ボーヌのワインとよく対比されますが、メルキュレはそれらとは異なる個性的な魅力があります。
さくらんぼ系の、心地よいアロマが広がりつつ、力強い味わいであり、しっかりとした骨格を感じさせながら、深く、土を感じる果実味が特徴的な、、、、
魅惑的な明るい女の子をイメージさせる、ブルゴーニュの赤ワインです。
2015年ブルゴーニュは非常に恵まれたグレートヴィンテージで、余韻の長さや完熟感、程よい樽のニュアンス、、、、

これからの明るい未来の可能性を感じる、コストパフォーマンスに優れた、ブルゴーニュの若手を代表する、日本でもマノワしか輸入していない、素晴らしい1本だと思います。

〜Domaine Charton〜
1941年から続く家族経営ドメーヌ。ブドウ畑における土中生物の活性を可能な限り高いレベルで維持。除草剤などは一切使用しない栽培を行っています。収穫は手摘みで行い、実が潰れないよう小さなカゴを用いて健全で熟した果実のみを選果しています。


最近一気に季節が変わり、マノワに届く食材も変わってきました。

実家の両親には、ほぼ毎日、実家の山に入って貰ってるのですが、、、、、、

3F1DBB7F-0898-4984-9548-1370D8E2532C.jpg

山の中の清流に自生するクレソンや、、、、、


7B0555E2-73D3-4165-B530-BDDDC31F8009.jpg

山の中の天然のセリや、、、、、、

9B8EA0D0-0CC4-4E24-B47B-6660541B9FE5.jpg

山の中の山椒の新芽や、、、、、、、、、

40E0265A-C60F-4EDA-A392-EEC5A5908B5A.jpg

あけびの花、、、、、、、

47F7BF24-798B-4D26-8433-FADC1C3A3B6E.jpg

椿の花、、、、、、

C6224202-AE07-4221-BB9D-A2D809FE96A9.jpg

実家で作っている、ミントや、、、、、、

1F23CE12-8829-470B-BD81-7A2F592F883F.jpg

三ツ葉、、、、、


どんな時代でも自然は変わって行くもんで、僕らも変わって行かないとなあ?って最近よく思いますし、僕が大切にして来た、変わっちゃ行けない事は、これからも、もっともっと大切にして、温かく育てて、生きて行こうと強く思っております。


そうそう、季節と食材がだいぶ変わりましたので、今日からメニューが、しれーっと初夏っぽく変わりました!お肉料理とデザートは来週から初夏メニューに変更致します。


また、皆々様にお会い出来る事を切に願っております!

終わり!
posted by マノワ at 13:48| ワインのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

【期間数量限定】フランス・ローヌ・ボルドー赤ワイン計3本セット!

こんな時代だからこそ、出来る事はなんだろう?って考えていたら、僕が幼少期過ごした山梨県から取材依頼があり、もちろん自宅にてリモートで、受けさせて頂いたのですが、その中に幼少期の写真の提出があり、、、

実家から取り寄せた僕の1歳位の写真をウケ狙いでのせます(どーぞ笑ってください!)僕にもこんな時代があったんです(笑)中村です。

24174A71-6AD6-43DE-A1B7-9C5132D1EA44.jpg

E265CC1A-E32E-41D1-97E8-2C4B791838E2.jpg

36F42BA8-4970-47D5-BCF6-34327482967C.jpg

288985E8-59D1-4322-BB4F-3098DA23520B.jpg

40828A24-50A5-4DF8-9761-959283F05868.jpg

7F4218EC-3708-437D-BF6D-B826AF587B1D.jpg

31CDB715-5A2E-41DF-A472-552C7C68ACEE.jpg

 良く似てると言われる、うちの最近のガキンチョの写真も(お客様から貰った、千○屋のメロンを初めて食べる息子)、、、、

っで、本題はこちらなんですが、、、

先日のアルザス・ロワール・ローヌの白ワイン3本セットが好評を頂き、既に多くの方々にご購入頂いております。

いつも皆さまありがとうございます。

今日は、フランス・ローヌ・ボルドー赤ワイン計3本セットをご案内致します。

ワイン業者様のディスエクスポールジャポン様、フィラディス様にご協力頂き、かなりお得なワインセットになっております。ゴールデンウィークも外出出来ない方々にが多くいらっしゃると思いますが、ご家庭でも素晴らしいワインをリーズナブルにお飲み頂きたいと考え、赤ワイン3本セットを今日はご紹介させて頂きます。

ご注文はこちらからお願い致します。

https://www.manoir-wine.com/


以下ワインの説明です。


【期間数量限定】フランス・ローヌ・ボルドー赤ワイン計3本セット!

B3753B39-A6E2-4ED3-A52A-5FD0592CF3D9.jpg

マノワでは、シャンパーニュとブルゴーニュワインのみ、自社でオリジナルを製作し、輸入しておりますが、昨今のコロナの影響で、レストランで飲めるワインの需要が少なくなっており、お世話になっておりますワイン業者様のご好意で今回スペシャル価格にてご用意させて頂きます。是非、この機会に是非お楽しみくださいませ!

セット内容は以下の3本です。

96D3722B-CFA2-42C7-8D15-7D4CAAAB4E86.jpg

2017Châteauneuf du Pape Rouge (Domaine Juliette Avril )
2017年シャトーヌフ デュ パープ (ドメーヌ ジュリエット アヴリル)
グルナッシュ・ノワール65% シラー25% ムールヴェードル10%

このシャトーヌフデュパプは、南北のテロワールのブレンドによりバランスの良さが生まれると僕は思います。
南部の10haのLes Galim ardes(レ・ガリマ ルド)、北西部Coteaux de l’A nge(コトー・ド・ランジュ)、Farguerol(ファルグロル)、Pied de Baud (ピエ・ド・ボー)の4つの区画から収穫するブドウを使用します。 当然ながら手摘みで収穫し選別します。

一部除梗し、ステンレスタンクで2週間の醸造後、20%は大樽(フードル)、80%はコン クリートタンクで熟成します。約1 年間の熟成を経て軽くフィルターにかけ瓶詰めします。

プラムやブラックチェ リーの甘く華やかな香り、フレッシュ感豊かで、スパイスやタイムのアロマがはっきりと感じられ、フレッシュな赤いベリーの華やかな、風味豊かで心地よいタンニン分、みずみずしい酸。

5月上旬の霜害で50%の収穫量を失った2017年。それ 以降の経過は例年通りで暑さに見舞われ、総じて良いヴィンテージに仕上がりました。

僕はシャトーヌフデュパプは、日本人のどなたが飲んでも美味しいと感じられる素晴らしいワインだと思うんですが、昨今のフランスワインの高騰により、中々飲めなくなっている現在、こんな時代だからこそ多くの方々に飲んで貰いたい!そんな素晴らしいワインだと思います。

〜Domaine Juliette Avril〜
輸入元は株式会社 ディス・エクスポール ジャポン

D993CC89-830B-4F77-A709-FF0F0325A38A.jpg

2018Crozes Hermitage Equinoxe (Domaine des Lises)
2018年 クローズ エルミタージュ エキノックス (ドメーヌ デ リゼ)
■品種:シラー100%
■熟成:大樽(4000L) 8ヵ月

コンセプトは、シラーのあふれんばかりのフルーティーさを!
ジューシーに楽しめるローヌも赤ワイン! 軽やかなタンニンと心地良い酸が活きいきと感じられる「新鮮さ」を楽しんでください!

エルミタージュやコート・ロティといった、素晴らしい産地が連なる北ローヌで、比較的平坦で、より温暖な気候という独自のテロワールを持つクローズ・エルミタージュ。

その味わいには熟成をする必要がある固さが無く、リゼやアラン・グライヨ(同経営)が飲み手に優しい優良ワインを産出しており、シラー好きの方々に是非お飲み頂きたい、ローヌを代表するシラーの赤ワインです。

〜Domaine des Lises〜
輸入元は株式会社 フィラディス

70472CD0-8C38-45FA-BCC8-C258284EEB72.jpg

2015 Ch.Charmail (Haut-Medoc)
2015年 シャトー・シャルマイユ (オーメドック)
Me48%,CS30%,CF20%,PV2%

オーメドックのなかでは、革新的な果実味の強さと豊かさがあります。
インクのような強烈さと純粋さと果実味の豊かさのバランスが非常に素晴らしいボルドーの赤ワインです。

精妙でセクシーなワインは、甘い果実感、まろやかにこなれたタンニン、魅力的で芳醇な長い余韻を与えてくれる。一般的に10年間は非常に美味しいと思います。

【R.パーカーが勧める世界のベスト・バリューワイン】

〜Ch.Charmail (Haut-Medoc)〜
輸入元は株式会社 フィラディス

ゴールデンウィークもご自宅にいらっしゃる方々も多いと思います。少しでも素晴らしいフランスワインが、ご家庭のお食事と共に寄り添う事を心から願っております。

 マノワのワイン事業はそもそもご家庭でも、最高のフランスワインをリーズナブルにお楽しみ頂きたいと言う僕の想いから始めました。そんなワインを飲むのはいつですか?

 今でしょ!(古いか?)


 早く平穏な日々が戻って来る事を切に願っております。

終わり!

追伸:またジビエセットが売り切れてしまいましたが、日曜日には復活する予定です。

重ねてよろしくお願い申し上げます。

posted by マノワ at 11:29| ワインのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする