2018年04月12日

K師匠の国産フレッシュモリーユ茸!

C16C5437-C803-4D5C-BB76-2D5AF08D25DC.jpg


この、メガネのドヤ顔は、置いておいて、、、、

9EBA3BAB-F326-43CB-8370-BCF865BA9366.jpg

竹の子始め、春真っ盛りのいま、、、、

そして、毎年恒例なのですが、今年もきのこの師匠の、、、、、、

K師匠から国産フレッシュモリーユ茸を頂き、、、、、


A257FF9A-8922-459F-BF57-505AAF7AA3B6.jpg

BB062776-EA96-4FB5-BE11-E75B7AC2468A.jpg

麻衣のB'zのウルトラiPhoneとデカさ比べて見てください(笑)

AEA11910-667E-45DC-AD2F-3DA61021CBFE.jpg

K師匠に敬意を込めて、ずっと、作って見たかった、究極のお料理を、今年も、常連さんにお召し上がり頂きました。

ジビエの中でも、最も貴重なジビエは、北海道にしか存在しない、、、、、

蝦夷雷鳥だと思います。

image.png

ジビエ好きな方でも、食べた事がある方は少ないと思いますが、実際ハンティングして、獲ろうと思ったら、本当に大変です。

そんな大変だった、北海道での、蝦夷雷鳥ハンティングにご興味ある方は、是非ご覧になってみて下さい。

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/445638917.html?1493185890

蝦夷雷鳥は、ジビエの中でも、最も貴重で且つ、もっとも美味い白身の鳥肉と言っても過言ではないと思います。

北海道で、蝦夷雷鳥をハンティングして良い期間は非常に短く、また、あまりに貴重な為、長期間の熟成は、チャレンジ出来ず、ずっと躊躇していたのですが、K師匠から、フレッシュモリーユ茸が届く事を期待して、1羽だけ、ずっと熟成させておきました。

キジが2週間の熟成を超えると全く別物になる様に、今回の蝦夷雷鳥もやはり、綺麗に熟成しました。

蝦夷雷鳥は、前にブログにも書きましたが、根室の方々は、その昔から、骨から繊細な美味い出汁が取れ、このお出しで、年越し蕎麦を作ります。

当然今回もこの貴重な蝦夷雷鳥のガラで出汁をとり、ここに、K師匠から届いた、国産のフレッシュモリーユ茸を加えて、おソースを作り、胸肉はゆーくりロースト、腿肉はコンフィにして焼き上げ、お召し上がり頂きました。

D97D4198-BAA8-4BC6-B385-AEC7774F7949.jpg

世界中で探しても、マノワにしか無い、お料理だと思います(笑)

K師匠、ありがとうございました。

そして、フランス・ロワールの露地栽培のホワイトアスパラもだいぶ太くなり、また、実家の父親が採っている、山梨県芦安の様々な山菜達と共に、フレッシュモリーユ茸でソースを作りお出しさせて頂きました。

DF32091D-2AA6-452F-838F-2DC1D2C6023F.jpg


4A12FB77-707D-4FCB-9489-762CE9984ACF.jpg

F7099787-24D6-4D8C-AA95-D083D457C7BB.jpg

6CD89CEF-5635-4C1A-BDE2-502DFDA773CD.jpg

1CF6F755-B995-4EF9-A315-9289D2740FB7.jpg

6C21FC61-E3A8-4D6B-B0FE-E04B5D461054.jpg

127E5556-2C4D-4026-9947-E673F31BA789.jpg


639CCE01-1EDD-4612-8C28-617EC50261F7.jpg

2BE9D59A-2A6D-4022-AF8F-D9BC1FA71BF8.jpg

C7A984EE-7775-459A-AE7F-FAE7DB038745.jpg

53174D03-6DFB-49DF-8788-D23E16450C1F.jpg


K師匠いつも、ありがとうございます!

マノワには、今、日本の春が溢れております(笑)


posted by マノワ at 15:02| きのこ、山菜、釣りのお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

山梨県芦安から、山菜が山ほど届いております。


4A58AB1C-EAE8-43C7-97AD-BE905825F950.jpg

787EAF20-ADF7-4862-B598-C0BD11E0591F.jpg


DB67195E-C798-494B-9D51-932E9C13FBBD.jpg

春真っ盛りの今、山菜達が山梨県・芦安から毎週届いておりますので、そのお話しを、、、、、


始めの写真の山菜は、春蘭と言い、野生の蘭で、春を告げる花なのですが、一瞬で終わってしまいます。
田舎だと、おひたしにしたり、酢味噌と和えたりして食べてました。

5324080D-5EDA-4A9F-9CE2-24F36F84ECDA.jpg

8D4BBCFF-31DA-4174-B4B5-67B8D775D899.jpg

山梨県芦安は、僕が幼少期、高校卒業する迄過ごした、田舎です。

今も両親が住んでおり、、、、、

山登りが好きな方ならご存知かと思いますが、日本で富士山の次に標高が高い山は、北岳と言います。

この北岳の登山口があるのが、山梨県芦安です。

そんな、山の中に幼少期住んでいて、この季節になると、父親と山菜取りに行ったもんです。

東京で売っている、ふきのとうやタラの芽を見ると、毎回寂しく思うのですが、、、、

田舎で食べていた、山菜の香りは、養殖の山菜と比べると、別物です!

今の季節は、ふきのとう、藪萱草(ヤブカンゾウ)、のびる、クレソン、セリなどが取れ、もう少しすると、ワラビ、タラの芽、コゴミ、ゼンマイなどが出て来ます。

山菜を見ると、やっぱり、日本の春だな?って感じます。

ただ、東京で天然の山菜を購入しようとすると、すこぶる高価で、天ぷら屋さんみたいに、それで1品としてお出しできるのであれば良いのですが、フランス料理だと、付け合わせにする事が多く、贅沢に使うのが難しいのは、否めません。

しかーし、今、マノワには、、、、、


山の沢に生えているクレソン

4BC7252F-4FD1-4471-81FD-AF8942FB084B.jpg


藪萱草(ヤブカンゾウ)

227A4D1F-D9DE-4790-B19C-65704A525B2A.jpg


山セリ

5494C4C5-2DC1-4DDC-A300-7DE9DD00382A.jpg


のびる(田舎だと、のんびる)

32FF7491-0039-4813-B94A-B89F5DDAB5AA.jpg


これを、スタッフで、綺麗に選りすぐり、掃除致します。


CC403171-70B1-4ACC-823F-136B38202F48.jpg

こんな春の味覚が、想像出来ないほど、毎週届いております。

そーなんです!山梨県芦安の僕の両親が取ってくれて、送って貰ってます。

そして、この貴重な食材、花山椒

IMG_6122.JPG

A87F4E61-3268-4C57-AF5B-18DD31DD6322.jpg

これも、たらふく届いているのですが、ここではあえて書きませんが、あまりの高価さに、田舎の方々はビビリますよ?僕の両親に言ったら、しばらく嘘だと思って、信じて貰え無かった程です(笑)

ちなみに、ブログ読んでる田舎の方々、、、、、

東京では、花山椒は、お鍋に贅沢にさっと落として、高級な霜降り牛肉でさっと包んで、軽く鍋の中でしゃぶしゃぶして、有難がって食べます。それで、福沢諭吉が何枚も飛んでいきます。

物の価値は人それぞれだと思いますが、東京にいると色々な事を考えさせられます。

でも、幼少期、決して中村家は裕福ではありませんでしたが、贅沢な暮らしをさせて貰ってたな?と最近この歳になってつくづく思います(笑)

これ以上書くと炎上するので(笑)今週のお客様には、はじまりの春の食材をたらふく、是非お召し上がり頂きたいと思います(笑)

終わり!
posted by マノワ at 14:54| きのこ、山菜、釣りのお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

きのこ穫り行って来ました。

っね!言ったでしょ?月曜日は晴天でした。いつも晴れ男の中村です。

5D766999-F023-42C5-B1FD-152F30FBEFDF.jpg

うちのシェフが夏休みに、イタリア行って、ゴージャスに地中海をクルージングしている写真です!

そんな、毎年ヨーロッパ行って、クルージングしている、しんぺーに、自然の厳しさを味わってもらうべく、山へ、、、、!

先日のブログの宣言通り、山梨県にきのこ穫り行って来ました。

今回は、スタッフの女の子にフラれたので、おっさんばっかりで、行って来ました(笑)

日曜日の営業終って、深夜に東京出て、、、、

山梨県某所のいつもの山のいつもの場所へ、、、、!

今年は夏が涼しく、長雨の影響なのか?僕のきのこの師匠も皆んな口々言うのは、、、、

今年はきのこがおかしい!

きのこは、毎年、だいたい同じ時期に同じ場所に生えるのですが、今年は、そのルーティーンが全国どこでも変わっているとの事、、、

百聞は一見に如かず

って事で、山に入る時間は、、、、、、

朝5時、気温12度

7C5D8792-15AE-4296-828B-677BEE1D2D13.jpg

最高の天気と気温の元、山に入るも、、、、

IMG_6729.JPG

IMG_6728.JPG

ここまでは、全てが僕の計算通りだったのですが、山に入ってその違和感に気付きます。

きのこがねーーー!

C4A95DBE-D9A6-4477-B844-6FC920ACEB70.jpg

44465A47-553D-48E8-AA9C-AC472B34441C.jpg

E9190D04-6DF5-48B7-A62A-C21B7A431D74.jpg

途中山の中で、川崎から来た、おっさん達とも話したのですが、今年は、やっぱりおかしいって言ってました。

通常、この、、、、、

ハナイグチ(北海道では落葉と呼ばれています)

CC5462A0-6193-48DE-B175-65F9A93323F1.jpg

イグチ系のきのこは、田舎では、大根おろしと共に、味噌汁に入れたり、きのこ鍋にしたりするのですが、、、、

IMG_6732.JPG

IMG_6722.JPG

IMG_6723.JPG

IMG_6725.JPG

IMG_6727.JPG

IMG_6726.JPG

とにかく、美味い出汁が出る、日本を代表するきのこです。

46B3853A-8FE9-4A59-9B93-57DC30DD2E02.jpg

30F8EEF7-FC7D-48CC-B80B-5ABD00993F2A.jpg

8A57703E-E0FE-4F88-94DC-B8CD2B97F1EE.jpg

A1AACF4F-4FF6-4A0B-AADF-D4645DB5DAFF.jpg

ハナイグチの生息ポイントに行っても、通常の4分の1位しか生えていない印象でした。

5A508B81-02A6-48D6-99E0-C73BDF0CF922.jpg

F1A74E9E-329E-47F8-AF68-9EC7F5FA2C08.jpg


ポイントを変えて、この、アカモミタケもほとんど、生えていない状況!

もしかして、前日の日曜日に誰かに獲られた?って言うのも考えたのですが、人の入った気配は無く、あるのは、、、

IMG_6733.JPG

16EE1DB0-C474-4038-B287-3BB19841460A.jpg

鹿の糞や、白骨!

食べれない、毒きのこですら少なく、諦めきれず、山をそーとー登りましたが、食べられるきのこの姿が、あまり、見当たらないので、、、、、

F5E0C66E-577E-4420-B6E5-179EB7DE4139.jpg

C55FF181-AFD4-43D9-AFD0-47B3A9DAFA37.jpg

0EB62CCA-30B9-474A-8C45-3975807BE040.jpg

337D7186-E0A6-476F-B6BA-09FE7937BAA7.jpg

C5957CB5-8CFD-4049-B675-C6D1DC3FEF58.jpg


D075ACB7-F27F-4964-8D26-C9C21E9EADAB.jpg

5831A252-A96E-4591-9E0D-80F4D4824C55.jpg

46A1542B-286A-4A93-AE95-AAE34BE9CDAF.jpg

B12EC865-C42E-4129-8427-A7B9B343B749.jpg


IMG_6734.JPG

IMG_6735.JPG

4286434A-BB3C-4046-92B5-5B0BE7A49252.jpg


IMG_6730.JPG

木の根元に巣を作る、蜂の子でも取ってやろうか?とも思いましたが、、、、

F48513EC-D057-4B36-953D-F10CC7DD6836.jpg

10時30頃、これ以上の、きのこ獲りを諦めました。

きのこ穫りって、山入って、たくさんきのこが生えていると、テンション上がって、時間忘れるんですが、きのこ生えてないと、だんだん、身体がダルくなってくるんですよね?釣りもそーですが、、、、

10時30分に辞めたのには、訳があります。

79C75FE2-3DB8-4886-9B2A-0120BCB80AD2.jpg

吉田うどん

食べる為です(笑)このお店は、いつも行くのですが、11時開店にもかかわらず、11時に行くと大行列で入れないんです。

っで、今回もそーですが、せっかくだからと、貧乏根性で、、、

うどん大盛り、全部のせ、かき揚げトッピング、炊き込みご飯セットを注文したら、、、、、

9956E737-5312-4C8D-AC11-702CE272D700.jpg

D3F56861-E1BB-47EC-8845-87803DF7F3AA.jpg

F6A3BAEE-D79D-438E-A8C0-6B5BBA97820B.jpg

このボリューム感はやばかったです。

けどやっぱり美味い、吉田うどんの免許皆伝、オススメです!


っで、コーヒー飲みながら、ミスチル全開で歌って、車運転して、東京着いたのが、、、

13時30分

昔は、うどん食わず、そのままランチ営業したり、、、、、

数年前は、城ケ崎海岸いって、スキューバ、1本潜って帰ったりしてましたが、、、、

もうそんな体力ねーな?って感じました。

実は、今年の夏、初心にかえって、日本で2番目に高い、地元の北岳に登ろうと思っていたのですが、骨折した事もあり、断念したのですが、来年はしっかり身体鍛えてから登らないとヤバイ感じる今日この頃です!

P.S 富士山の次に日本で高い、北岳(3193m)は、僕の田舎の山梨県・芦安にあり、うちの父親は、一時期、その山小屋をやってました。その影響もあり、僕は幼少期から、数え切れないほど、北岳にのぼり、高校時代には、その山小屋でバイトしたり、歩荷したりしてました(笑)


そんな、貴重な山梨県の天然きのこは、麻衣ちゃんの

【きのこが食べたい!】
と言う、鶴の一声で、、、、

9725D0FC-FBE5-4256-B184-FCFC415BE544.jpg


昨日、まかないで、、

きのこほうとう

になったとさ!

終わり!
posted by マノワ at 14:45| Comment(0) | きのこ、山菜、釣りのお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

天然鮎のお話し!

今日は、過去のブログの引用です!

今の季節、天然鮎は誰もが、食べたいですよね?

IMG_6190.JPG

そんな、釣りのお話し、なのですが、、、、

日本の現状のお話しです!

田舎にお住まいの方も、川につっ立っているおっさんに、少し、敬礼したくなる、、、

>そんな、天然鮎釣りの過去のブログです!(笑)

ポチッとな!

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/445638924.html?1501218086

若者は、身近にある必殺、、、下半身問題の、矢口しか知らないかも?知れませんが、、、、、、

その昔、モーニング娘の曲中に、、、、、

【釣り好きの、男には、悪い奴はいない?】

って言う、歌詞があった様な気がしますが、、、、

あながち、間違いで無い思っている、、、、、

そんな、骨折している、釣り人です!

posted by マノワ at 15:21| Comment(0) | きのこ、山菜、釣りのお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

ついに、特注、ジョン・ロブ買いました!

E8252910-5EB6-4FE3-860A-01B1D362BD50.jpg

先日、骨折ブログを書いた所、予想を遥かに超える反響があり、恐縮しております。中村です。

長い事、お話しして無かった、昔の先輩や、関西方面の方は、冗談じゃ無いのに、笑い話にされ、親族系からは、怒られ、常連様は冷やかしに訪れ、、、、、
前回肋骨を2本折られた、六本木方面にいる、昔のスタッフ、友佳からは、ムカつく嫌味のラインが届き、麻衣には、添え木の包帯巻いて貰い、ハルカには、毎日体当たりされ、宮城からは、カルシウム不足を補う為に、イワシが1ケース届く予定です(笑)

改めまして、、、、

たくさんのお気遣いと、おせっかい、ありがとうございます。
決して、ブログネタに困って、骨折した訳ではありません(笑)

っで、先日の休みに、改めてレントゲンを撮りに、日赤病院に行って来たのですが、、、、

っハイ!

AE95D161-6BB7-4438-821F-C2B7D387E117.jpg

勝手に添え木を外しているのが、バレまして、、、

っハイ!

お医者さんに怒られました。

F6A4F811-CC86-457B-AA30-FA5924ECDDDA.jpg

っで、先日特注で製作して貰ってた、、、、、、

日赤病院のジョン・ロブ

F037D3F0-E298-4EBD-AD95-AEAA72D61E6E.jpg

ハイヒールの様に、かかとを常に浮かす事が出来、、、、
BD55985B-3CAE-4DB4-ABB5-BE1BA062A9AF.jpg


今年の酷暑を意識してか、基本的に足は丸出し!

2430A3BC-6255-42B8-9361-DCDA11DFB414.jpg



上から見るとこんな感じで、、、、

3B4DA724-CAE5-4028-988E-D0C91534094E.jpg

横から見ると、最先端のオシャレなハイヒール型!

反対側の左足は、右足に高さを合わせる為に、渋谷のギャルみたいな厚底になっております。

って事で、しばらく、特注ジョン・ロブギプスを装着しながら、営業しております(笑)

なーんて、こんなオシャレ最先端を履ける訳がないじゃ無いでしょう!休みの日に履きます!

ちなみに、ジョン・ロブの説明させて頂きますと、映画007シリーズのジェームス ボンドが履いている靴が、ジョンロブで、イギリスの紳士が履くイメージの靴です!

キング オブ 革靴

って言っても、決して過言ではありません。

東京・六本木のミッドタウンにショップはありますが、金持ってても、ガキには売ってくれないと言う、噂があるくらいで、ビビって入った事はありません。

いつか、ロンドンの本店行って、オーダーメイドで作って貰うのが、男の憧れです!

そして、そのジョンロブ履いて、レストランでボランジェのシャンパーニュ飲むのが夢です(笑)

一応、ブログを読んで、ジョンロブを気になった方の為に、ジョンロブのサイト貼っときますね!

http://www.johnlobb.com/jp/

と言う事で、日赤病院のオーダーメイド、ジョンロブは、ハイヒールバリに、身長10センチ高いです(笑)

10センチ身長が違うと景色が違って見えるんですね?

まじめな話し、今回骨折して、思ったのは、日本のカッコイイ政治家が、以前、国会の答弁でも言ってましたが、、、、

人間が生きていくうえで大事なことは、、、、

朝、希望を持って目覚め、昼は懸命に働き、夜は感謝と共に眠る。この気持ちだと思います。

そんな、カッコイイ、男になりたいもんです!

興味のある方は、下から、ポチッとどうぞ!

http://netgeek.biz/archives/93828

終わり!
posted by マノワ at 20:40| きのこ、山菜、釣りのお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする