2017年03月30日

フランス行って来ました!ブルゴーニュ編!アランコシュビザール!

先日行って来た、フランス旅行の続きです!興味無い方はすっ飛ばして下さい!中村です。

ブルゴーニュ編その1!

とりあえず、目が覚めたのは朝の5時、、、、!

フランスの安いホテルって、シャワーの水が、タンクの所があり、、、

つまり、ある一定量のお湯をシャワーで使うと、そこからお湯が出なくなり、冷たい水しか出てきません。

嘘っぽく聞こえますが、本当のお話です。味わったことが無い方は、高いホテルしか泊まった事が無い、リッチな方だと思います!

昨日の深夜、いきなりこの、水浴びの刑を浴びせられ、かつ、水が部屋に漏れたので、今日は、朝っぱらから、気を付けながら、シャワーを浴び、歯磨きしていると、、、、

今度は、うがいしている、洗面台の水が全く流れない、、、!

マジ話です!とりあえず、僕の日本の汚れをパリに放置したまま、、、

もーどーでも良くなり、まだ、外も暗い朝の6時30分ごろ、チェックアウトしようと、ホテルのフロントに行くと、数時間前にあった、フロントのおっさんが、フロントのソファーで、毛布をかけて、すげー、いびきかきながら、寝ていました。

マジか?お前すげーな!(日本語で言っても全く通じません!)

まあ、フランスだから、しょーがないか?って思いながら、おっさんに声をかけてみると、面倒臭そうに、、、、

【鍵だけ、そこ置いておけば良いよ!】って、毛布の中から一言!

漫画の様な、そのシチュエーションに、思わず笑いながら、、、、

一言、、、、アバよ!(柳沢慎吾風!)

最後まで、毛布からおっさんは出る事は無く、チェックアウトを済ませ、肌寒い、パリの街に出ます!

っで、日本からインターネットで予約しておいた、ハーツレンタカーに向かいます。ギャールドリオン駅に直結していて、支払いは、クレジットカードで、済ませ、そのまま、今回の旅でお世話になるお車へ、、、、

8670273A-EE50-4FA3-8647-B8EDEC1D91A8.jpg

E9270721-BA5A-416B-874F-21A701A8AC64.jpg

ルノーのディーゼル車です!フランスでは、日本と違いディーゼル車が主流の様に走っております!

乗って見て思ったのは、日本のガソリン車と違い、100キロぐらいまでは、スムーズにスピードが上がります!が120キロ位を過ぎると、急にパワーを感じなくなる、印象でした。

良く運転したこと無い、フランスで、しかも、左ハンドル車で、しかも、日本と違って、僕が借りれる様な安いレンタカーは、ほぼ、マニュアル車でかつ、日本と違って、右車線!

すげーな?ってお思いの方もいらっしゃると思いますが、、、、

今回の旅で思ったのは、マニュアル車と左ハンドルは、直ぐに慣れます!ただ、右車線は何も考えてないと、逆走しそうになります(笑)

ちなみに、道はどーするかと言うと、、、、


94A29C5F-F206-4AB9-B0ED-D11B1C0D4FB4.jpg

D3C9499D-5A38-40A1-A540-36C3666D5D00.jpg

ガーミン!ってのが、インターネットで、2万円くらいで買えます!これを持って行くと、世界中何処に行っても、日本語で、丁寧に案内してくれます!

ちなみに、これから旅行行かれる方の参考になれば?ですが、、、

ハーツレンタカーで、1日フランス語と英語しか喋ってくれない、ナビゲーションを借りても、35ユーロくらいします。(1ユーロ136円と考えると、1日4760円)僕の場合4日間車を借りたので、19040円です!

全く知らない土地で、運転する事を考えると、絶対ガーミン買ってきた方が、気が休まります!

しかも、カメラまで着いていて、事故ったりしたら、録画してくれてます!

っていうか、ガーミンが無いと、後々にも書きますが、パリやモナコなどは特に、一方通行が多すぎて、運転は厳しいと思います!

っで、ギャールドリオン駅から、待ち合わせのブルゴーニュのボーヌまで向かいます!ガーミンの情報では2時間30分くらいとの事!

とりあえず、ギャールドリオン駅にある、ポールで、フランスらしい、サンドイッチを買って、日本では売っていない、赤いヴァージョンのオランジーナ(味は日本の駄菓子屋さんのジュースの味がして、日本で売って無い事を、その後納得!)を買って、、、、

さあ、出発!

5C503ED5-DF19-4269-8C21-074C6BE78A28.jpg

朝まだ、早いという事もあり、パリの街をスムーズに抜けて、高速道路へ、、、、!

日本の高速道路って、だいたい制限速度が100キロの所が、多いと思いますが、フランスの高速道路は130キロ区間が多いと思います!

ただ、わけ分からず、急に100キロ区間だったり、90キロ区間になったりと、市街地に近づくとちょこちょこ、いつの間にやら、変わったりします。でも、そんな事も、しっかり、ガーミンは教えてくれます!

今回の旅で、ガーミンは、ガーミンって言うか、(かーみん)でした。

まるで、僕が発見した見たいに書いてますが、ガーミンは、お客様のN様にお借りしました。本当にありがとうございました!

っで、日本ではあまり出さない速度、130キロで、ぶっ飛ばしながら走っていると、辺りはだんだん明るくなって来ます!

高速道路には、所々に看板があり、ぶどう畑が見えて来たと思ったら、ブルゴーニュのシャブリ地区だったり、、、、

だんだん、フランスにいる実感が湧いて来ます!

なんの問題も無く、2時間30分くらいで、ボーヌのホテルにつき、今回ブルゴーニュをご案内して頂くSさんと合流致します!

10時過ぎから、Sさんの車に乗せて頂き、定番のロマネコンティの畑や、僕の大好きな生産者の、メオカミュゼリシュブールクロパラントーの畑で写真撮ったり、、、、

ロマネコンティの畑の前で、、、
1658C54B-7279-492F-9268-323C47AFC466.jpg

11A5707D-298F-4244-9329-D169E9D0650E.jpg

302A7853-310F-429C-A867-0BBCC2D2253D.jpg

手前が、メオカミュゼリシュブールで、上の方が、クロパラントーです!


15A4C69F-552F-4872-ABFD-6048B9E360DB.jpg

8B2CF73D-2413-4236-A491-EA4F036D217E.jpg



アンヌグロリシュブールの畑で、日本人の女性の方が仕事されていたので、つい、話かけてみたり、、、、、

54939CAE-DDC8-49A1-982A-E123B6E3DE3E.jpg

D9124FBA-FFC6-4B33-AB5D-2BD5265EA2AE.jpg



ここのスペース、アンヌ グロリシュブールの畑なのですが、樹齢が高齢化の為、引っこ抜いたそうです!
8CA9D6AE-2622-4057-8AF8-F5EE03DC1F94.jpg

リシュブールの畑の中にシャルドネが植えられていたり、、、、AF533BF0-6AB2-49F0-B713-2B72807D34E9.jpg


土壌に石灰石らしいのが見えていたり、、、、
B15E1E72-76AE-40B8-B53D-1E477D143093.jpg



せっかくだから、今回の訪問は叶わなかったけど、ルロワの前で写真撮ったり、、、
0855493F-83A1-4306-9290-2E4D788C8D26.jpg

今度は下って、ポマールルロワの畑や、ヴォルネィの畑を、ご案内して頂き、ムルソーでは、コントラフォンや、コシュデュリの畑をご案内して頂きました。

B121CAE5-0222-45B6-A489-5A6F2E322A9E.jpg

ルロワのポマールの畑です!

この7列のみが、ルロワのポマールの畑、だそうです!そりゃー!、このワインを世界中で取り合ってるんですから、超スーパー高級ワインになる訳です!

DCC03F33-75CD-4B3D-88EB-1AABE4784ED0.jpg

写真の上の方の畑は、プスドールの60ウーヴレです!

16B9C852-2A5F-423F-B052-4CCD18A0B5E0.jpg

ルロワの隣にある、ジャック プリウールの畑です!

A464DD23-1FD9-429F-B562-32D6B9C9CE43.jpg

この写真がお分かりになられる方は、ブルゴーニュヲタクです!この写真撮る僕は、もっとブルゴーニュヲタクです(笑)

ここで、ランチタイムです!

Sさんにご紹介頂き、ムルソー村にあるレストランへ、、、、!

この建物の屋根の特徴的な模様は、ブルゴーニュの伝統的な屋根です!

49C58327-9778-458D-AB2B-19394E81DF52.jpg


08423F3A-B6A6-4091-9ACD-9A48712F3483.jpg


641B7DBE-375E-440A-B24F-860DCD396A1D.jpg

せっかくなので、ブルゴーニュの特産コースを食べました!

EBA30A1B-FDD7-4DDC-9F33-7051B5B71037.jpg


28ユーロなんで、日本の3808円です!

3AC08761-5F2D-46C8-93B6-81732D3194EE.jpg

DBE94EB4-9F6F-4AD5-9BFC-089820A7BE1B.jpg


エスカルゴとパン

0C00C22F-3184-47EA-A6BB-BC0DD24C9BBC.jpg


鶏の胸肉のロティ エポワスチーズソース パンデピスの香り

1D6A418A-AAE6-4EA9-B0CD-B8F6E2A2BCB3.jpg


ブルゴーニュのチーズの盛り合わせ

97CE6399-BA71-475F-BC97-551E475EA7B1.jpg


洋ナシのコンポートとブルゴーニュのカシスのソルベ

DB8F70EF-55A1-4B0D-A0E7-27F2B3569E88.jpg


Sさんに運転して頂いているので、ワインは、ピュリニィ モンラッシェ(エチエンヌ ソゼ)をボトルで飲み、日本では、やたら高級ですが、フランスでは、リーズナブルなシャテルドンをランチから飲みました!

この辺りで、、、やっと、フランスにいるんだなって実感しました!


っで、午後には、まず、ワインの生産者さんに会いに行きます!

アラン コシュ ビザール

ACC59520-3CD6-4DB3-AE95-5CA427BBCCC6.jpg

0A08A672-B9AF-424A-B68B-19D3ACEA4E57.jpg


アランさんが、迎えて下さいました!最近では、息子のファビアンって名前が、エチケットに印刷されております!

ADC92097-239B-4DBF-AED7-0C27ADAEB207.jpg

Sさんと、その昔から非情に仲が良いと言う事もあり、とにかく、上機嫌で、気前が良く、、、、、


E697665B-275F-4C8F-89F4-082A14966A64.jpg


25AEEBBE-70EB-4DEE-AABE-58B015F2678E.jpg


5CAB7DED-916F-4448-AE22-E9673A0B5E73.jpg


F566A098-ED56-485B-8610-BE7F1A11589A.jpg


92440CCA-5C7A-47E5-ACE4-FA64928ECEFB.jpg


15本もワインを開けて頂きました。

0486C94C-4D9B-498E-934F-05B54285E02E.jpg

869B5F4B-6E2C-48CD-8C59-E2C31AC304C8.jpg

A5FB13DE-71AE-44F8-A873-8A691624F29B.jpg

D346C3CA-48D0-45B4-AAE2-8038F83AFC2B.jpg

285394BA-CCD6-4AA9-B5A1-92FCD81B945A.jpg


511DB61B-EF18-45A3-977A-E127B5E88DB1.jpg

771729AB-833C-4CC4-B155-DE7E4AA3E767.jpg

A9D19B3F-7A87-4A40-8E4F-5F35FECE3893.jpg


たくさんのお話しをさせて頂いたのですが、1番印象に残ったのは、今年2014年ヴィンテージは、による被害が多く、特に、ヴォルネィやポマールは大変な問題になっているそうで、、、、

雹に当たって、ぶどうの葉っぱが落ちてしまい、ぶどうの実がならないそうです!

例年を100とすると、2014年は、40%しか、収穫が出来ない見込みだそうです!

そーなると、当然ながら、ワインの価格は上昇致します。僕ら、レストランにとっても、人ごとでは無い問題です!

ここ数年、ブルゴーニュの雹の被害は大変な問題になっているのですが、、、、、

数年前に、北京オリンピックがあった時、開会式で雨が降らない様に、開会式中に、中国で、大砲を飛ばし、雨雲をぶっ飛ばした!なーんて話し、聞いた事ありませんか?

あのマシーンを、被害がもっとも深刻なこの地区にも導入して、雹の雨雲をぶっ飛ばしたりもしたそうです!

Sさんのお話しでは、ほとんど意味が無かったのでは?との事でしたが、アランさんは、フランス人らしく、、、
【それをやって無かったら、もっと大変な被害になっていた!】、ってプラス思考に考えておられました。

っで、15種類も飲めば、流石の僕も、だんだん酔っぱらって来るんですが、次の訪問先があるので、この辺でお別れを致します!


次回は、ブルゴーニュ、メオカミュゼ編!に続く!
posted by マノワ at 18:47| フランスのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする