2018年04月07日

山梨県芦安から、山菜が山ほど届いております。


4A58AB1C-EAE8-43C7-97AD-BE905825F950.jpg

787EAF20-ADF7-4862-B598-C0BD11E0591F.jpg


DB67195E-C798-494B-9D51-932E9C13FBBD.jpg

春真っ盛りの今、山菜達が山梨県・芦安から毎週届いておりますので、そのお話しを、、、、、


始めの写真の山菜は、春蘭と言い、野生の蘭で、春を告げる花なのですが、一瞬で終わってしまいます。
田舎だと、おひたしにしたり、酢味噌と和えたりして食べてました。

5324080D-5EDA-4A9F-9CE2-24F36F84ECDA.jpg

8D4BBCFF-31DA-4174-B4B5-67B8D775D899.jpg

山梨県芦安は、僕が幼少期、高校卒業する迄過ごした、田舎です。

今も両親が住んでおり、、、、、

山登りが好きな方ならご存知かと思いますが、日本で富士山の次に標高が高い山は、北岳と言います。

この北岳の登山口があるのが、山梨県芦安です。

そんな、山の中に幼少期住んでいて、この季節になると、父親と山菜取りに行ったもんです。

東京で売っている、ふきのとうやタラの芽を見ると、毎回寂しく思うのですが、、、、

田舎で食べていた、山菜の香りは、養殖の山菜と比べると、別物です!

今の季節は、ふきのとう、藪萱草(ヤブカンゾウ)、のびる、クレソン、セリなどが取れ、もう少しすると、ワラビ、タラの芽、コゴミ、ゼンマイなどが出て来ます。

山菜を見ると、やっぱり、日本の春だな?って感じます。

ただ、東京で天然の山菜を購入しようとすると、すこぶる高価で、天ぷら屋さんみたいに、それで1品としてお出しできるのであれば良いのですが、フランス料理だと、付け合わせにする事が多く、贅沢に使うのが難しいのは、否めません。

しかーし、今、マノワには、、、、、


山の沢に生えているクレソン

4BC7252F-4FD1-4471-81FD-AF8942FB084B.jpg


藪萱草(ヤブカンゾウ)

227A4D1F-D9DE-4790-B19C-65704A525B2A.jpg


山セリ

5494C4C5-2DC1-4DDC-A300-7DE9DD00382A.jpg


のびる(田舎だと、のんびる)

32FF7491-0039-4813-B94A-B89F5DDAB5AA.jpg


これを、スタッフで、綺麗に選りすぐり、掃除致します。


CC403171-70B1-4ACC-823F-136B38202F48.jpg

こんな春の味覚が、想像出来ないほど、毎週届いております。

そーなんです!山梨県芦安の僕の両親が取ってくれて、送って貰ってます。

そして、この貴重な食材、花山椒

IMG_6122.JPG

A87F4E61-3268-4C57-AF5B-18DD31DD6322.jpg

これも、たらふく届いているのですが、ここではあえて書きませんが、あまりの高価さに、田舎の方々はビビリますよ?僕の両親に言ったら、しばらく嘘だと思って、信じて貰え無かった程です(笑)

ちなみに、ブログ読んでる田舎の方々、、、、、

東京では、花山椒は、お鍋に贅沢にさっと落として、高級な霜降り牛肉でさっと包んで、軽く鍋の中でしゃぶしゃぶして、有難がって食べます。それで、福沢諭吉が何枚も飛んでいきます。

物の価値は人それぞれだと思いますが、東京にいると色々な事を考えさせられます。

でも、幼少期、決して中村家は裕福ではありませんでしたが、贅沢な暮らしをさせて貰ってたな?と最近この歳になってつくづく思います(笑)

これ以上書くと炎上するので(笑)今週のお客様には、はじまりの春の食材をたらふく、是非お召し上がり頂きたいと思います(笑)

終わり!
posted by マノワ at 14:54| きのこ、山菜、釣りのお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする