2018年09月11日

ブルゴーニュ畑とシャロレ牛の呪い


こんにちは!早坂です!
夏季休暇、ありがとうございました!

先週末より営業開始しました〜♪

狩猟の季節ももうすぐ、、!!
クリスマスももうすぐ、、!!

今年も、忙しくなりそうです(^O^)!!


っで、宿題のフランス日記がまだ途中なので、
もう少し続きます、、!!


よろしくお願いしますm(_ _)m



時を少し遡りまして、、



シャンパーニュへ行く前日。

ぐる〜〜っとCote de Beaune の村をドライブしてきました😆✨✨


F58D7319-0C91-4407-9265-EE87054D599D.jpg


5年前、学生の頃にも来たことがありました。

民宿のマダムと車でぐるりと畑を回って、

どんな畑なのかも知らず、

写真をたくさん撮ったのを覚えています📷

今回は、その頃に見た景色とは、
えらく変わって見えました、、!



通訳のKさんに、丁寧に細かいところまで、案内していただき、

地図で知っている想像上の畑と、

実際の大きさにはギャップがあり、

意外と小さい!と驚いたり、、

隣なのに、日の当たり方や風の当たり方が微妙に違い、それだけで名前が違ったり。


なぜそこが分かれるのか、、

それを決めたのは大昔ですが

そう分かれるのにはきちんと理由があり、

そこには歴史があり、

人々の歩みがあり、、


不思議だけど、納得するしかありません!

87634B04-7A97-49B1-A040-31BBF1B97A5C.jpg



5BBFB812-CD7A-4C25-93C5-213FD6D4ED7A.jpg




50952C66-A3B2-4AE2-BA48-807C983B3EC9.jpg



AD679FBA-00D1-4103-BA0E-F6A3DD9E406D.jpg



F21E639E-587E-4DEB-B0A1-2651F4C91282.jpg




E56C91A0-0DD9-4C82-A77C-3A3EEB3E0642.jpg



AEBF5B8F-E335-4AAE-A034-461F415189A2.jpg

↑こういう垣根で囲まれた畑があり、、

垣根=クロ といいますが、

昔は、その畑に落ちている、大きめの石を重ねて、壁を作ったそうです。

A441EFA6-DEA6-4985-9F22-ED79C4B44B37.jpg

↑この写真のクロはまさに、そんな感じです!


C9FB5625-80F7-4459-B52B-7319C7A67287.jpg

375BA37C-4E8A-4690-85A2-320FE1EE99C6.jpg

↑もちろん、ここにも行きました!


96023917-A0A7-4F5F-A050-CECC2D4D9F8C.jpg

C125B60C-1E7D-4C2D-9083-6688AEFCA141.jpg


、、という感じで。

実際に見て、

ワインへの思いも、より深いものになりました。

とても、貴重な経験をありがとうございます!!


そして、そして、、


もう1人、生産者に会って来ました!

かわいいジュブレイの村に、そのドメーヌはあります。

68ACB77D-773F-412B-AA4B-094DEAC0F751.jpg



EFCEB647-9014-4BA5-9714-210C3288EBCC.jpg

マルシャン・フレール!

127F6874-F44E-43C1-B672-0F83E12CF135.jpg


彼は、可愛い、イタリアのニワトリと、猫と、犬を飼っていて、

ちょっと怖そうな見た目、、と思いきや、とってもチャーミングな笑顔を見せてくれました😄❤️


D67BE058-679F-4DE0-B92B-A35E9735287D.jpg

愛されています💓


C5F8264D-CCE4-4311-8C93-01ABE83C5CB9.jpg

本当に甘えん坊のわんちゃん💕

全然、門番にならないんだよ〜

と言っていました(笑)


その後、テイスティングさせていただいたのですが、、、


これが、、衝撃的に美味しかったんです!!😂💓


1EFB1EDB-1EEF-48D9-8299-D3917CA500A6.jpg

2016年は、日本にいた時は、

霜の被害で収量がとれず、あまり期待出来ない、

と、耳にすることも多かったです。


しかしながら、フランスで直接いろんな生産者の話を聞くと、、

収量は少ないが、その分、果実が凝縮して、非常にいい出来であると、

口を揃えて言っておりました。


たしかに、今回テイスティングした2016年のワインはどれも、果実味豊かで、凝縮感があり、非常に美味しかったです!

特にこのマルシャンのワインは、個人的な意見ですが、とても、美味しかったです。

残念ながら、日本にそんなにたくさんは入っていないのですが、、

また、素敵な生産者に出会えて、幸せです。

31EE459A-8F12-42F9-A84F-B3D64EA15EEB.jpg


ありがとうございました(^O^)!



そして、
この日の夜のことですが、、

せっかくなので、近所のビストロでブルゴーニュらしいものを食べてきました!

14836282-2D7F-4BA4-B2CF-59DCD032826F.jpg

エスカルゴ!

BB8C8D5B-C31D-4294-8329-2F217303801C.jpg

アンデュイエット!

DCA1B9D5-5184-4B37-AC2A-E1AC0BA74707.jpg

ステークタルタル!

A61B1453-3A65-413A-9653-8C56EC5C98B9.jpg

ロニョン!

AE62680E-0A33-42E5-B6FD-95ADBD7C89A1.jpg

そして、シャロレ牛!

エポワスソース!


大満足!!です!!❤️❤️


しかし、シャロレ牛の、焼き加減をブルーで頼んだせいなのか、、


この日の夜はお腹が痛くて、ほとんど眠れませんでした。。😂😂😂笑

皆さま、フランスへ行った際は、信頼の置けるシェフのお店以外は、焼き加減に気を付けてくださいm(._.)m笑









posted by マノワ at 20:05| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

KRUG訪問!


ついに!
やってきました、KRUG!!

8A7565BB-4216-410A-8477-0313E0173CF5.jpg

私が初めてKRUGを飲んだのは、

5年前。。

お客様にお祝いでいただいた、一杯でした。


飲んだ瞬間の、衝撃!!
こんなに美味しいシャンパーニュがあるのかと驚いたのを覚えています。



きっと誰もが好きに決まっているでしょう、KRUGに今回、特別訪問することになりました!


通された部屋は、
とってもオシャレなリビング。

4C2B14D1-8678-449D-A066-A4186D538BA7.jpg


E283C200-6BAB-4458-9E4A-1F0EC105F2B5.jpg



D65C78FE-DAB4-49C9-8DEA-078C1BD3243B.jpg


創業者の元々住んでいた家を改築したそうです。

F1455AF9-225E-496D-A374-A95BFAFE94B6.jpg


0DF54D35-5F81-4AA0-B1EE-A845E5255345.jpg


ウェルカムシャンパーニュで、グランキュベを

イケメンのドアマンが注いでくれました。


マダムから
KRUGの歴史について、
たっぷりとお話を聞き、、

BEA352E2-BB3E-4CD2-A47D-2B8A864595B0.jpg


05D445D3-E31D-489E-ACB8-93CBC51F5355.jpg


KRUGストールをみんなで巻いて、、



9E507EE7-AE66-4091-8E03-60FDCF6E725B.jpg

↑中村さん、Columbia のダウンにストールは要らないと思いますが、、笑

C6A93CC4-409A-4143-AD74-43D092C5B974.jpg

地下へ、、、

すると、そこには、驚くべき光景が、、!


9E98BB82-7A3C-4DA3-8B1D-7B1C5F988D12.jpg


 4238AC70-8CC8-4826-99CA-4E485B32B52F.jpg


3C5456F8-88CF-4DB1-953F-2043C2D564CD.jpg



熟成中のKRUG。。


どこまで続くのーー?!

ってくらい道の先が見えませんでした。

B0B7C29D-CAA0-4FA7-99A0-F51EE19D0361.jpg

67C44C44-7D96-4766-BCF5-BB90D7064D46.jpg


さらに奥に進むと、、


ひとつの牢が。

982F9D80-DD16-4BE1-A26E-6C9AB45A4795.jpg

よーーく、目を凝らしてみると、

ヴィンテージがついているのがお分かりでしょうか?

FCED2707-891E-494E-B743-C9E098D5BA9B.jpg

4DC7FD1F-ACFB-49F8-96DB-F3EB779B9352.jpg

信じられない年代ばかり。。

ボトルによって、置き方が違うと思いますが、そのヴィンテージの状態に合わせて変えているそうです!

見たことないのも、当たり前!
簡単に出回っているものではありません。


さらに進むと、

4345B0DC-7D40-43A6-A6B9-B3339A945319.jpg

ルミュアージュ=動瓶

をしている最中のものが。

シャンパーニュは、瓶内2次発酵した後、
滓とともに熟成させ、
この滓下げ台に瓶口を下にして並べ、
滓を瓶口に集める作業をします。


5〜6週間かけて、毎日少しずつ回すのですが、
KRUGでは、Mさんという担当がいて、相当な速さで全てを回すと言っておりました。

Mさんには、お休みがないのですか?

と聞くと、Mさんの休みの日は、シャンパンたちは帰りをおとなしく待っていると言っていました(笑)

本当ですかね?笑




さらに進むと、、



55525325-764B-4DE8-95FB-DD733EA98E22.jpg


タンクの部屋が!!

B863F993-485C-43EE-8E12-3A5F20C93F6D.jpg


400本くらいあるそうです。

相変わらず、すごい規模ですね、、😂😂


ちなみに、タンクの中はヴァンドレゼルヴという、白ワイン。

この様々な種類の白ワインをアッサンブラージュして、KRUGの味に仕立てるのです。


これだけストックを持っているだけでも、本当にすごい資金力。。



綺麗な庭を横目に、

A0F595D1-934A-4E2E-A3B3-DF960DB74BBD.jpg


オシャレな会議室を通り、

8002763F-15A3-42F7-A424-2DBDD1BB8541.jpg


ついに、テイスティングルームへ


B6DD1FE9-E4B2-47BA-A8ED-906CF3EB0249.jpg


壁一面には、ワインの様々な香りをイメージした光の瓶が並べられていました!

DC2D4669-DE8C-4157-BA88-8F0BB931E652.jpg

すげー!!

A20C24E7-61E3-4D05-8745-01B6646D96B7.jpg




2DC9D52E-68BA-47C9-AE69-2E8DE4A11165.jpg

テイスティングセットです。


871B74DA-FF3C-457C-B4F6-47B45D119466.jpg


2004年ヴィンテージと、グランキュベ。

実は2016年のグランキュベから、エチケットが少し変わったのをご存知ですか?


GRANDE CUVÉE の文字の下に

160EME EDIDIONと書いてあります。

2017年は161になるそうで、数字が増えるようになるそうです。

また、裏にIDが付いており、
KRUG のホームページにそのIDを入力することで、細かい情報を知ることが出来るそうです。


E79932A6-1E28-4477-9399-C3EB5C895504.jpg


77730854-5DF4-4B9C-8A38-30A7FC12E491.jpg

テイスティングは、

香りを十分に楽しみ、

そのワインのイメージに合うような
音楽と一緒に飲んだり、、


初めてするオシャレなテイスティングでした。



2004年のヴィンテージシャンパーニュには、

トゥーランドットの曲を合わせて聴いたのですが、

私の頭の中には荒川静香さんがイナバウアーをしている画がひたすら流れていました(笑)



でも、音楽に合わせてシャンパーニュを飲むっていうのは、気分も良くなり、より美味しく感じられました!!


26D1129D-3F43-486B-8C4C-45723CFD8F98.jpg

美人な案内係のマダムは、妊娠5ヶ月にもかかわらず、ピンヒール5センチで案内してくれました。

KRUG魂、凄まじい!と思いました。

マダム、ありがとうございます。



今回、比較的小さく家族経営のメゾンと、大きなメゾン、両方を見学できました。

どちらもそれぞれに歴史があり、ポリシーがあり、情熱を持って、一生懸命にシャンパーニュを造っている姿を見ました。

どちらも美味しいに決まっています!

シャンパーニュは、フランスでも、お祝いに飲むものだと言っておりました。

日本でも、ハレの日はシャンパーニュ!

そんな風に、気軽に飲めるようになればいいな、とも思います。


最後に、ちゃっかり、イケメンのドアマンとも写真を撮り。。笑

CFC00617-B715-40AF-83B2-713939B96F66.jpg



大満足、KRUGの訪問でした!!




中村さんのバッグはまだ届かず、Columbia のダウンは、シャンパーニュのアウトレットでゲットしました(笑)
posted by マノワ at 01:50| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

シャンパーニュの南へ!


こんばんは♪
早坂です!
本日東京に戻ってきました\( ˆoˆ )/


ブルゴーニュ、シャンパーニュ、
いろいろな事件がありまして、、

滞在中にブログが追いつきませんでした💦
すみません。
とりあえず、順番に書きます(^ ^)


シャンパーニュの南、
マノワのオリジナルシャンパーニュを作っていただいているメゾンに行って参りました。


収穫の時期は1年のうち、数日。

今年は丁度、その真っ最中に訪問ということになりました。

普通だったら、受け入れてくれるはずもない時期に、聞き入れてくださったメゾンの皆様、本当にありがとうございます。


着くやいなや、摘み取りでみなさんドタバタしておりました。。

しかしながら、かなりがっつり見学、体験させていただきました!!


まず連れて行っていただいた部屋には、、

ぶどうの甘く爽やかな香りが広がっていました✨✨

こちら、何か分かりますか?




357C39F0-E5A8-47D0-A3FB-99C31D21A753.jpg


圧搾する機械です。

しかも、手動式!

写真で見た方はいるかもしれませんが、

実際に使っているのを間近で見る機会はほぼないと思います!!

ぶどうを潰して果汁を、上から圧をかけて絞っているところです!

8193135E-8F59-4403-8C6B-727FF0710C35.jpg

開けると、ぺっしゃんこのぶどう!

これを真ん中に手作業で集めて、、


7D144C6F-AE14-43D7-8598-188C8D5B1B54.jpg

また潰して、
を繰り返すこと3回。

かなりの力仕事です。

日本人がやると、.

D0C00319-F0E0-4E32-A17D-76FCBD886AA2.jpg

こんなへっぴり腰になります(笑)

これで潰せば、ぶどうもペッチャンコになってしまっていると、思いきや、

絞りかすのぶどうを見ると、意外とまだ食べられるくらい優しく絞ってあります。


この力加減で、摘み取りの際、まだすっぱい若い粒を摘み取ってしまっても、

98BDEAE9-495D-4E8A-A7E4-947688CDA663.jpg

潰れずに、残ります。


きちんと完熟したぶどうのみの果汁が絞られるというわけです。

1〜2回目に絞った果汁は、シャンパーニュのフィネスを作り出し、
3回目は深みを作り出すそうで、
絞り汁は分けられて、後ほどバランスを考えてブレンドされます。

7AA196F8-FEB7-4CCC-9CF9-FD54DE571CF2.jpg

搾りたての果汁をいただきました!

こんなに甘いんだってくらい、超甘く、ほどよい酸味と爽やかさがありました😆💓

贅沢な果汁です!✨

続いて、、

発酵中のタンクへ


E8633B82-DB53-4472-BE33-99D9E385F772.jpg

タンクごとに、
入れてある果汁の割合が違います。


この部屋は、発酵中の芳醇な香りが充満していました。
香りだけで酔っ払いそうです。。笑

DB75674E-D3BF-4416-A6A2-EA326E4114BB.jpg


D41AD2B6-40FA-4578-8852-934A3DB5E46E.jpg


発酵途中のワインもテイスティングさせていただきました!


0E3E7AB2-64A4-4313-80E8-AFB5369F35C8.jpg

まだ入れて間もないタンク↑


30BBC32B-AB5C-40EE-BEF1-851F0754510B.jpg

絶賛発酵中のタンク↑


その後、畑へ、、


3AE220D2-D640-42AF-BA72-E8225637459A.jpg

摘み取り真っ最中!

8BAFFAE5-74CC-4168-9DC8-E6A724FF4637.jpg

、、にしても、ブルゴーニュの畑と比べると、

シャンパーニュの畑って、どこまで続くんだろう、、ってくらい広大です!!


写真に写っているトラクターは近くで見ると、こんなに大きいです!↓


BF26C38E-5AA0-435F-A251-910B7A6E877D.jpg

ぶどうの木の間を通っていくので、


187F872C-B1BF-40DE-B2F5-829C429B8D8C.jpg


人がすっぽり入ります。



ぶどうはたわわに実っています。


8D21C7B1-5664-4E36-BB8B-9CF73FDEA27A.jpg




433E002D-78C7-4DED-8100-70A0E171D485.jpg

D96E3322-8496-482F-801E-F1BC683A935A.jpg

摘み取り人は
このメゾンでは180人いるそうです。

1人1時間20€で雇っているそう。
バイトにしてはなかなか高額!

8人1組で、
ひとりのバケツが満タンになったら、
全員大きなバスケットに一度集めて、

C1758B2E-EFEC-4688-AAE5-0F2DB75A9000.jpg

このバスケットをすぐにトラックへ、


トラックはある程度たまったら、すぐにメゾンへ、、

運ばれたバスケットは、
力持ちのムッシュ達の手で、

きちんと重さを測りながら、
選別機へ入れられます

26E21155-CA6C-4479-AC95-6501CD2C607C.jpg

摘み取ってから、2時間以内には圧搾されるそうです。

こんなに早く出来るのには、
やはり人がたくさん必要で、
さらにそれを取りまとめる指揮者たちが
それぞれにいるそうです。

フランス人ってちょっと適当なところが多い、イメージでしたが(笑)

こちらでは、非常に効率的で、
さらに働く人たちも

誰一人サボることなく、
しっかりと働いていました。

最高のシャンパーニュを作るために、
皆情熱を持って取り組んでいました。


ひと通り、見学した後、


生産者と、その家族と一緒にランチをご馳走になりました!

12F4DE15-6E73-43E2-B7FC-24C8DFD05893.jpg


22BBEEE2-5D90-47CD-8525-5BE305A147B5.jpg


生産者とシャンパーニュを飲みながら、
笑いながら食べる食事は最高です。


3B5108EC-DA67-43EF-B365-2EE1603A8BFE.jpg



A32BDE10-A2AB-4682-B4A7-3429A69F9BC6.jpg


大宴会!!
お料理がどんどん出てきます。

家庭の味はやっぱり美味しいです!

ホッとする味で、
食べすぎても、胃がもたれませんでした。

食後はきちんと、チーズとデセールまであるのは、やはりフランスだと感じました。



最後には、お土産に、様々な種類のシャンパーニュを6本もいただきました。

マノワシャンパーニュが、なぜあんなに美味しいのか、とても良く分かりました。

そこには、家族みんなでシャンパーニュ造りに取り組む、あたたかく、情熱に満ちた生産者たちがいました!

375E9467-A235-4E4B-ABFE-07DA630148E2.jpg

お忙しい中、あんなにたくさんおもてなしをしていただき、感謝でいっぱいです!

本当にありがとうございました!

あ、ちなみに中村さんのロスバゲは、この時点でまだ、戻ってきていませんでした。
あの白ポロシャツはブルゴーニュのスーパーで買ったものです(笑)



posted by マノワ at 10:37| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

ブルゴーニュドメーヌ巡り💕


Bonsoir !

早坂です(^O^)


ただ今、ブルゴーニュ2日目になりますが、
電波が入ったり入らなかったり、で、ブログが滞っております(´ι_` )💦

すみません!


と、いうことで、昨日、今日と、5件のドメーヌさんを回ってきました!🍷


眠気に襲われる前に、書けるだけご紹介します😊💓


997351FD-B02A-4F6E-8425-CDD155E267F4.jpg

今年のブルゴーニュは、非常に暑く、ぶどうの成育が早かったため、収穫時期も例年に比べて早いところが多く、ちょうど収穫しているドメーヌ、または、来週収穫するドメーヌが多くありました。

つまり、超絶忙しい時期にお伺いするかたちになってしまいました😅💦

こんな時に受け入れてくださった、ドメーヌさん、本当に感謝です。
そして、通訳のKさん、仲介いただいたKさん、中村さん、ありがとうございます。


ということで、、
まずは、、
マノワセレクションのワインを作っている生産者のところ(秘密です😅)

主人は、収穫準備の為、忙しく、輸入などを担当しているGさんに担当していただきました!

56F627A7-41FB-4458-8850-F59998066BDC.jpg

白5種類、赤5種類をたっぷりテイスティングさせていただきました!

こちらのドメーヌでは、瓶詰め後2〜3年以上経ったものをテイスティングさせていただきました。

Gさんによると、ワインジャーナリストの方々は樽から直接飲んだワインで、その年の点数を付けてしまうが、
ワインは生き物であり、様々な微生物によって味わいも変化するもの、
樽のワインはまだ、発酵中のパンと同じであり、
瓶詰めして年月を置くことによって、完成したワインになるというお話でした。

ですから、テイスティングしていただくワインは必ず瓶詰めした後のものを用意しているとおっしゃっておりました。

そして、その点数を読んでしまうと、先入観でこのヴィンテージは良くないとか、この畑はこの生産者はどうだとか、人間は思ってしまうものですが、
ワインは目で飲んでも美味しくない、口で飲んで、味わってくださいと。

3A3D8FE0-B23B-493C-BD58-A5F5F137DD1C.jpg
マノワのワインは、その生産者の名を明かしておりませんが、間違いなく情熱を持って、美味しいワインを作っている方々です。

驚くような価格でお出ししておりますが、中身は、味わっていただければ必ずそのクオリティを分かっていただけると思います。

私は今回初めてその生産者に会い、今まで以上にマノワセレクションのワインは素晴らしい品質のものだと感じました(^ ^)


ちなみに、その生産者の方に、マノワで出しているワインの価格について教えると、、


目を丸くして、ちょっと待て、、と暗算をし始めて(こういう計算はフランス人は早いらしい。笑)

僕もそれ買っていい?と言われました(笑)

フランスで買うよりも安いらしいです(笑)

私もそんな気はしていたんですよね、、笑



続いて、、

まだ日本でマノワでしか輸入していない生産者。

ドメーヌ シャルトン


1F305334-8CFA-45C0-9314-1D44C69CF075.jpg


こちらは、先程の生産者に比べて、小さな生産者です。

場所はMercurey
南に位置しています。


6270BB7D-78BF-482E-95E7-07A93DCC8E12.jpg

生産者はまだ全然若い!31歳!


若さゆえに、相当やる気いっぱいの情熱をもった生産者です!

405A7CB9-3B06-4047-BBF0-1D1E9A5C9683.jpg



B689BF00-A962-4451-9013-AA79CB34B6C4.jpg


EC98653A-8B02-4B6C-A80E-B0EB1712E01B.jpg



32C0927C-11B7-4875-A81F-205167585BBD.jpg


相当甘いピノ・ノワールでした💓


894B7554-8409-44F1-865B-CB6F3DC037DC.jpg


マノワでも、デギュスタションの途中でこのシャルトンのワインを入れることもありますが、

今までで1番、お客様の反応を感じるワインです。

このワイン、どこの?

帰りに一本買って帰っていい?


と最近よく言われます。

去年は2014年のものを入れており、ヴィンテージ的にも華やかな印象でしたが、

2015年のものは、より凝縮感と果実味がしっかりしており、、

正直、驚く美味しさです。

メルキュレイにもこんなワインがあるんだと!

彼は、Mercurey の、安いイメージ、軽いイメージがあることを払拭するようなワインを作りたいと言っておりました。

再来年にはセラーも大きくして、樽を増やして、、、とやりたい事が沢山あるようです!
若いパワーで、非常に強い情熱で、ワイン造りに取り組んでいました。

今回は、2016年、17年ヴィンテージをいただきましたが、どちらもそれぞれの個性がはっきりとした、素晴らしいワインでした。
これからの更なる成長が楽しみな生産者です。


続いて、、

メルキュレイの南から、真逆の北へ。

Marsanney

ジャン フルニエ
こちらは比較的有名な生産者ですね😊

このドメーヌもマノワで輸入しております。

6664343F-577E-4F55-9134-0BA8B08B7392.jpg



81C25BC1-9D12-44CA-9951-2C087238C6C2.jpg

4591CE35-685F-4157-B23C-C5B6C35CD906.jpg

ちょうどロゼの方は瓶詰めを行なっていて、収穫は明日という、大変忙しい時期でした💦

78B10AB4-A962-4512-B324-686578E64AE6.jpg

そんなに忙しい中、畑から、、


93F4D263-7D2B-4DD6-BAB4-4182E49E9894.jpg


土壌、気候の話から、、



F9FEF9DA-644A-4DC4-906B-661A3C11ED14.jpg


78053803-247F-4D59-8B60-069C2E39BA06.jpg


事細かく、教えていただきました。

最近は、アリゴテに大きく注目しているということで、何人かの生産者と定期的にアリゴテ会議を開いているそうです。

36954325-9C56-46F1-9C9B-4EC509C2DFB1.jpg


確かに、マノワでも去年から
こちらの生産者のシャン フォレイというキュベのアリゴテを輸入しておりましたが、

アリゴテってこんなに美味しかったんだ!

っていうくらい驚いた記憶があります。

個人的に酸っぱいものが大好きなので、アリゴテは元々好きではありますが、それを上回る肉厚なら果実味がハンパないのです。

だからと言って、主張し過ぎず、お料理と上手にマリアージュしてくれるワインでした。

彼は、数年前に2〜3カ所の畑のアリゴテを引っこ抜いてしまったらしく、それを今後悔していると言っておりました。

もちろん、アリゴテ以外にも、歴史ある畑をたくさん所有しており、今回も本当に素晴らしいワインばかりでした。。

AE66AC4C-0E15-48F4-A5E8-26A3A41C67AE.jpg

67F9782A-D81D-4F53-9D08-0D6F3FBA07D9.jpg

本当に、気さくで優しい方です。

お忙しい中、ありがとうございました😊💕

第一弾がマノワの輸入元ばかりになってしまいましたが、、

今回はここまで。。

睡魔に負けました。。
では、おやすみなさいm(_ _)m


posted by マノワ at 07:22| Comment(0) | 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

夏休みスタートしました〜✈️✨


Bonjour!
早坂ですー♪

今日から、夏季休暇スタートです。


昨日は、さやかのお疲れ様かんぱーい
カンタ号令の一本締めで👏

しっかりと締め。

E4DF5581-6688-436D-85F2-621DA86E9C79.jpg


私は早朝4時起きの、7:20発の飛行機にて出発✈️

ほぼ寝てません!笑


バイバイ日本🇯🇵

6265DB3E-157E-4A7A-95B9-F63E49B800D2.jpg


とりあえずトランジット北京です!


BC46D2DB-C321-46C8-B8BB-3DD35674098E.jpg


ちゃっかり北京ダックチャーハンたべて、

78001F54-BE4C-4F34-9437-12DB603B6B69.jpg


中村さんと北京にて待ち合わせ、、


パリへと約11時間、、!!

08043E97-4E43-4DED-8CF6-7E5C002567E4.jpg


機内では、、、



F2ABF1A3-7ADF-481F-AE05-179CE2B29F63.jpg



CF974A67-110C-4476-BEEF-F6CAE5EE32D1.jpg

を読んで過ごしました📚

我ながら、、チョイス。(笑)


っで。
やっとこさパリに着きました〜\( ˆoˆ )/


着いた瞬間、

出ました!

恒例の、中村さんのロストバゲッジ!!!😂😂😂😂


64578215-74B6-4221-A43A-1792626CBBAF.jpg


果たして、ちゃんとボーヌのホテルに届くのか。。。💦💦



気を取り直し、レンタカーを借りて、市内へ。


BEC6C681-1760-4BC4-8BB5-FD3EAA82CDF2.jpg




バタバタの初日でしたが、、

明日は5時半出発なので、、みんな就寝!!

B05A323F-8FF4-4692-99C6-D7EB31B08531.jpg


明日はブルゴーニュです(^O^)!
posted by マノワ at 06:00| Comment(0) | 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする