2019年05月11日

マノワの夏の風物詩?岐阜県から、ガメラ届きはじめました(笑)もう夏を感じますね?

昨日話題の東京オリンピックのチケットを取ってみました。深夜にも関わらず、購入するまで30分は待ち、そこから自分の希望する日程の競技を選択し、そこから希望のチケットに辿りつくのですが、中々の金額ですよね?でも抽選だし、せっかくの機会なので、幾つか申し込んでみました。今から楽しみですね?

ちなみに、今月のミスチルの東京ドームコンサートも抽選なのですが申し込んでます(笑)当たったら自慢します。


今日は、最近誰もが季節の変わり目を感じてるじゃないですか?そんな時は、マノワには、春の食材から夏の食材迄、全国から毎日最高の食材が届いております。中村です。

先ずは、ガメラ、、、、


岐阜県の天然のすっぽん

8BA04351-039A-488E-91B5-2401D94D0E2F.jpg

F2AAB01A-334E-486E-B754-3B78C85F38CA.jpg

生き血は、マノワの勇者5人で一気飲みしました。

3864F2AC-7D60-410C-BFE1-1D740F33FBD8.jpg

1CF1AE81-6DD6-487A-A6B2-0CFF72A21076.jpg


正直言って、僕はこのすっぽんの生き血と、キンキンに冷えた、ジンのタンカレと一緒に飲むのが最高だと思っているんですが、、、、、、

昨日飲んでから、今日はすこぶる体調が良いんです!しかも、今年初めて花粉症で苦しんだのですが、急に終わりました(笑)それ以外の皆さんが聞きたがっている、下半身のお話しは、現役の若手に聞いてみてください。

ちなみに、勇者5人は今日、すこぶる体調良いです!

マジで、すっぽんおそるべしです!


この、天然すっぽんは、毎年恒例なのですが、フレンチ技法で、贅沢にコンソメを引きます!

どんな食材もそうですが、このすっぽんもマノワでは、捨てる所は一切ございません。

今、いろいろな雑誌や、人々が、食材についてのあり方を、問題視して表現なさってますが、、、、、、、

マノワでは、 お客様が、大切な方とのお食事という空間を、楽しんで過ごせる、、、、、

必要な食材を必要な時に、必要な量を、最高の状態で、最高の食材を扱っております。

その最高の食材はどーやって手に入れているの?かと言うと 、、、、、

ほんの些細な事から全ては始まります。

田舎の方々と一緒にハンティングして、一緒に酒飲んで、カラオケ行って、歌って一緒にバカ騒ぎして、、、、、、

その、地方の農家さんや、漁師さんを紹介して頂いたり、、、、

山梨県の実家では、両親がマノワの為に、野菜、ハーブを作り、毎週使う量を、最高の状態で送ってもらい、、、、、、

山菜、きのこも同様に、両親に、使う分だけ、毎週山に入って、採って頂き、、、、

6EB52038-43A2-4585-A0B3-F1D9962218AE.jpg

先日もこの最高の状態で、花山椒が届いたり、、、、、

FBにあげたら、たくさんのコメント貰ったんですが、田舎に住んでた時は、花の咲く前の新芽だけ食べてましたが、花山椒は気がついてたら地面に落ちていて、食べようなんて1ミリも思わなかったもんです(笑)

今の季節、東京の飲食店が幾らで花山椒買って、いくらでお客様に出しているのか?

田舎の方々が聞いたらびっくりします!誰も信じて貰えません。うちの田舎の山で、本気出して取ったら、家が買えると思います(笑)

物の価値ってそれぞれだとは思いますが、あれこそ、どーか?って貧乏人の僕は、今の季節とっても考えさせられます。

ジビエも同様に、在庫が無くなりかけたら、知り合いのハンターに、獲って頂き、、、、

530C04EC-227F-4B27-B789-6C5B4E4D41A7.jpg

5B012591-88D3-491C-A934-316550E33BE1.jpg


76E463A5-DE17-41D6-A85C-7371FD37753F.jpg

CE90A8B3-DBF9-4B7B-B215-47500BE1B439.jpg

その北海道の仲間のハンターからは、最高の状態のモリーユ茸が届いたり、、、

その昔、フランスのジュラ地方のレストランで僕は働いていたのですが、それを超えるモリーユ茸は、仲間のハンターが採ってくれる、このモリーユ茸しかないと思います。関東圏でもたくさんの友達が取ってますが、関東ではあの大きさのモリーユは中々取れません。

あのサイズだと、モリーユの中に、ブレス鶏のムースを詰めて、蒸しあげ、ブレス鶏のローストと、ヴァンジョーヌを使ったソースでお客様にはお出ししております。これこそが、This is フランス料理だと思います。


そんな感じで、マノワでは、東京にいながら、日本の四季を感じる事が出来、、、、、

田舎の方々の、貴重な資源が、ストレートに田舎の方々に、対価として、お支払い出来、、、、、

そんな、最高の食材を、フランス料理の技法で、フランスワインと、お客様に楽しんで頂きたいと考えております!


これこそがレストラン マノワだと考えております。

今年は、更にこの先の展開を進めており、マノワに関わる全ての方々が、win-winを超える関係になれる、幸せな展開を考えており、それに向かって実行しております。

B3D2CD20-417E-4AC6-91B2-6A9A3F9DF372.jpg


夏までには皆様にご報告したいと思います。

全てはほんの些細な事から始まり、それを大切に育てていけるか?が大事なんだと最近良く思うんです。

終わり!
posted by マノワ at 21:53| 僕の生き方のお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする