2019年12月20日

マノワの向かいの臨川幼稚園が50周年でした!そして、最近僕が思った事!

マノワの向かい側に、ご近所ではとって有名な、臨川小学校、臨川幼稚園があります。

その敷地内に生えている、、ドラクエの世界樹の葉を生やす世界樹の様に、、、

それは大きな、広尾の街を代表する、樹齢何十年にもなる、びわの木があります!

その木の上の方にたわわに実ったびわは、、、、

収穫されることなく、熟して、道路に落ちゆくか、ヒヨドリに食べられる運命でした。
毎年それを横目に見て、僕は思うのでした。

忍び込んでとったら、新聞載っちゃうよね?

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/467327155.html?1576318312
その辺のブログはこちらからどーぞ!

そんなご縁から始まった、臨川幼稚園が今年50周年!そこで、臨川幼稚園の庭になっている、琵琶、あんずを使って、コンポートやコンフィチュールを作り、自家製ブリオッシュに詰めて、臨川幼稚園の紋章の焼き印を押して、、、、

その数約230個

DD4C8F45-F22D-4B49-AC51-43C542F6FD66.jpg

1C271546-3EC4-4032-8903-913ACFFD0E07.jpg

C68490DE-D1F8-463B-B291-CF1C1808054A.jpg

C579DA11-AC5B-467C-8FF8-5B7205141B50.jpg

F523C8F6-3A9A-4440-9BE5-263B0563DCAB.jpg

51F5DB3E-D0B2-4FF7-91E4-C3EA1BD0C792.jpg

今日のランチの営業前に作って、無償で今日の50周年記念行事にプレゼントしました!

ご縁って不思議だと最近良く思うんです!

それこそが形の無い最高に大切で、かけがえの無い物なんだと感じております。

1つづつですが、今の僕に出来る事をやって生きたいと考えております。

今回、園児、親御様、先生で200人超えでしたが、16席のマノワでご用意するのは、中々でした(笑)

広尾って街の小さなフランス料理店の存在意義を感じちゃいました!

経済協力開発機構(OECD)が2019年12月3日に発表した国際的な学習到達度調査「PISA2018」の結果。参加国の中で日本は、、、、

「読解力」15位、「数学的リテラシー」6位、「科学的リテラシー」5位といずれも前回調査時より低下。

「読解力」は、調査開始以来過去最低となった。

ずーーっと、僕思っていたんですよね?僕ら世代と今の世代に、決定的に違うのは何か?って!

最近、人生にも、送信受信のボタンがあったとして、、、、

僕ら世代は、携帯電話も、iPadもない時代に育ち、多くを紙に書いて、恋愛も交換日記して、遠距離恋愛も国境またいで、手紙書いて、、、、

また、幼少期には、人口300人弱で育った僕でも、6年間、書道習って、花道を学び、多くの書類を僕の汚い字で、提出して来ました。そう、たくさんのアナログボタンを使って送信を、今でもしております。

その中で、もっと大切なのは、受信する側の読解力なんでしょうね?

それは、簡単に言うと感じる事だと僕は思っております。前にキムタクも歌ってましたが、心のずっと奥の方の、柔らかい場所にあると僕も思っております。

そこを締め付ける感情が大切なんだと、僕は両親から学んだ様に今でこそ思います。

僕は、あの頃の未来に決して立ってはおりませんが、、、、

その場所は、何度もブログで書いてますが、親の愛情そのものだと僕は考えております。

これこそが、今の若者達と全く違うんだと、やっと僕は、今年気づきました!

9863FFF3-D802-4522-81DA-014809FAFBCE.jpg

580E504E-A100-4A09-AFA0-24C1349A79F2.jpg

そーそれは、僕の3歳の息子が毎日、僕が起きる前に、僕のiPadを奪って、毎日、自分の好きなチャンネルのYouTubeを見てるんですが、この違和感の答えを、最近感じております。

その僕なりの答えは、時間があれば、また今度しっかりと、逃げずに、ブログで書きます。

今日も、満席の営業が終わり、毎日、自宅で、僕のクソ汚い字で、年賀状を、数1000枚、一言だけ書いてますが、このひとことがどれだけ、僕の中で大切か?

そして、それを感じられる方々と、これからも生きて行きたいと願っております。しかしながら、それが全てでは無く、もっと短時間で、より多くの方々と繋がる、効率の良い方法を僕も皆様も知っております。

しかしながら、僕のプライドもあってか?(笑)僕はそれを選ばず、、、、、

人を信じております。

未来は、僕が考えつかない事を、今の30代、そして、もっとも、僕では予想もつかない、大切な20代が、僕らフランス料理業界?って言うか?既にフランス料理って言う枠では無い今があるので、その全てを超えて、、、、

今のフランス料理業界で働いている、全ての従業員が、せめて、一般の方々と同じ土俵にたち、そして、好きな仕事を胸張って毎日働いている方々が、経済力の面を含めて(特に女の子達)

このフランス料理業界で、生きて良かったって思える、世界を作って行く事が僕ら世代(40歳代)の宿務だと僕は遥か昔から思っております。

まー、そんなこんなで、書きたい事は、富士山以上にあるんですが、こー見えて、僕、クリスマスもあり、すげー忙しいので、今日はこのへんで、、、、

時間があったらまた、しっかりと書きます。僕らフランス料理店の未来の事を、、、、!

終わり!
posted by マノワ at 14:30| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする