2021年02月10日

北海道白糠町・酪恵舎さんのチーズ

8774E779-F9EB-4C65-975D-A67DC7454149.jpg
おはようございまーす‼️‼️


早坂です\( ˆoˆ )/


今日は、、、


皆さん、大好きな、チーズのお話です🙆‍♀️💓💓


今、マノワのチーズワゴンの

ほとんどがフランスチーズで

やっておりますが。。

発注スタッフがフランスかぶれなもので😓

はい、私です😓笑

この度、
北海道白糠町のチーズ工房『酪恵舎』さんの
チーズブースをワゴン内に設置しております☺️✨


白糠町と言えば、マノワのふるさと納税でも

お世話になっておりますが、

その関係で
昨年の11月に中村が白糠町を訪ねた際に、

こちらの『酪恵舎』さんも見学等させていただきまして。

私はお土産でたくさんチーズを買ってきていただいたのですが、

クオリティの高さ、そして、何より出来立てのフレッシュ感、香り、に感動致しました😭✨



酪恵舎さんのチーズの特徴は、、、


8E8CAAB3-59FC-4E4A-8D09-2347793D1424.jpg


この表紙の題名を見てお分かりのように、、


イタリアチーズ!です!


本番イタリアで修行をされ、製造技術を学び、北海道で本格的なイタリアチーズを製造されています。

白糠町の農家さんと協力し、

白糠町の恵みを多くの人に提供し、

食べた人が幸せな気持ちになるものを作る。

そして、乳製品の文化を日本に根付かせることを目標に、

日本人が美味しいと思えるチーズを製造されております。


酪恵舎さんのイタリアチーズは、

シンプルでミルク感が強く、ダイレクトに美味しいものが多いです。



今マノワで取り扱い中のものを
ご紹介させていただきます

まずは、ハードタイプで

「タンタカ」

A4E3B802-51A5-494D-B011-7C5CD598A4CC.jpg

部分脱脂して1〜2年かけて熟成させ、

1ホールで25キロほどある大型のチーズ。

旨みの強いグラナタイプのチーズになります。

熟成が長いので、アミノ酸が豊富に形成され、

しっかりとした旨味と香りが感じられます。


続いて、冬から春にかけての季節限定のチーズ

「アルヴィーノ」

498B390A-F22B-43F4-B340-AFC190826CDD.jpg

「シラヌカ」と、町の名前が付いたセミハードチーズをベースに、

北海道池田町のワイン「山幸」の搾りかすに漬け込んだチーズです。

山幸を仕込む11月上旬から、2〜3ヶ月漬け込みます。

ぶどうの芳醇な香りがチーズと絡み合い、

デザートチーズのような味わいです。


続いて、ウォッシュチーズ

「ロビオーラ」

A10958CF-6F97-4A52-813C-975DF1C30C95.jpg

独特の香りと柔らかくねっとりとした食感があります。

仕上げにグラッパで洗うので、後味ほのかにグラッパが香ります。


イタリアの「ロビオーラ ディ ロッカヴェラーノ」という同じ製法のチーズがありますが、

本場のものは、若いものはミルク感が優しく食べやすいのですが、

熟成させるとかなり濃い色になり、クセも増します

名前のロビオラはルべオラ=ルビー色が語源となっており、
現地ではルビー色になるまで熟成させて食べるのがポピュラーなのかもしれませんね

ちなみに、ウォッシュチーズが熟成するにつれて、
赤みを帯びてくるのは、
「リネンス菌」というウォッシュチーズ独特の菌によるもので、決して悪いことではありません。

エポワスなど、かなり色が強いですが、あれは着色料によるもので、より綺麗に見せるために使っているチーズもあります

白糠町のロビオーラは、イタリアのものよりもとても食べやすく、

日本人が受け入れやすいウォッシュチーズのように思います。

ワインの邪魔もせず、むしろ寄り添ってくれる優しさがあります。



最後に、、

この見た目が白トリュフのような物体。。

679B9743-7C86-4D1C-A0AD-9633173DF8A5.jpg

「リコッタ・サルーテ」

03D7FC5B-7780-4B13-AC08-40CFA9EBA973.jpg

リコッタに少し塩を漬け込み、表面に胡椒をまぶして約10日熟成させたチーズです。

リコッタチーズを熟成させるという発想がなかったので、私の中ではとても興味深い一品です!!



そもそも、リコッタチーズとは。

簡単に言うと、

「チーズ」は牛乳を固めて水分を抜いたものなんですが、

その抜いた水分(=乳清)から作ったチーズがリコッタチーズです。

リ=再び
コッタ=煮る


という意味で
乳清には乳糖も含まれるのでほんのり甘いフレッシュチーズのイメージが強いかと思います。

そのフレッシュチーズを熟成させるとどうなるのか、、

チーズ自体はやはり優しいミルクの香りでクセはなく、

若いシェーブルチーズのようなモロモロっとしたテクスチャーで、

黒胡椒がピリッと効いて

名前の通り

サルーテ!(乾杯!)

に相応しいチーズだと思います♪

ビールにも合いそうです。


ぜひお試しくださいませ☺️



新作が入りましたらまたブログにて。





posted by マノワ at 21:15| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする