2020年07月10日

マッチョなブルゴーニュ赤ワインセット!



おはようございますー‼️
早坂です!


いつも、マノワオンラインショップより、

ワインをご購入いただきまして、ありがとうございます!


中でも人気なワイン3本セットですが、

数量限定で、、


今飲んでもよし、
熟成させてもよし、

長熟のポテンシャルも持ち合わせた
ブルゴーニュの中でもわりとタンニックでボリューム感のある3本をセットにしてみました!

「マッチョ(でイケメン)なブルゴーニュ赤ワインセット」

を販売しております


FD2214EC-8E71-48D5-BF9D-9586A1FCA277.jpg



内容ですが、、、


まずは、ジャンフルニエの

2016年
Gevrey chambertin
ジュブレイシャンベルタン!

25EAE43E-240A-46C3-8A41-B66A2871381C.jpg


2016年は春の霜の被害で、ブルゴーニュ全体の収量が非常に少なかった年です。
ただ、その分ひとつひとつのぶどうに果実味がしっかり凝縮されており、ボリューム感のある豊かな果実味のワインに仕上がっております。

特に、こちらのジャンフルニエ、ぶどうの味わいがしっかりとしたワインを造っている生産者です。

私も2年前にお世話になりました。

E135FDDA-0289-4A00-B27A-0E75EE911793.jpg

愛情たっぷりに育てたぶどう。
お忙しい中、たくさん時間を割いて丁寧に説明してくださいました。


凝縮した果実味と、強い肉付きと体格の良さ

非常にポテンシャルの高いジュブレイシャンベルタンです。




そして、日本でまだマノワでしか輸入していない
生産者ピエールアンリルジェ

2017年
Pommard rue au port
ポマール リュ オー ポー

FC3A3D85-B3EC-44B5-B63E-C2BA4678A623.jpg

ポマールというとこちらも、長熟向きのタンニックで豊満な果実味と華やかな香りに、濃厚な色調が印象的です。

その歴史は古く、「ポマール」と名乗ると売れることからたくさんの偽ポマールが出回っていた時代もあります。

こちらのピエールアンリルジェは、特にテロワールを大切にする生産者で、

ぶどうが潰れないようカゴを使って手摘みで収穫し選果。
除梗は行わず、全房のままで発酵。
発酵は、ぶどう果皮に付着している天然自然酵母のみを使用し、またSO 2無添加で慎重に行っています。
 これは、畑が本来持つテロワールを尊重し、その姿を余す所なく発揮出来る様にする為です。

ぜひこのワインから、テロワールとその歴史を感じながら、グラスを傾けてみてください。


最後に、セレクションマノワ


2012年
Nuit Saint George 
ニュイサンジョルジュ

78D85F75-2CA3-48EF-A5AB-C6972B8F88D2.jpg

ニュイサンジョルジュというと、

グランクリュがないので、
派手さはないかもしれませんが、
プルミエクリュがたくさんあります。

若いうちはタンニンが強くていかついイメージが多いのですが、

熟成するとそれぞれ個性が現れてくる面白さもあります。

今回の2012年のニュイサンジョルジュは、
既に7年の熟成を経ており、ひとつの飲み頃を迎えております♪





個人的にこのヴィンテージのニュイサンジョルジュにはちょっと思い入れがありまして、、


2012年、マノワに入社する前

ブルゴーニュを訪れました。

リヨンからストラスブールへ行く途中にちょこっと寄る予定でした。

日本人マダムとイギリス人ムッシュが営む
小さなシャトーを改装した民宿に宿泊しました。

当初ブルゴーニュの滞在は1泊の予定で、

特にコネクションもなく、

ワインの知識も全くなく、

そして未成年だったので、飲めず(笑)

その空気だけでも肌で感じようと訪れました。

ブルゴーニュを発つ朝、

大きなスーツケースを持った姉が

階段をよいしょと降りていると、

重すぎたせいか、、転げ落ちてしまいました!

姉の足はスーツケースの下敷きになってしまい、ひどい捻挫。

この日ストラスブールへ移動する予定でしたが、

それどころじゃない事態に💦

マダムの車で病院へ!

実は姉の方が先に伝説を作っておりました(笑)

ストラスブールのホテルには、

マダムが、
「ソーリー!アクシデントやねん!デイキャントゴーイングトゥナイト!ノーノー!キャンセルチャージ?ノー!アクシデントやから!」

と、わりと適当な英語と関西弁で、キャンセル料を凌いでくれました(笑)

マダムは元CAらしいのですが、

本当なのか、未だに謎です(笑)


その後、歩けるようになるまで、

ニュイサンジョルジュに2泊ほど延長で宿泊することになりました!

マダムとムッシュに
車椅子を押してもらい、

一緒に近所のスーパーに行ったり、

ボーヌの街を案内してもらったり、

オススメのレストランに連れて行ってもらったり。

近所の子供たちと庭でサッカーしたり、

ブルゴーニュの家庭料理をいただいたり。

マダムの車でコートドニュイの畑をドライブして、畑のことも詳しく説明していただきました。

その時流れていた曲は、
渡辺美里の「マイレボリューション」だったような(笑)



結果的に、このニュイサンジョルジュで過ごした田舎暮らしのような日が、
ブルゴーニュワインに興味を持ったキッカケになったかもしれません。

そして仲良しで素敵なご夫婦と過ごせたことが、とても楽しい思い出になりました。

ちなみに、この民宿の名前

「Manoir」マノワール

です(笑)

なぜかManoirという名前に縁がありますね(笑)


と、勝手に思い出のワインにしてしまいましたが。。

本当に素敵な場所なんです。。

ニュイサンジョルジュを飲むとその香りと思い出が蘇ってくるようです✨



本題に戻りますが、



こちらのワインセットは数量限定になります。
お値段は3本で

税込\18700です!☆

マノワオンラインショップより発売中です‼️
https://www.manoir-wine.com/items/31453698

ぜひこの機会にお試しくださいませ♪*


posted by マノワ at 15:38| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

夏のフレッシュチーズ

1101E9DB-170F-4230-BE1D-1D7A8F5E96C5.jpg


おはようございます〜!

最近見つけたこの本。

小学生の時に、ことわざ好きの先生がおりまして、、
毎日、1日ひとつずつ教えてくれていたのを覚えています。

世界にも、いろんなことわざがあるようで

これは、英語バージョンなんですが、

1C31B6A0-4DE8-4CA8-B5EF-82A80F0725C3.jpg

「蝦で鯛を釣る」

は、この本によると、

「To give a pea for a bean
いんげん豆を貰おうとして、えんどう豆を贈る」

だそうで。
外国では、えんどう豆より、いんげん豆のほうが高価なんですか?笑

豆と豆の交換(笑)


蝦で鯛を釣るもなかなか盛った話だと思いますが(笑)

それぞれの国ののセンスということで。

興味深い本です。

今日は、
早坂です\( ˆoˆ )/


話は変わりますが、

みなさん、、、この

シェーブルチーズ、覚えていますでしょうか??
77189F27-12DD-4FB7-8FAF-0F27E022E661.jpg


D19BB0FE-247E-4986-9CC2-53E37967FF1D.jpg


B2D50F17-00AE-4CD7-9BA8-B5C5AE0BC1E0.jpg



桐の箱にて

熟成をさせてきました、、、

ブリケットドノールドミノ!!

今、5ヶ月の熟成を経て、、

こんな感じです✨

3C5E8D92-42EF-466D-9D31-CB1DAEAFC361.jpg


あと1ヶ月寝かせる予定です。

ついに、1ヶ月後、、半年熟成にてリリースさせていただきたいと思います、、!!


桐の箱の中では、余計なカビや雑菌が湧かないはず。。と踏んでいるのですが。。

さて、どんなお味になったのでしょうか?

楽しみにしていて下さいね


そして、新作チーズのご紹介です☆


まずは、夏なのでフレッシュチーズです♪

みんな大好き!フロマージュブラン!

(勝手に大好きだと思っています)

CC952873-E454-4703-8CFD-AEBEF8A95E1B.jpg


フランスでは離乳食にも使われるフロマージュブラン。

酸味の少ないヨーグルトのような感じで、

とても食べやすいフレッシュチーズです。

脂肪分が少ないのが特徴で、

本当のフロマージュブランは無脂肪ですが、

食べやすくするためにクリームを若干添加しているものもあります。

フランスでは、砂糖をガッツリかけて食べるらしいですが、

女子には抵抗があるかと思いますので、

自家製ブラックチェリーのコンフィチュールと共にお出しさせていただきます☺️

6DBC93E9-FDBB-4A53-94D4-85E1A0B0D157.jpg

もし、砂糖ガッツリご希望でしたら、それもご用意ありますので、ぜひご用命くださいませ😆✨




そして、ギリシャのフェタチーズ

こちらもフレッシュチーズです。

羊と山羊のミルクから出来る、世界最古とも言われるチーズ。

塩水に漬けてあるので、とても塩気が強いのが特徴です。
お料理に使いやすいチーズですが、
オリーブオイルやハーブと一緒に漬けるだけでも、しっかりワインのお共になってくれます☺️

マノワでは、
「山梨県芦安から届く山椒」
「ニンニクとハーブと香辛料」

4FDD1BE0-0565-4F53-AD8E-4DD151343424.jpg




A9C9525D-5326-42C7-8789-9A61B2FFE625.jpg6C5CC72F-0E85-4162-BDED-FE69FB8E18DE.jpg

の2種類のオリーブオイル漬けでお出致します♪

夏のフレッシュチーズ

食後にちょこっとつまんでみてくださいね〜😆💕



posted by マノワ at 16:26| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

頂き物‼️


B347D990-57F8-4CE2-9480-9DBA9816247D.jpg

おはようございます〜


梅雨明けが待たれるこの頃、、

昨日お休みの月曜日は、綺麗な快晴で、久しぶりに心が踊りました〜

暑いですが、やっぱり晴れが1番ですね✨

緊急事態宣言中に、再放送でやっていた、
「ハケンの品格」

が結構面白くて、

最近その続編ドラマを録画して観ています😊

私たち飲食業は、

大きな会社で働くサラリーマンの方々とは全然業種が異なるので、

ハケンの品格での、会社の世界が、とても新鮮で、こういうものなのか〜ととても興味深いです。

大前春子です!

のドヤ顔が笑えますよね(笑)

あんな人いるんですかね?笑



それはさておき、

先週は、マノワのお中元を日頃お世話になっている方々へ、少しばかりですがお送りさせていただきました。


E61A9F50-8577-42DE-BF9C-AF149931EF34.jpg


毎年手作り感あふれる、、感じですみません😅

心を込めて手作りさせていただきました。


マノワのジビエセットを始め、

今回始まったくぬぎ鱒、

これらをマノワの冷凍BOXに入れると、

結構かっこいいですよね☺️✨

これから、プレゼントやお歳暮などにも

ぜひ、おすすめです☺️✨


のしは付いてませんが、ご希望ありましたら、早坂までお問い合わせください(o´・ω-)b


また、先週はたくさん頂き物を頂戴いたしましたので、

ご紹介させていただきますね😆✨


まずは、M様より

丸谷丸山海苔のギフトを!!

CA223B82-1C0F-4695-BB56-62D2AB9060DD.jpg

C059FD6F-9EA3-4274-BEED-60DE101AD916.jpg


正直、宮城県民として、

幼き頃より海苔を食べ続け、

小学生の頃好きな食べ物「海苔」

と即答していた、海苔マニアでしたが、、


この丸山海苔に出会い、、、

海苔の境地に達しました(笑)

香り、食感、色、つや、素晴らしい海苔です

いつも、ありがとうございます‼️

瞬殺でいただきました✨


また、W様より

エッグタルトをいただきました❣️


8DC6D4B3-E9B7-4B8B-BE74-F130F627134B.jpg


92E5A6F3-D58C-4E38-B843-44B7E46FA997.jpg


食べ出すと止まらない。。

いつも、お気遣いいただき、

ありがとうございます‼️


S様より、

夜食に。と、、



9722F940-7617-4C0B-AFE3-438E6DB867F1.jpg


60BDA00F-501F-4B92-A742-6E58686E002C.jpg


11C6D186-F360-40C6-9E1E-162583AAF4DD.jpg

菊乃井さんの、お稲荷さんと穴子寿司を頂戴いたしました!

お、美味しすぎます〜😱😱✨✨

夜食には豪華すぎる。。

みんなで美味しくいただきました💕

そして、いつもチョコレートありがとうございます。
大切にいただきます!!

本当にいつも、ありがとうございます。


R様からは、GAZTAのバスクチーズケーキ をいただきました‼️


046984BB-76A2-410D-97DA-022110B1715C.jpg

見ただけで、ヨダレがっ

もうチーズケーキ好きには、、

たまりませんっ

いつも、ありがとうございます‼️

美味しく頂戴いたしました😋


今週はまた雨の日が続きそうですね😂

マスクも蒸し暑くなってきておりますが、

まだまだ油断せず、

気をつけながら日々を送っていきましょうね(o^^o)


posted by マノワ at 12:26| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

くぬぎ鱒訪問!!

8FDBBA28-B0B3-4627-9ECD-8EDE6A2FC52B.jpg


おはようございます😁


早坂です〜‼️


昨日、月曜日に中村さん&イッコウさんと共に、


以前よりマノワで使わせていただいております、

ブランドマスの「くぬぎ鱒」

その生産者のくぬぎさんにお会いして参りました☺️

その名の通り、くぬぎさんという方が富士山から流れる伏流水を使い、養殖されている鱒なんですが、
「鱒」と聞くと、皆さんどんなイメージを持たれますか?

やはり少なからず、川魚独特の味や、ニジマスを釣り堀で食べた時に感じる香りが思い浮かぶ方が多いかもしれません。
そして、サーモンの方が食べやすいと思われる方も多いかもしれません。

くぬぎマスは私もキッチンで働いていた頃もよく使わせていただいていたのですが、

驚くのが、今までの鱒の概念を覆す品質の高さです。
身の繊維が本当にしっかりと弾力があり、

冷凍してから使っても

ドリップが全然出ず、

数日経っても、臭みが全くありません。

というか、臭いと思ったことが一度もありませんでした。
むしろ、少し寝かせておいた方が旨味がどんどん増す鱒なんです。


何がどう違うのか?


そこには、くぬぎさんの壮絶な人生をかけたストーリーがありました。。




くぬぎさん宅へ到着すると、

くぬぎさん自らお出迎えしてくださいました。

生粋の職人さん気質だから、と伺っていたので、若干ビクビクしながら(笑)

とりあえず池見る?と

案内して下さいました。

30539952-5F0F-4F19-AB6E-EEE9BD867C0B.jpg

富士山から流れる、芝川。

昔はこの川で獲れる魚は臭くて地元の人も食べないほどだったとおっしゃっていました。

それを聞いて驚きました。
え?ではなぜここで養殖を?

その話は後ほど。。

水温は年中13〜14℃で安定しており、魚の生育にはとても適しているそうです。

この川の水を引き、

池は全部で10個あります。

E2625671-12C4-45F6-9A55-6FF328E048F2.jpg


B0DD45FD-FE17-4253-BA5F-B8087FB6D3B0.jpg

こちらは上流の方で、

稚魚がおびただしい数泳いでいました。


しかし、全部の稚魚が生き残れるわけではありません。


83D83363-7801-445D-90D9-90BF3CA25C96.jpg


くぬぎさんの池では、完全に無投薬養業を実践しており、自然に、ストレスをかけない方法で育てています


2E722B13-850D-48F8-91D2-745988012644.jpg

6A4D6956-36BB-4CEB-A289-A46B5329B4B7.jpg

E0EA38A7-DA9F-40D2-BF5A-23B1D375F2A2.jpg

だんだん大きくなるにつれて、

下の池へ移動していきます。

池の中の鱒の数、密度がとても重要だとくぬぎさんは言います。

鱒には、縄張り意識があり、

密であればケンカしますし、逆に少なすぎてはストレスがかかり、微妙に魚に変形が現れるそうで、

ピンと真っ直ぐハリのある鱒でなければ、
毛細血管に負担がかかり、老廃物が溜まってしまうと。

正直、そんなにデリケートなものだとは、思いもしませんでした。。

くぬぎ鱒として出荷している、レギュラーサイズの鱒を釣り上げていただきました

68DEB95C-ADF2-4F6B-B68E-5AAB4D203831.jpg

C64C430D-71B7-4F27-96DB-DA59290B3CD7.jpg

5ECD893A-3468-46C7-9E7E-63A8507313C4.jpg

美しい色と形です!


このサイズにするまでに、

普通の鱒ならば2年ほどで育つそうですが、

くぬぎさんは4年かけて育てるそうです。

手間と時間を倍以上って、普通に考えてヤバいですよね?
なぜそんなに違うのか。。?




2534D682-F27A-4ECD-8225-F1197760F307.jpg

雨もひどかったので、お宅にお邪魔させていただき、

くぬぎ鱒をご馳走になりながら、

くぬぎさんがこの鱒を作り上げるまでのお話をじっくりと聞かせていただきました。


昔、この辺りでは、

年間80〜100t
輸出のために大量に川魚を養殖していたそうです。
当時は、ニジマスをよりも、ヤマメやイワナの方が重宝されると、皆が育てていたそうです。

しかし、くぬぎさんは元々料理人でもあり、

ヤマメやイワナよりも、ニジマスの方が、

和食、洋食、中華、なんでも使いやすいと考えました。

また、ヤマメやイワナは、どこで作ろうと、どんな水であろうと、そんなに味に大きな変化は生まれませんでした。

しかし、マスには育て方や餌などの違いで、味に大きく差が出ると思ったそうです。


当時景気も良く、今のままでもお金に困ることもなかったはずです。

でも、今のように量産して、お金儲けするよりも、
味の良さ、品質の高さを求めて、魚を作る方がより大切だと、

全てのものを投げ打って、当時雇っていた従業員も手放して、

この地で鱒の養殖を始めました。

しかしながら、誰もくぬぎさんの言うことに賛同しようとする人はいませんでした。


先程も書いたように、この川の魚は、地元の人が食べないほど臭かったこと、

そして、お金にならないと、誰もが言ったそうです。
そして、絶対に倒産すると、言われ続けたと言います。


そんな仲間がいない中でも、絶対に成功させて見せると、鱒を育てつづけました。

川の水質の改善もしつつ、

しかも、薬は一切使わず、

自然と向き合い、鱒と向き合い、愛情を持って、育て続けました。

途中で奥さんにも逃げられ、

それでも鱒のことで頭がいっぱいだったそうで。。

当時を知る業者さんは、
「あの時のくぬぎさん、すごい情緒不安定だったよね」と。

一人で立ち上がり、

一人で高みを目指し、

真剣に鱒づくりに取り組んできたくぬぎさんの、言葉が心にずんと、のしかかりました。

そして、これだ!というくぬぎ鱒が、完成した時。
くぬぎさんは、その瞬間、

これは奇跡だと

思ったそうです。

私は、そんなふうに「奇跡だ」って人生で思ったことありません。
その境地に達するくらい、私になんて想像できない世界だと感じました。

そこから2年間は、朝起きるたび、これは夢ではないかと、不安になったと言います。





くぬぎさんは、初めは少しこわばった笑顔でしたが、

だんだん優しい笑顔に変わり、嬉しそうに「食べて食べて」と

くぬぎ鱒をたくさん振舞って下さいました。

C94BBC8F-0AA8-441F-9B42-58C9218CFE97.jpg

お刺身は本当に身がきゅっと締まって、

味が強くて、驚くほどの美味しさです。。


8468732F-51EE-43AB-B210-A7BBDDC082D3.jpg


80C3CB3A-0285-4627-B84D-A7E3B8B3628C.jpg

ヅケにもしてくださいました、お、美味しい😭💕


そして、1番衝撃的だったのが、、

8FCC790D-5649-4E3A-9414-9EF810ECA378.jpg

この塩焼き。。

マノワでBBQをする時、いつも釣ったニジマスを塩焼きするのですが、

その時食べるニジマスとは、

全く違う魚でした。。

身の弾力と風味と、泥臭さなんて1ミリもなく、

高級魚として料亭で出てきてもおかしくありません。。

絶品でした。

このサイズで、普通は4ヶ月くらいで育つそうですが、

くぬぎさんは2年かけているそうです。

本当に衝撃的な味でした。。

そして。今回。なぜくぬぎさんに会いに伺ったかというと、、

今、マノワで取り扱っている、ジビエのテリーヌソーセージセットがありますが、

これのくぬぎ鱒バージョンを作るためです。

少しずつ、準備を進めて参りましたが、くぬぎさんにお会いして、よりこのセットへの意気込みが変わって参りました。

みなさんに、早くこのくぬぎ鱒を味わっていただくために、

これからさらにスピードアップして準備を進めて参りたいと思います‼️


もう少々、お待ち下さいませ

また、ちょうど今、くぬぎ鱒の前菜はマノワで食べることが出来ますので、気になる方はぜひお試しくださいませ(o˘◡˘o)

生産者と会って、お話を聞くことは本当に大切なことだと心から思う休日でした。

くぬぎさん、Oさん、中村さん、ありがとうございました。

posted by マノワ at 12:02| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

夏の白ワインセット!!

B0943650-4873-42B6-BFE8-6DA89DB28B8C.jpg

お店の紫陽花、ドライフラワーにしてみました〜

ドライにしても、
綺麗な色ですね〜☺️✨

今日は早坂です〜



梅雨の間の晴れ間が続いて、

毎日、、暑いですね

こんな時はちょっとドライな白が気分かな?

と思いまして、

お手軽なドライスッキリ系白ワイン3本セット

作ってみました♪

DA46259C-9283-4967-A30A-51DDFA41349F.jpg


まずは、
前回のアルザスセットでもお馴染み、


Alsace アルザス

PAUL BRUCKERT ポールブリケール

RIESLING Grand Cru “Kaefferkopf”
リースリング グランクリュ ケフェルコプフ

97DB3B47-92E7-423F-B842-A885F226B4DC.jpg


美しく輝くライムグリーンがかった若々しいフレーバー。

魅力的なフレッシュ感と爽やかな花やフルーツのブーケ。

白桃、青りんご、レモンバーム、ライムの花、ワイルドホップの花やフレッシュな苔を思わせる、心地よくクラシックなリースリングで生き生きとしている。

程よい酸味があり清々しい味わい

なんと言っても、グランクリュですからね!
美味しい訳です。
そして、このバランスの良さは、どんな料理でも合わせやすいのが魅力です‼️


続いて、

Bordeaux ボルドー
Clos des lunes lune d’Argent
クロ デ リュヌ リュヌ ダルジャン
64E7B391-36BD-406D-9AA1-123A1F53085F.jpg


ドメーヌシュヴァリエが手がける、ソーテルヌ地区の辛口白ワイン。

2011年よりリリース。

ディケムやギローの畑に囲まれた立地で、

南国フルーツを思わせる香りもありながら、

味わいはしっかりドライ。

香り高く調和のとれた味わい。

セミヨン70%、ソーヴィニョンブラン30%



そして、最後は、

Loire ロワール
Domaine Daniel Crochet ダニエル クロシェ
Sancerre サンセール
0FBA3362-2DEC-4361-8C88-B631F6A3D7D8.jpg


ソーヴィニョン・ブラン100%

樹齢35年までの、比較的樹齢の若いソーヴィニョン・ブラン。

テール・ブランシュとカイヨット両方のテロワール、14のパーセルのブレンドによりバランスの良さが備わります。

2つの種類の土壌のブレンドにより相乗効果が生まれ、繊細さもありながらしっかりとフルーツのボリューム感が備わります

ステンレスタンクのみで醸造し、シュールリーで熟成。

除草剤も農薬も使わずほぼビオに近い減農薬栽培をしているそうです。



こちらの、夏の白ワインセット

中村さんに交渉に交渉を重ね

ギリギリまで安くしていただきました♪

​8500円(税込)

です(*^ω^*)



こちらからからご購入頂けます↓

https://www.manoir-wine.com/

まだまだお家飲みの機会が多いと思いますので、


ぜひ、お家でお楽しみいただければと思います。


本日より発売しております☆


よろしくお願いいたします!!



posted by マノワ at 19:11| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする