2019年10月26日

ちょい出しチーズ!


おはようございます〜

昨日はすごい雨でしたね。。

ニュースの報道を見ると、災害の恐ろしさを改めて実感致します。

マノワ でも、多田シェフとマサキが千葉県出身なので、非常に心を痛めております。
なにか力になれることは出来ないか、シェフはじめ、マノワスタッフ全員で考えているところであります。

近々、千葉県の食材を中心に使ったコースも検討中です。

また、今回の災害で亡くなられた方々には、心よりご冥福をお祈りいたします。

そして昨日は、あの天候の中、ご来店くださったお客様、誠にありがとうございました🙇‍♀️








そして、本日は、特別ひとつだけゲットした、おすすめチーズのご紹介です!

スペインのチーズで

​トルタ デ トルヒージョ

3580376A-6831-4541-B5C3-A14128EF4DCB.jpg

こぶしくらいの小さなチーズです

周りは硬く、セミハードタイプではあるのですが


実は中身はトロっと柔らかくクリーミー✨




大体のチーズは、

牛乳を凝固する時に、

レンネットという凝固剤を使うのですが、

このレンネットの多くは、

動物性レンネットという、

子牛の胃袋から抽出する成分になります。

動物性レンネットで作ったチーズは、比較的モチモチっとした、弾力のあるチーズに仕上がります。


一方で、スペインやポルトガルの一部のチーズでは
チョウセンアザミ
いう植物のおしべから採れる

植物性のレンネットを使用したチーズが作られます。


植物性レンネットで作ったチーズは、

凝固力がそれほど強くないので、
独特のトロっとした仕上がりになります。



ただ、植物性レンネットを使ったチーズって、日本ではあまりお目にかからないと思います!


実はこの、トルタデトルヒージョは、その植物性レンネットで固めたチーズなんです‼️

なので、周りは硬いですが、中身はトロっとした独特の食感が楽しめます💓




このチーズが生産されている場所は、

エストレマドゥーラ州
(チープロ受けた方は一生懸命覚えた州でしょう!!笑)

ポルトガルと国境を接している州です。
なので、ポルトガルチーズによく似ているんですね!

スペインチーズといえば、、

ケソマンチェゴ‼️

と、イメージしている方はぜひ、こんなスペインチーズもあるんだと!新鮮に感じていただけるかもしれません😆♪

一つしかないので、売り切れ次第終了ですが😓

ぜひお試しくださいませ!

posted by マノワ at 11:59| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする