2020年06月20日

’98のドンペリをのませて頂いてサービスマンとして色々考えたお話

皆様こんにちは!

6月に入ってコロナの影響でずっと行けてなかったジムに最近は通えるようになりました。

20200616121013514.jpg

月曜日に週一で通っているので毎週火曜日は筋肉痛で身体がバキバキです(笑)
アサヒナです。

ジムでのトレーニングを終えて、シャワーで汗を流した後にプロテインを必ず呑むのですが、毎回同じ味だとものすごく飽きるのですよね!←トレーニングしているかただと共感して頂けるはず!
いつもココア味の粉プロテインをジムから帰宅してから摂取するのですがここ最近はちょっとコンビニによってヨーグルト味のプロテインを摂取することにハマっております(笑)

20200617074543666.jpg

閑話休題。
先日のディナー営業でとあるシャンパーニュを呑ませて頂きました。

20200618072012462.jpg

’98 Dom Perignon
色は濃いめのイエローで非常に複雑な香りがあり酸味が滑らかで厚みがあるようなふくよかな味を感じることが出来ました。

I様いつもありがとうございます!

で、この’98年というヴィンテージですが僕らのバースデーヴィンテージなのです!
98年というと長野冬季五輪が開催された年ですがつい先日の中村さんのブログを読んで色々考えたお話をしたいと思います。
その中村さんのブログはこちらからどーぞ!
http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/475545861.html


僕はこうみえてまだ21歳ですが、
僕ら若い世代の「宿命」ってなんだと思いますか?
僕は「越えていくことだと思います。」
しかしどう越えていくか?というのは永遠の目標であり課題であると思います。
中村さんがよく口癖のように言っておりますが「変えられる人間はほんのひと握りしかいない。」と、そして中村さんはこの今までのことを変え続けている最中だと思います。

僕らが生まれた時からこの業界の最前線でやられてきて方と同じやり方で越えられるのか?と真剣考える必要があると思いました。
正直、無理とは言いたくありませんが同じやり方ではかなり難しいと思います。
しかしそれらを越えていかなければ先はありません。
僕は今こうしてサービスマンとしてレストランマノワで働かせて頂いておりますが、
採用していただいた当初は料理人として働かせて頂くつもりで中村さんともお話させて頂きました。
もう僕やこーへいさんは入社して一年が経過しましたが、お客様から「何でサービスやってるの?」と聞かれることが多々あります。
僕は中学校卒業としたら普通の高校には行かずに料理に特化した学科のある高校に行って、高校で調理師免許を取得して卒業と同時に飲食の道に進もうと考えてましたが、両親から大学までしっかり行け!と言われて高校は進学校に行き、大学受験の勉強をしているときに本当に自分の人生これでいいのかと考えるようになり、大学受験を諦め、自分のやりたいことであった飲食の道へ進むために調理師の専門学校に入りました。
20200619074856247.jpg
僕は池袋にある武蔵野調理師専門学校に入学して料理を二年間学んできました。
もちろん、料理だけでなく座学も沢山ありましたが、その中でサービスの授業もありました。

20200619115818015.jpg
20200619120740316.jpg
20200619120746966.jpg
20200619120753624.jpg
20200619120831373.jpg
テーブルセッティングやお皿の持ち方や料理の下げかたはもちろんのこと今の日本のレストランではなかなか見ないようなゲリドンを使ったロシア式サービスを毎週のように学んできました。
定期テストも筆記、実技共にあり、実技は一人一羽若鶏のローストのデクパージュでした(笑)

この頃からサービスもいいなという軽い気持ちは持っていました。
専門学校に在学中にマノワでは二年前のクリスマス期間からアルバイトさせて頂き、裏で洗い物したりアミューズの仕込みをこそこそとやっていました(笑)
その後はサービスでアルバイトをさせて頂いているときにとある11名のワイン会があってそこでくそ高いワイン達をワインのちしきの「ち」の字も知らない二十歳の僕に一本一本説明してくれたあとにビシッと11杯どりしてお客様にご提供した後にそのワインについてお客様と一緒に笑顔で語り合う。「この人かっこいいなー」と素直に思いました。
そこから社員として働く時に中村さんとお話してサービスとキッチンどちらをやりたい?って聞かれた時に迷わずにサービスをやりたいです。と、答えました。

僕の実家は千葉県なので連休を頂戴した時などにたまに帰ったりするのですが入社してから始めて実家に帰ってキッチンではなくサービスマンをやることにした!という話をした時は僕の両親はちょっと寂しそうな顔をしていたのを今でもよく覚えています。
それはそうですよね!
僕は覚悟を決めてやっていますが、料理を学ぶために2年間も専門学校に通ったのに料理やらないんだ。と、僕の両親は思ったと思います。
今では陰ながら応援してくれています(笑)


今回、’98のドンペリをのませて頂いてここ最近の3年間を色々考えました。
「最近の若者は、、、」と、思われることも僕らは多々あると思います。
しかし、こんな僕らでも、思えない人より思える人、感じれない人より感じれる人
なりたいとは思いますよね。

少し前に書いたブログでこういう感じのブログが常連様から割と好評だったので今回はこんな感じでお願い致します。
以前のブログはしたのURLからどーぞ!
http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/473649710.html

こういう感じの自分語り的なブログってものすごく難しいですね(笑)
思っていることをそのまま文章に起こすとややこしいことになってしまうので色々考えながら書いており、書くときはお酒をのんでほろ酔い状態で書いております。
20200620075244215.jpg
今回は日本一の梅酒と名高い高知県酔鯨酒造の熟成梅酒8をロックでのみながら書いておりました。

こういう感じのブログもたまにはありでしょうか?
もし宜しければマノワにご来店なさったさいに色々言って頂ければと思います。






〈終わり〉
posted by マノワ at 08:00| Comment(0) | 朝日向真樹のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする