2018年09月18日

ランスからパリへ


前回のクレイエール編、思いがけず、皆様から温かいメッセージをいただき、ありがとうございました!!

全然、大したことなかったので、本当に、ご心配をおかけしました!!


ランスは一泊だったので、
夜中に病院から戻ってくると、そのままホテルでぐっすり死んだように寝ると、、

次の日はもうすっかり元気!に。

低血圧と睡眠不足も原因のようでした💦


私は長いこと寝ていたので、ランスの街を歩いて見る時間はなかったのですが、、


この2ヶ所はしっかりと行ってきました!👍


まずは、、


91415DE1-44EC-4D90-A9FC-7638B47A0D0E.jpg

デカすぎて、収まりきらない!!

ノートルダム大聖堂です!

出発前に、
ここに新婚旅行で行かれたお客様に、

ぜひ、大聖堂が素晴らしいから見てきて!

と言われていたので、とても楽しみにしていました!😊✨


外の入り口の彫刻から、また素晴らしく。。

微笑む天使を代表に、

人間と実寸大くらいの大きさなので、

こんだけずらりと並んでいると、

迫力がありすぎます。


いざ、中へ、、

82447648-C68D-489B-B919-0D50567287BE.jpg


ステンドグラスの周りにも、彫刻がたくさん。

ローマのパンテオンに行った時も全く同じ思いをしましたが、こんだけ高くて大きい石の建物、

どうやって建てたのか?

謎すぎます。。

パンテオンに比べたら、1000年以上最近の話ですが、それでもクレーン車なんてない時代ですよね?😅💦

8BEC854F-E41E-4877-A25B-DBB2074DB1F3.jpg

この上のステンドグラスは、よーーく見ると、
アダムとイヴ、などいろんな場面が描かれているようです。。

が、非常に高いので、目を凝らして、やっと見えるかな、、?

というくらい、本当に大きい!!

ステンドグラスは、たくさんあり、シャガールのものや、シモン マルクなどによって制作されたものなど、雰囲気も様々。


AC8DDDB5-77A1-463C-865E-BC4D7D79E99C.jpg

↑これがシャガールのステンドグラス。

見えづらいですが💦💦

水彩画のような、、ブルーが本当に美しいです✨✨


5C8A4AFA-C372-44D0-B699-412B788FEA2E.jpg


観光客の方もそんなにゴミゴミしているわけでもなく、こんなに広く大きいのに、やはり静寂がありました。

パリのノートルダム大聖堂とはまた雰囲気が違いました。

絶対に日本には存在し得ないものなので、本当に行けて良かった、、!!


また、
ランスといえば、今、日本でも展覧会がやっていますが、、

藤田嗣治の礼拝堂。


8901CC49-65A3-4A85-857E-515F74A52903.jpg


晩年、ランスのノートルダム大聖堂にて洗礼を受けた藤田が、パトロンであり、マムの社長であったルネ・ラルー氏に依頼され、
この礼拝堂の設計と内装を手掛けました。

この礼拝堂はマムの敷地内でもあり、お隣はもちろんマムの建物です。



4723D500-5875-4EC7-89EC-0E2825111384.jpg


内装は、、


D378C1B7-45DC-42FB-B39A-A5BC763D49CA.jpg

完全に藤田さんの世界でした。。

D2D25152-7878-48A1-A08A-0E95AB0AC635.jpg


キリストの生涯の、いろんな場面が、順番通りではなく、バラバラに並んで描かれていました。



C1A9A79A-2AEC-4021-A7AE-200F46DBCF9F.jpg

宗教画は時代によっても、画家によっても本当に様々ですが、このタッチのフレスコ画はとても新鮮でした✨✨

EF8A2674-E929-4049-AADF-B96762832B3E.jpg


こちらの絵、、

D8A3BA44-1C8B-48F9-BFD7-9FA766B9263A.jpg

左から4人目にラルー氏、5人目に自画像を描いているそうです。

D60EF1D8-0E1D-4BAD-A0C7-9F35E544108B.jpg

このステンドグラスは、
戦争の悲惨さ、特に広島を呼び起こしたものだそうです。

ランスにいて、日本を少し感じる、不思議な礼拝堂でした。

とても、素晴らしかった、、、!!


そして、そして、

時間がない中、通訳のKさんがシャンパーニュの畑をぐるりと、案内してくださいました!!

B2FDFCE1-16C2-4FA5-830A-4E77F84152B1.jpg




F4AB2F58-2BAD-4AB9-9E1D-751E71AE7195.jpg


7313B217-E864-413B-81AD-7C3594E8F0BC.jpg


シャンパーニュの畑は、、、


やはり広大!!!

東京にいると、1番遠くの景色って、目を凝らさなくても見えますよね、、目の前ビルですし。

宮城にいた時でも、1番遠くの景色は、結局、山でしたし、、


ここまで、

目を凝らしても、遠くがもう見えない、、


っていう景色に、、


23CDB86C-747C-49EB-B21A-C24B55916AE4.jpg

なんて狭い世界で生きていたんだろう、と思ってしまいます!

土地的に!笑


北海道とかなら、こういう景色もあるのかもしれませんが!💦
(行ったことないんです北海道😂)


全ての畑を車で走りながら、通訳のKさんが説明してくださいました!

途中、
ドンペリが眠る、教会にも寄りました!

BF7A5C4A-750E-4DC4-BA69-34801D40CAB8.jpg

ドンペリニョン は、シャンパーニュの生みの親とも言われておりますが、、


このオーヴィレール修道院の酒庫係だった、ドンペリニョン が、発酵途中のワインを瓶詰めしたところ、瓶内で再発酵し、発泡性ワインが出来たといわれています。

そこから、ちゃんとしたシャンパーニュなるものが完成するには、ドンペリさんも相当大変だったと思いますが。。



18D224E1-0EF6-4A9F-9F60-6B9B76D216C9.jpg


この下に眠っているようです。



50422AB2-06AB-4075-A37C-AA590C842EBE.jpg



F841A3C2-D5D7-455C-BEA9-0A938001D051.jpg


こちらの教会も、絵画が素晴らしく。。

急ぎ足だったので、写真を撮り忘れてしまいました💦💦


村ごとに、シャンパーニュらしい

可愛い建物や

お家が並んでおり、


そこに、大きなメゾンがたくさん。。

知ってるロゴがたくさん。。

ブルゴーニュとはまた違う、雰囲気でした。。

ランスに戻ると、通訳のKさんとは、ここでお別れです。

本当にお世話になりました!
私は本当に、感謝しか、ありません。


残された4人で、パリへ、向かいます。。


5D20F1E6-CE31-45E8-B4A2-55D4911F0E5E.jpg

果たして、、


中村さんの荷物はパリのホテルに届いているのでしょうか、、??















ホテルに着くと、、







なんと、、!!


















6976A5E4-67A2-4329-A206-5A6F5B3A8868.jpg


​届いていましたーーっっ!!​😭😭


はしゃぎ喜ぶ、中村さん。


スーツケースの半分を占めていたものは、、














ブルゴーニュとシャンパーニュの生産者に渡すはずだった、揚げまんじゅう!!!


4C918C84-1E4F-4FBB-A4D2-E20AEC8D9EBD.jpg

ガーン!!!



この日は、中村さんの部屋で深夜まで

宅飲みです!!

シャンパーニュの生産者にいただいた

ワインを片手に、

チーズやら生ハムやらパスタやら

562B6410-CCF0-41A8-B648-CFAEF6725014.jpg

持ち寄りパーティー🎉

32816985-6D3B-4AB1-9033-D1FFC9E40D78.jpg


荷物が戻って、超ハイテンションの中村さんでした!笑




BFCFD7A8-E0E0-410A-A0C5-B5F2E0DC7E03.jpg


デザートはもちろん、、


3768D44F-5A66-4BE2-A0EC-4A5F552B97D8.jpg

揚げまんぢゅう〜〜!!!笑


そしてパリの夜は更けていくのでした。


続く、、!!

posted by マノワ at 16:23| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする