2020年06月27日

今年も日本一の桃の産地、山梨県一宮から、桃が届いております。

今年はコロナの影響なのか?は僕には良く分かりませんが、、、、、

自宅のルーフバルコニーのぶどうの🍇ピノ・ノワールとシャルドネ、ヴェルヴェーヌ、オリーブ、ホップ、ナスタチウム、ミント、バジル、タイム、ローズマリー、楓🍁等全ての植物達が、今まで見た事が無い位、絶好調に生育しております。

特筆すべきはピノノワール とシャルドネ、そして、ホップです。

7A3DF21F-6588-447F-91FD-C4A408C4BB89.jpg

F4ADB852-4E4F-465C-B5CA-2B8282827230.jpg

3BC901BF-679A-43EE-8E6E-1B3D7DBC2E8A.jpg

EB1B15D4-6B0A-4F11-8889-BA4B52874AAA.jpg

43DE2258-E6D9-4B9B-937B-11D44547B287.jpg

自宅に植えて、既に5年は経過してますが、これ程までに、実が着いた事はありません。東京のバルコニーで実の付く植物育てると必ずやって来る、、、、

既に、ヒヨドリとカラスと戦っております(笑)

コロナであまりに暇すぎて、バルコニーの全ての土変えや草抜き、有機肥料など、何時もに増して、冬から取り組んだ成果かもしれませんが、それ以上に今年の植物の育ち方は、それでは証明出来ないくらい、絶好調に育っております。

ちなみに、自宅でホップ育ててるのは、東京ではそういないと思いますが(笑)

生のホップって食べた事あります?って言うか?見た事ありますか?

79D56439-4963-45DC-AA78-3728EEC6DEB6.jpg

B7652CC7-F1C2-4286-9B9A-2AF30B6F9487.jpg

780E390D-EF7F-4FE6-BC98-40B63A5D614B.jpg

 ビール工場行くと見かける事もありますが、そもそも、ホップ始め、ビールの世界って、日本だと世界に比べて圧倒的に情報操作され、多くの方々が毎日ビール飲んでいるはずなのに、ワインの知識はあっても、ビールって言う物をあまり知らないのを寂しく僕は思っております。

その辺はいろいろ角が立つので、東京の自宅でホップを収穫した時にでも、今度おいおいブログで書きます(笑)

ちなみに、ホップって、食べると本当に苦いんですが、採れたてのホップをフリットにすると、人生でそう味わった事が無い位のサックサクの食感と、苦味が鼻から抜けます。

また、生のホップをビールグラスに入れて、その辺で売っているビールを注いで、ちょっと潰しながら飲むビールって、、、、!

秋にサンマが出て来る時に、必ずCMで流れる、キ◯ンの秋味じゃ無いですが、、、、、

僕はいつもフレッシュホップとビールの秋味を自宅テラスで楽しんでます(笑)

東京のマンションのテラスでサンマ焼くと怒られますが、フレッシュホップとビールはとくに、日本では贅沢だと思います。中々、ホップの苗が日本では、手に入りませんが、もし春先に見かけたら、ビール好きの方にはとってもお勧めです。ちなみにホップは、誰でも育てる事が出来る位、簡単だと思います。


今年も日本一の桃の産地、山梨県一宮から、桃が届いております。

AA0EBA9B-1E11-4241-8344-A93184E39689.jpg

FCAD00CA-D2F5-4670-8464-CE32C19B78ED.jpg

何故?山梨県一宮が日本一の桃の産地とされているかと言うと、一宮は、日照時間が長く、盆地の中にあって寒暖差の大きい、桃の栽培に適した気候となっているからだとされています。

 また、ワインと一緒で、先祖代々続く農家が非常に 多く、ぶどうの木も一緒ですが、樹齢が長い木が多いのも特徴で、果実の完熟感が全く違います。

この農園、しずめ園は、僕の両親と昔からの繋がりがあり、僕も子供時代から、この季節には、毎日食べておりました。3代続く山梨県一宮でも有名な桃農園です。

このしずめ園さんのホームページ貼り付けておきます。

http://www.shizumeen.com/

しずめ園のこだわりは、一つ目に化学肥料を使わず、有機肥料と有用微生物群を用いた健康な土を作ること、二つ目に果物の生育状況を見ながら減らせる農薬を徹底的に省き、ポジティブリストに則った減農薬です。

毎年同じように…これがなかなか難しいんです。

同じ作業をしているのに、絶対例年通りにはいかないですし、天候や気温にも左右されます。

しかし、近づけることは出来ると思います。

そのために力を入れているのが「土づくり」「減農薬」「適熟収穫」です。

時間と手間はかかるがこれは妥協したくない…。

これがしずめ園の「こだわり」です。

「食べたら自然と笑顔になる・・そんな果物を作りたい!」

家族のみの小規模経営ですが、みんな同じ思いで仕事をしていますので、是非一度しずめ園の桃を御賞味下さい。

そんな最高の食材を使った、フランス料理店の桃のデザート、是非マノワでお楽しみ下さい。

マノワには、その時の旬の食材が世界中から届きます。

そんな最高の食材に敬意を込めて、スタッフ一同、お客様にお出ししたいと思います。

 そして、あまりに全国からたくさんの食材だ届いており、あまりご紹介出来てませんが、福岡県糸島市のAさんからは、、、

552DCAB7-B31C-4AFC-9C5E-D11BB4B454E4.jpg

 山桃が届きました。山桃は活オマール海老と一緒にお出しさせて頂きます。また、ソフトドリンクで本気で作った山桃ソーダを限定でご用意させて頂きます。

 少しずつですが、経済が回復し始めた様に、東京でフランス料理店を経営して、感じております。

 僕にとって、何ができて、何をするべき何でしょう?

 あのカリスマの尾崎豊さんは言ってましたよね?

 僕が僕である為に何が出来るんだろう?

 勝ち続けなきゃいけないとは、決して今の時代思いませんが、、、、

 悲しい事は何なのか?それは、ちょっとだけ分かった様な気がしております。

 最近では、僕もそー考えるようになりました(笑)

 もう41歳なんで、僕も大人になりました。多分!

終わり!
posted by マノワ at 15:19| こだわり食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする