2020年05月21日

最高のワイン、2015ChambolleMusigny1ercruLesSentiers(Robert Groffier)のワインで、大切な事をいろいろ思い出したの巻!

妻が誕生日だったのですが、今年はこんな時代なので、外食する事も出来ず、、、、、

いつもお世話になっております、友人の恵比寿くろいわさんにお願いしてお食事をテイクアウトし、、、、、、

好きなお花、ひまわりを買って、マノワのシャンパーニュと一緒に頂戴しました。

1AB1785F-5802-4DA4-9E0E-E6612C4EC668.jpg

CBD2032B-D7E5-47DC-BF7F-494C8EC7DB57.jpg

先ずお出汁を頂き、プロのレベルの高さを改めて感じさせて頂きました。

712F18C2-863C-4B30-B716-EEEC07B227C8.jpg

D9EB63C3-6923-42FF-85B0-A9EF445DA224.jpg

EC48847E-FBA9-4C2A-ACAC-711BD63A48EC.jpg

B1CE3685-97D0-45A9-81DF-5B118F4E3A59.jpg

1B3D546E-6C6B-4997-83AA-155604FDFAB0.jpg

流石のクオリティの高さと、ボリューム感で大満足でした。

くろいわさん自粛明けましたら、ゆっくりお伺いさせて頂きます。

8F3BE614-2099-4D02-A8A2-F2FA9D753D4E.jpg

ありがとうございました。

8521B11E-772B-4545-9B6E-E63B77E456D9.jpg

B7F6DC9C-0177-4F1F-9A72-37969BB16E93.jpg

EF043ACF-0F18-4DC0-BD01-1B985604CBDA.jpg

D11CE15F-9FEE-4437-B506-86CE38244765.jpg

C269158A-F16A-4B37-BCCB-68EF8DCA6B69.jpg

117CBE2C-A821-4220-8DF7-C8E75D2588A1.jpg

5E55E908-1516-43ED-B9C6-81BB0AA757A5.jpg

ちなみに、こんな感じで、恵比寿くろいわさんは、ご自身のお好みに合わせて、オーダーでテイクアウトを作って頂けます。ご興味ある方はこちらからどーぞ!

https://www.kuroiwa.org/

恵比寿くろいわのホームページ


そうそう、そー言えば、この時に開けた、シャンパーニュが実は、ブッショネだったんです(笑)

っで、このシャンパーニュ どうしよう?って思っていたんですが、次の日の僕の夕食当番で、カレーを作ったんですが、、、、、

86E9B2AE-1519-4708-A49B-00CCFAB4AADF.jpg

たまたま、スルメイカが非常に安かったので、そのイカ墨使って、スルメイカカレー作ったのですが、あの生臭さを抑える為に、水の代わりにこのシャンパーニュで贅沢に作ってみました。

酸味がシャンパーニュ らしさを感じ、なんだか贅沢な感じに仕上がりました。ブッショネワインて、火を入れてもあの香りが消えないので、いつも何に使うか?悩むんですが、このカレーはシャンパーニュ らしさもしっかりと残って、しかもカレールー使うと一瞬で出来るじゃないですか?日本のカレールーは凄いなあ?って改めて思いました。ちなみに、僕は最後に、たっぷりとクミンを入れるのが定番です(笑)

っで、たまにはワインの事を書きます。

先日、ディナーにご来店頂いた、素敵なお客様が、マノワのワインリストの中から、その日のお食事に合わせてご注文されたワイン!

2015ChambolleMusigny1ercruLesSentiers(Robert Groffier)

00035C97-78A6-4490-8BDF-F5B15E1B7004.jpg

この生産者のロベール グロフィエさんとは友達なんだよ!っと。

その瞬間にフランスにメールされ、日本から遠く離れた、フランス・ブルゴーニュにいるグロフィエさんから直ぐメールが届く!

【俺、ちょーど今Sentietrsの畑を耕してるんだよ!】

って写真入りのメールが返って来る!

東京のレストランでそのワインを飲んでいる友人と、同じ時間にその畑のワインを作っている友人!そして、それをサーヴする僕!

お互いが幸せな時間に包まれ、僕もその幸せを、たっぷりお裾分けして頂きました。

感受性が大切だと思うんですが、これこそが僕がフランス料理店にこだわり、フランスワインにこだわる理由なんだと改めて思いました。

そう、、グロフィエさんと友人なのはもちろん、そのグロフィエさんのワインを飲むお客様がレストランに来ている事、そして、当たり前ながらそのグロフィエさんのワインがレストランのワインリストにある事。

そして、何より、その最高のグロフィエさんのワインをマノワで飲みたいと思う環境がマノワにある事!


簡単な事の様で、実はとっても難しく、でも、それこそが、僕がフランス料理店でサービス?ギャルソン?をやっている事の誇りなのかも?知れません(笑)

最高のワイン、2015ChambolleMusigny1ercruLesSentiers(Robert Groffier)のワインで、大切な事をいろいろ思い出したの巻!

終わり!
posted by マノワ at 12:56| ワインのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする