2019年01月31日

マンデーハンターの月曜日!

マノワのお店が月曜日定休日なので、マンデーハンターの僕は、2月15日の禁猟日まで、毎週ハンティングに行っております。そんなお話しです。中村です。

今日は、最近ハンターになりたいって思っている、若者も多いので、マンデーハンターの猟師について簡単に書きます!

猟師に大切なもので、、、、、

1犬、2足、3鉄砲

という格言がありますけども、これに従うとハンター犬がいない僕には「足」が一番大事な要素となります。

足といえば、脚力のことでしょうが、もちろん脚力には健康が必要であり、猟欲(気力)も必要です。

それに何と言っても足を使う場所、つまり猟場が必要になります。

猟場というのは、師匠から受け継ぐというのが一番良いでしょう。

僕も千葉、茨城、山梨、北海道などの鳥(雉・山鳥)猟場はそれぞれの師匠に教えてもらい、ありがたく使わせていただいています。猟場というのはとても大事なもので、基本は秘密で軽々しく他人に教えるものではありません。

狩猟地図というのがあって、そこには、、、、

「猟をしてよいところとダメなところ」は描かれていますが、当然ながら、獲物がいるかどうかは書いてありません。

「そこに行けば獲物に会える確率が高い」というのは、ものすごい貴重な情報なんです。

だから師匠が現役の場合、自分ひとりで猟に行くのなら、、、、

「師匠の猟場に行かせて頂きます」と一言挨拶するというのが、僕のまわりだと礼儀になっています。ただし、だれだれの猟場という言い方を便宜上しますが、占有しているわけではありません。

もちろん、他のハンターがいることだってあります。

一方猟場というのは減ってゆくことが多いです。新しい家ができたり、狩猟禁止区域に新しく指定されたり、環境が変わって、雉が住みにくくなって、引っ越してしまったりと要因は様々です。ですから新しい猟場を探すのは、ハンターにとってとても重要なことなのですが、これがなかなか難しいものなのです。

まず銃を撃てる場所を狩猟地図から探し、実際行ってみて獲物がいるかどうか確認します。獲物が居そうだと思ったら、撃てるかどうかを確認します。

家がないか?あってもそっちの方向に撃たずに済むか?道路を超えて撃たずに済むか?車を停めるところはあるか?などなどです。

Google mapの航空写真で見ておくのもいいでしょう。簡単に言いましたが、これ全部難しいことです。

家は大抵どこにでもありますし、家がないほうに鳥を追い出せてもそっちには国道があったり、獲物が居そうなところには車を停めるスペースがなかったりします。また、獲物が居れば「ここは獲物がいる場所だ」ってわかりますが、その日見ないからといってその場所に獲物がいないと決まったわけではありません。

ただ単にみられないだけかもしれません。一度撃たれて逃げた雉は同じ場所に帰ってくるまでに時間がかかるといいます。

僕の様に、毎週月曜日に見に行っても、多くのハンターは、毎週土曜日、日曜日に狩猟をする、ハンターが多いので、その場所に、月曜日に僕が行って獲物を見つける可能性は低いというわけです。

じゃぁどうすれば獲物がいるかいないかわかるか?といえば案外簡単です。

雪が降ったら猟場をまわる

ことです。すると雉の足跡はもちろん、ウサギ、鹿、猪まではっきりとわかります。何年も通っており、いかにも雉が居そうな場所があったのですが、雪が薄く降ったあと行ってみるとなんの足跡もありませんでした。

なるほど何も見ないはずです。足跡を追いかけると、雉だったら足跡が増えたり、ある場所から足跡がぱったり消えたりします。

すると飛んだということがわかりますから、そこでどちらに飛んだか考えまた足跡を追いかけたりします。このとき獲物が撃てればいいのでしょうが、僕はあまりこういうときには撃ちません。

動物が遊んでいる場所がわかれば十分だと思うからです。

と言う感じで、僕が何気にとっている、獲物達も多くのストーリーがそこには存在します。

しれーっと書きましたが、先ず、、、、、、

ハンティングは自分一人で続けて行く事は難しいと言うことです。

銃を所持する事は中々大変ですが、善良な市民だったら、大抵可能です。

それ以上に大変なのは、先にも書きましたが、師匠であったり、仲間に巡り合う事です。でないと、ずー〜っと鉄砲を所持し続けるのは難しいです。ちなみに、鉄砲を所持しても、撃たないと撃たないで、また、銃を返却しなくてはいけないんです!

そんな、この間のマンデーハンターの様子を、、、、、

日曜日の仕事が終わり、たいして寝る事も無く、お友達ハンターと共に、早朝に東京を出発します。今回は、茨城県まで鴨狙いで遠出しました。

434531B1-C2CB-4D49-B7F0-59D0CF97F8AA.jpg

そーなんです。茨城県は寒くて、行く池が凍っている場所も多く、中々鴨には巡り会いません。

しかーし!凍っていない池には、鴨が集まり、とある池で、、、、、、

5C9F3826-2783-4D6B-A058-3BD2759BC554.jpg

朝飯前にカルガモゲットです。

もちろん、最高の状態でお客様に提供する為に、その場で腸は抜いて、お腹の毛は毟って(なるべく早く冷却する為です。)氷の入ったクーラーボックスに入れます。

BEB5890C-D766-4EB5-A746-0759460662AA.jpg

その後もいくつかの池を回ったら、ランチタイムです。

田舎に行った時の楽しみとして、ランチのお店は、決して東京ではあり得ないであろうお店に入る事です。

今回は茨城県の定食屋さんに行ったのですが、、、

メニューが非常に多いので、820円のおまかせ定食にしました。

497A9BDF-A983-4616-9AD2-71CD062EF007.jpg

30D30EFF-EC34-460A-B908-F5D8F1916068.jpg

鯖の塩焼き、肉味噌炒め、串カツ、ハムカツが付き、そして、このご飯の量!


C017927B-450C-4674-A00D-B66A15E0F4E1.jpg


ドラゴンボール盛りでした!決して大盛りじゃないですよ?普通盛りでこの量です、ちなみに、小盛りにすると-50円でした。

出された物は全て食べるのが僕のモットウなので、意地で食べ、その後、師匠の待つ千葉県に向かいます。


14時ごろ千葉県某所に着き、先ずは鴨撃ちします。

僕が撃ち落とした鴨が川に落ちてしまい、僕らではどうしようも無いところ、、、、、、

020D91D7-1F26-4969-98C2-848058DFC2FD.jpg

先の話で、1番大切と言った、師匠のハンター犬が寒い川の中に飛び込みます!

398D3B93-DE18-4006-A2C4-77B392D30B22.jpg

6EBAAD03-E62E-4D54-A9E7-E7B555F2415F.jpg


この光景は何度見ても感動します。僕もこんな優秀なハンター犬と部下が欲しいです!


その後、キジハトハンティングをして、日が傾き始めた頃終了です!

A51AE639-14E2-424B-8749-209B2FE90B62.jpg

師匠にご挨拶をして、東京に戻ります。

そーんなマンデーハンターのお話しでした。

終わり!
posted by マノワ at 14:41| 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

日本キジを仕留める、今年最後のお休みの日の巻!

クリスマスの準備や、年賀状だったり、師走の慌ただしさを体現しております。中村です。

そんな中、やっちまったんです!

そー、iPhoneXを使っているのですが、便器の中に落としてしまったのです。

、、、、、っで、

そもそも、iPhoneXに変えたのは、防水機能が付いていたので、発売日に変えたんです。

YouTuberのヒカ○ンも風呂の中にわざわざ落として、その防水性能をアピールしてましたし、、、、、

僕も、長野県の山の中で、山菜採りに行った時に、川の中から、iPhoneXを拾って、電源入れたら使えて、外人のiPhoneXで、交番に届けるなーんてエピソードもありました。

っで、僕も便器に落としたので、直ぐに拾い上げ、直ぐに水洗いしました。

そーしたら、壊れました!俺のは不良品か?

嘘だろ?

っで、時間に煽られ、渋谷のアップルストアに行って、、、、、

なんでやねん!

はい!詳しくは書きませんが、予約が取れないので、直接朝早く行ったら、冷たくあしらわれ、新品のiPhoneXに変わりました。

アップルケアに入る事をお勧めします!

最近のiPhoneって高価なんですね?


なーんて事を書いた所で?

今日はタイトル通り、日本キジのハンティングのお話を!

日曜日の営業が終わって、自宅に帰り、年賀状を書き、クリスマスのメニューを印刷していたら、もう朝の7時!

いつもお世話になっている、Iハンターと、マノワのもう1人のハンターの、りょーいちと共に、茨城県と千葉県に、日本キジと鴨撃ちに出かけました。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、この間の月曜日の天気予報は、雨だったじゃないですか?

東京を出る頃はバリバリ雨降ってましたが、現地の茨城県に着く頃には、完全に雨が上がっておりました!後ほど書きますが、そんな気候条件が、日本キジのハンティングには最高なのです。

先ずは、鴨撃ちです。

C66D13E7-7A7C-441D-8116-99E54D1DA797.jpg


北海道での鴨撃ちもそうだったのですが、今年が暖冬で、鴨達がシベリアから飛んで来なくて、周る池池に、中々鴨がおらず、しかも前日が日曜日なので、地元のハンターも当然鴨撃ちをやっている訳で、中々巡り会いません。

そんな中、見つけた鴨!

E111CB61-0056-416B-9006-28A158F8F9C4.jpg

はい!1発で撃ち落とします。

それをりょーいちが、網ですくい上げます!

468978C7-5785-4195-8B7B-FD0035262EDB.jpg

ハシビロガモでした!

日が昇ると気温が上がり、ボサの中に入っていた、日本キジは、羽を乾かし、エサを食べる為に、畑に出てきます。

これこそが、雨上がりのキジ撃ちのメリットなんです。

通常、ハンター犬を持っているハンターは、人間の目では見えない、ボサの中にいる、キジをハンター犬が飛び出させて、ハンターが撃ち落とし、犬が回収する、、、、、

これこそが、キジ撃ちの魅力なのですが、チワワのメオしかいない僕にとっては、、、、

74E7963E-8812-4558-AF92-AD5AF70DBA10.jpg

この雨上がりのキジ撃ちしかチャンスは無いんです。


チラホラ、日本キジの姿を確認するも、民家の横であったり、メスの日本キジであったり、中々チャンスに恵まれません。

そんな中、僕のハンティングの師匠から電話があり、、、、

「昨日、千葉県の某所にハンター犬連れて、キジ探していたら、メスキジ2羽とオスキジ3羽いたよ!撃たなかったから、2時30分ごろ行ってみな?絶対いるから!」


有難いですね?

キジは、鴨達と違って飛んで、自分達の縄張りから大きく離れる事はほとんど無く、大抵の場合、その場所にいます。

まだ、2時30分までは少し時間があったので、茨城県のお蕎麦屋さんで、、、、

85BE9994-0A7C-4945-86C0-796BAC81826C.jpg

けんちん蕎麦を食べて、千葉県に向かいます。

そもそも、日本キジの説明をしますね?


日本キジは、日本にしかいない、固有品種って事は、何度かお書きしましたが、日本では、、、、、

オスしかとってはいけない、貴重なジビエだと言うことはあまり知られていません。

正直な話し、フランスからは、いくらでもキジは入って来てて、オスでもメスでも買えますが、日本の日本キジは、ほとんど出回る事がありません。

自分で撃ちに行くか、知り合いのハンターに分けて貰うか、、、、

とっても貴重なんです。

さらに、例えどれだけ、日本キジのオスがいたとしても、、、、、

1人のハンターは、1日2羽までしかとってはいけないんです!

めちゃめちゃ、貴重な、日本キジのオス

image-20130201150738.png

その日本キジの、内臓や、骨からソースを作るフランス料理は、前にも書きましたが、青首鴨もそうなのですが、日本のジビエは、海外のジビエに比べて、当然ながら、、、

圧倒的に状態が良いです!

そんな日本キジをはじめとする、鳥系のジビエ達は、ほとんどの場所で、、、、、

2月15日で禁猟を迎えます!

なので、熟成の事を考えても、あと2ヶ月程で、鳥系のジビエは食べれなくなります。

そんな貴重なジビエの日本キジは、、、、


B1BC197D-9F99-4035-8A3C-D0FAF3E7CF0A.jpg

年末にYハンターが、空気銃で撃った、これ以上無い位の素晴らしい、日本キジを、、、、
(空気銃で撃つ事により、散弾銃と違い、身に与えるダメージが圧倒的に少なく、こー言った状態の良い物のみが熟成します。)


毛付きのまま、ぶら下げてフェザンタージュ(熟成)させます。この熟成がもっとも難しく、キジの状態の良い物で無いと、腐敗します。

フェザンタージュは、まさに、キジ(フェザン)を熟成させるって所から、言葉が出来ているのですが、経験上、キジは2週間を境に全く身質が変わります。

それ迄は、歯応えのある、美味い地鶏なのですが、2週間を境に、身質は、ねっとりして来て、口に乗せると旨味を良く感じられる様になります。

白身の身質になりますので、ここからは火入れが全てと言っても過言ではないと思います。

胸肉はオーダー頂いてから、ゆっくりと焼いて行きます。

腿肉は、前にも書きましたが、ウサインボルトよりも早く走る為、めちゃめちゃ筋肉質なんです!なので、コンフィ状態にしながら、ゆっくりと火入れをして、お出しする直前にグリエします。

それ以外のスネ肉や腕の肉はミンチ状態にして、コロッケの様な状態にして、フリットします。

ソースは、日本キジの骨から出汁を丁寧にとり、新鮮なレバーを加えて作ります。

毎回お出しするスタイルは、お客様の好みや、ワインによって変わりますが、全ての部位をそれぞれの調理方法で仕上げたお料理がこちらです!

7834681C-0E6D-4129-8D51-E9CDC7BBF845.jpg


美味いに決まってます(笑)


ってな事で、、、、、、


師匠のアドバイス通り、2時30分に千葉県の某所にたどり着くと、、、

9CC3AB47-E737-4510-BD2A-22DB53A83322.jpg

63B88224-3C23-4CB6-A8DC-60B5C96C590B.jpg

はい!メスの日本キジが2羽、目の前にいました(笑)

メスキジは撃ってはダメなので、その近くのキジのいそうな、ボサの脇を通って見ると、オスキジをチラッとみました。


ここから、Iハンターと作戦会議です。

そのボサを囲む様に、2人で同時にボサに突っ込みます。

すると、僕の足元からオスキジが飛び出し、、、、、、

193C281D-6A66-4BA7-82EC-9A8AB9153212.jpg

僕が、仕留めます!

ちなみに、麻衣にも突っ込まれましたが、この日の僕の髪型は、寝癖です(笑)

その音でびっくりした、もう1羽のオスの日本キジが、反対側のIハンターの方に飛び出し、Iハンターが仕留めます!

5898AE8F-B2FA-4C83-BB91-047C52DF0AA2.jpg

E03041BD-7294-45F5-8C3A-A5E753422773.jpg

F8AA04EB-AC9E-434B-B965-BAAC978370A7.jpg

様々なハンティングしてますが、やっぱり日本キジは格別に嬉しいですね?

だった、仕留めたばかりの時は、すげー綺麗なんです。

シャガールのステンドグラスやバカラのシャンデリアにも感動しますが、やっぱり、生きている日本キジは、とても綺麗です!

しかも、自分達の作戦通りに取れるとやっぱり嬉しいです!

この日本キジは、りょーいちが、どうしても食べたいと、ごねるので、まかないになります。


毎度書きますが、、、、、

正直、自分の仕留めた、ジビエのみで、お店の経営なんかは出来る訳ないし、どうしても獲物が欲しくて、ハンティングすると事故がおきます。

たくさん、獲れた方が良いに決まってますが、それ以上に、一緒にハンティングを楽しみ、同じ様に楽しめる仲間がいて、こんな僕に自分の経験を惜しげも無く教えてくださる、師匠!

その事が何よりの宝だし、その時間を一緒に楽しめた事が、何よりも大切だと考えております。

ハンティング当日が誕生日だった、Iハンター、今度、誕生日と言ったら、噂の赤海老で乾杯しましょう(笑)

って事で、もう充分楽しんだので、千葉県を後にして、現実の世界の東京に戻ります。


家に帰ってまた年賀状書きながら、いつの間にか、ソファーで寝てしまい、朝方、息子に殴られて起きて、今週の営業が始まってます!

師走ですね?
posted by マノワ at 14:01| 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

先日の北海道、恵庭市のハンターによる誤射について!

多くの方々はご存知と思いますが、多くのジビエを使っているお店として、今日は、先日の恵庭のハンターによる誤射事故の影響をお話しします。中村です。

北海道、恵庭市にて、先月、誤射事故がおきましたが、自戒を込めて状況整理そして、、、

被害者の方のご冥福をお祈りします。


たくさんの方々がご存知かと思いますが、今年もいたたまれない、ハンターによる、誤射の事故が、まだ狩猟解禁になったばかりの北海道で、先月起きました。

この影響で、北海道のハンター5300人には、今月4日付けで、12月いっぱいは全鳥獣に対して狩猟を自粛する流れになりました。

僕も解禁日から既に蝦夷雷鳥や、鴨撃ちに1週間ほどハンティングに北海道に行っておりますが、ここ最近、急に寒くなり、池は氷り、北海道から渡鳥はいなくなりますが、、、、、

マノワで年中使っております、ヒグマは、ほぼ無理と言っても過言ではない位、手に入りにくい状況になりました。

マノワでは、月の輪熊始め、いくらでも代替えはあるので、お客様に迷惑はかからないと思いますが、、、、

毎年、ハンターのこう言う事件が起こる度に、同じハンターとして心が痛みます。

多く書くと、めんどくさい事になるので、同じ思いを持つ、ハンター仲間のブログを貼り付けておきます。


http://suirikuryouryou.blog.fc2.com/blog-entry-425.html

最後に僕もこれは、事故では無く、事件だと思います!

終わり!

posted by マノワ at 18:37| 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

2018年も、雷鳥始まりました!

ここの所、急に秋を感じる様になって来ましたね!中村です!

雷鳥始まりました、、、、

何だか、夏場に冷やし中華はじめました!みたいな感覚なのですが、、!

雷鳥が始まると、ジビエシーズンが始まります!

毎年、ジビエシーズン1番初めにスタートするのが、、、、

このスコットランドの雷鳥です。


image-20130913211446.png


image-20121005182231.png


22234A86-C03B-42ED-8473-6D40072DF309.jpg

155E70F4-8AFF-4393-8312-3E247AB00DC8.jpg

雷鳥という名を聞いて食べていいの?ってお思いの方も多いとおもます!

その通り、日本はもちろんの事、世界中で天然記念物に指定されている国は非常に多いのが現実です!

雷鳥は冬でも高山で暮らす、日本で唯一の留鳥で、英語圏では、冬に白い羽となるライチョウ属の種をPtarmigan、羽の色を変化させない種はGrouse と呼び区別されております。


image-20130913211516.png


僕は、父親が狩猟をやっていたということもあり、小さな頃から家庭の食卓に、普通に様々なジビエが登場しておりましたが、雷鳥だけは食べた事がありませんでした。

フランス料理の世界に入って、【食べれるんだ!】っていう事を知り、20歳の頃、直ぐ、とあるレストランに食べに行った事を思い出します!

まだ、ぺーぺーで今の時代の若者に比べ、給料も本当に安かったけど、その当時はもらった給料をすべて、ワインとフランス料理に使っておりました!

未来の自分への自己投資だとおもって、食べて飲んでましたね(笑)

ジビエってその独特のジビエ臭があり、その香りがダメな方も多いのではないでしょうか?

様々なジビエがありますが、この雷鳥野ウサギはジビエの中でもトップクラスに香りが強い物になります!

なぜ?

雷鳥はご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、高山に生息しております!

僕の実家のある、山梨県の芦安の北岳っていう山にも生息しており、3000メートルを超えたあたりで良く見かけました!

ちなみに、僕は小さな頃から、山好きの方はご存知かと思いますが、、、、、

日本で、富士山の次に高い、標高3193mの南アルプスの北岳っていう山で、父親が山小屋やっていた事もあり、数えきれないほど登っていました!

ちなみに、高校時代は夏休み、バイクを買う為に、その山小屋でアルバイトしておりました!

山頂に近づいた辺りで、この雷鳥に遭遇するのですが、この辺りは標高があまりに高く森林限界に達し、松も這え松って言って、松の木が上に伸びる事が出来ず、地面に這うように覆い茂ります!

この辺りに雷鳥は生息しております!すると当然雷鳥はこの松を食べます!

なので、砂肝や首ずるの中から、こーいった松や杉などの針葉樹がたらふく出てきます!

雷鳥のその独特のジビエ臭は、この松から由来する物なんです!なので、独特の松ヤニの様な香りが雷鳥の赤身のお肉にはあります!


この雷鳥を使ってお出しするお料理は、、、、、、

胸肉は、オーダー頂いた後、フランス料理の技法を使い、ゆっくりと火入れをします。これを高温で一気に焼き上げると、ホール中が雷鳥の香りになるくらい、強烈です(笑)

ジビエの鳥系のもも肉は、胸肉に比べ、たくさんの動いているので筋肉質で硬く、さらに、クセもより強くなります!

なので、自家製香辛料と共に、コンフィ状態で火入れをして、直前でポワレして、柔らかく食べ易くしております!

よって、同じお皿の上に、胸肉ともも肉が乗っておりますが、、、、

全く火の入れ方味わいが、変ります!

おソースは、雷鳥の骨などからとった出汁ベースに、赤ワインや香辛料を加えた、おソースでお召し上がりいただくという1皿!

とても時間のかかる、まさにジビエのスタートを代表する一皿です!

これからの季節、様々なジビエが始まりますが、1番始めに初まり、1番最初に終わるのがこの雷鳥なんです!

おそらく、毎年11月中旬ごろには終わる、ジビエのお料理になります。

なので、レストランに行って雷鳥があると、もうそんな季節なんだな?ってお思いの方も少なくないはずです!

是非、今しか食べれない雷鳥お召し上がり下さいませ!

ちなみに、ご予約時おっしゃって頂ければ、お取り置きしておきます!

そして、、、、、


北海道の上川町から2才くらいのヒグマが2頭届き、、、、

E95CDC43-3FBB-43EE-854C-874A92319389.jpg

E7F84DC4-AAE8-4BBA-9E2E-0F5E84E4909F.jpg


鹿児島県からは、アナグマが3頭届き、、、、、、


穴熊は、ヒグマや、月の輪熊と違い、、、、

そー言えば、昨日、赤坂でアライグマが捕まってましたね?あの仲間たちです!

330F82EA-EF6D-4D58-BCDF-80DC13E5B243.jpg

5C459757-9069-4306-9FC2-86958A3F22BC.jpg

EB523B52-7397-42F0-A86C-2AFE9DDB6173.jpg


この上質な脂が乗ってきたアナグマを見ると、山の中も寒くなり、厳しい環境になってるんだなぁ?って思うのはマニアックなスタッフを抱える、マノワのスタッフのみなのかも?知れません(笑)

だからこそ、美味いんです!

FF9B509C-17A7-4E10-AACB-91EC056EEE89.jpg


和歌山県と伊豆の河津からは、日本鹿が2頭届きました(笑)


そして、麻衣の舞茸含んだ、天然きのこももうすぐ終わるのですが、、、、


C25A6862-6F41-4DEA-B784-2493862DC817.jpg

スタッフがうるさいので、松茸はまかないで、松茸ご飯で食べたり、、、、


5963AC03-2941-4E0C-9A89-C1660831A6A7.jpg


長野県からは、もっと貴重な香茸が届いたり、、、、、

DD8D7FAE-76A4-4670-9694-0FD4FDF3E6B4.jpg


あまりに、全国のハンターのみなさんが気合入りまくりなので、ホシザキのでっかい、冷蔵庫を1台買いました(笑)

ちなみに、天然きのこの問い合わせが多いので、書きますが、、、


ここの所、急に誰もが、季節の変わり目を感じていと思いますが、標高の高い山の中では、もっと、季節は変わってます!

先日の台風さんのおかげで、今年はダメだと思っていた、松茸を代表する、天然きのこも一気に生えて、急に豊作になりましたが、、、、

天然きのこ達は、雨が降って、生えても、夜に氷点下超えるともちろん、氷ります。

それが、太陽浴びて溶けても、真っ黒になり、そして、、、、、、、

全ての生物は、やがて、土に戻ります!

なので、山の中が氷点下になると、天然きのこは、終わるんです!

って事で、、、、

天然きのこと、ジビエが合わさる季節は、短いんです。

だからこそ、よくブログにも書きますが、、、、、

ジビエと天然きのこの季節は一瞬なんです!

自然には誰も勝てないんです!

そんなこんなで、まさに、色々な意味で、ジビエの季節になって来ましたね?

それこそが、、、、

一期一会

なんじゃ無いでしょうか?

終わり!


posted by マノワ at 23:10| Comment(0) | 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

2018年、幻の蝦夷雷鳥ハンティングの巻!(長編!)

蝦夷雷鳥のブログを書く前に、去年の蝦夷雷鳥の、、、、、

85D25D51-8297-44F1-8EBB-E811752FD8C9.jpg

Kハンターのプロポーズ大作戦のストーリーは、流石に超えられないので、去年のブログ貼っておきます!

2017年蝦夷雷鳥ハンティング1日目
http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/454006876.html?1539236378

2017年蝦夷雷鳥ハンティング2日目(Kハンターのプロポーズ大作戦、感動ブログ!)
http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/454152252.html?1539236895

2017年蝦夷雷鳥ハンティングまとめ、、、
http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/454274139.html?1539236962



っで、2018年の蝦夷雷鳥ハンティングのお話し、、、、


北海道2日目の鴨ハンティングが終わり、函館を代表するラーメン屋さん、、、


一文字

0F5B1FB7-28E1-45D9-BAB9-7A8BDCF71BBA.jpg


F7F0AF4D-DD6B-4944-99AE-9B2D7BDEE073.jpg

で、名物の函館ブラックラーメンを食べて、お世話になった皆様を、函館空港までお見送りさせて頂いたら、、、、


北を目指します(笑)

北海道って、毎回思うんですが、日本地図の縮尺が間違ってんじゃないか?って思う位、でっかいんです。しかも、高速道路はありますが、ほとんどが1車線でたまに追い越し車線があるって感じで全くスピード出せません。しかも、やたらと、警察が多くて、至るところで、スピード違反で捕まってます(笑)

蝦夷雷鳥は北海道の道東に多く生息しており、また、僕の父親の実家が北見にあり、マノワでお出ししている、玉ねぎ始め、じゃがいも始め、行者にんにくや春先の山菜など、多くを送って頂いているので、ご挨拶も兼ねて、北見に向かうんですが、、、、、


北海道でか過ぎます(笑)

噴火湾見ながら、ずーーっと、あまり変わらない景色見て走っているとだんだん暗くなり、ミスチルと米津玄師を音量マックスで聴きながら大熱唱して苦いレモンかじっても、眠気に勝てなくなり、、、、、

北見を諦めます(笑)遠過ぎです!

千歳に着いた頃、やっすい、ビジネスホテルに泊まろうって、根負けし、、、、、

せっかく千歳に来たなら、魚介食べようって思い、、、、、

0D0941F8-BB06-45D6-860E-B001770F30E4.jpg

2169BECA-95F4-41FD-91FF-E60B8C322A52.jpg

たまたま、泊まったビジネスホテルの近くに増毛漁港から直送される、居酒屋さんを発見したので、、、、

名物の甘海老始め、魚貝をアホみたいに日本酒と共に食べ、、、、、

ビジネスホテル戻って、3秒で寝て、翌朝、北見を目指します。

途中、鈴木宗男さんで有名な足寄町をより、噂のムネオロードを走っていると、これまた有名なハンバーガー屋さんを発見!

Woody bell

029DB808-5376-4A5F-833D-6B45A53EA786.jpg


8EBA6906-A2B2-4DF5-ADE9-8AA4D1CD63DC.jpg

6DCBFCBF-2AF4-48D4-B9AB-925286229E0C.jpg

8F641AA2-86FF-4E79-8C23-5C5810585915.jpg

0889EF92-15F0-470F-B9AD-380922114214.jpg

ペプシコーラと一緒に、そりゃー食べますよね?これ、写真以上に、すげーデカイです(笑)


こんな地方で行列が出来るって事はこー言う事か?って勉強させて頂きました。

正直言って、美味かったです!ご馳走でした。

次回も足寄町のムネオロード走ったら、必ずお伺いさせて頂きます。

っで、高速道路のインターで、かぼちゃのコロッケ買って、かじりながら、北見を目指し、、、、


7929F156-7D17-4AC6-B383-484C704B10D6.jpg

AAA9BE78-B2A4-4763-9DB8-339D1B6CE094.jpg

そして、やっと、到着!

東京でもお世話になっております、Gハンターと女満別空港で待ち合わせをし、その後この日は遅いので、ハンティングは出来ず、地震で東京でもたくさん報道されていた、、、、。

DC356B82-57FF-4668-907E-BB7399D6EA73.jpg

セイコマートでサッポロビール買って、男2人で部屋で、ハンター同士、積もる話ししながら、翌朝の蝦夷雷鳥ハンティングにのぞみます!


っで、4日目の早朝!

今年の、僕らの蝦夷雷鳥ハンティングには、決まりがあります。それは、、、、、

1つの林道から、基本的には、オスの蝦夷雷鳥のみ、1羽しか取らないって事!

A156E5A2-B8C3-497B-B9C1-9E5312F7D59F.jpg


地元のハンターもお話しされてましたが、、、、、、

もし、蝦夷雷鳥を狙うハンターが10人同じ場所にいたら、おそらく蝦夷雷鳥は、絶滅します!


僕もそー思います!

なので、僕の周りの、信頼置けるハンターとは情報を共有し、蝦夷雷鳥が絶滅しないよう、厳しい独自のルールを守り、1日の定数2羽のみハンティングして来ました。


しかも、今回は、一つの林道で2羽のオスの蝦夷雷鳥を確認したら、1羽撃つ様にしました。

また、2羽しかとれないので、お召し上がり頂く方に最高の蝦夷雷鳥をお出ししたいので、極力、胸に弾が当たらない様に、背中から撃ちました。

なので、本番にめっぽう強い僕は、命に順番は無いと思いますが、、、、

今回のハンティング、当然100発100中でした。

はい!多分もう、ゴルゴの域です(笑)

冗談ですよ?また、ベテランハンターに怒られますから(笑)

日頃お誘い頂いている、ハンターの皆様の賜物です!

今回2日間、蝦夷雷鳥のハンティングをし、、、、

4羽のみ蝦夷雷鳥を無事仕留めて、、、、、

434A32DF-0FE4-4A88-8F8F-8B2FBBA1A242.jpg

6062C6AD-47CC-4C2E-880C-19A516926C5A.jpg

0B4188EC-9CFA-4429-A744-3D7B7D2782EF.jpg

CEF11160-C7BB-4E95-9F7B-12D268F813DC.jpg

94D40C2E-5AAE-44CF-A3DF-33A4F58AA47E.jpg

B8D08819-AFD5-437B-9279-F4C9A82A5774.jpg

90388AEE-DC51-4DF7-9625-0971E7B883FE.jpg

この蝦夷雷鳥の羽紋って、綺麗だと思いません?

蝦夷雷鳥が生きている時しかこの色では無く、現地で見ると、例えようもないですが、シャガールのステンドグラスに匹敵するくらい、僕の中では、頭から離れなくなるほど、綺麗です!

そして、、、、

ブルゴーニュヲタクの僕は、鴨もそうですが、あの内臓の香りは必要無いと思っているので、撃って直ぐにその場で、腸だけは取り除きます。

9A74AE91-3B7F-4783-8BE0-3F3CB24DD575.jpg

1BB1E751-24F2-43CA-A8FD-73FFB5CC764D.jpg

そして、その後、時間があったので、新しい猟場の開拓も含めて、銃を持たず山に入りました!

E9D628AB-74E5-4930-A5A4-7C60685FEF81.jpg

0FD2DC8C-FB3E-49BA-A78F-6325EF0367B7.jpg

9872F202-16FA-4D50-82E7-08CA48237903.jpg

高校卒業まで、山梨県の北岳の山の中で育った僕にとって、携帯の電波も入らない山の中は、東京の、現実の日常を忘れ、何故か?落ち着くもんですが、北海道の山はうちの田舎の山と違い、圧倒的なパワーをいつも感じます!

トトロが持ってそうな、バカでかい、ふきの脇の、小さな小川には、オショロコマなどの、魚達が溢れて、、、、、

978B9840-3291-4798-B3B7-84A2B9A83E3F.jpg

84A5113F-0597-49F8-A4C5-511104AD9C22.jpg


山の中には、鹿の骨や、、、

2D34E18B-AF55-41C2-B9E8-E37FC35852BB.jpg

65216AA1-93D5-4A3C-9A7D-42558777DB23.jpg

山々は、紅葉し、、、、

CA01E4EC-7E9F-4B2A-8919-D1430124F092.jpg

7F8A66A0-DACA-4741-A159-88A1F4E5177B.jpg

058ACFDD-A4EE-4DB4-913E-35787B9AB92F.jpg

4E3F522F-7540-4F74-A6A0-3A9992196C4C.jpg

0EE01302-BBCC-472A-95D3-A2B3CBA1F2A0.jpg

蝦夷鹿が鳴き、、、、

29D43EC1-44E4-4E7F-A3EE-C12BA2217D89.jpg

C3AD6A31-508E-4230-97DB-970572A81977.jpg

64B39B42-AA34-4D44-9FEE-B95D0A528A15.jpg

ヒグマや蝦夷鹿の足跡やフンがある!

66062880-B866-4328-9BD8-BDF2B7F2940D.jpg

いつの間にやら、山梨県の山の中で過ごした時間より、東京で過ごしている時間の方が多くなり、こー言った自然環境に銃も持たず、山の中に入ると、毎回、人間のちっぽけさが身に沁みます!

来年は、蝦夷雷鳥ハンティングが早く終わった時の為に、釣り竿も持っていき、その辺にいる虫で、釣りして、オショロコマを炭火焼きして食べようって言う目標がたちました(笑)

D7EFF62F-33EA-4030-BAFA-C726B59B7A3B.jpg

ついさっき、猛禽類に襲われただろう、青鳩の残骸が山の中にあったり、、、、

不思議と内臓を狙って、野生獣は食べるんです!やっぱり、内臓って美味しいんだなぁ?って、、、、

なーんて感傷に浸った所で、、、、、、、

この日の夕食は、北見にあるフランス料理店の

エル・クラシコさんで、お世話になっているハンターとディナーです!

3086B8AC-9792-4C41-BDE6-FCC1AC448863.jpg

秋刀魚と鴨もも肉とうさぎのレバーとヴィシソワーズのアミューズに始まり、、、


BD8C2147-7B7D-436D-9F58-DF08C9957E87.jpg

蝦夷鹿のテリーヌ

4906E238-9D0B-4F02-B2F2-0CBDEECB6156.jpg


解禁したばかりのコガモとリゾット


FE5ED50E-6DA8-45FD-8CB4-575DE667A814.jpg


北海道でなきゃあり得ない鮮度のカスベ、、、

57A4E8B2-96AE-4278-AD60-68FF02230B5C.jpg


そして、メインディッシュは、、、、

仔うさぎ丸々のコンフィ

00EECE32-AE25-46C1-AC11-E02D621CA1E6.jpg


いろいろな意味で、ヤバく無いですか?これ、1人分ですよ?皿からうさぎはみ出てるし、、、、、

このお料理は、フレンチ界の巨匠のマ◯ジェトゥーのシェフの料理本を参考にしたお料理との事ですが、、、、、

僕もその本持ってますが、実際料理したフランス料理店と、食べた僕!

すげーとしか言えないですよね?

流石にこれは、マノワでも出せません(笑)

ここ、エル・クラシコで毎年、お世話になっているハンターさんと、一緒に過ごす時間も、僕が、わざわざ、北海道に来て、ハンティングする理由の一つです!

今回の北海道ハンティングで、お世話になりました、たくさんのハンターの方々、改めまして、、、、

ありがとうございました。これからも末永くよろしくお願い致します!

次回は東京で飲みましょう!

その後、女満別空港で、綺麗になった飲食店で、名物の、、、

炭火焼豚丼と北見の玉ねぎコロッケとサッポロビール飲んで、、、、

C855C060-1185-475E-9D09-4074D26585AB.jpg

BEFFF76C-A83A-44EB-A9C7-A10DE2C9ED27.jpg


その次の日には、北海道で仕留めた、蝦夷雷鳥がマノワに届く、、、、

5CC18CC0-8498-4A04-A5D5-35D1A7050817.jpg

蝦夷雷鳥ってそう言う、ジビエなんです!

だからこそ、幻のジビエと僕は常に言ってるんです!

お金を払えば食べれるって思っている方には、絶対僕はお出ししませんし、有名になりたい訳でもないんです!

この貴重な、その全ての価値を分かる方にしか、お出ししたく無い、、、、、、

そんな、ジビエが、世界で唯一の蝦夷雷鳥なんです!

って言う感じで、2018年のハンティングシーズンも始まりました!

では!
posted by マノワ at 14:28| 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする