2020年06月23日

くぬぎ鱒訪問!!

8FDBBA28-B0B3-4627-9ECD-8EDE6A2FC52B.jpg


おはようございます😁


早坂です〜‼️


昨日、月曜日に中村さん&イッコウさんと共に、


以前よりマノワで使わせていただいております、

ブランドマスの「くぬぎ鱒」

その生産者のくぬぎさんにお会いして参りました☺️

その名の通り、くぬぎさんという方が富士山から流れる伏流水を使い、養殖されている鱒なんですが、
「鱒」と聞くと、皆さんどんなイメージを持たれますか?

やはり少なからず、川魚独特の味や、ニジマスを釣り堀で食べた時に感じる香りが思い浮かぶ方が多いかもしれません。
そして、サーモンの方が食べやすいと思われる方も多いかもしれません。

くぬぎマスは私もキッチンで働いていた頃もよく使わせていただいていたのですが、

驚くのが、今までの鱒の概念を覆す品質の高さです。
身の繊維が本当にしっかりと弾力があり、

冷凍してから使っても

ドリップが全然出ず、

数日経っても、臭みが全くありません。

というか、臭いと思ったことが一度もありませんでした。
むしろ、少し寝かせておいた方が旨味がどんどん増す鱒なんです。


何がどう違うのか?


そこには、くぬぎさんの壮絶な人生をかけたストーリーがありました。。




くぬぎさん宅へ到着すると、

くぬぎさん自らお出迎えしてくださいました。

生粋の職人さん気質だから、と伺っていたので、若干ビクビクしながら(笑)

とりあえず池見る?と

案内して下さいました。

30539952-5F0F-4F19-AB6E-EEE9BD867C0B.jpg

富士山から流れる、芝川。

昔はこの川で獲れる魚は臭くて地元の人も食べないほどだったとおっしゃっていました。

それを聞いて驚きました。
え?ではなぜここで養殖を?

その話は後ほど。。

水温は年中13〜14℃で安定しており、魚の生育にはとても適しているそうです。

この川の水を引き、

池は全部で10個あります。

E2625671-12C4-45F6-9A55-6FF328E048F2.jpg


B0DD45FD-FE17-4253-BA5F-B8087FB6D3B0.jpg

こちらは上流の方で、

稚魚がおびただしい数泳いでいました。


しかし、全部の稚魚が生き残れるわけではありません。


83D83363-7801-445D-90D9-90BF3CA25C96.jpg


くぬぎさんの池では、完全に無投薬養業を実践しており、自然に、ストレスをかけない方法で育てています


2E722B13-850D-48F8-91D2-745988012644.jpg

6A4D6956-36BB-4CEB-A289-A46B5329B4B7.jpg

E0EA38A7-DA9F-40D2-BF5A-23B1D375F2A2.jpg

だんだん大きくなるにつれて、

下の池へ移動していきます。

池の中の鱒の数、密度がとても重要だとくぬぎさんは言います。

鱒には、縄張り意識があり、

密であればケンカしますし、逆に少なすぎてはストレスがかかり、微妙に魚に変形が現れるそうで、

ピンと真っ直ぐハリのある鱒でなければ、
毛細血管に負担がかかり、老廃物が溜まってしまうと。

正直、そんなにデリケートなものだとは、思いもしませんでした。。

くぬぎ鱒として出荷している、レギュラーサイズの鱒を釣り上げていただきました

68DEB95C-ADF2-4F6B-B68E-5AAB4D203831.jpg

C64C430D-71B7-4F27-96DB-DA59290B3CD7.jpg

5ECD893A-3468-46C7-9E7E-63A8507313C4.jpg

美しい色と形です!


このサイズにするまでに、

普通の鱒ならば2年ほどで育つそうですが、

くぬぎさんは4年かけて育てるそうです。

手間と時間を倍以上って、普通に考えてヤバいですよね?
なぜそんなに違うのか。。?




2534D682-F27A-4ECD-8225-F1197760F307.jpg

雨もひどかったので、お宅にお邪魔させていただき、

くぬぎ鱒をご馳走になりながら、

くぬぎさんがこの鱒を作り上げるまでのお話をじっくりと聞かせていただきました。


昔、この辺りでは、

年間80〜100t
輸出のために大量に川魚を養殖していたそうです。
当時は、ニジマスをよりも、ヤマメやイワナの方が重宝されると、皆が育てていたそうです。

しかし、くぬぎさんは元々料理人でもあり、

ヤマメやイワナよりも、ニジマスの方が、

和食、洋食、中華、なんでも使いやすいと考えました。

また、ヤマメやイワナは、どこで作ろうと、どんな水であろうと、そんなに味に大きな変化は生まれませんでした。

しかし、マスには育て方や餌などの違いで、味に大きく差が出ると思ったそうです。


当時景気も良く、今のままでもお金に困ることもなかったはずです。

でも、今のように量産して、お金儲けするよりも、
味の良さ、品質の高さを求めて、魚を作る方がより大切だと、

全てのものを投げ打って、当時雇っていた従業員も手放して、

この地で鱒の養殖を始めました。

しかしながら、誰もくぬぎさんの言うことに賛同しようとする人はいませんでした。


先程も書いたように、この川の魚は、地元の人が食べないほど臭かったこと、

そして、お金にならないと、誰もが言ったそうです。
そして、絶対に倒産すると、言われ続けたと言います。


そんな仲間がいない中でも、絶対に成功させて見せると、鱒を育てつづけました。

川の水質の改善もしつつ、

しかも、薬は一切使わず、

自然と向き合い、鱒と向き合い、愛情を持って、育て続けました。

途中で奥さんにも逃げられ、

それでも鱒のことで頭がいっぱいだったそうで。。

当時を知る業者さんは、
「あの時のくぬぎさん、すごい情緒不安定だったよね」と。

一人で立ち上がり、

一人で高みを目指し、

真剣に鱒づくりに取り組んできたくぬぎさんの、言葉が心にずんと、のしかかりました。

そして、これだ!というくぬぎ鱒が、完成した時。
くぬぎさんは、その瞬間、

これは奇跡だと

思ったそうです。

私は、そんなふうに「奇跡だ」って人生で思ったことありません。
その境地に達するくらい、私になんて想像できない世界だと感じました。

そこから2年間は、朝起きるたび、これは夢ではないかと、不安になったと言います。





くぬぎさんは、初めは少しこわばった笑顔でしたが、

だんだん優しい笑顔に変わり、嬉しそうに「食べて食べて」と

くぬぎ鱒をたくさん振舞って下さいました。

C94BBC8F-0AA8-441F-9B42-58C9218CFE97.jpg

お刺身は本当に身がきゅっと締まって、

味が強くて、驚くほどの美味しさです。。


8468732F-51EE-43AB-B210-A7BBDDC082D3.jpg


80C3CB3A-0285-4627-B84D-A7E3B8B3628C.jpg

ヅケにもしてくださいました、お、美味しい😭💕


そして、1番衝撃的だったのが、、

8FCC790D-5649-4E3A-9414-9EF810ECA378.jpg

この塩焼き。。

マノワでBBQをする時、いつも釣ったニジマスを塩焼きするのですが、

その時食べるニジマスとは、

全く違う魚でした。。

身の弾力と風味と、泥臭さなんて1ミリもなく、

高級魚として料亭で出てきてもおかしくありません。。

絶品でした。

このサイズで、普通は4ヶ月くらいで育つそうですが、

くぬぎさんは2年かけているそうです。

本当に衝撃的な味でした。。

そして。今回。なぜくぬぎさんに会いに伺ったかというと、、

今、マノワで取り扱っている、ジビエのテリーヌソーセージセットがありますが、

これのくぬぎ鱒バージョンを作るためです。

少しずつ、準備を進めて参りましたが、くぬぎさんにお会いして、よりこのセットへの意気込みが変わって参りました。

みなさんに、早くこのくぬぎ鱒を味わっていただくために、

これからさらにスピードアップして準備を進めて参りたいと思います‼️


もう少々、お待ち下さいませ

また、ちょうど今、くぬぎ鱒の前菜はマノワで食べることが出来ますので、気になる方はぜひお試しくださいませ(o˘◡˘o)

生産者と会って、お話を聞くことは本当に大切なことだと心から思う休日でした。

くぬぎさん、Oさん、中村さん、ありがとうございました。

posted by マノワ at 12:02| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

夏の白ワインセット!!

B0943650-4873-42B6-BFE8-6DA89DB28B8C.jpg

お店の紫陽花、ドライフラワーにしてみました〜

ドライにしても、
綺麗な色ですね〜☺️✨

今日は早坂です〜



梅雨の間の晴れ間が続いて、

毎日、、暑いですね

こんな時はちょっとドライな白が気分かな?

と思いまして、

お手軽なドライスッキリ系白ワイン3本セット

作ってみました♪

DA46259C-9283-4967-A30A-51DDFA41349F.jpg


まずは、
前回のアルザスセットでもお馴染み、


Alsace アルザス

PAUL BRUCKERT ポールブリケール

RIESLING Grand Cru “Kaefferkopf”
リースリング グランクリュ ケフェルコプフ

97DB3B47-92E7-423F-B842-A885F226B4DC.jpg


美しく輝くライムグリーンがかった若々しいフレーバー。

魅力的なフレッシュ感と爽やかな花やフルーツのブーケ。

白桃、青りんご、レモンバーム、ライムの花、ワイルドホップの花やフレッシュな苔を思わせる、心地よくクラシックなリースリングで生き生きとしている。

程よい酸味があり清々しい味わい

なんと言っても、グランクリュですからね!
美味しい訳です。
そして、このバランスの良さは、どんな料理でも合わせやすいのが魅力です‼️


続いて、

Bordeaux ボルドー
Clos des lunes lune d’Argent
クロ デ リュヌ リュヌ ダルジャン
64E7B391-36BD-406D-9AA1-123A1F53085F.jpg


ドメーヌシュヴァリエが手がける、ソーテルヌ地区の辛口白ワイン。

2011年よりリリース。

ディケムやギローの畑に囲まれた立地で、

南国フルーツを思わせる香りもありながら、

味わいはしっかりドライ。

香り高く調和のとれた味わい。

セミヨン70%、ソーヴィニョンブラン30%



そして、最後は、

Loire ロワール
Domaine Daniel Crochet ダニエル クロシェ
Sancerre サンセール
0FBA3362-2DEC-4361-8C88-B631F6A3D7D8.jpg


ソーヴィニョン・ブラン100%

樹齢35年までの、比較的樹齢の若いソーヴィニョン・ブラン。

テール・ブランシュとカイヨット両方のテロワール、14のパーセルのブレンドによりバランスの良さが備わります。

2つの種類の土壌のブレンドにより相乗効果が生まれ、繊細さもありながらしっかりとフルーツのボリューム感が備わります

ステンレスタンクのみで醸造し、シュールリーで熟成。

除草剤も農薬も使わずほぼビオに近い減農薬栽培をしているそうです。



こちらの、夏の白ワインセット

中村さんに交渉に交渉を重ね

ギリギリまで安くしていただきました♪

​8500円(税込)

です(*^ω^*)



こちらからからご購入頂けます↓

https://www.manoir-wine.com/

まだまだお家飲みの機会が多いと思いますので、


ぜひ、お家でお楽しみいただければと思います。


本日より発売しております☆


よろしくお願いいたします!!



posted by マノワ at 19:11| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

ブルゴーニュ赤お得すぎるセット!



おはようございます〜!!


早坂です(・∀・)☆

マノワオンラインショップにて販売中の、

ブルゴーニュ赤ワインお得セット🍷
(15年メルキュレイ、16年ジュブレイ、13年コートドニュイヴィラージュ)

6C33AD12-0B2E-4AD6-90C4-970DC8260B39.jpg


大変ご好評いただいておりますが、

ジュブレイシャンベルタンのヴィンテージ変更に伴い、、

在庫のバランスを考え、

セット内容の
16年ジュブレイシャンベルタンを

14年ヴォーヌロマネ

に変更させていただきます!

むしろ、さらにお得になりました(笑)


ヴォーヌロマネとメルキュレとコートドニュイの3本で10500円ってあり得ないでしょう?中村に聞いたら良いんじゃ無い?って事です(笑)

2E2FECA3-6E27-4722-BE32-95674F608EF2.jpg

「ブルゴーニュの丘の中心に輝く宝石」と称えられる、ヴォーヌ・ロマネ。

土壌、日照条件、気温と全ての要素がブドウ栽培にとってこれ以上ないという恵まれた条件を備えており、その完璧なテロワールから多くのワインラヴァーを虜にする魅惑のアペラシオンです。

グラン・クリュから村名ワインまで一貫して風味豊かで上質なワインを生み出します。

粘土質と石灰質の2つの異なる土壌が起因となって、力強さとエレガンスの両方を兼ね備えたワインが造られ、赤系果実の上品なアロマにスミレの香りを纏った、豊満かつエレガンスを極めた味わい

若いうちからバランスが良く、シルキーなタンニンがきめ細かく溶け込み、優雅さと気品に溢れています。


ヴォーヌロマネといえば、

みなさんご存知のロマネコンティがありますね✨

他にも、ラターシュ、ラロマネ、ラグランドリュ、モノポールが4つもあり、グランクリュがひしめき合っています。


マノワのヴォーヌロマネは、やはり開けた瞬間、エレガントで素晴らしいアロマが広がります。

この香りには皆様驚くと思います。


これが、ヴォーヌロマネか。



https://www.manoir-wine.com/

 ご注文はこちらからお願い致します。


ブルゴーニュ赤ワインさらにお得になったセット、
価格は据え置きにしておりますので、

ぜひこの機会にお試しくださいませ😊✨
posted by マノワ at 09:51| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

梅〜♪

おはようございまーす!!😆

早坂です!!

毎日暑いですね

ウチの唐辛子ちゃんは

暑い中、ぐんぐん成長しております〜✨

芽が出て以来、ブログに登場していなかったので、
枯らしたか?疑惑が浮上しましたので、

しっかりと証拠の写真載せさせていただきます〜(笑)

0B6541FF-BB9A-40B6-9D7E-3DCA25945DC9.jpg


生きてますよ〜!


先日の休みに、

自粛期間中でなかなか行けなかった

ネイルサロンにやっと行けましたー!

ネイリストのマダム曰く、

自粛中のマダムたちがやっていたこと

1Netflix観る
2ガーデニング始める
3お菓子を作る
4マスクをひたすら作る


同じく〜〜!!😂😂笑

みんな考えることは一緒なんですね(笑)

ハンドネイルの場合は、

ネイリストさんとお客様の間に

透明な板をかまして、

下の隙間から手だけ出るようにして、

刑務所の面会みたいな感じになるらしいのですが、

ずっとお家にいたマダムたちは

久しぶりに話が出来る!!

と、マシンガントークが止まらないらしいです(笑)


お話をすることって

女性にとって本当に大切なことですよね!

ネイルサロンも大切な場所だなぁと実感しました



そんな訳で、今週も始まりましたが、


早速、田舎から梅が届きました〜✨

C73ED068-768B-4086-93AE-8727EDA615EE.jpg

ブルゴーニュ好きは

梅好きが多いと聞きますが。

マノワのお客様は

梅好きが多いかもしれませんね☺️?

EEF44313-02F9-4EDB-A813-903B595A2FDF.jpg

こちらは、梅シロップになる予定です!!

まさきが今やる気満々で売ろうとしている

「青じソーダ」

がなかなか売れないので

合体して、

「梅しそーダ」

にしようかという話になっております。笑


完成の際には、

ぜひ、まさき君の頑張りに免じて、

ご注文いただければ幸いです

楽しみにしていて下さいね(๑′ᴗ‵๑)



今週も元気に頑張りましょう〜〜


posted by マノワ at 21:12| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

キャビア期間限定価格にて販売中です♪

おはようございまーす😆

またひとつ歳をとりました、
早坂です  





もう毎日暑くて、、
あっという間に、夏ですね〜!!

夏といえば。

夏に食べたいもの、、、

といえば、


みなさま、

なんでしょう?

やはり!!





キャビアでしょうか!!!笑



EC08E235-3CBD-4796-91DF-9F91342DAFFD.jpg


冷やし中華にオンザキャビア!


スイカにもオンザキャビア!


アイスクリームにもオンザキャビア!


そんな夢が叶う企画を、

今回ご紹介させていただきます!!




夏なので、何か夏っぽいものを特価セールしましょうということで、

この15gキャビアを数量限定の期間限定価格にて販売させていただいております〜〜✨



こちらの、




マノワオリジナルキャビア15gの瓶を




通常4000円のところ、


な、な、なんと!


1000円値引きの価格で


​3000円の期間限定価格にて販売しております♪
​(※税抜き価格です)

6023C636-AF46-4AD0-A829-50DF7D1D86DC.jpg


同時にシャンパーニュとキャビア瓶のセットもお安くなっております。

91A9A37D-D1EF-4C28-9D53-65C59E2D3DAB.jpg




ご購入の際は、

マノワオンラインショップ


または、店頭にて直接お受け取りも可能でございます。


ぜひ、この機会にお試しくださいませ〜
posted by マノワ at 00:38| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする