2019年11月05日

世界中でマノワでしか飲めない、Pierre Henri Rougeotのワイン販売始めます。

世界中でも、マノワでしか、飲めない、新しい僕よりも若手の最高のブルゴーニュの生産者のワインを輸入し、販売開始します。

AB7A19F1-5717-4D5A-9FE8-E43AE0540B53.jpg

この生産者Pierre Henri Rougeotは、今回世界初の出荷となり、マノワにもごく少量の限定入荷になります。
僕は、次世代のスーパースターにいつかなる生産者だと思います。
今回はムルソー、ムルソープルミエクリュ、ジュブレィシャンベルタン、ポマール、ヴォルネィプルミエクリュの5アイテムになります。
初めてこの生産者のワインを飲んだ時、ブルゴーニュの次世代の光を感じ、僕の知らないブルゴーニュのワインの世界感を感じました。

88796748-1E83-4154-AA3C-951669223667.jpg

3651A9DF-2F4D-4340-8A4F-D48C7798D89E.jpg

09D9E065-65AD-44D6-A8DF-562FF5B87AA3.jpg

72D2242E-649A-4EE8-A676-4B79FA61C47E.jpg 
ご注文は、こちらからお願い致します。

https://www.manoir-wine.com

少し、ワインの説明を貼り付けておきます。

ムルソー ポリュゾ プルミエクリュ
2017 Meursault-Poruzots Premier Cru

【品種】シャルドネ100%
【産地】ブルゴーニュ
【区画】ムルソー村域内に位置する1級畑
【醸造】カゴを使用し手摘みで収穫後に選果。空圧式圧搾機を用いて破砕せず全房のまま圧搾。2日間かけて低温でデブルバージュし樽へ。樽内でアルコール発酵とマロラクティック発酵。ステンレスタンクへと移し、アッサンブラージュ後に澱引き、1ヶ月ほどワインを休めた後、軽くフィルターをかけ瓶詰め。
【生産者】Pierre Henri Rougeot

コルトン・シャルルマーニュ、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェに並びシャルドネの頂点に君臨するブルゴーニュ最高の白ワインのひとつ、ムルソー。

白ワインの名産地としてブルゴーニュでも3本の指に入るムルソーにグラン・クリュがないのは、原産地統制法が制定された当時、高い税金がかけられることを嫌った栽培者達がグラン・クリュの格付けを拒否したからだと言われています。

今でこそ人気と知名度の高くなったムルソーですが、その評価が高まったのは1970年代から。1960年代までは今のように白ワインがポピュラーではなく、ネゴシアンにブドウを安く買い取られていた苦しい時代が続いていました。しかし、1980年代前半にその状況が一変。アメリカで起こったシャルドネブームによってブルゴーニュにやってきたアメリカのバイヤーたちは、当時から高価だったピュリニー・モンラッシェやシャサーニュ・モンラッシェではなく手ごろな価格であったムルソーに注目。その濃密でグラマラスな味わいはアメリカ市場で一躍人気を博し、世界的にムルソーの地位は向上。銘醸地としての地位を確立していきました。

一昔前は、アメリカ人好みと言われるたっぷりオークが効いたこってりとしたスタイルのワインが多く造られていましたが、世界的なワイン需要の高まりや近年の和食ブームなどにも見られる欧米諸国の食生活の変化と共に、必然的にムルソーに求められるものが変わっていきました。

また、産地ごとの魅力が求められるようになってきた昨今、造り手たちの意識にも変化が生まれ、より土地の個性を重視したワイン造りが行われるようになりました。今では、酸やミネラルといったムルソーのテロワールが持つ本来の姿が見直されるようになり、多くの造り手によってムルソーのテロワールが持つ緻密なミネラルが見事に引き出された素晴しいワインが数多く造られています。

ポリュゾはジュヌヴリエールの北に隣接する1級畑で、ミネラルよりもリッチさに勝ります。洋梨、グレープフルーツ、アカシアの蜂蜜。凝縮感があり、ボリュームも大きく、芳醇な果実味に柔らかな酸味。

若いうちから楽しめますが、長期熟成も可能だと思います。

〜Pierre Henri Rougeot〜
日本ではマノワでしか飲めない、ブルゴーニュ、Hautes Cote de Beauneに位置する、Meloiseyに本拠を置く、非常に小規模な生産者。
Pierreが懇意にしている友人のぶどう栽培家から買い付けた品質の高いぶどうを入念に選果し、人為的な介入を一切行わずに醸造・熟成を行なっている。

シャルドネにおいては、ぶどうが潰れないようカゴを使って手摘みで収穫し選果。醸造所に到着後、全房のまま圧搾。得られた果汁はタンクに入れ10度の低温でデブルバージュし、果皮や果帽などの大きな固形物を沈殿させ除去。これにより得られた澄んだ果汁と良質な澱を直接樽に移し発酵。
樽熟成は伝統的な228Lの木樽を使用し、澱引きやバトナージュを一切行わず、12〜18ヶ月間行っております。

ピノ・ノワールにおいては、ぶどうが潰れないようカゴを使って手摘みで収穫し選果。除梗は行わず、全房のままで発酵へ。発酵は、ぶどう果皮に付着している天然自然酵母のみを使用し、またSO 2無添加で慎重に行っております。

これは、畑が本来持つテロワールを尊重し、その姿を余す所なく発揮出来る様にする為で、全区画に渡って区画別に醸造を行なっております。
posted by マノワ at 22:24| ワインのお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする