2017年10月31日

スタッフ募集のお知らせです。

只今、マノワで一緒に働くスタッフを、募集致しております。

マノワでは、年齢、性別、経験等は問いません。

同じ方向を見れるスタッフを募集致します。

●社会保険完備
●交通費全額支給
●夏期、冬期休暇6~12日間
(夏休み:2017年8月28日から9月8日迄)
●毎週月曜日定休日、毎週火曜日ランチ定休日、月1連休あり、ハンティングの季節は不定期に休みあり
●年度昇給、ボーナスあり
●研修期間 有

まずはお電話にてお問い合わせ下さい。お待ちしております!

03−3446−8288(担当:中村)
posted by マノワ at 15:18| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

火曜日のランチの営業を辞めます。(未公開文章含む)

10月17日火曜日より、メニュー変更並びに、ディナーの価格変更のブログを先日、お書きした所、凄まじいアクセス、並びに、FBでのコメント頂きありがとうございます!中村です。

A0E2EBF6-6FCD-4EE4-87F1-D50485FE87CF.jpg



問い合わせが1番多かった、僕の眉毛が無かった時代の写真貼り付けておきます(笑)髪の青い写真は、見つかりませんでした。当時、ポケベルだったので、画像がありませんでした。


っで、真面目なお話しです!

今回の価格変更について、隠さず、ストレートに僕らしくお話しさせて頂きます。

マノワは、2011年、震災のあった年の11月15日にオープン致しました。

代官山のラブレーの山田さんに拾われ、フランス料理業界で20年弱、東京のみの、フレンチレストランで、サービスとして、生きてまいりました。

そのおかげで、僕の事を20歳の頃から、息子の様に思ってくれる方も多く、、、、

また、僕も第2の父親、母親の様に一緒に歳を重ねてまいりました。

おかげさまで、マノワは、通常のフレンチレストランより、圧倒的に常連のお客様様が多く、毎日忙しく過ごさせて頂いております。

皆様、いつもご来店頂き、ありがとうございます!

実は、そんな、マノワ株式会社は、2011年8月に設立しました。

毎年、8月末から、9月にまたいで、夏休みをとっているのもここにあります。

会社としては、マノワ株式会社は、今、7年目に入りました。

そこで、先日函館の温泉に浸かり、福島のおっさんに絡まれ、色々考えました。

これから先、マノワは何処に向かうのか?

今現在、星の数ほど、フランス料理店はありますが、僕の世代より若く、ずーっとサービスの畑で生きて来て
、自分でお店持って、街場の小さなレストランやっている方は、非常に少ないと思います。

また、どのレストラン行っても、サービスの人材不足で、これ、10%のサービス料金(グランメゾンやホテルでは、17%)払っているのに、どーなのって思う事も少なく無いと思います。

その昔は、フランスの星付きレストラン行くと、ヒゲの生えたカッコいいおっさん達がたくさんいて、かっこいい空間に、かっこいいサービスマンがいたもんです。

僕が、フランスで働いていた頃、そんなサービスマンが、お客様からチップ貰って、1ヶ月貯まったお金を、1番のペーペーだった僕にも、分けて貰い、そのお金で、ブルーブレスって言う、ブルーチーズと、やっすいワインを買うのが、当時、1ヶ月に1度の贅沢でした(笑)

日本に戻ってきてもラブレーの山田さんはじめ、お客様も、かっこいい、おっさん達が、たくさんいました。

今や、フランス行っても、ユーロが導入されて以降、不法労働する事が出来なくなった為もあり(昔は、調理場に監査が入って来ると、日本人は、デッカいゴミ箱に隠れたもんです。)レストランのスタッフが少なくなり、感動を貰える、サービスマンに出会えるチャンスも、少なくなった気がします。

そんな、これから、フランス料理業界を背負う若者の為にも、僕は何をして行くべきなのか?

日本のフランス料理業界に、何を恩返し出来るのか?

僕の周りにいる料理人達は、その答えを導き出し、行動に移している、友達もおります。

今の僕は、何が出来、何をして行くべきなのか?
(ここまでが先日、あえて、載せなかった未公開文章です)

おかげ様で、毎日忙しく日々を過ごしており、息子も産まれ、、、、

やっぱり、これから先は、一緒に働いている、スタッフが幸せになる道を探す旅こそ、オーナーである僕の仕事だと思いました。

もちろん、僕がこの、フレンチ業界に入ったあの頃とは、大きく時代が変わっている事を、充分、誰よりも存じております。

っで、今のマノワがあるのも、お客様はもちろんの事、スタッフあっての事だと思います。

また、未来に希望を持った、サービスマンを育てる事も、僕の大きな課題だと考えております。

マノワは毎週月曜日が定休日なのですが、火曜日のランチも、これからお休み頂きます。

今現在、10月の火曜日のご予約を、既に多くのお客様に頂戴しておりますので、11月7日の火曜日より、月曜日の定休日、火曜日のランチタイムをお休みさせて頂きます。

っという事で、ディナーのコースの価格を変更させて頂き、火曜日のランチ営業を辞めます。

また、月1回の連休、並びに、僕がハンティングに行く事で、お店は臨時にお休み頂く等、今以上にお休みが増えて行く予定です。

いろいろなお店の考え方があるとおもいますが、、、、

マノワでは、僕がお店にいない状況で、営業する事はありません!
(北海道等ハンティングに行って、天候等で飛行機が飛ばなかったりした場合は、麻衣が支配人です(笑))

これからも、マノワにしかない、より良い、レストラン マノワの空気感をスタッフで作りあげ、、、、

多くのお客様の笑顔と共に、一緒に歳を重ねて生きたいと願う今日この頃です。

何卒、ご理解宜しくお願い致します。

最後に、マノワでは、そんな一緒に人生を過ごして生ける、スタッフを募集しております。ご興味ある方は、是非、御連絡お待ちしております。

レストラン マノワ 03-3446-8288(担当 中村)
posted by マノワ at 23:43| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

ムニュージビエに伴い、10月17日(火)より、価格改正のお話し!

先日、安室奈美恵さんが25周年を迎え、あと1年で引退するって発表した事に、すげー驚いた方がすげー多かったな?っと!中村です。

安室奈美恵さんは、僕の一つ年上で、世代の憧れ的な方で、高校時代【アムラー】や【ハマダー】、TKなど、懐かしく、あの頃の事を懐かしく思い出してしまったのは、僕だけではないはずです。

当時、高校生の僕は、安室奈美恵さんや、つんくさんの眉毛を真似て、麻呂になり、毎日アイペンシル持って、高校行ってました。おかげで、今も眉毛が上手く生えて来ません(笑)

マジ卍

っで、もう一つ忘れてならないのは、、、、

ミスチルも25周年なんですよね?

最近docomoのCMで、ミスチルとのコラボやっているの知ってますか?

いつか、あたりまえになる事を。


高橋一生さんが出てるCMで、15秒位のCMはなんとなく皆さんも、毎日見ていると思うのですが、完全版のCMを是非、YouTubeから見て頂きたい、、、、

そんな、あの頃から、そして、これからもミスチルの大ファンの中村です(笑)


っで、このCMの余韻に浸って、今日はここまでのブログにしようと思ったのですが、今日は大切なお知らせです。

先日のブログにも書きましたが、、、、、

10月2日・3日・4日ランチまで、北海道狩猟解禁に伴い臨時休業致します。

4日のディナーから通常営業しております。

今現在、既に多くのジビエが全国のハンターより、マノワに届いておりますが、北海道の解禁に伴い、より多くのジビエが集まります。

また、スコットランド等、海外の雷鳥はじめ、山ウズラや森鳩等も、来月にははじまります。

多くのジビエのお問い合わせを頂いている様に、毎年恒例ですが、今年も、ジビエに特化したコースを、、、、

10月17日(火)から始めます。

それに伴い、ディナーのコースは、、、、

ジビエのコース 全7皿構成(メインのジビエ料理が2皿選べます)12000円(税別)

ムニュー リベルテ 全6皿構成(プリフィクスコース)6800円(税別)

の2コースとなり、、、、、

6000円のコースも6800円に変更になります。

現時点で、10月17日以降の、ディナーの10000円のコース、6000円のコースをご予約頂いている方は、そのまま価格のコースでご用意させて頂きます。

尚、ランチのコース、価格は変わりません。

ムニュー エキュム (プリフィクスコース、3皿構成+1ドリンク) 3500円(税別)

ムニュー ルミエール (プリフィクスコース、4皿構成) 3500円(税別)

ムニュー ヴェルデゥール (お任せコース、6皿構成) 6000円(税別)

になります。

何卒、宜しくお願い致します。




今から、約20年前に東京の代官山のラブレーの山田さんに拾って貰って、僕はフランス料理の世界に入りました。

あの頃、ジビエって言う言葉は、ほとんどのお客様は、知らず、、、、、

ただ、フランスから戻って来た料理人は、海外の高級ジビエを使って作る、ジビエ料理をお客様に食べて頂きたく、、、、、

その双方の世界観が上手く交わらず、お客様からは、コース料金とは別に多くのエクストラチャージを頂いておりました。

そんな高級なジビエの魅力をもっと、多くの方々に知った貰いたい、、、、、

また、田舎育ちの僕にとっては、日本にいる、ジビエをもっと多くの方に知って頂きたい!

その為には、フレンチレストランで、いかに、一般の方々でも、安心して、値段を気にせず、お召し上がりいただける様に、出来るか?

その為には、誰とでも交流し、自分の、見聞を広め、、、、、

東京にいながらも、全身で、日本の四季を感じ、お客様そして、何よりスタッフの幸せを感じる事!

その為には、男として、自分の人間力を常に磨く事!

それが、山梨県・芦安村っていう、人口200人くらいしかいない、田舎で育った、僕の運命の様にも感じていました。

うちの両親は、、、、、、

決して裕福な家庭ではありませんでしたが、箸の持ち方、お茶碗、お椀の持ち方、食事の仕方、目上の方々との会話、、、、、、、、!

そして、、

いただきます

ごちそうさまでした

そんな、心の贅沢さは、誰よりも教えて貰ったと思います。

また、人口200人しかいない村民だったのに、、、、

【小さくまとまらず、常に大きな目を持って、世界に羽ばたきなさい!でも何かあった時は、芦安村に両親はいるから、止まり木の様に戻って来れば良い!】

って、母親は良く、言ってました。

当時は、東京に憧れていたので、、、、

こんな、クソ田舎になんか、ぜってー戻って来ねーよ!

って思ってましたが(笑)

高校時代、眉毛も無くて、目にはブルーコンタクト入れて、髪の毛もスプレー使って、青色(当時バンドが流行ってまして、ソフィアのボーカルに憧れてました。)ピアスもたくさん開けて、、、、、

ただ、家に帰る時は、髪の毛の色を黒に戻し、ピアスとコンタクト外して(笑)、、、、、、

当時はバレてないと思っていたんですが、夜中に、エンジン消して、バイクを押しながら、自宅抜け出して、、、、、

そんな、やんちゃな高校時代の僕を、親は分かっていて、親父には良く殴られたもんです。

近所でも、有名な怖い父親でした(笑)

東京の辻調理専門学校に高校卒業して行くのですが、近所のおばちゃん達に、僕が田舎から出て行って、芦安村が静かになったってよく言われたもんです(笑)

その頃、ミスチルが歌ってたのが、シーソーゲームだったな?と!

可憐な少女じゃ無くて、純粋な少年演じてたな?っと!親には、直ぐにバレて、その度に親父から、ドロップキックくらってたな?っと!

いつの間にやら、僕も親になり、息子も離乳食が始まり、毎日、息子の手と手を合わせて、、、

いただきます

84CDDF44-071C-4DBE-99CA-7BECF2FA0FFC.jpg

やってます(笑)

ミスチルの25周年のdocomoとのコラボレーションCM

そのCMのタイトルは、、、、

いつか、あたりまえになる事を。です。

最後に、先日うちの両親から急に送られて来た僕の幼少期の写真を貼り付けます(笑)

A8AC8990-79E5-4A07-9BB0-36D9E10DEE6F.jpg

僕、男ばっかりの3兄弟の真ん中で、1番右に写ってます。

今度の月曜日は、初心に戻って、スタッフと、山梨県に、天然きのこを獲りに行きます。

今日たくさん山に雨降って貰い、明日、明後日に、きのこが大量発生し、月曜日には晴天になる、そんな気がします(笑)

雨降ったら笑って下さい!

終わり!
posted by マノワ at 13:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

夏休みをいただきます。8月28日〜9月8日ランチ迄!

おはようございます!早坂です!

A4FACD86-004D-45D7-9B72-F2B782CB90EF.jpg



、、ということで、
マノワ史上最も長い夏休みをいただきます!

このお休みを頂けるのも、マノワに何度も来てくださるお客様がいること、
そして中村さんの、スタッフへの思いやりがあるからこそです。

中村さんはいつも言っていますが、
感謝の心を持って、過ごしたいと思います。

みなさま、本当にいつもありがとうございます。

そして、マノワのこと、忘れないでくださいね😢!笑


夏休みに伴い、

マノワスタッフには夏休みの課題図書と読書感想文の宿題があります。

こちら↓

09A88255-7C36-43C8-8937-BB65F6F9D3B7.jpg


このページ!!

B9A5913D-A88A-4D0A-906D-E7ADC12D539F.jpg

いつもお世話になっている、
未須本先生の、
なんと中村さんがモデルになった登場人物がストーリーに出てくる、短編小説です!
(注:主人公ではありません)

そして、マノワであった実際の出来事も描かれているとか!
まだ、読んでいませんが、楽しみすぎます😆💕

気になる方はぜひ、読んでみて下さいね〜♪


そして、休み中のご予約につきましては、食べログのネットサイトより受け付けておりますので、そちらからご予約をお願い致します。


スタッフ一同リフレッシュして、みなさまのお越しを笑顔でお待ちしております♪


それでは、
Bonne vacances!

posted by マノワ at 11:40| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

暑中見舞い申し上げます!

昨日、関東圏の梅雨明けが宣言され、煽られている、中村です。

暑中見舞い申し上げます

そーなんです!もう何年も昔から、暑中見舞い、年賀状を欠かさず、お客様にお出しさせて頂いているのですが、、、、、

今日はそんな話です!

ブログを読んで下さっている、若い方は、知らないと思いますが、その昔、ミシュランのガイドブックが出るよりも昔のお話し、、、、

見田 盛夫さんがお書きになっていた、、、

エピキュリアン

454216AF-4CD7-4418-8552-C1B7715A4BCC.jpg

C04CC36D-B223-468D-BFFC-88FA4F02A894.jpg

と言う、書籍がありました。ミシュランと同じ様に、東京のフレンチレストランを星付けしているガイドブックなのですが、、、、、

ここにも書いてありますが、本当に、高級店から、ビストロまで、超辛口でコメント書かれておりました。

今の時代、浦和◯ッズ批判して、殺害予告が来る程なので、10年ひと昔と言いますが、今では、とても考えられない時代です。

当時僕は、辻調理師専門学校のフランス校から帰って来て、、、、、、

そのフランスでは、ジュラとモナコの一つ星レストランで、当然、料理をやっていたのですが、、、、、、、

当時、東京では、キッチンに入る前に、1年間はサービスを経験する、フレンチレストランが多かったと思います。

僕は、当時21歳、代官山のラブレーで働いており、当然ながら、キッチン志望でしたが、、、、、

オーナーサービスの、山田さんのアプローチもあり、、、、、、、、

このままサービスを続けるか?調理場に入ってシェフを目指すか?

うちの実家には、僕の独立に、お金を出してくれる余裕なんか無い事は、とっくに分かっていたのですが、、、

30歳で東京のど真ん中でフランス料理店を独立する。

ってのが、目標だったので、20歳から30歳までの10年間、星の数より多くいるライバルより、自分がぶち抜いて、お店を持つにはどーしたら良いか?考えていた頃、、、、、、

先程の、エピキュリアンって言う書籍がありました。その著者の、見田 盛夫さんがご来店されて、山田さん始め、先輩がもちろん接客をされるのですが、、、、、、

お帰りの際、、、、

【君は輝くサービスをしているね?頑張りなさい!】
って、握手と共に、チップを握らせて頂きました。

誰もが、大きな人生の岐路は必ずあると思いますが、今振り返ると、あの日の、あの瞬間が僕にとって、大きな岐路だった様に、今、思います。

BC86E8CE-FA35-4598-9444-BFC385FDAA96.jpg

その年の、エピキュリアンのラブレーのページに書かれていた、コメントです!

今の時代、星の数より、多くいる、フードライター?料理評論家!

僕の人生の中で、後にも先にも、若者の人生を変える程の、料理評論家は、見田盛夫さん以外いなかった様に思います。

これ以上喋んなくても良いと思いますが、、、、

そして、その後、ラブレーの山田さんに、本格的にフランス料理のサービスのイロハを教わるのですが、、、、

その中で、たくさんの言葉を頂きましたが、当時から今だに実行している事があります。

暑中見舞い、年賀状です。

今の時代、SNSが発達して、年賀状を書くなんて言う、習慣がとくに若い世代に無くなりつつある様ですが、、、

【全てのお客様に誠意を持って、接客し、次回ご予約の電話を頂く際に、中村君はいますか?って言われるサービスをしなさい!その瞬間からあなたが、サービスを担当すれば良い】と!

ラブレーはオーナーの山田さんがサービスの方なので、山田さんに会いにいらっしゃる方々が非常に多く、もちろん、レストランなので、料理は最も大切ですが、それ以上に、もう一回お客様が来たいと考えるのは、サービスが作り出す、空気感、そして、サービスの人間力だと学びました。

山田さんに【日経新聞、週刊文春】は必ず読みなさい、でないとお客様と会話なんて出来ないよ!って言われた事が今だと良く分かります(笑)

また、当時は今と比べ物にならない位、個人保護が軽かった影響もあったのか?お客様にご連絡先を聞ける様な状況がありました。

【日本の素晴らしい習慣の、年賀状、暑中見舞いは大切にしなさい!】

って言う、山田さんの教えの元、20歳の頃から、お客様に、自腹で、暑中見舞い、年賀状を出して来ました。

20年近くフレンチ業界をやっていると、たくさんの方々に出会い、、、、

現在では、ひと言書いて、数千枚お出ししているのですが、、、、

はい!今日も、感謝の気持ちを込めながら、半分寝ながら、書いてます(笑)

これが終わると、夏休み!

と言う訳で、、、、

2017年8月28日から9月8日ランチ迄の12日間、夏休みを頂きます。

9月8日金曜日のディナーから、通常営業になります。

よろしくお願い申し上げます。

そんな、ラブレーの山田さんとは、今もたくさんお世話になっており、今日は朝から、築地でスタッフと共に、勉強させて頂きました。

2C7886D6-1EAF-4365-908E-05EE697CB9F5.jpg

5FE8F1B4-59FD-48E9-97C6-54FD8B7521BA.jpg

DF080A20-DE4B-4AD3-98CB-A3F65E2D6829.jpg

4D730AC5-72AF-4685-A9D0-24718F4EB3F7.jpg

CFABE8C4-F2BE-4A9C-AEF8-1F392BCB7985.jpg

ECF9F0CC-F51D-4EDE-AC18-3E17B54DEE94.jpg

3114F62D-A263-4100-80E6-1FA585BBA6E7.jpg

B3E45909-244D-41DD-A250-7C4C2204F16F.jpg

CC619F2E-0ED7-42EB-BB0E-45DB796A6CFD.jpg


A838E4AF-A432-4F3D-AD27-1BF97128793C.jpg

165A8504-D381-47F6-9810-8E49C508ABD7.jpg

EDD950B7-5D2C-4C9C-8365-4C75D939140F.jpg



っあ!さっきの、エピキュリアンの当時の、2001年の三ツ星・二ツ星レストランを載せておきます!

263EBED7-CBEB-40A8-B96C-51D26BA511A6.jpg

時代は常に変わって行くけど、この本が2001年発行なので、今はその16年後な訳で、、、、、、

自分が何をしたいか?どーやって生きて行くのか?

今、この時間をどーやって全力で生きるか?これが最も大切な事何だと、ここ最近、良く思います(笑)

最後に、、、

僕ら業界は、本当に大変で、なんの為に生きているのか?分からなくなる、若者が多いと思います。

一つだけ言いたいのは、、、、

今働いているお店を辞めても、10年後もそのお店のオーナーと、一緒に酒を飲める、バカやれる、築地に一緒に買い出しに行ける、、、、

そんな関係になって欲しいと、若者には思います。

終わり!

posted by マノワ at 14:43| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする