2020年09月27日

マノワのホームページ上の不具合について!出る杭は打たれるの巻!

先日から起きている、マノワのホームページ上の不具合について、多くの方々からご指摘ございましたので、ご説明させて頂きます。

マノワと調べて、全く違う訳わかん無いページに飛ぶのですが(エロサイトじゃ無くて良かったです)、、、
誰がそんな事をするのか?については、各方面のスペシャリストにお願いして、今全力で調べております。分かり次第お知らせ致します。

簡単に言うと、マノワのサイトのリンク先が異なる件ですが、サーバーを確認したところ、、、、

サイトの改ざんが確認されました。

不要なファイルの削除を行いましたが、リンク先が変わる症状は現時点では解消されておりません。

只今、サーバーを管理されている会社と、サーバー会社、警察、そして、マノワの顧問弁護士と共に対応を協議しております。

取り急ぎ、再度不正アクセスがされないように、サーバーへのログイン制限を、各社と緊急に対応しました。

こちらに関して、進捗が分かり次第ご連絡いたします。

ご迷惑をおかけしますがもうしばらくお待ちください。

尚、マノワの商品の通販サイトは、BASEを使用しており、ホームページとは切り離しておりますので、全く今回の影響はございません。

皆々様には、多くのご不安並びに、多大なご迷惑をおかけしていることを、改めてお詫び申し上げます。

ちなみにこちらからクリックして頂くと、安全な通常のマノワのホームページに飛びます。

3A95D6D5-9A32-4FF4-8A43-379D73571563.png

http://manoir-restaurant.jp/

まーしかしながら、なんでもそうですが、日本には昔からある言葉、、、、、

出る杭は打たれる

1 才能・手腕があってぬきんでている人は、とかく人から憎まれる。
2 さし出たことをする者は、人から非難され、制裁を受ける。
[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」では、「出る杭は打たれる」を使う人が73.1パーセント、「出る釘は打たれる」を使う人が19.0パーセントという結果が出ている。

だそうです(笑)

正直言って、僕は全く気にしてませんし、むしろそう言う方々に狙われた事を嬉しく思います。

それを超えられなきゃ、時代なんて変えられないと、とっくの昔に思ってますし、時代を変えられる人間って、日本人は1億人以上いるはずですが、ほとんどいないと、とっくの昔に自覚しております。

このコロナの時代に、自分の生きている存在価値を考えた方々は、僕以外にもたくさんいると思います。今日も、僕が大好きな女優さんの訃報をニュースで見にし、心が痛くなります。

その答えは、心のずーーと奥の方にあると、1万回以上は歌ったと思いますが、ザ・ブルーハーツさんに教えて貰いました!

 そして、キ◯タクさんには、僕の心の柔らかい場所を今でもまだ締め付けられる事を教えて頂きました。

 やっぱり、情熱の真っ赤なバラを咲かせ続けたいと本気で思っております(笑)

まもなく始まる、マノワラボの販売開始に伴い、たくさんのお問い合わせ、並びにアクセスがあった事を僕は良く知ってます。

ホームページ、ECサイト、並びにパンフレットを急ピッチで製作してますが、今回の事件を含め、日本のネット社会のセキュリティ、並びに、知的財産の侵害の問題を、14席しか無い、ちっぽけなフランス料理店でも起こる事を皆様にお伝えさせて頂きます。

デジタル庁のお話しが毎日の様にニュースになってますが、、、、

日本も今回のこのマノワのちっぽけなサイトですら、狙われている事を念頭に、話題のゆうちょ銀行の問題など、知らないでは許されない、けど、誰もその解決が分からない時代に入っております。

少なくとも、僕の息子の世代には、、、、

食べる事は文化

だと、胸張って言える時代を作って生きたいと僕は想い、願っております。

僕はいつも言ってますが、未来しか見て無いし、それを阻む方々すら、僕に対する応援だと勝手解釈し、未来羽ばたいて生きたいと本気で思っております。

今後とも皆々様お手柔らかにお願い致します。

しかしながら、僕含め、みんなすげー時代に生きてるんだと、毎日寝ないで感じております(笑)これだけの人生の変わり目は、この2020年で終わって欲しいとつくづく思うもんです。

でも、僕はその全てを超えて生きたいと本気で思っております。

写真は、うちの息子が、部屋の中から、自宅の鯉のぼりを見ていた写真ですが、僕ら息子の世代に飲食の世界が真っ直ぐに開ける世界を作って行く、、、、

お父さんが飲食業界で働いている事を、蔑んで見られる世界じゃなく、胸張って生きていける世界を今より、1mmでも皆々様に思って頂ける様な世界を作って生きたいと思います。

歌:SMAP
作詞:スガシカオ
作曲:川村結花

あれからぼくたちは 何かを信じてこれたかなぁ…
夜空のむこうには 明日がもう待っている Woo…

誰かの声に気づき ぼくらは身をひそめた
公園のフェンス越しに 夜の風が吹いた

君が何か伝えようと にぎり返したその手は
ぼくの心のやわらかい場所を 今でもまだしめつける

あれからぼくたちは 何かを信じてこれたかなぁ…
マドをそっと開けてみる 冬の風のにおいがした
悲しみっていつかは 消えてしまうものなのかなぁ…
タメ息は少しだけ 白く残ってすぐ消えた

歩き出すことさえも いちいちためらうくせに
つまらない常識など つぶせると思ってた

君に話した言葉は どれだけ残っているの?
ぼくの心のいちばん奥で から回りしつづける

あのころの未来に ぼくらは立っているのかなぁ…
全てが思うほど うまくはいかないみたいだ
このままどこまでも 日々は続いていくのかなぁ…
雲のない星空が マドのむこうにつづいてる
あれからぼくたちは 何かを信じてこれたかなぁ…
夜空のむこうには もう明日が待っている Woo……


終わり!
posted by マノワ at 15:09| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする