2020年10月20日

10月1日、鹿児島県から北海道函館へ!問題勃発のお話し!

10月1日、本来なら北海道の狩猟解禁日で、ハンティングをする予定だったのですが、急遽大事な予定が入りました。

鹿児島県姶良市の市長様に、お会い出来る様になったんです。

237BD76D-5100-4FC4-AE31-56E7FF534A98.jpg

午前中に、姶良市の市長様にお会いさせて頂き、マノワの取り組みや、未来事業をお話しさせて頂き、その後、地元の猟友会の方々と一緒に、地元新聞社の取材を受けさせて頂きました。

E41AF7FD-3DD0-4D4D-9081-4DDDF8817355.jpg

74242AE4-9900-4E79-BE48-1E4AC2DB9FB2.jpg

843615E5-9AE7-4934-9646-12E1FCB950FB.jpg

AA8420EC-1585-4A9B-9F97-9A9CDE95DF21.jpg

0CB15C4B-E58F-4ACC-91FC-E55992F89968.jpg


そして、そのまま、鹿児島空港から、北海道函館空港に✈️飛びます。

コロナの影響で、飛行機が減便されており、鹿児島空港から、羽田空港、そして、函館空港に向かうのですが、この便が1日1本しか無いんです。

ちなみに、ハンティングをする為に、猟銃を持って行くのですが、どーやって飛行機乗るか?知ってますか?

空港の搭乗カウンターで、ペットなどを預けるのと同じ様に申請して、ジェラルミンケースの中に、銃と弾を別々にして、入れて預けて、現地に到着したら、現地の空港職員から手渡しで受け取る仕組みです。

8CC96233-FA75-4EF7-86BD-C10BB7163EF3.jpg

鹿児島空港から、羽田空港にたどり着き、その後飛行機を乗り換えて函館空港に行くのですが、、、、、

さー、飛行機に乗り込もうとした瞬間に、大問題勃発します!

空港内放送で、僕の名前が呼ばれます。

先の話し、猟銃と、銃弾って、別々のジェラルミンケースに入れるのですが、その銃弾の重さには制限があります。

 5キロ迄です。

前に、知人がその重量制限の問題で、飛行機に乗れなかった事件のお話しを聞いており、僕はいつも、4,5キロに調整して運んでおります。

周りの皆々様が飛行機に乗り込み、僕だけ取り残され、空港職員と警察官に囲まれて、飛行機から僕の荷物が降ろされるのを待ちます。その間にも空港職員と警察官とお話ししているのですが、何せ知識が無いんです。

そもそも、鹿児島空港から既に羽田空港迄飛んで来ているのに、、、、、

羽田空港の職員は、鹿児島空港では、3キロの銃弾とジェラルミンケースが3キロだったと、、、、

 ちなみに鹿児島空港で重量超過で、しっかりとお支払いもさせて頂いております。

あのですね?ジェラルミンケースは5キロの重量には含まれませんし、そもそも、銃弾は4,5キロです。

 って言うか?その後、僕の散弾銃を、空港職員がジェラルミンケースから勝手に取り出したりしてますが、そもそも銃刀法って知ってますか?

それから、警察官による数分の取り調べを受け、やっと手元に僕の荷物が運ばれて来ます。

しーーんとした、空港のど真ん中、みんなが凝視する中、僕が銃弾を手に取り秤の上に乗せます。

はい!4,5キロちょうどです。

先の話し、函館迄行く飛行機はこの1便しか無いんです。

空港職員にしっかりと、勉強しなさい!(もう1つの某有名航空会社では以前こう言う問題があり、それ以降徹底されており、この問題は起きません。)と言う旨をお伝えさせて頂き、多くの方々が待っている、飛行機に乗り込みます。

そりゃー散々待たされ、飛行機に乗って来た僕に対する、たくさんの方々の視線が怖かったのは言う迄もありません。

そんなこんなで、函館に着いた時にはもう真っ暗です!

明日の早朝から、みんなで鴨ハンティングをするので、いつもお世話になっております師匠のご自宅へ向かいます。

師匠の優しさか?お寿司のお土産がテーブルに置いてあり、お寿司を食べながら、明日の鴨ハンティングの準備をして、皆さんに迷惑の無い様に、直ぐ寝ます。

10月2日早朝!鴨ハンティング編に続く!
posted by マノワ at 18:46| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする