2020年05月13日

過去最高の初夏のメニューに変わりました。

3歳の息子がiPad使って、リモートで英会話教室やっているのを見て、当たり前ながら、僕らの子供の頃と全く違う人生を歩んでいるんだと、最近つくづく思います。中村です。

2E450203-3FD4-4CC4-BEF4-21DCEC5D5AC4.jpg

でも誰に似たんだか、直ぐ飽きてしまい、直ぐにフレームアウトするんです(笑)先生方も大変だなぁと思います。本当申し訳無いです。

8841F564-FCAD-4EFD-BD62-C13622B0EC92.jpg

っで、ここ最近夏を感じる様になり、アイスばっかり食ってます(笑)

タイトル通り、、、、、、

初夏のメニューに変わりました。

今現在、多くのレストランがやって無かったり、時短営業したりで、たくさんの食材が余っております。

そこで、マノワでは多くの生産者様や、業者様にご協力を頂き、今回メニューは、今迄以上に、マノワの値段ではあり得ない、お得なメニューに仕上がっております。

 通常ではグランメゾンでしか使えない様な高級食材も、通常コースでお選び頂ける様になっております。そんな内容はこちらからどーぞ!

http://manoir-restaurant.jp/


また、山梨県芦安からは、実家の両親の頑張りもあり、たくさんの季節の食材が届いております。その中で、、、、。、、

BE23BE75-7FB4-4F07-978D-FD59AE0C09D2.jpg

CDD33089-5645-41ED-BA28-C82F2B45FF99.jpg

山菜達

山梨県芦安の、うちの実家の裏山の山菜達ががっつり届いております。幼少期は、大人が食べる雑草としか思ってませんでしたが(笑)今では、何より贅沢な食材の様に思います。

最近、東京では初夏を感じますが、まだまだ、うちの田舎の山の方は春です!

今年は、こんな時代なので、山菜採りで山梨県には帰れませんでしたが、時代が落ち着きましたら、たっぷりお酒持って、芦安のみんなに会いに行きます。

いつも、みんなありがとう!

そしてお花達、、、、


椿のお花

5469A2E8-6236-4EE4-8DDB-8BCD30BEAD0E.jpg

幼少期に母親が、椿の花でコンフィチュール作っていたのを思い出しました。今回のメニューでは、デザートで使おうと思います。


花山椒

CAB4346E-B9AF-455C-A2B5-39861975917B.jpg

193D565E-D9A7-499F-8FA4-B2A48D219A9B.jpg

東京では、花山椒が、この季節には、僕が見た事ない位の高価な金額で取り引きされ、超有名和食屋さんでは、花山椒鍋とかで今の季節消費されますが、、、、

毎週、マノワでは、こんな感じで山梨県・芦安から届いております。

今の季節に、東京で、初めて和食屋さんに、大枚握り締めて食べに行った時に、改めてその食材の価値?田舎に住んでいた時に、両親が食を通して僕に伝えたかった想いを感じたもんです!

そもそも、山菜も、もっと言えば、花山椒なんかは、お金になるなんて、僕ですら思ってませんでした。

藤の花も、キンモクセイも、ジャスミンも花が咲いた時って、あの圧倒的なかおりは、寝ていてもわかるもんなんです。

だからこそ、マノワでは、今の季節、フランス料理店は元より、和食にも負けず、圧倒的な山菜を、贅沢に使わせて頂いております。

カモミールの花

C99860E5-416D-43AA-BC08-6DDE2C281774.jpg


カモミールのお花は日持ちしないので、一瞬で終わってしまいますが、あのフレッシュの香りは、フレンチ食べた後のアンフージョンとして、最高の香りを放つと思います。

 僕は基本的にコーヒーオタクですが、今の季節にフレッシュハーブティーがあったら、迷わず、フレッシュハーブティーを選びます。もちろんマノワでは、追加料金は一切頂戴しておりません。

ニセアカシアの花


41474032-6938-4F23-B4BB-521EFEEDD3DC.jpg

そうそう、ニセアカシアという花をご存知でしょうか?自生している木として町中にたくさん生えているので、一目見れば見覚えがある方も多いのでは無いでしょうか?

花は食用にもなりますが、田舎に住んでいた時は食べようとは思わなかったんですが、あの花は圧倒的な香りがあります。春の花として観賞用にもなる木です。

園芸や花、樹木に親しくない方でも、アカシアという単語を目にしたり耳にしたりしているのは、ハチミツのパッケージに書かれているからだと思います。

日本のハチミツの約7割は、アカシアのハチミツであり、それが取れる花は、本当はこの、ニセアカシアなんです。


そして、、、、

リュバーヴ

E93359AD-0251-4030-85E9-537A0635EA69.jpg

9D4E1E3D-2CF0-4D38-9AB6-8F6B4B0D7B3D.jpg

大量の今年初のリュヴァーブが届きました。

その昔のお話し、、、

日本でリュヴァーブは手に入り辛く、当時実家の畑に試しに、少量栽培した所から、全ては初まりました。

今では、マノワで1年分使うだけの量のリュヴァーブを作る事が出来ております。

コンフィチュールはもちろん、ソースやコンポート、シロップを作り、ソフトドリンクにしたり、様々なお料理やデザートで使っております。リュバーヴってフランスを感じる食材だと思います。

88F19C3A-9ADD-462E-A2AE-FCD8CEE85814.jpg


フランスにいた頃、お金が無くて、緑色のリュヴァーブのコンフィチュールをバケットに塗って食べていたのが懐かしいです!


そんなこんなで、たくさんの方々のご協力の元、今回のメニューは、今迄に類を見ない圧倒的なメニュー変えとなりました。


生産者様、多くの業者の皆々様、いつも支えてくださりありがとうございます。

自粛が解除され、この事態が落ち着きましたら、皆々様にご挨拶にお伺いさせて頂きます。

今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

終わり!
posted by マノワ at 19:29| こだわり食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする