2019年06月22日

臨川小学校の琵琶を収穫し、小学生にお返しするって言う、良い話!

マノワの向かい側に、ご近所ではとって有名な、臨川小学校があります。

その敷地内に生えている、、
それは大きな、樹齢何十年にもなる、、、
びわの木がありました。


その木の上の方にたわわに実ったびわは、、、、

収穫されることなく、
熟して、道路に落ちゆくか、ヒヨドリに食べられる運命でした。
毎年それを横目に見て、わたくしは、思うのでした。

忍び込んでとったら、新聞載っちゃうよね?

やめてください!(麻衣)

そんな会話を麻衣としている頃、、、、、、

常連さまで、娘さんがその幼稚園に通われている、お母様が来店されました。
ダメ元で、お願いしてみたところ、、、、、
そのお母様の交渉力か素晴らしく、、、、、、
すぐに副校長先生からお電話が。。!!


学校でも、木が高くて収穫することができず、、、、
ヒヨドリの鳴き声がうるさい上に、
道路の掃除が大変で困っているので、ぜひ、お願いします。

とのことでした。
まさかの回答に、、

もちろん、二つ返事で決行が決まりました。


とはいえです!副校長先生から、琵琶の収穫の日が指定されたのが、先日ブログに書いた、飛騨高山、伊勢志摩の山2つを制覇して、ほぼ寝ていない次の日でした。

火曜日は、ランチの営業は無いのですが、午前中は、チーズプロフェッショナルの試験の為の学校に通っており、その後から、ディナー迄の僅かな時間に、、、、

副校長先生監視の元、、、、、、、

5ED47977-BDF3-4A77-BB9C-F54CCF789908.jpg

BA7624B8-73B2-4F73-A2B1-572C912BFB0E.jpg

C9112FAA-C2C2-4EDA-AAC6-49BB69212C2A.jpg

全て収穫させて頂きました。

CCFDA862-50E9-4B30-B191-778CC4688CB2.jpg


琵琶を採っていると、ご近所のご年配の方々が多く、僕の元にやって来て、、、、

【昔は、この琵琶の木に子供達がよじ登って、みんなで採って、みんなで食べて、、、、、!】

【最近では、誰も採らず、ヒヨドリが来て朝からうるさく、また、琵琶は道端に落ちて片付けず、、、!】

田舎では、ご年配の方々のそんな有り難いお話しは、日常茶飯事ですが、東京のど真ん中でも、そんなコミュニケーションを近所のご年配の方々とする事があるんだなぁ?って!

当然、僕はご年配の方々とのコミュニケーションは、得意分野なのですが、なんだか、嬉しく感じました!

っで、その後、いろいろな言い訳と、人生経験の話しされて、結局は、琵琶を自分の家に持って帰るのは、、、、、、、


東京も田舎もおんなじです(笑)


正直言って、ここからが大変なんです。

その日のうちに、みんなで大量の琵琶の皮を剥いて、種を取って、薄皮を剥がし、、、、、

9E19B938-3786-4BD7-B804-4FAEA7446159.jpg

フランス料理の技法を使って、コンポート
を作ります。

DFA0F445-CD27-417B-9400-D0B53D76D880.jpg

琵琶の葉っぱは、綺麗に洗って、半発酵させて、裁断し、揉みほぐして、琵琶茶を作ります。そして、この琵琶茶と、コンポートを作った時の煮汁を合わせて、ゼリーを作ります。

6E1A7F46-6EB0-4AC9-9B8B-3FFE80DF4539.jpg

これとは別に、シンプルなヴァニラたっぷりのブランマンジェを作ります。

っで、、、、、そーなんです。


このデザートを持って、臨川小学校の6年生の教室に昨日行って来ました。

去年は、学校の先生にわたして、終わりだったのですが、今回学校の職員室に行くと急遽、副校長先生とともに、児童35人が待つ教室に通され、児童の拍手と共に教室に入るのでした、、、、、!

そこから、純粋な目をした児童の前で、今回の琵琶のコンポートの事、フランス料理の事をお話しさせて頂き、その後児童全員にお召し上がり頂きました。

そして、、、、、、

食べた後、児童から感想を聞く機会迄頂き、なんだか心温まる時間でした。その中の1人の男の子が、、、、

純粋な目でまっすぐに、、、、、

【琵琶を食べた事初めてだったし、広尾の琵琶がこんなに美味しいとは思いませんでした。ありがとうございました!】


って言われたのが、なんだか、心にグッと来ましたね?

そんな純粋な時期が僕にもあったんだろうか?って(笑)

そんなこんなで、今年も少しだけ、地域の方々に貢献や食育って言うのに加担出来たかな?って思いました。

ちなみに、臨川小学校の敷地内に、臨川幼稚園があるのですが、その臨川幼稚園の先生方にも呼ばれ、職員室に行って来たのですが、、、、

今年は臨川幼稚園が50周年なんだそうです。そこで、12月に50周年パーティがあり、200人位が来るそうなのですが、そこで、今回のこの琵琶や、臨川幼稚園の敷地内にあるあんずやこれからなる、葡萄や柿を使ってそのパーティで何かしら作る事になりました。

子供達にとっても、大切な機会なんじゃないかなぁって思いました。そうやって、少しでも食べる事に興味を持って頂き、色々な感情を育んでくれればな?って思いますよね?

東京で、フランス料理店のサービスを20年もやっていると、色々な東京の方々を接客して来ましたが、僕も随分と感情が擦れた東京の大人になって来たな?って思ってましたが、こういう機会があると、なんだか、僕らしい、人間らしさを取り戻せる様な気がします!

最後に、、、、

毎年こーいった大切な機会を作ってくださる、臨川小学校、臨川幼稚園の先生方、またM鍋さん、ありがとうございました。

終わり!
posted by マノワ at 22:23| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする