2020年04月10日

明日からのマノワの事、そして、マノワのオリジナルキャビアの販売始めます。

毎日、光の見えないトンネルをひたすら走っている様な状況ですが、多くの常連様とお話ししたり、メールしたり、、、、

そんな時に、希望の光が見える様な気がしており、このフランス料理業界を20年以上、サービス人を続けて来て良かったな?って感じる今日この頃です。中村です。

予め言っておくと、この投稿を通じて、国がなんらかの補償をしろと言いたいわけではありません。また、この緊急事態宣言そのものを批判したいわけでもありません。人々の安全や生命はなにものにも優先されます。

ただ、人々に幸福と笑顔を届けることをやりがいとしている僕達、飲食店関係者は、今回の事件で本当に、本当に苦しいジレンマに立たされています。

お客様や従業員の健康や命を守るためには自粛はやむを得ない。しかし自粛が続くと、お客様に喜びを届けることも、従業員の雇用を維持することも、そして事業を継続することもできない。

今は耐えるしかない時期だと思いますが、同時に、耐えきれないお店が多くなるのはどなたにも明白だと思います。

コロナが過ぎ去ったその時に、同じ飲食店の風景はありません。今回の出来事は不可逆で、明確で、そして残酷な変化をもたらします。

それでも、この状況が落ち着いたら、皆さまに、ご友人やご家族と、生き残った好きなお店にご飯を食べに行って欲しい。飲食店に携わるものとして、そんなささやかな願いを抱きつつ、マノワはひっそりと本日も営業しております。

明日からディナーは、17:00オープンとし、20:00クローズに致します。また、お酒のラストオーダーは19時に致します。飲みきれないワインにつきましては、当店は酒販免許を取得しておりますので、お持ち帰り頂いて大丈夫です。

 ランチにつきましては、通常営業しております。また、前日迄にディナーの予約がない場合は、ランチ営業後にスタッフを帰宅させます。
 なるべく、前日迄のご予約をお願い致します。また、当日のご予約につきましては、承れる事もございますので、お電話にてお願い申し上げます。

そして、多くの同業者様がこのブログをお読み頂いていると思いますので、この酒販免許について、僕の知っている情報を書きます。

昨日4月9日に報道された、新型コロナウイルス感染拡大によって売り上げが低迷している料飲店へ資金確保のための特例措置として、国税庁が、通常の「期限付き酒類小売業免許」とは別の 「特例措置としての期限付き酒類小売業免許」を付与するとした件が正式に発表されました。

申請方法等、まとめましたので、ご参考になれば幸いです。

1)まずは国税庁のHPより下記のファイルを出力して下さい。
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/menkyo/tebiki/01.pdf


2)申請の際に必要な書類は、添付をご確認ください。

基本的にはすべて必要になりますが、あとから準備してもOKなものもあるようです。


3)酒類販売業免許申請書の記載方法は見本を添付いたします。

必要書類をそろえて、近くの税務署に提出すると、免許が交付となります。場所によっては申請から1〜2週間かかるところもあるようです。

申請書類一覧表にもある添付書類についてですが、申請者の住民票の写し、法人の場合は登記事項証明書及び定款の写しは必須書類のようです。

現時点での最新情報になりますが、おそらく内容は少しずつ更新されていくと思います。都度、国税庁のホームぺージをひらき、最新情報をご確認ください。

また問い合わせが殺到しているようで、電話はかなりつながりにくくなっているようです。

そして署員さんもコロナの影響で、少ないようです。

B98EFFEB-CAE1-48BE-8564-FE39D1ED76A8.jpg
5F4C14E4-B659-419B-BC38-5B870974522A.jpg

3614D53D-AE7E-48C6-9A80-E3CF96CA3739.jpg

5A01C55F-C10C-4997-B6AC-8DA54D364C1E.jpg


そしてマノワのコロナ対策は前回書きましたので今回は書きませんが、政府の言う、7割から8割の方々に接触しない様に、今現在マノワの大半のスタッフを自宅待機させ、お客様の数も7割から8割減に調整しながら営業しております。

何故?にそこまでして営業してるのか?と問われれば、、、、、、

その昔のお話しですが、とっても仲の良い常連様に言われた言葉を、最近良く思い出します!

【中村!常連様にとって、1番残念な事って何か分かる?】

【それは、自分が好きなレストランがある日突然無くなる事なんだよ!無くなる位だったら、1000円でも5000円でも多く払うから!】言って!

僕は、何度もこの業界でくじけそうになりました。でもその度に多くの常連様に助けて頂きました。そして今もたくさん助けて頂いております。

コロナとの我慢比べになってますが、1度閉店してしまうと、今の世の中、この空気感が改善するまで、また再びオープンするのは難しいと僕は考えております。もとより、引きこもって誰とも接触しないと、経営者としては、お金の事より、精神がおかしくなります。

正直言って、今の時代の空気を感じると、批判される事も多いので、多くは言いませんが、今、僕が出来る事なんて、ちっぽけな事ですが、必ず未来マノワが生き残る為、僕の考える、スタッフを本当の意味で守る為、家族を守る為、そして、皆様と普通に笑いながら、いつものマノワに戻れる様に今日もいろいろ考えております。

 僕はこのマノワ株式会社の決定は、スタッフと話し合い、決めております。ある日突然、経営者に明日閉店するって言われても誰も納得出来ないと考えております。だから、今も僕は多くの方々から今日本で起きている事を聞いて、自分で寝ないで勉強して、誰かが右向けって言ったから、右向く訳でなく、将来あの時にあの判断が間違っていたと言う後悔だけはしたく無いと思い、スタッフと話し合い自分の決定に責任持って行動して行きたいと考えております。

 ちなみに身内ネタですが、、、、、、、

 今自宅待機しているスタッフのご両親様が、しれーーっとマノワのサイトからたくさんの商品をご購入頂いている事を、僕は気付いておりますよ(笑)ご両親様に直接御礼申し上げられず申し訳ございません。

マノワでは、マノワのサイトから、多くの商品を販売しており、既に、多くのお食事チケット、並びに、ジビエのセット、そして、ワインをたくさんの方々からご購入頂いております。

 本当にありがとうございます!

毎回ご注文を頂く度に、皆様の思いを勝手に過剰に感じ、涙が出ます

マノワが潰れたら、皆様にご購入頂いている、多くのお食事チケットが紙切れになるので、未来目指して、今僕が出来る事を誠意いっぱい取り組んで生きます。

いつまで耐えられる分のキャッシュを積めば?この危機を乗り越えられるのか?現時点では、誰も全くわかりません。いくら借入をすれば乗り切れるのか不透明なままに、当座を乗り切る借入をするのか、店を閉めるのかの選択を、経営者は常に突きつけられ続けています。

僕は、料理人では無く、サービス人であるからかも?知れませんが、実店舗の価値はやはり実店舗にしか無いと考えております。

当たり前ながら、レストランはお客様とレストランのスタッフがいて成り立ち、、、、、

人と人との関係が、こんな時代に最も大切なんだと改めて感じており、やっぱり、20年以上東京でフランス料理店のサービスをやって来て良かったと感じております。

人をおもてなしすることが、何よりも楽しい!って改めて思い、その思いがあるから、今は未来目指せるのかな?って思っております。

今回のコロナの影響で、かなりの数の飲食店が廃業に追い込まれるとみんな思っていると思います。

これはもはや変えようのない事実となりつつあります。

ただ、飲食店というものが歴史上に現れてから以降、この世から飲食店がなくなったことはありません。

今回のコロナは多くの人々の命と共に、多くの飲食店の命も奪うでしょう。それでもこの危機を乗り越えた飲食店は、より一層本質的な価値をお客様に提供できるようになっていると信じています。

今回のコロナの一刻も早い収束を心より願っています。


っで、僕ら飲食店が閉店する事によって、最高の食材を提供してくれる、多くの生産者様は、もっともっと大変な状況になると思います。そこで、マノワでは、なるべく生産者様にたくさんの被害が出ない様にする事も僕ら飲食店の当然の宿務だと考えております。


今日は北海道・白糠町の酒井さんから仔羊が届いたり、、、、、


0EAAFDC6-4E2C-4384-B122-8D855597CCFF.jpg

田舎の方々からは、いつも通り、お野菜や山菜がメッセージ入りで届いたり、、、、、、
04B03180-4B44-48AD-B862-6050164FD0A2.jpg

E8E36CC3-268C-4724-A31D-FF417E9F5994.jpg

1FD3EFFF-5BF0-4D40-B92E-4E09567B5250.jpg

そして、タイトル通り、、、、、、、

マノワのオリジナルキャビアの販売始めます。

A94CB8E6-C0E6-4E18-B343-FE6F9885FA35.jpg

本来であれば、高級通販セットの事業でずっと温めていて、いつ発表しようか?ずっと悩んだのですが、ご協力頂いた業者様に少しでも貢献出来ればと思い、本日からオリジナルキャビアを販売開始致します。

業者様にご協力頂き、マノワの麻衣画伯が描いたオリジナルエチケットと共に、先ずはネットでの販売を開始致します。ワインをお買い上げの場合、クール便にて、ワインと一緒にお届け致します。

https://www.manoir-wine.com/


ご注文はこちらからどうぞ!


085A3DB5-F1B5-4E64-8648-802CDA0396E7.jpg

15g瓶  4320円(税込)

F6890BD7-5F8F-47E9-A9D8-8484CE968199.jpg

50g缶  6480円(税込)

47796A9F-76CD-4C9B-A266-92C5ECBAE605.jpg

15gマノワオリジナルキャビア瓶とマノワのオリジナルシャンパーニュのセット 8720円

A5CB69D7-ABB4-48DE-8681-54CA01CEF125.jpg

50gマノワオリジナルキャビア缶とマノワのオリジナルシャンパーニュのセット 10880円


キャビアの商品説明

【イタリアが生んだ奇跡のキャビア】

ブラックオパールキャビア セレクション(バエリ・パストライズ)

水の都ベネツィアから北に40km。社長を中心としたファミリーカンパニーで運営していながら、イタリアでもシェア2位を誇るキャビアメーカーが丹精込めて育てたキャビアが、ブラックオパールキャビアセレクションです。

美しい河川と地下水を利用してコンクリートの池で育てられたチョウザメは、一年を通じて13℃から15℃で一定になる様管理された水槽で常に新鮮な水を用いて育てられます。また、出荷直前はサーモグラフィーで魚卵の包括度を調べ、より水質の良い水槽で臭みなどが発生しない様に細心の注意を払って解体、塩蔵ののち2〜3週間の熟成期間を経て出荷されます。

この様な環境で育ったチョウザメからとれるキャビアは非常にクリアですっきりとした味わいを持ち、あらゆる料理にご利用頂ける素晴らしいキャビアであるとともに「ブラックオパールキャビア セレクション」の名に恥じない、マノワオリジナルのキャビアのコストパフォーマンスを実現しました。

原産国 イタリア


シベリアチョウザメ からとれたキャビアを'バエリ'と呼びます。 因みに'オセトラ'はほぼほぼロシアチョウザメからとれた物で、キャビアの王様の'ベルーガ'はオオチョウザメからとれた物です。

多くの方々が知っている世界3大珍味

フォアグラ・トリュフ・キャビア

この2つ、フォアグラとトリュフは、今やファミレスやラーメン屋さんでも使われる様になり、だいぶ一般的な食材になった様な気がしております。

しかしながら、キャビアは偽物があるにしても、やっぱりキャビアはキャビアだけでしかなく、キャビアは最後の砦だと僕は考えておりました。

僕は魚卵が好きなんですが(笑)キャビアだけは流石にそんなに食べる機会は無く、まして食べる機会があっても、フランス料理店に行って、お皿の上にちょこっと出て来る程度しか食べる事は無いんですが、、、、

僕ら業界はお店で使う為、毎日使っておりますが、、、、

あのキャビアの瓶を開ける瞬間の【パコッ】って言う感覚や、缶を開ける瞬間って、本当に贅沢だと思うんです。

こんな時代だからこそ、ご自宅で贅沢にキャビアを食べる機会があっても良いのかも?と思い今回販売開始致します。

皆様のかけがえの無い大切な食卓に贅沢に、マノワのシャンパーニュとキャビアが寄り添うそんな日があっても良いのかも?しれません。

ご注文はこちらからお願い致します。

https://www.manoir-wine.com/

今日、ハローワークに行かなきゃならず、ランチの営業が終わって、一瞬資料を取りに帰る為、自宅に数秒戻ったんです!

 僕には3歳の息子がいるんですが、、、、、

 毎日自宅に僕が帰る時間には、当然寝ており、休みの日もほぼ自宅にはおらず、僕は世間一般で言う、育児放棄の状態なのですが、、、、、、

 その息子に数秒会って、言われた言葉が、、、、

 【じゃーね!バイバイ!また明日!】

 ですからね?3歳になって、やっと会話出来る様になり、たまたま、思いもしない時間に帰ったら、、、、、、

 そんなもんです(笑)


1日でも早い数週間前の、何気無い日常が戻って来る事を切に望んでおります。

また、皆様にお会い出来る事を楽しみにしております。

終わり!
posted by マノワ at 14:37| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする