2018年04月30日

マノワのスタッフ1名募集のお知らせ!

レストラン マノワでは、更なる、サービスの向上、スタッフの地位向上、ワイン事業の充実の為、現在一緒に働く、スタッフを募集しております。
同じ未来を目指せる方であれば、年齢や性別も問いません。
サービスでも調理場希望でも構いません。
街場の小さなレストランの中では、働く条件は良い方だと思います。

⚫︎週休2日
●社会保険完備
●交通費全額支給
●夏期、冬期休暇6~12日間
●毎週月曜日定休日、毎週火曜日ランチ定休日、月1連休あり、ハンティングの季節は不定期に休みあり
●年度昇給、ボーナスあり(入社2年以降)
●退職金手当あり(入社3年目以降)
●研修期間 有

まずはお電話にてお問い合わせ下さい。お待ちしております!

03−3446−8288(担当:中村)

D8D13C63-9655-45B3-9A35-E3FF6CB00C7E.jpg
posted by マノワ at 11:31| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

鳥の餌です。


東京の桜はすっかり葉桜になりましたが、

私の地元、宮城では、今が満開のようです☺️

早坂です😆

一目千本桜!🌸

ご存知ですか?


一目見ただけで、
視界に千本は入ってるだろうってくらい

どんだけ並んでるんだってくらい


並んでいるんです。

川沿いに、、​約8キロ!​😱😱

ながすぎ〜😱

3E88C302-7578-402B-BB8E-5DD564E6771C.jpg

ちなみにこの写真は同級生が撮った、今年の写真です📷✨

もうここに行ったら桜でお腹いっぱいです。
団子より花。

、、すみません、それはうそです。


この季節にぜひ宮城へ\( ˆoˆ )/❤️




そしてそして、

先日、Y田様より、

ヒルズクラブのお菓子をいただきました🍪

85F03C95-E909-4643-8DBD-940E6CDAAED1.jpg



9E1A60BF-FDF2-49FB-9990-40CB86EECC8B.jpg


会員制のホテルのお菓子はなかなか食べられないです!
貴重なお菓子ありがとうございます😊❤️!!


貴重ないただきものが、もう一つ。。


元ドバイ在住のお客様から
ドバイ土産を、、、



427D4584-8B04-4630-9FAF-934E984959C3.jpg


「鳥の餌です。」って


2B2EC71C-50F2-4E69-B55F-68F08521C223.jpg


わーー😂ほんとだ😂笑

中村さんのハンティング用に買ってきてくださったのかと思いました(笑)

よく考えたら、ハンティングで餌はまきませんけど✋✋💦


餌ではなく、
ドバイで1番美味しかったスナック菓子だそうです😱😱✨✨


カリカリのとうもろこしで、辛ウマのスパイスがまぶされていて、、

意外と。。止まらない!ŧ‹"(o'ч'o)ŧ‹"ŧ‹笑

マノワでは、
このスナックを、

クルトン感覚で、
賄いのスープに入れて、ちょっとしんなりさせて食べるのが流行りました✋

むしろ、いかにこれに合うスープを作るか。

力の入れどころ😂😂(笑)

ドバイに行かれる予定の方はぜひ買ってみてください🙆‍♀️🙆‍♀️



そしてそして、昨日は、K様よりビールとディズニーのお土産をいただきました😆✨


39B5E630-57DE-4207-95F5-DB680B990204.jpg


ビールはマノワのハイエナ達が一瞬で飲んでしまったので、
写真がありません🙇‍♀️
すみません🙇‍♀️

AE1DF4BF-5212-45A0-96E0-994022690963.jpg

ミッキーの形をしたクランチ!

ぎゃー😍❤️

食べるのもったいない!

うそです!これも一瞬でなくなりました!😂😂

ごちそうさまです🙇‍♀️🙇‍♀️


先週、、中村さんと、訳あって赤坂のシュマンさんにディナーにお伺いしてきたのですが、、

イケメン酒井さんが作ってくれた、ラテアートに感化され、、

マイキャララテアートに夜な夜な挑みました。。

29EF5262-72AB-40E6-A90F-8BABFF9C5073.jpg


えーっと、みかんです🍊笑



もう少し、腕を磨きます。💪


posted by マノワ at 13:14| 早坂麻衣のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

K師匠の国産フレッシュモリーユ茸!

C16C5437-C803-4D5C-BB76-2D5AF08D25DC.jpg


この、メガネのドヤ顔は、置いておいて、、、、

9EBA3BAB-F326-43CB-8370-BCF865BA9366.jpg

竹の子始め、春真っ盛りのいま、、、、

そして、毎年恒例なのですが、今年もきのこの師匠の、、、、、、

K師匠から国産フレッシュモリーユ茸を頂き、、、、、


A257FF9A-8922-459F-BF57-505AAF7AA3B6.jpg

BB062776-EA96-4FB5-BE11-E75B7AC2468A.jpg

麻衣のB'zのウルトラiPhoneとデカさ比べて見てください(笑)

AEA11910-667E-45DC-AD2F-3DA61021CBFE.jpg

K師匠に敬意を込めて、ずっと、作って見たかった、究極のお料理を、今年も、常連さんにお召し上がり頂きました。

ジビエの中でも、最も貴重なジビエは、北海道にしか存在しない、、、、、

蝦夷雷鳥だと思います。

image.png

ジビエ好きな方でも、食べた事がある方は少ないと思いますが、実際ハンティングして、獲ろうと思ったら、本当に大変です。

そんな大変だった、北海道での、蝦夷雷鳥ハンティングにご興味ある方は、是非ご覧になってみて下さい。

http://manoir-restaurant.seesaa.net/article/445638917.html?1493185890

蝦夷雷鳥は、ジビエの中でも、最も貴重で且つ、もっとも美味い白身の鳥肉と言っても過言ではないと思います。

北海道で、蝦夷雷鳥をハンティングして良い期間は非常に短く、また、あまりに貴重な為、長期間の熟成は、チャレンジ出来ず、ずっと躊躇していたのですが、K師匠から、フレッシュモリーユ茸が届く事を期待して、1羽だけ、ずっと熟成させておきました。

キジが2週間の熟成を超えると全く別物になる様に、今回の蝦夷雷鳥もやはり、綺麗に熟成しました。

蝦夷雷鳥は、前にブログにも書きましたが、根室の方々は、その昔から、骨から繊細な美味い出汁が取れ、このお出しで、年越し蕎麦を作ります。

当然今回もこの貴重な蝦夷雷鳥のガラで出汁をとり、ここに、K師匠から届いた、国産のフレッシュモリーユ茸を加えて、おソースを作り、胸肉はゆーくりロースト、腿肉はコンフィにして焼き上げ、お召し上がり頂きました。

D97D4198-BAA8-4BC6-B385-AEC7774F7949.jpg

世界中で探しても、マノワにしか無い、お料理だと思います(笑)

K師匠、ありがとうございました。

そして、フランス・ロワールの露地栽培のホワイトアスパラもだいぶ太くなり、また、実家の父親が採っている、山梨県芦安の様々な山菜達と共に、フレッシュモリーユ茸でソースを作りお出しさせて頂きました。

DF32091D-2AA6-452F-838F-2DC1D2C6023F.jpg


4A12FB77-707D-4FCB-9489-762CE9984ACF.jpg

F7099787-24D6-4D8C-AA95-D083D457C7BB.jpg

6CD89CEF-5635-4C1A-BDE2-502DFDA773CD.jpg

1CF6F755-B995-4EF9-A315-9289D2740FB7.jpg

6C21FC61-E3A8-4D6B-B0FE-E04B5D461054.jpg

127E5556-2C4D-4026-9947-E673F31BA789.jpg


639CCE01-1EDD-4612-8C28-617EC50261F7.jpg

2BE9D59A-2A6D-4022-AF8F-D9BC1FA71BF8.jpg

C7A984EE-7775-459A-AE7F-FAE7DB038745.jpg

53174D03-6DFB-49DF-8788-D23E16450C1F.jpg


K師匠いつも、ありがとうございます!

マノワには、今、日本の春が溢れております(笑)


posted by マノワ at 15:02| きのこ、山菜、釣りのお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

山梨県芦安から、山菜が山ほど届いております。


4A58AB1C-EAE8-43C7-97AD-BE905825F950.jpg

787EAF20-ADF7-4862-B598-C0BD11E0591F.jpg


DB67195E-C798-494B-9D51-932E9C13FBBD.jpg

春真っ盛りの今、山菜達が山梨県・芦安から毎週届いておりますので、そのお話しを、、、、、


始めの写真の山菜は、春蘭と言い、野生の蘭で、春を告げる花なのですが、一瞬で終わってしまいます。
田舎だと、おひたしにしたり、酢味噌と和えたりして食べてました。

5324080D-5EDA-4A9F-9CE2-24F36F84ECDA.jpg

8D4BBCFF-31DA-4174-B4B5-67B8D775D899.jpg

山梨県芦安は、僕が幼少期、高校卒業する迄過ごした、田舎です。

今も両親が住んでおり、、、、、

山登りが好きな方ならご存知かと思いますが、日本で富士山の次に標高が高い山は、北岳と言います。

この北岳の登山口があるのが、山梨県芦安です。

そんな、山の中に幼少期住んでいて、この季節になると、父親と山菜取りに行ったもんです。

東京で売っている、ふきのとうやタラの芽を見ると、毎回寂しく思うのですが、、、、

田舎で食べていた、山菜の香りは、養殖の山菜と比べると、別物です!

今の季節は、ふきのとう、藪萱草(ヤブカンゾウ)、のびる、クレソン、セリなどが取れ、もう少しすると、ワラビ、タラの芽、コゴミ、ゼンマイなどが出て来ます。

山菜を見ると、やっぱり、日本の春だな?って感じます。

ただ、東京で天然の山菜を購入しようとすると、すこぶる高価で、天ぷら屋さんみたいに、それで1品としてお出しできるのであれば良いのですが、フランス料理だと、付け合わせにする事が多く、贅沢に使うのが難しいのは、否めません。

しかーし、今、マノワには、、、、、


山の沢に生えているクレソン

4BC7252F-4FD1-4471-81FD-AF8942FB084B.jpg


藪萱草(ヤブカンゾウ)

227A4D1F-D9DE-4790-B19C-65704A525B2A.jpg


山セリ

5494C4C5-2DC1-4DDC-A300-7DE9DD00382A.jpg


のびる(田舎だと、のんびる)

32FF7491-0039-4813-B94A-B89F5DDAB5AA.jpg


これを、スタッフで、綺麗に選りすぐり、掃除致します。


CC403171-70B1-4ACC-823F-136B38202F48.jpg

こんな春の味覚が、想像出来ないほど、毎週届いております。

そーなんです!山梨県芦安の僕の両親が取ってくれて、送って貰ってます。

そして、この貴重な食材、花山椒

IMG_6122.JPG

A87F4E61-3268-4C57-AF5B-18DD31DD6322.jpg

これも、たらふく届いているのですが、ここではあえて書きませんが、あまりの高価さに、田舎の方々はビビリますよ?僕の両親に言ったら、しばらく嘘だと思って、信じて貰え無かった程です(笑)

ちなみに、ブログ読んでる田舎の方々、、、、、

東京では、花山椒は、お鍋に贅沢にさっと落として、高級な霜降り牛肉でさっと包んで、軽く鍋の中でしゃぶしゃぶして、有難がって食べます。それで、福沢諭吉が何枚も飛んでいきます。

物の価値は人それぞれだと思いますが、東京にいると色々な事を考えさせられます。

でも、幼少期、決して中村家は裕福ではありませんでしたが、贅沢な暮らしをさせて貰ってたな?と最近この歳になってつくづく思います(笑)

これ以上書くと炎上するので(笑)今週のお客様には、はじまりの春の食材をたらふく、是非お召し上がり頂きたいと思います(笑)

終わり!
posted by マノワ at 14:54| きのこ、山菜、釣りのお話し! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

飲食業界の予約について!時代は変わるのか?

今朝も新人かんたが、営業中のクソ忙しい中、、、、、、、

「オーナー、エディーマーフィーからお電話です!」

マジか?ついに俺もハリウッドデビューか?って、、、、

中々、電話対応はじめ、人を育てて行くのは大変だと痛感しております。中村です。

時代は変わる

そのタイトル通り、最近の凄まじい時代の変化を、40歳に差し掛かっている僕は、最近良く感じます。

うちの息子は、何故か?僕のiPhone Xばっかり、奪って毎日、宇宙と更新してますが(笑)
不思議とiPhone8は欲しがらないんですよね?

E22EF5DB-F6BF-41C9-ABC7-7AC770698354.jpeg

ここ数年で、レストランにおける、予約の取り方、予約のあり方の定義が大きく変わって来ている事を、肌で感じております。

先日もブログに書きましたが、昨今、飲食店における、ドタキャン、ノーショウ、、、、、

事実マノワでも、先月、ディナーのお客様が、3組、8名がご来店頂けませんでした。当然ながら、お電話しても、メールしても、未だに連絡が取れておりません。

アマゾン、楽天、ヤフー、若者世代がクレジットカードで支払う事に、なんのためらいも無い昨今、レストランもインターネットから予約を入れる方が非常に多くなった様に思います。

僕の世代では、常識的に考えられない方々が多くおり、それに対して、レストラン側も、しょーがねーって諦めてしまっている現状が日本には存在している事をとても感じます。

それなのに、マノワで使ってもいますが、食べログ始め、インターネットの予約システムの会社に、大抵、お客様では想像も出来ないと思いますが、過分な料金をレストラン側が負担しております。

でも、そんなインターネット予約から入るお客様が、当日来店されないという現実が毎日、日本全国で起きています。

これが今の飲食業界の現状です!

居酒屋さんの事を悪く言うつもりもありませんが、大手チェーンの居酒屋さんは、箱の大きさ、原価率、、、、

僕らフランス料理店とは、全くの別次元の商売をされている飲食業も多くあります。

語弊を生むと思いますので、しっかり書きますが、、、、

僕が言いたいのは、、、、

それが良い?悪い?ではなくて、、、、、、

レストラン側が、その負担を被るのが当たり前になっている状況に、そもそも疑問を感じずにはいられません。

っで、、、、

いま現在マノワでは、電話によるご予約と、食べログサイトからのインターネット予約から、お客様のご予約を頂いております。

東京では、既に電話の予約を辞めて、インターネットのみの予約にし、電話予約も自動音声で対応する。

そーする事によって、営業時間の電話に出なくて良いし、英語にも自動音声は切り替わるし、全て録音する事が出来るので、言った言わないなんて言う事にも対応出来る。

また、予約を入れる際に、お客様に承諾を頂いてから、クレジットカードの情報を入力して頂いているので、もし、来なかった場合、レストラン側がキャンセル料金をクレジットカードから決済できるシステムもあります。

ただ、それだと、僕は冷たいって思うんです。、、、

マノワでは、有難い事に、常連様が非常に多く多くの方々が、電話から予約頂き、スタッフとたわいもない会話をする。また、インターネットからも、メッセージをお入れ頂き、ご予約頂く!

こー言った、温度ある温かい予約が大半なので、一部の非常識な方に対しての対応が、どーしても後手後手になってしまいましたが、改めて、この予約の在り方について考えなきゃならない時代に入っていると考えております。

その結論はもー出ているのですが、、、、、

そーんなんで、昨日、男どもで、勉強しに、、、、、、、