2017年03月08日

長崎県五島列島のイノシシ猟!

 中村です!今回のブログはいつも以上に、リアルな狩猟の現状について書かせていただきます。よって、多くの狩猟の現状の写真を掲載いたします。

 御苦手な方は、ページを飛ばしていただくことをお勧めいたします!

 しかしながら、今現状における、田舎では野生動物と呼ばれるジビエ達!

 このジビエにおける、今の本当の現状を、今日は賛否両論あると思いますが、ブログにて書かせていただきたいと思います!



 僕自身、20年以上東京でフランス料理店のギャルソンとして、仕事をやってきました!

 この季節になると、得意のエレガントな料理説明で、、、、

 【今日のジビエはコルベールです!】

 ってな感じで、数えきれないほどのジビエたちを、その時の自分の1番の表現方法で、数えきれないほど、お客様に提供させていただきました!

 その時はもちろん自分の1番だったのですが、、、、

 今こうして、自分で狩猟に行くようになり、すべての過程を自分で見るようになり、今はもっと違う面で,このフランス料理、特に、このジビエの料理には深く考えさせられるものがあります!

 東京って街はすごい街で、今やフランス料理を食べにくるお客様で【ジビエ】って言葉を知らない方はいないんじゃないでしょうか?

 僕がフランスから戻ってきた、18年ほど前、お客様に【ジビエ】ってメニュー説明しても全く伝わらず、必ず【今しか食べられない野生獣の・・・・】って言って、料理説明をしてたような気がします!

 時代が少しずつ変わり、マスコミの方々も様々な雑誌でジビエのお料理たちを取り上げていただき、今ではいつの間にやら、この季節になったらフレンチに【ジビエ】を食べに行こうってお客様が多くなったのも現実だと思います!

 僕自身は、山梨県のど田舎で育ってきて、小さな頃から父親が狩猟で獲ってきた【ジビエ】達が普通に食卓に並ぶ様なそんな幼少期を過ごしておりました!

 それとともに、田舎における【ジビエ】における被害状況を目のあたりにしてきました!


 今回、長崎県の五島列島にイノシシの狩猟に行ってきたのですが、行く直前まで様々な事があり悩みましたが、自分がこうして東京っていう街で、20年近く、フランス料理店で数えきれないほどの【ジビエ】料理をお客様に提供してきた者として、今のこの現状をお伝えしたいと思い行ってまいりました!

 長崎県、五島列島!

 東京からは果てしなく遠いです。羽田空港から、まず長崎空港に飛行機で飛び・・・

 ここから移動手段が限られるため、タクシーで、1時間30分をかけて、佐世保に移動し、ここからこの・・・・


image-20121130153000.png



 高速フェリーに乗り換え1時間30分


 やっと、五島列島の有川、上五島にたどり着きます!


image-20121130153107.png


image-20121130153025.png


image-20121130153047.png

image-20121130153123.png

 小さな島の中には、東京から近くですと、伊豆半島に近い印象を僕は受けたのですが、海があり、その直ぐ脇には山がある、そんな大自然に囲まれた環境でした!

 そんな小さな島での大問題は、イノシシの過剰繁殖でした!

 今日本全国で、このイノシシと鹿は大きな農作物被害になっている問題をご存じの方も多いと思います!

 しかし、東京で過ごしているとその感覚は非常に薄く、また鹿肉料理は今やどこのフレンチレストランでも食べられる時代になり、【そんなに被害になっているの?】ってお思いの方も少なくないと思います!

 しかし、言えるのは、まだまだこの【鹿肉をおいしく食べているのは東京だけだと言うこと!】 

 今回3日間お世話になったさかえ旅館の・・・・

image-20121201121927.png



image-20121130153138.png



 おかーさんは、毎朝7時に狩猟に出かける僕らに・・・

 【イノシシを100匹でも200匹でもとってきてくだせぃ!】

 と、毎日お声を頂きました!

 そのくらい、地元の方々にとって、この【ジビエ】の被害は多いのです!その証拠に、街の至る所に存在する畑には、それを囲むように檻やネットで囲まれており、近年までは畑や田んぼだった場所がイノシシの被害により、止めてしまい、荒れ地に変わってしまった現状を数多く目にしてまいりました!

 今回行ったイノシシ猟は大きく分けて2つの方法があります!


 1つは、自動車を使って山の中を流し、出会ったイノシシを車を降りて、追いかけて撃つ方法!

 2つ目は、狩猟犬を使い人間で山を囲い、山頂から、待機しているハンターの前に追い出し、そこを撃つ方法!

この写真の車の中に3段重ねになって、狩猟犬が鹿児島からやって来ました!

image-20121130154613.png


image-20121202180418.png

image-20121130154631.png


image-20121130154656.png



image-20121130154721.png




image-20121201015218.png


 まず1つ目の猟は、五島列島ならではといってもいいと思います!イノシシは本来警戒心が強く、日中は人間界には出てきません。

 この五島列島では、あまりに増えすぎて食べる物を探しに街まで出てきます!しかも、あまりに警戒心がないんです!

 それもそのはず。この五島列島には、高齢化が進み、ハンターが他の場所に比べてあまりに少ないんです!

 僕の実家のある山梨県もそうなのですが、今ハンターは全国で高齢化が進む一方、野生獣たちは増えすぎているんです!

 畑を耕す方々も高齢化が進み、更にそこにこの野生獣の被害があまりに全国に多く、畑をやめ、田んぼを止め荒れ地になっている土地が非常に多いのだと、この狩猟を通して強く思います!

 2つ目の犬追い猟!

 これが、今現在日本で行われているイノシシ猟で最も多い猟だと思います!

 その名の通り、犬を使って行う猟です!

 今回は鹿児島県の猟友会の方々、また地元、上五島のハンターMさん

image-20121130153202.png

 だいたい、どの猟でもそーなんですが、ハンターの中で最年少の僕は、この犬追い猟でも山の下で待っているわけなく、鹿児島の猟友会の会長さんと、その狩猟犬たちと共に、山の山頂を目指します!

 そこから、みんなの待っている方向に、一斉に飛び出す狩猟犬達を追いかけながら、山を下るという訳なんですが、この狩猟犬が半端ないんです! 

はっきり言って、イノシシよりもこの狩猟犬の方が怖いくらいです!

山の中に犬と共に入ると、直ぐにイノシシの匂いを見つけます!

僕らは、その犬の方に導かれるまま、走って行きます!

程なくして、遠くの方から狩猟犬の吠える声が聞こえ、そこに行くと犬達が、すでにイノシシを追い詰めております!

そこに、猟銃でイノシシに止めを刺す!と言うのが犬追い猟なんです!

山の中なので、犬が仕留めた場所が、道から遠くの場所だったりすることも、しばしばあるんです!


そーなると、必然的に1番若い僕が、不思議な空気感を感じ・・・・・・


image-20121202180834.png


image-20121130153231.png

image-20121202180808.png


こーなります!


仕留めたイノシシに、ロープで固定して山を下るって訳です!

 これが大変なんです!だいたい親のイノシシになりますと、60キロから100キロぐらいの重さになります!

これを、山の中から引きづり降ろすのを想像できます?

この狩猟の3日間、人生稀に見る筋肉痛に襲われ、最終日には布団から起き上がるのもためらうくらい、身体が痛かったんです!っまそれを、誰にもばれないように行動するんですが(笑)


image-20121130153301.png


っで、このイノシシを獲って来たらどーするか・・・・・

ここからが1番重要なんです!

前にもブログにて、お伝えしましたが、この後の下処理によって肉質、臭みがまるっきり変わります!


最近お客様とお話すると、【イノシシって前食べた時はもっと臭かった】っておっしゃる方が非常に多いんです!

それは、ひとえにこの下処理が、てきとうだからなんです!

今、マノワにあるイノシシは、イベリコ豚より、食べやすいと僕はおもいます!

イベリコ豚って、ドングリを食べさせますよね?五島列島の山の中にも、至る所にドングリや、この・・・・



image-20121130153321.png


椎の実なんかが落ちております!


これを、イノシシはたらふく食べてます!なので、肉質がイベリコ豚っぽくなるって言うのも納得が行きます!


ちなみに、地元の猟友会の方々のお話で、前に五島列島のイノシシと、イベリコ豚と日本のブランド豚とを、ブラインドで多くの方々にアンケートをとった事があるそうです!


その時の、味の1番は五島列島のイノシシで、肉質の色ではイベリコ豚だったと言っておられました!

ちょこっと、いつも通り話はそれましたが、、、、、、


まず、山の中で仕留めたイノシシは、喉元を開きます。

イノシシは非常に生命力が強く、撃たれていても、しばらく生きております!ようするに、心臓はまだ動いてるんです。

この、喉元から余分な血が抜かれるわけです!こーやって、血抜きをする事によって、肉質が赤みかかったピンク色になります!

もちろん、個体差があるので必ずそうなるとは言えませんが、黒っぽくなる赤身のお肉にはならないわけです!

逆に、心臓が動いているうちで無いと、これは出来ません!

イノシシの肉が臭いのは、これをするかどーかで全く異なります!

ちなみに、鹿も一緒です!

僕に山から、引きづり降ろされ、血抜きが終わったイノシシは・・・・・


image-20121201015340.png


皮を剥きます!



image-20121201015405.png



この方法は、撃ってから1時間以内くらいにやらないと、こんなに綺麗に剥がれません!



イノシシ猟って、次から次へといろいろな猟場を巡るため、時間が無い時や、皮を剥いだイノシシはこの冷蔵庫付きの車に積みます!



image-20121201015506.png


この中には、大量の氷と温度が管理されていて、獲れたイノシシはあっという間に温度が下がり、死後硬直します!



ここで1番重要なのは、冷蔵する前に、内臓は全部取り出して、お腹の中を綺麗に洗うという事!


しかも、その時けして、腸を破らないという事!


これを直ぐにやらないと、腸の臭みがすべて肉の方についてしまいます!

何でもそうなんですが、とって直ぐにお腹の中にガスが溜まり、お腹を裂く時には辺り一面独特の匂いに包まれます!

獲って直ぐにそれほどの香りがある内臓を付けっぱなしにしたら、臭くなるっていうのは当たり前なんだと思いました!


ちなみに、地元の猟師達はこの皮を剥ぐのが、とても大変なので、バーナーで炙っちゃいます!


そーすると、当然ガスの香りや、皮や毛の部分が焦げた匂いが身についてしまうため、東京のレストランではお出しできません!


とって、1時間以上経過してしまったイノシシは、こーします!

image-20121201015538.png


イノシシは脂身が美味しいので、剥がさないように、ゆっくり丁寧に捌いていきます!だいたい、1頭のイノシシの毛を剥ぐのに、30分から1時間かかります!


これで終わりじゃなくて、ここからそれぞれの部位に別けるんです!

そーしないと、後ほど、クロネコのダンボールに入らないんです!

ここまでで、1頭のイノシシに1時間から2時間の時間がかかります!


当然、地元の猟師さん達はやってくれるわけなく、仲間たちで、夜中まで捌くわけです!


image-20121130154107.png


 今回、ありがたい事に、五島列島の解体所をお貸しいただき、本当にたすかりました。



五島列島に行ったら、美味しい魚が食べれるかな?って浅はかな期待をしていたのですが、猟師さん達が宴会をしてる最中は、ひたすら捌いていたので、今回は美味しい魚を全く食べれませんでした。

しかも、五島列島、イノシシのみにおさまらず、この・・・・・

image-20121130153856.png


日本鹿も沢山いるんです!

もちろん、マノワの分は僕が捌く訳で・・・・・!

image-20121130153920.png


image-20121130153956.png

はっきり言って、大変でした!

 何頭も捌いたのはいつぶりだろう?って考えると、人間一回捌ける様になると、ナイフ一本あれば忘れず、捌けるんだなって改めて思いました!


今回実はあまりにイノシシが取れ過ぎて、捌きが間に合わず、6頭分は鹿児島の猟友会の方々に引き取って頂きました!


全部捌き切った、イノシシ、日本鹿はこーして、クロネコヤマトに運ばれて、東京のマノワに届きます!



image-20121130154018.png


今回は、自分で自分を褒めたいくらい、やりきった感があります!


最終日の3日目は、イノシシ猟ではなく、日本キジ猟に行きました!

野生動物の被害があまりに多く、かつては畑や田んぼだった場所は荒地に変わります!

この現象は日本全土で起こっており、深刻な社会問題になっております!東京にいるとあまり気づきませんが本当に深刻なんです!


この写真見てください!



image-20121130154125.png


これが、オスのイノシシの牙なんです!

これに噛まれると、狩猟犬達も、一発でやられます!

この牙を使い、畑や田んぼを掘り起こします!

ちなみに、イノシシは雑食なので、山の中のどんぐりや椎の実を食べ尽くし、畑の農作物を食べ尽くしたら、五島列島では、海辺に出て来て、魚まで食べます!


さらに凄いのは、奴ら、泳ぐんです!

島に食べ物が無いと、次の島に泳いで渡るんだそうです!


本当の話です!

なので、草しか食べない鹿に比べて、今の世の中、放射能汚染のことを考えると、イノシシこそ獲れた産地が大切なんです!


この問題もあり、今回東京から果てしなく遠い、五島列島まで行って、イノシシを獲りに行ったのも、今回の理由の一つでもあります!


ちなみに、僕の実家がある山梨県の芦安でも、先日親から電話がかかって来て、僕がお願いしていた菊芋が全部掘り起こされて何にも無くなってしまったって言ってました!


荒れ地になったところには、当然草がお生い茂ります!

image-20121130154419.png

image-20121130154237.png

image-20121130154214.png

image-20121130154255.png

この中に、日本キジや、野ウサギ、また、タシギが潜んでいるんです!

ここに、狩猟犬を入れて、飛び出した所を撃つという猟がキジ猟です!


image-20121130154152.png

何度か、タシギが出たんですが、【中村君後ろ!!】って声がけして頂いた時には、すげー勢いでしかも、ジグザグに飛ぶんで撃っても当たらず、悔しい思いをしました!

今回このキジ猟をして思ったのは、日本キジはいませんっていうか、いるんですが、出会って撃つまでの時間があまりになく、獲るのはめちゃ難しいという事!

いつか、僕も自分で日本キジを獲りたいなと強く願いました!

こーんな感じで、ぬたになっているところに、タシギが存在し、またイノシシはお風呂がわりに寝転びます!

image-20121130154348.png


image-20121130154331.png


その中を、狩猟犬はさっそうと駆け抜けていくのですが、、、、


僕もいけると思い走ったら、、、、


image-20121130154404.png


ドリフの様に、おもいっきり転んで、全身パンツの中まで、泥だらけになりました!

泥だらけになること、最近あります?東京にいるとあるわけないですよね?

そーんなかんじで、みなさんの空気感を和ませつつ、3日間の五島列島の狩猟は終わりました!


せっかく五島列島に行くんだから、さり気なく釣り竿持って行って、釣りもしちゃおうかな?って思っていたのですが、とんでもなく、深夜まで獲ったイノシシを捌いていて、五島列島っぽい物はほぼ食べれず、唯一食べたのはこの、、、

 五島うどん!



image-20121130154439.png


アゴ(トビウオ)で出汁をとったうどんと、長崎空港で食べた、、、、、

長崎ちゃんぽん



image-20121130154503.png


でした!

実は僕は、今回九州に行った事は、人生で初めてだったんですが、人々の温かさを物凄く感じました!

地元のおじいちゃん、おばあちゃんを始め、地元の高校生や小学生まで、すれ違う度に

【おはようございます!】


って声がけして頂きました!

僕も田舎に住んでいた時は、当たり前の事が、いつの間にやら忘れてしまっていたな?って、温かい気持ちに気づかされました!

今回お世話になった、五島列島のハンターのMさん!


image-20121130154516.png




僕の中では、すでに伝説のハンターになっております!それは、何故かと言うと、、、、、!

お一人で、五島列島で1年間に1000頭ものイノシシと鹿を駆除なさっているそうです!

そのうちの300頭がイノシシ、700頭が鹿だそうです!想像も出来ない数ですが、プロのハンターとして、それで生計を立てているそうです!

1年間に1000頭、駆除しても少なくならず、むしろ被害が出続けている五島列島は、本当に深刻な社会問題だと感じました!

駆除した、イノシシ、鹿は47都道府県で金額は違いますが、長崎県では1頭あたり、6000円が行政より支払われるそうです!

この金額では、獲りに行く手前、交通費、弾代を考えると、たいした金額は残らず、また、ハンターの高齢化が進み、野生獣達は日本全国で増えてしまっていて、おおくの被害により、畑や田んぼが荒地に変わってしまっている、今の現実を目の当たりにしてまいりました!


また、その駆除された野生獣達も、地元の方々はあまり食べる事はないそうです!

なので、獲られたイノシシや鹿は、焼却されるか、穴を掘って埋めてしまうんです!


やっぱり、生きている、ジビエは骨まで無駄にせず、使いたい!

いろいろな意味で、【いただきます】って言って食事はしようと強く思いました!


最後に、 今回の五島列島での狩猟でお世話になった、仲間達、鹿児島猟友会の方々、長崎猟友会の方々、五島列島の島の方々心より、感謝致します!


本当に、自分自身、様々な体験をさせて頂き、身長は168pなのですが、2mを超えたんじゃないかと思う程、今回の狩猟で、人間的に成長したんじゃないかな?(笑)
posted by マノワ at 16:22| 狩猟、ジビエの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする