2019年12月04日

弾丸で、北海道阿寒と知床に行って来た!、、そして、もうすぐ、北海道標茶町とふるさと納税はじめます!

先週水曜日、マノワを急遽お休み頂いたのには訳があります。極寒の中、北海道に視察に行って来ました。いつも通り、超スーパーハードスケジュールです(笑)

火曜日のディナーは当然ながら営業し、そのまま、お客様と飲みに行きそのまま寝ずに、羽田空港へ、、、!


75D2A213-0190-4299-9CA0-BCBBC8EF18AB.jpg

釧路空港に9時30分ごろ着きそのまま、北海道阿寒のジビエの解体処理施設へ、、、、!

正直言って、全国様々な解体処理施設を視察に行きましたが、この北海道の施設は、後ほども書きますが、別次元です。

先ずは、阿寒で蝦夷鹿をしっかりと学習します(笑)

71B4390E-7480-4E4D-B31B-FB987D976D86.jpg

EEA383DD-8D53-4593-8E2C-B07A28299F7B.jpg

0BA8509C-FF2D-4FD4-9A4E-25A63DB254B7.jpg

26FC50EE-D545-415E-B075-8B6C196284A9.jpg

B965F748-6ADC-4A76-BD6C-35904E81B6E5.jpg

600461F3-0B71-4F53-8AC2-39200FC1EE53.jpg

95A5A428-9FB0-4D7B-81D6-305BD07630AA.jpg

D479A52A-0EA3-4FB0-95E6-7439B384ECB8.jpg

79333DA1-76E9-478A-A823-E96F8FB49AA9.jpg

そして、場所を阿寒の商工会議所に変えて、地元蝦夷鹿を使った、加工品の数々を試食させて頂いて、今度は、知床半島を目指します!途中食べたお弁当は、もちろん、、、、、、

1587B0C7-CB50-483D-B81C-848717813F92.jpg

486A7D09-9753-401B-A777-C943A6D753A6.jpg

F4ED0819-B432-4F96-85DA-5B505145081D.jpg

54DD9475-6F42-46C6-95E1-4B1F570C0E31.jpg

EC0FE0E6-4408-4953-959C-3221DA93556E.jpg

AEC2FE34-2934-45BC-A002-667584F540E3.jpg

CCC406F5-9D95-4517-A7DD-608F48073D16.jpg



地元の蝦夷鹿弁当!

B39E290F-75DD-451D-B332-BB107A623599.jpg

047656CC-EE5E-4726-BB63-9081F95EA305.jpg

B8D787C6-5F02-4222-96F8-1F9DF8150B0A.jpg

途中いくつかの道の駅に寄って、やっとたどり着きました!

外に足湯もあるのですが、マイナスの世界で足湯に入る勇気が僕にはありませんでした。

7F162A16-DED8-4D98-8692-8C92FAC3E274.jpg

33892793-A144-4846-BE68-D2E3CB87370A.jpg

BBB61754-3A91-4E1E-BA08-E50291FF58D6.jpg

EA425F79-98BC-4138-B74C-162ECB208B52.jpg

知床半島の中の巨大な敷地内に大きな牧場があり、この中に、生きた状態の蝦夷鹿が、オス、メスに分かれて1500頭います。

B093B041-55D4-496E-ABE1-B816A5366D26.jpg

C630398C-7CCB-4DD3-82B1-7DC3682E2E56.jpg

FAF82BBA-9EFF-4B49-BBCA-87B36C526E11.jpg

1500頭⁉️

阿寒と知床合わせて3000頭以上?

施設の方々もおっしゃってましたが、、、、、

この施設は、ハンティングの延長線上では無くむしろ、漁業に近いと言うお話し!

僕らがやっているハンティングが、大間の1本釣り漁法だとしたら、ここは、巻き網漁法だと思います。

山の中を網で囲い、餌でお引き寄せて、生け捕りします。蝦夷鹿も馬鹿じゃないので、こう言った罠には入らない様に学習します。人間の入れないエリアに逃げたり、そもそも、罠に入らなくなります。

だからこの辺の蝦夷鹿は近年少なくなり、最近では稚内の方まで取りに行くんだと言う事です。まるで、昨日のガイアの夜明けのマグロみたいなお話しですが、本当のお話しです。でも、北海道全体で見ると、蝦夷鹿の生息数は減っていないそうです。

じゃーその後、この1500頭の蝦夷鹿はどうなるのか?

ここから先は流石と言わざるを得ない程、最高の状態でお客様迄たどり着きます。

先ず、僕らもこのクリーン室を通り、髪の毛1本も、雑菌の洗浄もして、解体場に入ります。

9528095A-0F2F-4F08-B79A-FCB25B75B948.jpg

C9C42792-7C97-4112-A342-912F92F50AA3.jpg

90FB894A-D7E0-4884-92FD-DC73EF12158B.jpg

3CDC3560-95F8-4A5C-886D-2B8BEC07A2CA.jpg

129F1CC8-4A8F-4810-B6C5-AACF82335929.jpg

CC8F9FA4-E8A7-4A93-A58C-CF038C15D7ED.jpg

8451FCBA-D3E4-46A0-B9C0-2036AF175264.jpg

A7598235-71AE-4216-86D4-C6120AA85686.jpg

118D8A72-3C07-4986-8351-FDF7D7A9085C.jpg

1EC080D2-F980-4CDF-9156-27B2E7FB9545.jpg

8C2EABF7-144E-4BA6-BC80-A744FF817BB0.jpg

54CB649B-5816-4D92-A6A9-04A09C0E0E24.jpg

DE531D2D-A858-4AB6-AA78-58AE809EDDA8.jpg

5C04A206-BF5D-4756-AA39-1B6955F96B3E.jpg

469A40EF-840C-4B04-845B-31F0897B721F.jpg

F7AF3CA1-B802-4F56-9BED-57C292157493.jpg

678B991C-6565-4DFD-A4D9-C37C885E02F8.jpg

先日の千葉県の解体処理施設もそうですが、当然ながら、全ての個体に識別番号がつけられて、金属探知機の検査もされ、出荷されます。

263176EB-EE36-409B-8A4E-7A937AF339F8.jpg

89E785BF-C926-4FF4-B424-FEC179F72599.jpg

5D336781-7FBD-4218-B6FE-710EACC3407C.jpg

牛肉も豚肉も、ペットフードも、、、

僕らが普段食する全ての家畜と同じか?それ以上の徹底的な検査をされ、出荷されます。

この億を超えて作られた、解体場は当然ながら、HACCAPも取得しており、北海道ないのスーパーはもちろん、co-op(生協)はじめ、1万食を超える、学校給食や、某有名ホテルにも蝦夷鹿をお出ししているそうです。

凄い話しです!

圧倒的な規模と、衛生管理に何も言えませんでした。

そしてこの後、このエゾシカを試食します!

FCCD9745-9FFD-4233-B67D-55900BC58093.jpg

147F2F05-C4AC-4F38-9117-FFBA90B1BB5B.jpg

ちなみに、知床半島は、国の天然記念物のオオワシとオジロワシの群れがおり、流氷に覆われた世界自然遺産・知床半島の羅臼町沖上空を舞っています。

13F1FC6F-0DAA-4051-9FC3-CBCF2D822C0B.jpg

翼を広げると2メートル以上になる勇壮な姿を目当てに観光クルーズ船が訪れ、飛び上がると乗客から歓声が上がるそうです。

そんな、オオワシ、オジロワシの被害がこの解体場でも深刻な問題だそうです。

鹿のメスは今の季節、ほぼ100%の確率で妊娠していると言われています(おおよそ98%以上だそうです)このメスの蝦夷鹿を捕獲して、餌を食べさせて、育てます。

大抵、6月ごろに、1頭だけ仔鹿を出産をします。この時に自然界の厳しさが待っております。

先の写真の向こうは、世界自然遺産に登録されており、人間が入る事が出来ない、大自然の世界が広がっております。

蝦夷鹿は1時間位の間に出産するそうですが、このタイミングをオオワシ、オジロワシは狙っていて、仔鹿ごとさらって行くそうです。そんな、空からの空襲が終わると、今度はキタキツネが檻の下を掘って侵入して来るそうです。

また、当然ながらヒグマが柵を超えて侵入もするそうです。

空からの部隊と陸上の部隊の攻撃を受け、生き残る仔鹿は、大自然より少ないそうです。

そんな知床半島を後にして、女満別空港に着いて、他の方々とお別れしてのが、18:00!

F2533825-53AF-4B32-B083-8CACE48CED59.jpg


ここから、愛車のNISSAN noteに乗って、2時間かけて、北海道標茶町に向かいます。

標茶町にあるのが、、、、

ヘーゼルグラウクスマナー

7982B46D-674C-42A6-9CB7-DE28FFDD46D3.jpg

0335052B-0693-45D2-BA97-98B67AE9FB4C.jpg

98674E43-646B-42E6-8CA8-F87FAA7451F2.jpg

31714B1B-76CE-4BE1-A8CD-90E9FDDCB9DB.jpg

AEB3E28A-513F-4710-AF2A-6E344B702024.jpg

この、最高のホテルにマノワの元スタッフが働いており、他のスタッフとも一緒に、あれだけ鹿肉食べたのに、焼肉屋さんへ、、、、!

D02BED63-700D-4C47-BB83-041F8CAC7A2A.jpg

FA48B815-DB0E-4B96-A6A6-08EA58CB74B7.jpg

積もるお話しをし、ヘーゼルに戻り、1人寂しく、アンティークのキングサイズのベッドに吸い込まれる様に一瞬で寝て、長い1日が終わります。

3F36C1BA-6492-4265-9924-5F5F5A399796.jpg

7224431F-A35B-4534-B3FD-30592FA8EFDC.jpg


朝起きて、先ずは、ヘーゼルグラウクスマナーにあります、ジビエの解体処理施設を見学して、、、、

97E9579C-A28D-44EE-BB26-492E773A44B4.jpg

EE9C9ED5-2230-4AF3-A918-9A1C23A6B221.jpg

2F35E446-3DAD-49D6-880B-7FB58945605B.jpg


船も見学して、、、、。

E3231A4B-600A-402A-A527-E806DCFC30EE.jpg

426EAD12-F821-47D6-B068-FCA4547E5518.jpg

朝9時に、北海道標茶町の役場へ、1人でマノワのジビエをプレゼンします。

そう、今回の1番の目的はこのプレゼンです!


北海道標茶町の蝦夷鹿を使って、ふるさと納税をはじめるお話し、、、、!

ご存知の方々も多いと思いますが、このヘーゼルグラウクスマナーは、僕がずーーっとお世話になっており、先日の山梨県のお話しに続き、40歳の今年中に、この、ヘーゼルグラウクスマナー、並びに、北海道標茶町に何か恩返しが出来ないかと、、、、!

と言う事で、ヘーゼルグラウクスマナーの協力の元、この北海道標茶町とも近日中に、、、、

ふるさと納税をはじめます。


何度来ても最高のホテルが北海道の標茶町にあります。 今回も大変お世話になりました。

標茶町にも恩返しするべく、僕らしく全力で実行して参ります。

今度はゆっくり、銃を持たずに、釣り竿持って、イトウを釣りに行きます(笑)

スタッフの皆様ありがとうございました。そして、先ず蝦夷鹿1頭お願いします!

F155C63E-46F7-4FB2-8E7F-774F8B25E650.jpg

DB8A7D15-C819-49CB-91BB-82E71B0572E0.jpg

C86D3B90-0849-4E6B-B9FB-BD7ADC0EDFB0.jpg

C5A26558-7D86-42EB-B1DF-90C987F0D4D2.jpg

24B99B22-F5A0-4BFA-8738-BF898D9D5359.jpg

CC6B5B3F-7E5A-43A5-B024-3459224FE5B0.jpg

32CB3226-949B-4252-A2B8-9D651006DEC4.jpg

3261105D-444D-47AF-89F3-58D1321ADE15.jpg

787205E6-53F6-471D-9CA6-073D18723CD3.jpg

こんな空間で僕も時間を忘れてゆっくりしたいです!

921EE64E-429E-4C97-A837-109F55FA11F1.jpg

3A6B85FE-8E82-47F8-A6B3-9A7266E74FD6.jpg

ちなみに、暖炉のある、この何物にも代え難い、オシャレな食後酒を飲む空間は、、、、!

C5987190-AF02-4643-891A-263C5B123463.jpg

BDBD09BA-5211-420C-88D5-8253891B746F.jpg

3571E732-DEDE-42B1-8A0A-C4D9F2772D18.jpg

B54A18ED-D4D9-4190-BAAA-7E86422DCDCF.jpg

C9FD532E-B840-469F-B040-249C796D0AB0.jpg


GMOクリック証券のCMでガッキーが出てるシーンは、ここで撮影したってお気づきでした?

この後、路面に雪が積もる中、2時間かけて、屈斜路湖抜けて、美幌峠を超えて、女満別空港に戻り、、、、、

北海道名物のスープカレーを大盛りで食べて、、、


BD889209-48B5-4292-A048-F7753B650DCA.jpg

4E173E86-2893-4EC3-829A-748B0446A2FF.jpg

木曜日のディナーにそのまま出勤して、何も無かった様に仕事しました(笑)我ながら中々の体力だなぁ!って思います!

終わり!
posted by マノワ at 14:59| 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする