2018年03月24日

赤坂シュマンで、深夜の飲み会のお話!

赤坂のシュマンの柴田さんにお誘いを受けて、桜が咲く中、お客様がお帰りになった後に、西荻窪のカレー屋の名店、スプーンの和田さんと共に、柴田さんのご好意で、シュマンに集まりました。

僕らは、西麻布のブルギニオン時代、当日僕が23歳で和田さんが21歳の頃、柴田さんと少しの間、一緒に働かせて頂き、柴田さんは、当時から、ワイン業界では、雲の上の存在で(先日書いた、ワイナートのコメントなども書かれていて、、)たくさんのワインの事、業界の事を教えて頂きました。

また、数年前には、ブルゴーニュでも一緒に食事して、一緒にたくさんのワインをご馳走になりました。

お金では買えない、尊敬する先輩です。

っで、僕らの業界は、仕事が終わるのが遅く、集まるのも、深夜からのスタートになります。

701B4192-2482-4D05-9C1F-3B5F58F87907.jpg

そこで、、、

柴田さんから、ワイン1本持って来てね?

よくお客様の自宅に誘われたり、先輩に誘われたりする機会が多く、こう言う場合、持って行くワインってすげー悩みますよね?しかも、今回はあの柴田さんですからね?

っで、今回僕が持って行ったワインは、、、、、

DB7F8C05-FC1E-4C3A-9112-2B10F7577B5A.jpg

2001年 Vosne Romanee 1er cru Les Gaudichot Machard de Gramont

ワイン好きの方なら、どー言うワインか、お分りになると思います。あのワインです(笑)

ワインって、誰と飲むか?どー言うシチュエーションで飲むか?

これが非常に大切であり、そこにセンスが求められると思います。

僕が持って行ったワインは、自宅セラーに15年くらい入っており、柴田さんにお誘いを受けた時、これしか無いって、勝手に思い、ここで飲む為に、自宅セラーで熟成させたワインでした(笑)

また、深夜スタートにもかかわらず、全く予想してなかったのですが、信定シェフにお料理まで用意して頂き、、、、、

0BC0321F-71EC-4FEE-AEDE-941DBB82DC6D.jpg

8F4658BC-21EE-4A1F-BD24-80E43144960F.jpg

ブレス鶏とモリーユ茸

BA3DCFAC-D1B1-4715-AB6E-09C70A847305.jpg


サーモンマリネ

C1EA5746-0DB3-45F6-BFB9-306EB6187E1A.jpg


イワシとタンポポのサラダ

848C6935-68DC-4391-B42D-0423DD9310E6.jpg


やたらと美味い熟成したサラミ2種

B18DD85B-6A35-4044-9D78-4EA22EE27BF1.jpg


イワシのフリット

731E4674-AD3D-4309-B555-1D2F0302C642.jpg


オランダ産ホワイトアスパラガスとアサリ

158CA40D-D03D-4123-ADDF-2D71C03304DD.jpg

2ヶ月熟成した、イノシシのロースト

ヤバく無いですか?このクオリティとワイン達!

柴田さんのご好意で、先程のお料理に合わせて、次から次へと、4人で飲んだワインが、、、、、、、


D95035B4-813B-49A3-B4FF-5C073FAC7290.jpg


1873FB72-AD33-4F9B-B418-E2062F0B2F9A.jpg

5328E9D2-E816-4F69-B69B-C5CD3C17B2AC.jpg

66012F52-8864-43AE-9113-17ABACC3F96E.jpg

E2C36455-60D8-43C2-BCD9-2DBE8A72CB66.jpg

EBAFEF1B-3936-448C-B56F-0BC8C915E4FC.jpg

DB07AFE2-9020-43D8-A9AB-7DFFAE2B3B05.jpg

良くブログにも書きますが、その昔は、こー言ったワインを、先輩たちや、お客様から、飲ませて頂く機会が多く、非常に恵まれた環境でした。

ロマネコンティも、そーいった場所に行くと、惜しげも無く、飲ませて貰ったもんです。

だからワインに興味が湧き、自分でもブルゴーニュ行って見たいな?って思ったり、給料出たら、お店からワインを買わせて頂き、若者達で持ち寄って、あーでも無い、こーでも無い話しをしたもんです。

なんだか、懐かしく、気がついたらあっという間に、日が昇ってました(笑)

576BBC52-4D62-4C7A-872D-3B4F14FE5D56.jpg

はい!とーぜん、朝帰りで且つ、一睡もせず、風呂入って、そのまま出勤して、ランチ営業しました。

柴田さん、信定シェフありがとうございました。

そして、和田さんピンニューヨーク、おめでとう!

終わり!
posted by マノワ at 14:01| ワインのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする