2017年05月19日

酒税法等の一部改正に関するお問い合わせについて!

中村です。自分でワインを輸入している事もあり、各方面からご質問頂いておりますので酒税法等の一部改正に関する事ですが、、、、

【2017年6月から法改正により、酒類が値上げになるって酒販店から聞いたけど本当?】

結論から申しますと、今年6月の法改正に起因する価格改定はございません。
(ただ、通常のインポーターの出荷価格改定による一部商品の値上げ・値下げは可能性あり)

2017年6月1日に施行となる酒税法の改正のポイントは要約しますと、、、、、
@【原価割れ販売】に対して罰則規定が付いた点
A小売店における種類販売管理者研修の更新受講義務化
の2点です。国の大きな財源である、酒税にまつわる市場が健全に育成される事を目的としており、大手ディスカウントストアやスーパーなどが、客寄せの為に目玉商品として、赤字で酒類を販売する事などを規制する為の法改正です。

今回の施行では、ワインにかかる酒税自体に変更はありません。

その一方、税自体の改正については、酒税の改革大綱が発表されております。

第3のビールや発泡酒、ビールなどビール類の酒税を一律とする事や、チューハイ、日本酒、ワインの酒税を一律とする事が発表されております。

施行されますと、日本酒の酒税は下がり、ワインの酒税は上がります。
(段階値上げとなり、最終的には750mlあたり、20円前後の値上げ予定です。って事は、500円のワインでは、かなりの値上げ感はありますが、高級ワインでは、さほどの値上げでは無いはずです。)

施行は2020年・2023年・2026年と段階的に行われる事となっております。
(ただし、市場状況によって適切な処置を講じるとしております。)

まとめますと、おそらく、この税制改正大綱の情報が今回の6月1日施行の内容と混ざってしまい、誤まった情報発信になっていると思われます。(もしくは、情報発信者である酒販店独自の判断で値上げするのかも?しれません。)

今日新聞にも出てましたが、どーやら、東京では既に酒販店からしっかりと情報が流れているようですが、関西や田舎の方はまだ情報が錯綜しているそうです!

ご参考まで!
posted by マノワ at 13:55| ワインのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

ワイン事業に向けて!スタッフを募集致します。

917D36DC-C16D-417E-A891-4EF970DD0236.jpg

ブルゴーニュのワインや、シャンパーニュを毎日飲みたい方は、多くいらっしゃると思います。ただ、巷のワインショップの事を言うつもりはありませんが、最低価格のフランスワインが、高価過ぎて、第三国のワインをお飲みになられている方も、少なく無いと思います。中村です。

決して、第三国のワインが、どーの言うつもりはありませんが、、、、、

もし、同じ位の価格、ないし、より安価で、美味しい、ブルゴーニュワインや、シャンパーニュがあったとしたら、フランスワインを購入される方は、少なく無いはずです。

僕の知り合いの女性で、結婚する条件の1つに、毎日シャンパーニュを飲めると言うのを、条件に結婚した方もいらっしゃいますが、中々、毎日、飲みたくてもシャンパーニュを飲める方は、少ないと思います。

いつから、フランスワインは、そんな立ち位置になったのでしょうか?ブログを読まれている、僕より年上の方々は、口を揃えっておっしゃると思いますが、、、、

【昔は、ボルドーの5大シャトーも、1万円以下だったし、DRCだって、全然売れて無くて、毎年ケースで買ってたよ!】

今の価格を考えると、嘘だろ?って思いますが、前のブログにも書きましたが、ガキンチョの頃から、僕は、多くのお客様に、そんな、素晴らしい、フランスワインを、惜しげも無く飲ませて頂いておりました。

今現在の、日本における、フランスワインの現状!

疑問が多いと思います。

フランスに旅行行かれた方は、お分かりにになられると思いますが、フランスでは、あんなに安いシャンパーニュ、ブルゴーニュワインがあるのに、何故?、日本には存在しないのか?

また、たくさんの方にもよく聞かれますが、安いワインは、美味しくないのか?

ここで、書くつもりはありませんが、答えは明白です。

ただ、、、、、


日本における、皆さんがワインショップで購入される1000円のワインと1万円のワインは、ガクトで無くても、はっきり分かると思いますが、1万円のワインと5万円のワインは、正直見分けるのは、僕でも難しいと思います(笑)

その違いは、歴史とブランド力だと思います。

正直、フランスに行くと、、、、、、

安くて美味いワインは幾らでも存在します。

そんなワインを探す為に、マノワでは、既に、2年前にワインの輸入並びに、販売免許を取得し、、、、、、

去年、時間があまりに無くても、フランス5日間の滞在で、ブルゴーニュ、シャンパーニュを無理矢理、巡り、、、、

同じ思いを持つ、たくさんのフランスの、ワイン生産者に協力して頂き、、、、、、

マノワにご来店のお客様には、去年から、お飲み頂いておりますが、、、、、、

既に、マノワのオリジナルのシャンパーニュ、ブルゴーニュワインを、輸入しております。

アメリカのトランプ政権誕生前に入れたシャンパーニュは、当時、1ユーロ115円で、、、

その後、あまりの急激な円安で、驚いた1回目のブルゴーニュのワイン輸入時は、1ユーロ123円、、、、

そして、先月末の2回目のブルゴーニュワイン輸入時は、1ユーロ122円、、、、

そして、今日は、シリアへの、ミサイル発射、そして、突然のトランプ発言により1ユーロ116円、、、、、

トランプの行動と、為替によって、物凄く影響されますが(笑)既に、マノワには、数千本のフランスワインをストックしております。

そんな中、先日もブルゴーニュから約1800本のワインが届きました。

FDE18621-9303-40E2-80A9-C95830197366.jpg


A8908CF8-A6F6-483A-9B3A-0FD14F2236DB.jpg

東京でも、たくさんのワインをお持ちの方も多くいらっしゃると思いますが、1番の問題は、ストックして置く場所です。

マノワでは、東京に一部屋、ワインの保管部屋を借りてますが、当然それだけでは収まらず、田舎にワインセラーを作りました。

よって、山梨県でハンティングで、鹿を撃つついでに、ワインを東京に運んで来る事も出来る様になりました(笑)

そこで、たくさんの方から、ご用命がありました、、、、、

このワインを、一般の方も購入出来る様にしたいと考えております。

あえて、ここでは書きませんが、素晴らしいクオリティのオリジナルワインを、皆さんがびっくりする価格で、お譲りしようと考えております。

ただ、あくまで、家で家族で飲む為のワインです。

家族でフランスワイン囲んで、一緒に食事したのは、いつでしょうか?

フランスワインは、決して、レストランだけでしか、飲めないワインでないはずです。

いつしか、フランスワインは、エル◯スや、ヴィ◯トンや、ブル◯リの様に、ブランド高級ワインに位置づけされてしまいましたが(日本人がブランド好きなので、しょうがないのかも?知れませんが)


少なく共、僕の知っている、フランスワインの生産者は、日本の一般の方にも、自分のワインを飲んで貰いたいと思っているはずです。

日本の方々も、そんなクオリティの高いワインを、リーズナブルに飲みたいはずです!

東京で、20年弱ワインに携わる仕事をして参りまして、、、、、

誰かが、いつか、この状況を変えるだろう?って期待してきましたが、誰もが、しがらみに取り付かれ、変えられなかったので、もう、僕がやろうと思います。
と言う事で、マノワで働くスタッフを、募集致します。

ご興味おありの方、マノワでは、年齢、性別、経験等は問いません。

同じ方向を見れるスタッフを新たに、募集致します。

●社会保険完備
●交通費全額支給
●夏期、冬期休暇6~10日間
●ハンティングの季節は、オーナーが勝手に休む為、スタッフは臨時休業となります
●研修期間 有

まずはお電話にてお問い合わせ下さい。お待ちしております!

03−3446−8288(担当:中村)
posted by マノワ at 11:57| ワインのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする